2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【4565】そーせいG 469 【J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス】

1 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:31:01.57 ID:gn5WbdVd0.net
関連URL
https://www.soseiheptares.com
http://soseiheptares.blogspot.com
https://www.youtube.com/channel/UCVIItbR5X7eoIwbgVrsR-dg
http://www.jitsubo.com
http://www.soseicvc.com
http://minatx.com
http://www.pluristem.com
※前スレ
【4565】そーせいG 468 【2018年12月期 期末】
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/livemarket1/1545211516
VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:32:02.35 ID:gn5WbdVd0.net
・・・

3 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:32:53.00 ID:gn5WbdVd0.net
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:(11/8)
・売上収益1,803百万円、営業利益△3,753百万円、税引前四半期利益△4,142百万円、四半期利益△3,327百万円。研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。
・独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。
[2018年12月期の連結業績予想](2018年4月1日〜2018年12月31日):(連結業績予想などの将来予測情報に関する説明)
当社グループの2018年12月31日までの9ヶ月間の見通しは、自社開発パイプラインへの投資をより集中的に行うこと、研究開発費の減少(主にHTL0018318の臨床開発の自主的な中断に関するもの)により、以下のとおり従来の見通しから改善しました。
・研究開発費に係る現金支出は6,400百万円から6,900百万円を見込みます。(従来見込みは7,000百万円から7,600百万円)
・一般管理費に係る現金支出は2,000百万円から2,500百万円を見込みます。(据え置き)
・現金収入(売上収益から現金費用を除く)は5,800百万円から6,300百万円の損失の見込みに改善しました。(従来見込みは6,500百万円から7,600百万円の損失)
・新規提携に伴う一時金は見込みません。(据え置き)
・研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益は従来通り見込みません。(据え置き)

4 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:33:15.67 ID:gn5WbdVd0.net
9月に発表したHTL0018318の臨床開発の自主的な中断は、当四半期連結会計期間における注目点となりましたが、当社グループ事業全般の強化の点で順調な進捗が見られ、いくつかの戦略機会を十分に活用していくための体制を整えることができました。
当社グループは、生産性の高いプラットフォームにより期待が持てる複数の新規候補品を創出し、提携先への導出及び合弁での開発を増やしていくための取り組みを行っています。
収益性追求のため、より持続可能な資源と資本のバランスを目指すことから、当社グループの業績は、2019年12月期に改善に向かうものと予測しています。
・研究開発費に係る現金支出は4,320百万円から4,860百万円を見込みます。
・一般管理費に係る現金支出は1,620百万円から2,160百万円を見込みます。
・新規提携に伴う一時金を見込みます。
・研究開発に関する既存の提携先からの重要なマイルストンに関する収益を見込みます。
・引き続き自社開発パイプラインへの投資をより集中的に行い、コストベースの管理徹底を目指します。
・当社グループは、2020年までの医薬品開発のための十分な資金を確保しており、2021年までの資金を確保できるよう積極的に努めます。

5 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:33:54.55 ID:gn5WbdVd0.net
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算決算説明会資料。(11/8up)
[当第2四半期ビジネスアップデート(CEOピーター・ベインズ) ]:当第2四半期は困難な半年間でしたが、強力なパイプライン構築という点では重要な進捗がありました。当社は、さまざまな戦略機会を活用していくための体制を整えることができました。
・ステークホルダーにとって最善の意思決定。(HTL0018318自主的な試験中断、MiNA Therapeutics株式追加取得のオプション権不⾏使)
・これらの事象については最悪の状態を脱したと言えます。当社はこれらを考慮に入れ、中期的計画を修正し、必要なアクションを取っているところです。
・2019年には今まで以上に強い会社になり、次の成長につなげられると考えています。

6 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:34:13.65 ID:gn5WbdVd0.net
[新たな候補薬でパイプラインを再構築(2018年〜)]:
・間もなく臨床試験入りを予定している5つの自社開発パイプラインに加えて、StaR技術への投資により、15の価値あるプロミッシングな新プログラムを創出したことをご報告できることをうれしく思います。
・強力かつバランスの取れたパイプラインであり、さらなる価値創造の準備は整っています。
・この15の初期段階にある新規候補薬はがん免疫、胃腸系疾患、炎症系疾患および神経系疾患といった開発意義が高い治療領域をカバーしており、さらなる提携と自社開発での進展ができると確信しています。
・既にご説明した通り、すでに複数の新たな提携先と議論を進めています。

7 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:34:42.49 ID:gn5WbdVd0.net
[事業開発(新規 / 既存提携)]:プラットホーム、創薬、開発への選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:
・当社は安定して尚且つ力強く基盤技術、創薬及び開発を進めて行きます。これら全ての進展が2019年度の成長の実際の推進力となります。
・今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。
・最後に繰り返しになりますが、今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指すことが主眼であります。

8 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:35:18.06 ID:gn5WbdVd0.net
・・・

9 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:35:42.24 ID:gn5WbdVd0.net
※Sosei Heptares_HP "リニューアル":「Sosei Heptares」はそーせいグループ株式会社のコーポレートブランドです。(12/1up)
・グローバル従業員数:150 、博士号取得人員数:75 、著名ジャーナル発表件数:170 、グローバル特許件数:400 、構造解析数:200 。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。
Sosei Heptaresの強み:
・当社の承認済み医薬品は、安定したロイヤリティ収入をもたらし、研究開発を支えます。
・当社の熱意あふれる研究者、臨床医、従業員は、世界中の著名なジャーナルで、自身の意見や研究を定期的に発表しています。
・当社独自のStaR技術は、創薬活動を加速し、複数の治験候補薬を生み出してきました。そして世界をリードする製薬会社から、そのライセンスアウトの要請を度々受けてきています。
・SBDDプラットホームは、価値の高い新たな候補薬を創出し、当社のパイプラインを絶え間なく強化します。
・当社の自社開発、および提携パイプラインは、神経系疾患、がん免疫、胃腸系疾患、炎症系疾患、希少もしくは特殊な疾患などの領域を対象にしており、15品目が創薬段階にあり、そのうち5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中です。
・当社のビジネスモデルは、自社開発、既存・新規の提携、および合弁を組み合わせた柔軟なものです。
・豊富なIP資産を保有し、40以上のパテントファミリー、200以上の交付済み特許、200以上の特許出願を実現しています。
・当社の経営陣は、製薬・バイオ医薬品業界で合計150年以上の経験を有しています。

10 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:36:21.79 ID:gn5WbdVd0.net
※Sosei Heptares Press Releases:「Sosei Heptares」へのリブランディング。(12/3)
・当社は、グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares」としてリブランディングを開始しましたので、お知らせいたします。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアルしました。
・この度のリブランディングは、当社と100%子会社であるHeptares Therapeutics Ltd.が持つ国内外、特にそれぞれのホームマーケットである日本と英国におけるブランドアイデンティティを維持・強化するためのものです。
・2015年2月の当社によるHeptare社の買収以降、当社グループは大きな変革と成長を経て、本件は新たなステージの幕開けを象徴するものです。
・この買収を転換点に当社は、その経験豊富なマネジメント力と、Heptares社のGタンパク質共役受容体(GPCR)を標的とした、世界有数の構造ベース創薬(SBDD)技術とを組み合わせることで、
・複数の疾患領域において、幅広い提携および自社開発パイプラインを有する国際的なバイオ医薬品企業へと変貌を遂げました。
・さらに当社は、基盤技術の強化を行い、候補薬を臨床開発段階に進め、新たな提携やコラボレーションを実現し、GPCR-SBDDの最先端研究施設を本年10月に英国ケンブリッジ市に設立するに至りました。

11 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:36:46.59 ID:gn5WbdVd0.net
創立者チェアマンである田村眞一は次のように述べています。
・「補完的な強みを持つ両社のこれまでのすばらしい協働関係を踏まえて、我々はSosei Heptaresとして再スタートを切りました。両社の名前とアイデンティティを組み合わせた新しいグローバルブランドは、日本と英国を原点とする伝統の融合です。
・また、当社グループのミッション実現に向けて、両社が一体となって協働していくというメッセージでもあります。
・当社は引き続き、世界中の人々の生活の質と健康の向上に大きく貢献するため、世界トップレベルの創薬技術とプラットフォームを通じて、世界中の患者さまのために革新的で有効性の高い新薬を創出・デザイン・開発を続けていきます。」

12 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:37:06.16 ID:gn5WbdVd0.net
Sosei Heptaresについて
・Sosei Heptaresは、Gタンパク質共役受容体(GPCR)をターゲットとした独自のStaR技術並びに構造ベース創薬(SBDD)技術から生み出される新薬のデザイン・研究開発にフォーカスした、国際的なバイオ医薬品企業グループです。
・当社グループは提携あるいは自社開発により中枢神経系疾患、がん、代謝疾患、その他希少疾患など複数の疾患領域において、幅広いパイプラインの構築に取り組んでいます。
・現在進行中の開発プログラムには、Allergan社との提携によるアルツハイマー病の対症療法を目的とした候補薬や、AstraZeneca社との提携によるがん治療を目的としたがん免疫療法の開発も含まれています。
・その他に、これまで Novartis社、Pfizer社、第一三共株式会社、ペプチドリーム社、Kymab社、MorphoSys社等と提携しています。日本に本社を置き、英国およびスイスに研究開発施設を有しています。

13 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:37:31.51 ID:gn5WbdVd0.net
・・・

14 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:38:23.57 ID:gn5WbdVd0.net
※Sosei Heptares:第7回みずほバイオカンファレンスプレゼン(12/13)資料:「みずほバイオカンファレンス - そーせいグループ株式会社 - December 2018」(12/17up)
「Sosei Heptares 紹介」:当社の強み:GPCRの構造解明、およびGPCRを標的とした創薬(GPCRの立体構造を正確に解析できるのは、StaR技術を持つ当社のみである)。製薬業界全体において、新規ターゲット候補は枯渇してきている。
・[StaR(StaRタンパク質の形成)]:StaRと呼ばれる独自の技術により、GPCRに局所的な変異を起こさせ、その構造を安定化する。GPCRの立体構造を正確に解析できるのは、StaR技術を持つ当社のみ。
・[構造解析]:X線構造化解析、クライオ電子顕微鏡法(Cryo-EM)、Biophysical MappingによりGPCRおよびそのリガンド結合体の3D構造を決定。
・競争が少なく、かつ可能性が高い分野にアプローチできる当社の技術力(未開拓のGPCR標的を対象に、持続的な創薬を行うことができる)。当社は、StaR技術を持ち、未開拓分野で創薬を行うことのできる、数少ない企業。
・GPCRの立体構造を正確に解析できるのは、StaR技術を持つ当社のみである。当社のアプローチ:StaR技術によるGPCRの安定化と構造解析。
・当社は着実に研究成果を発表しており、業界で認知されている:2010年以来、57のStaRタンパク質を作製し、23の受容体を対象に259のX線構造を解明;研究成果は著名な文献に掲載され、グローバル・ファーマとの提携に大きく貢献(CRF1 mGlu5 GCGR CCR9 PAR2 GLP1R C5aR)。
・DyNAbind社との新たな協業によりプラットホームリーダーの地位を拡大:当社の構造解析とDNAコード化ライブラリーを組み合わせ、より迅速に創薬。高速での処理能力により新たなパイプライン創出や提携の可能性。
・創薬段階にある価値の高い15の新規候補が待機。第T相開始待ち(mGlu5, SSTR, CGRP, GLP-1, GLP-2)、さらなる案件創出のための交渉が進展…、新たな提携と協業。
・StaR技術–世界トップクラスの製薬会社が当社との協業を希望。新たな候補薬でパイプラインを再構築。

15 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:39:03.50 ID:gn5WbdVd0.net
「2018年度の成果」:
事業全般では順調な進捗、いくつかの戦略機会を活用していく体制が整う:
・提携および自社開発の候補薬で進捗。新たな機会創出のためのパイプラインの再構築。新たな提携候補先との話し合いが進展。より高度な科学技術とディールを生み出す潜在力。
提携プログラムでの進捗を実証:
・ORAVI (FujiFilm):オラビの日本における製造販売承認取得(2018/9/21) 180万ドル受領。当社グループの四番目の承認取得製品。販売開始の道が開かれ、有益な治療法となることを確信。
・AZD4635 (AstraZeneca):第Ta相試験が完了し、第Tb相試験が進行中。単剤および併用において最大耐量(MTD)特定完了。オレクルマブ(抗CD73抗体)との併用試験が進行中。発表機会が増加。
新たな最先端研究開発施設への移転が完了:
・ケンブリッジ-世界的な科学技術拠点:世界的な科学技術/イノベーションハブ。世界水準の研究開発センターに至近。世界を代表する製薬会社とのディールを生み出すより高い潜在力。
・Steinmetz Building, Granta Park 新たな最先端施設:当社の世界を代表する全研究者が一つの施設に集結。従業員のモチベーションを向上。より効率的な協働。高度な技術を持った研究者ら約140名。

16 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:39:38.92 ID:gn5WbdVd0.net
「2019年度の戦略方針」:
当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱:早期黒字化を目指し、株主価値を追求。(提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す)
・基盤技術(StaR-構造):将来の価値とニーズを維持するため、基盤技術使用権で収益を上げることはせず。(StaR技術のリーダーとしての地位拡大、外部との研究開発プロジェクトの推進、既存提携の進展)
・創薬(SBDD):より効率的に、生産性の高い創薬エンジンからの価値創出の最大化を図る。(上市の可能性を早期に特定し最も価値の高い候補化合物を優先、ターゲットの特定〜候補化合物の選定までを効率的かつ迅速に実施、新規提携を目的とした候補化合物を増加)
・開発:自社パイプラインの開発は当面継続も、収益性向上を優先して、プログラム数を削減。(選定プロセスを厳格化、そーせいによる特定のGPCRパイプラインの臨床開発実施、2021年までに最低一つの開発プログラムを第U相(概念実証試験:POC)入りを目指す)
・事業開発(新規/既存提携):プラットホーム、創薬、開発への選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す。(最低一件の 技術提携、既存提携先マイルストン(基盤技術、開発)収益、創薬もしくは開発提携一時金収益、新規創薬候補一時金収益を獲得)
・選択的グルタミン酸受容体5(mGlu5)ネガティブアロステリックモジュレーター。(自社開発:第一相臨床試験)

17 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:40:05.65 ID:gn5WbdVd0.net
・・・

18 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:40:45.21 ID:gn5WbdVd0.net
※Sosei Heptares Press Release:「新年のご挨拶 代表執行役会長兼 CEO 田村眞一」(1/1)
明けましておめでとうございます。
新年を迎え、本日から会長兼任の社長に復帰しました。
ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。
世界情勢を俯瞰すると、何が正義か真実か分からない状況で混迷を極めています。何を信じて価値判断をすべきか多くの人が拠り所となる基準を求めていると思います。
私見ですが、時間をかけて結果を出し、歴史の審判を経て勝ち残った者しか信用できないと考えます。
1990年創業の当社は日本のバイオ業界では老舗です。時間をかけずには得られない貴重な経験を積み重ねて来ました。
資金が潤沢ではない時代に導入した経口緊急避妊薬のノルレボ、口腔咽喉カンジダ症治療薬のオラビ、と小型製品ですが紆余曲折を経て自力で製造販売承認を取り、今後、より大型の医薬品を日本で自社開発・販売していく基盤を築きました。

19 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:41:23.29 ID:gn5WbdVd0.net
2004年の上場時には8個あったパイプラインのうち、上市に漕ぎつけたのはノルレボのみです。
2005年のArakis社買収時では別の8個のパイプラインの中で成功したのはNovartis社に導出したCOPD治療薬のシーブリだけでした。
その後、Novartis社が自社製品との配合剤の上市に成功し、ウルティブロとしてシーブリと併せて当社の安定したロイヤリティ収入源となっています。
バイオ医薬品業界は研究段階から「医薬品の承認」という結果を出すまでに10年以上かかります。
研究開発段階の早期は夢が膨らみますが、後期に進むと大半は開発が中断したり失敗したりするのは歴史が証明する紛れもない事実です。
大事なことは複数のパイプラインを持ち、賢く手持ち資金を使って飽くなき挑戦を続けることです。
上場時から当社をご存知の株主・投資家の皆様におかれましてはご周知の通り、パイプライン開発失敗のニュースが続いた2008年頃は上場時の時価総額500億円が10億円程度にまで落ち込んだ時期もありました。
COPD治療薬の成功まで、耐える時は耐えてじっと雄飛のタイミングを待っていました。

20 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:41:47.79 ID:gn5WbdVd0.net
2015から2016年のHeptares買収や数々の提携のニュースで、時価総額も私が会長に退く頃には最低時の300倍に跳ね上がりました。
その後、米国型バイオ並みに研究開発に思い切った先行投資をして来ましたが、なかなか日本の株主・投資家の方々の支持を得られず、舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。
時代の波に乗り一時はチヤホヤされても、結果を出す前に立ち消えとなった新規技術も数多くあります。もちろん、ゲノム解析のように新たな装いで復活する場合もあります。
いかに素晴らしい技術でもいずれは淘汰されるという歴史の必然は免れない事実を肝に銘じて、StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズしていきます。
同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持する事に心を砕いていきます。
弁を弄しても結果を出せなければ無意味です。
全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
今年も叱咤激励・ご支援の程を宜しくお願いします。
2019年元旦 代表執行役会長兼社長CEO 田村 眞一

21 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 21:42:20.29 ID:gn5WbdVd0.net
・・・

22 :山師さん@トレード中 :2019/01/02(水) 23:56:38.33 ID:BiwBJaet0.net
田村ジジイ判断おせーえんだよ こんな外部環境でどうしたら株価もどんだよ ヘプタレスの新社屋とか維持費どうすんたよ 本来なら引っ越しも凍結だろ 全て判断遅すぎる 何を削減するのか いくら削減したのか直ぐ様明示せよ ヘプタレスに金掛けすぎ

23 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 00:43:27.30 ID:osmkrNdLd.net
もう完全に死ぬわ
薬がうまく行こうが行かまいがマイナステンバガーだよ地合が悪い

24 :山師さん@トレード中:2019/01/03(木) 03:33:41.80 ID:6zAGL02Y.net
>>20
新年の挨拶。概ね良いのだが

>その後、米国型バイオ並みに研究開発に思い切った先行投資をして来ましたが、なかなか日本の株主・投資家の方々の支持を得られず〜

ここだけカチンと来る
儂らが悪いかのように聞こえるわ

25 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 07:45:30.72 ID:224KurhR0.net
>>24
全くの同感

26 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:00:34.24 ID:QFjXZRr30NEWYEAR.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※新春展望Peter Bains:「日本に軸足をおいた国際的なバイオ企業、国際的なステージに展開へ」。2018年主要テーマ:提携プログラム臨床開発の進捗、3プログラムの臨床入りにより候補薬の自社パイプライン拡大にむけたStaR技術によるGPCRディスカバリーエンジンの活用、株主価値の向上。(1/2)
※SOSEI:「Heptaresの研究者が炎症性疾患、神経変性疾患およびがんの重要な創薬ターゲットである補体C5a受容体の構造を解明」。Nature誌の発表では、新規の作用機序により選択的な低分子を用いてC5a受容体を標的化する可能性が強調されています。(1/5)
※SOSEI (English) Presentation Material: J.P. Morgan Healthcare Conference: "Strong Cash Position of c.$300m to Drive Global Growth Strategy: Provides Runway of Approx 2-3 Years Based on Organic Business Plan". (1/8)
※SOSEI:「インペリアル・カレッジ・ロンドンと消化器疾患治療薬の研究開発を目的とした共同研究開発契約を締結」。炎症性腸疾患などの消化器疾患の新たな治療法を創出し確立する目的。この提携では当社およびHeptaresで実施中の創薬および開発プログラムの支援も行う。(1/11up)
※SOSEI:「執行役異動(2018年2月28日)」:[辞任]:フィオナ・マーシャル執行役副社長兼CSO (MSD: New MSD UK Discovery Centreへ)、[新任]:ティム・タスカー執行役副社長兼CMO (旧役職:Heptares最高医事責任者)。(1/19)
※SOSEI:「シーブリおよびウルティブロ」の2017年第4四半期(10月〜12月)の業績について。LAMA/LABA配合剤を第一選択薬として推奨するGOLDに後押しされ、進捗。FLASH studyも寄与。サノビオン社(10月にSeebri Neohaler販売開始)。「ウルティブロ」中国(12月に製造販売承認を取得)。(1/24)
※SOSEI株主通信:2017年上半期は、そーせいにとって大きく前進する機会となりました。多くの主要ビジネス分野で重要な進歩を遂げました。戦略面では、当社ビジネス・パイプライン双方を強化する投資と交渉を完了しただけでなく、海外における資金調達においても大きな成功を収めました。(2/2)
※SOSEI:「AstraZeneca社とのがん免疫療法分野の共同開発プログラムが順調に進行」。第I相臨床試験において主要評価項目をほぼ達成。後期第T相臨床試験の最初の被験者に投与、2019年後半に完了する予定。2018年第1四半期にAZD4635を含む新規併用療法の臨床試験を開始予定。(2/8)

27 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:00:57.18 ID:QFjXZRr30NEWYEAR.net
※SOSE 2018年3月期第3四半期決算:研究開発費3,456百万円(48.4%増加)97.1%は英国活動。中長期的には研究開発から自社製品の販売に至る総合的なバイオテックビジネスモデルを組み入れた企業を目指す。臨床試験開始に向けた準備を含め、自社独自パイプライン拡大に向けた投資も継続して増加。(2/14)
※SOSEI:「ウルティブロブリーズヘラー投与治療により肺過膨張を伴うCOPD罹患患者の心臓機能及び肺機能が大幅に改善」。CLAIMは配合剤の2剤配合気管支拡張薬が心臓機能へ与える影響を調査した初めての試験。CLAIM試験では主要評価項目を達成し、肺過膨張が減少し、心臓機能が改善。(2/22)
※SOSEI:「片頭痛、その他重度の頭痛に対する治療薬である新規低分子CGRP拮抗薬のグローバルにおける開発・販売の権利をTevaが返還」。Tevaの最近ポートフォリオ見直し結果。Teva提携下で作成された前臨床データおよびその権利を受け取る。臨床開発の段階へ迅速に進められる状態。(3/13)
※SOSEI個人投資家説明会:「レビー小体型認知症を適用としたHTL001831の開発(日本) 」「構造生物学及び研究開発パイプラインについて」。研究開発パイプライン更新。「研究段階から臨床開発段階へと進行中:今後22ヶ月の間に目標とする第1相及び第2相試験を6件開始予定」(3/14)
※SOSEI:「新規A2A受容体拮抗薬「AZD4635」、免疫応答性の回復および抗腫瘍効果の可能性を確認」。2018年米国癌学会年次総会において新たなデータを発表。固形がん患者を対象に、単剤治療及びアストラゼネカ社IMFINZIとの併用療法として、第I相臨床試験(NCT02740985)を現在実施中。(4/18)
※SOSEI 2018年3月期決算:研究開発費4,818百万円(54%増加)97%は英国活動。毎年3つの新薬候補を発見することができるプラットフォーム構築。当社独自の化合物関連パイプラインが大幅に進展。自社開発品拡充。当社グループの財政状況は2019年12月期に改善に向かうものと予測しています。(5/10)
※SOSEI 2018年3月期決算決算説明会:「戦略プランを着実に実行し2017年度は著しい進捗を達成」。ビジネスモデル3つの柱:リスク低減及び収益機会の拡大。引続き提携と自社パイプラインの開発を併用した戦略の展開を推進。PLへの投資を継続。新たに6つの臨床試験予定:投与開始タイミング。 (5/10)
※SOSEI株式分割:基準日(2018/6/30)の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき4株の割合をもって分割。効力発生日(2018/7/1)。(5/10) ※SOSEI:決算期変更(事業年度の末日:毎年12/31)。(5/10)

28 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:01:22.56 ID:QFjXZRr30.net
※SOSEI決算説明会:「戦略プランを着実に実行し2017年度は著しい進捗を達成」。事業は堅調に進捗。ビジネスモデル3つの柱:リスク低減及び収益機会の拡大。新たに6つの臨床試験予定:投与開始タイミング。(5/10)
※SOSE:定款の一部変更(事業年度末日・附則、議決権基準日、配当基準日等)、役員の異動(新たに3名の社外取締役候補者の選任に関する議案)、公認会計士等の異動(有限責任監査法人トーマツ→(異動年月日:2018/6/22) 新日本有限責任監査法人)。(5/16)
※SOSEI:「A2A拮抗薬の将来性」BioCenturyがそーせいのAZD4635の記事(Reprint From 2018/3/26)を掲載。イムフィンジとの併用療法における固形がんに対する第I相試験を併せて実施中。MEDI9447との併用療法の後期第I相/第II相試験データは2021年になる見込み。(5/16)
※SOSEI (English) Presentation Material: UBS Global Healthcare Conference: $5bn plus in potential development, regulatory and commercial milestones to come, in addition to royalties on sales. "Global operations and aspirations - aiming to build Japan’s first global biotech champion". (5/22up)
※SOSEI:「PAR2 標的に対して高い親和性と選択性を有するペプチド・アンタゴニストを同定」。ペプチドリーム社とのコラボレーションが順調に進展。現在は、最も有望なリード化合物の臨床開発への進展を目指し、本ペプチドの特性分析と最適化をさらに行っております。(5/24)
※SOSEI:役員の異動 (辞任)執行役副社長CFO:アンドリュー・オークリー、暫定CFOにクリス・カーギルを任命。※SOSEI:第28回定時株主総会付議議案の一部取下げ(マイケル・ヘイデン氏を取締役候補者とすることを取り下げ)。(6/4)
※SOSEI:MiNA Therapeuticsが進行肝がん患者を対象とするMTL-CEBPAの初めてのヒト試験の初期結果を発表:正常肝機能および肝機能障害のある患者において良好な忍容性がみられた。血液検体の解析によりRNA活性機序を実証。薬効標的への作用を確認。(6/5)
※SOSEI:役員報酬の一部自主返上お知らせ:昨今の業績等に鑑み、役員の経営責任の一環として、代表執行役2名から報酬の一部を自主返上(月額報酬の20%:2018年7月分より12月分(当年度末)までの6ヶ月間)する。(6/18)

29 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:01:47.59 ID:QFjXZRr30.net
※SOSEI定時株主総会:COPDフランチャイズ売上は順調推移(Ultibro欧州市場シェア1位、Ultibro中国認可、Utibron米国販売開始、QVM149申請は2019年予定)・複数の共同開発プログラム保有・自社PLの迅速な拡充。新たなグローバルブランド("Sosei Heptares")へ統一:2018年内に運用開始。(6/22)
※SOSEI:「シーブリおよびウルティブロ」の2018年第2四半期(4月〜6月)の業績。ウルティブロは当四半期において、FLAME, CLAIM studyの良好な結果、2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸び。シーブリの売上は、ほぼ横ばい。(7/18)
※SOSEI株主通信:「日本初の国際的なリーディングバイオ製薬企業を目指して」大きな成長を遂げ、順調に進んでいます。「グローバルな人材、人材の確保と育成、リーダーシップの特性、GPCRにおける世界的リーダー、事業戦略:均衡の取れたビジネスモデル」(8/6)
※SOSEI 2018年12月期第1四半期決算:研究開発費1,826百万円(69.5%増加) 97.3%は英国活動。プラットフォームを引き続き拡充。当社グループは13品目が創薬段階、5品目が前臨床試験中、4品目(レビー小体型認知症(DLB)患者を対象とした日本におけるMATILDA前期第U相試験を含む)が臨床試験中。(8/9)
※SOSEI:9月4日付の日本経済新聞本誌に弊社記事「3年平均の研究開発費、未来へ投資果敢に 1位、そーせいグループ新薬開発、世界から注目(NEXT1000)」が掲載。18年末までに3品目の臨床試験を国内で始め、19年末までに6品目まで増やす予定だ。研究開発のアクセルを踏む状況は続く。(9/5)
※SOSEI:HTL0018318 サル対象長期毒性試験にて予期しない毒性所見。患者さまの安全を最も重要と考えるポリシーに基づき、詳細内容が把握できるまで安全性上の予防的措置として臨床開発を自主的に中断。米国第T相試験・日本第U相試験:最短でも6ヶ月の遅れ。(9/18)
※SOSEI:MiNA社が進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPA臨床試験の最新情報を国際肝癌研究会年次総会で発表。臨床試験終了後に引き続き完全奏功が認め。併用治療を臨床的評価するために現在進行中の実施計画を修正。ソラフェニブ併用試験は2018Q4開始予定。(9/19)
※SOSEI:口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用50mg」国内製造販売承認(9/21)取得。承認取得時マイルストンとして2億円受領、販売開始後ロイヤリティおよび販売目標達成時にマイルストーンを別途受領する権利。販売パートナーは、10月1日付設立の富士フイルム富山化学株式会社を予定。(9/25)

30 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:02:35.10 ID:QFjXZRr30.net
※SOSEI:MiNA (Holdings)社に対する株式追加取得のオプション権不行使の決定。MTL-CEPBAの第T/Ua相臨床試験(OUTREACH)の中間データの評価結果並びに、提携および自社開発によるGPCRを標的とした候補薬ポートフォリオにおける資源配分の優先順位についての判断に基づく。(10/18)
※SOSEI:「シーブリ」および「ウルティブロ」の第3四半期(2018年7月〜9月)の業績について。ウルティブロはFLAME, CLAIM studyの良好な結果、並びにCOPDの診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸び。(10/18)
※SOSEI:「Sosei Heptares最先端研究開発施設への段階的移転を完了」:ケンブリッジ市の世界最高水準の研究環境にアクセスすることにより、当社はこの分野での世界屈指の地位をさらに強化できる。本移転は当社の発展における重要な節目。高度な技術を持った研究者ら130名以上が世界中から結集。(10/30)
※Sosei Heptares Official Blog:「Sosei Heptares IR広報ブログを開設」:Sosei HeptaresのIR広報担当、岡田です。当社の活動内容を、定期的に皆様へお伝えする為、ブログを開設致しました。(10/30)
※SOSEI:「クリス・カーギルを執行役副社長 最高財務責任者(CFO)に任命」。カーギルは2018年6月の暫定CFO就任以来、豊富な業務知識を発揮し、財務上の多様な取り組みを着実に推進してきています。国際的なバイオ医薬品企業になる道のりを進むために、彼はグローバル財務責任者として適任です。(11/1)
※SOSEI:「DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始(業務提携契約を締結)」。DyNAbind社とのコラボレーションにより、世界をリードする当社のStaR技術、並びに構造ベース創薬を更に強化。StaRタンパク質の長期的価値を最大化していく戦略にもなります。(11/7)
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)

31 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:03:18.13 ID:QFjXZRr30.net
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptaresのロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)

32 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:04:24.48 ID:QFjXZRr30.net
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬の単回および複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはADおよびDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするものとなる。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
・StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
・・・

※第37回 J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス:Sosei Heptares、MiNA Therapeutics. (2019/1/7-10)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (2019/1/30)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2019/2/ )
※Sosei Group定時株主総会 (2019/3/ )
・・・

33 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:07:09.16 ID:QFjXZRr30.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/_4/25 (終値_515) 売残高144800 買残高_4212800 ・(2014/_4/22最安値_464)※中長期計画[成長回収期の入口]ステージへ
2015/_2/20 (終値_945) 売残高_56800 買残高_6123200 ・(2015/_3/16最安値_713)※Heptares [成功の序章ステージ]
2015/10/30 (終値1080) 売残高_45600 買残高_8871600 ・(2015/_9/24安値_888)※米国承認[次なる飛躍ステージへ]※提携[上抜け圏へ]
2016/_4/25 (終値5808) 売残高159200 買残高13619600 ・(2016_5/_9最高値6545)※Allergan[強気相場]
2016/_6/24 (終値3680) 売残高_42000 買残高_9944400 ・(2016/_6/24安値3240)※日々公表解除[強気相場解除]※[時間軸での調整局面へ]
2017/_3/31 (終値2720) 売残高_22400 買残高10487200 ・(2017/_4/_4安値2570)※[時間軸調整は順調に推移]※[振るい場・拾い場へ]
2017/_9/_8 (終値2175) 売残高__7600 買残高_8151200 ・(2017/_9/_6最安値2147)※[拾い場も順調に推移]

34 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:08:01.18 ID:QFjXZRr30.net
2017/12/29 (終値2735) [大納会] 売残高__1200 買残高 6539600 ・(2017/12/26安値2582) (2017/1/6最高値3645、2017/9/6※最安値2147)
2018/_1/26 (終値3053) 売残高__3600 買残高_5716400 ・(1/22安値2740) (2018/1/25最高値3195)※信用買残減少[振るいも順調に推移]
2018/_3/_9 (終値2378) 売残高_42000 買残高_7177600 ・(3/_5安値2195)※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]
2018/_6/_8 (終値1700) 売残高104800 買残高_8714800 ・(6/_7安値1618)※空売り価格規制トリガー(5/11安値1665, 6/5安値1695, 7/2安値1584, 7/3安値1414)
2018/_8/17 (終値1265) 売残高__6600 買残高_6960600 ・(8/16安値1185)※
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)※
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) [大納会] 5日線乖離(+0.99%) 25日線乖離(-15.77%) 75日線乖離(-26.97%) 200日線乖離(-46.59%) ・(2018/12/25※最安値_748)※[拾い場]
2019/_1/_4 [大発会]

更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

35 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:22:20.78 ID:CPk2hcCY0.net
明日は新年早々圧倒的な寄らずのストップ安が見れそうやね

36 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:47:12.97 ID:IPY6KI0u0.net
>>35
なんで?

37 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 09:51:21.78 ID:CPk2hcCY0.net
>>36
為替、先物大暴落
空売り外資が本気

38 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 11:28:59.06 ID:ZYUJuohoH.net
田村社長の新年の挨拶聞いたので、死にます。

39 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 16:07:26.82 ID:jN6opfho0.net
このままだと年初から暴落の始まりだな・・
そうでなくても昨年は三分の一になったし

40 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 19:26:42.57 ID:fhZdeNo1d.net
chiさん乙

41 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 19:54:25.77 ID:Fj7+j08Tr.net
ジジイ増資したけりゃ株価戻してからにしろ そもそも増資で延命してもしょかないだろ ヘプタレスは自活するよう上場したら?そんなにすごい技術なら皆買ってくれるはず

42 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 21:02:18.80 ID:jN6opfho0.net
時間外で日経19400円・・600円安か・・
明日のそーせいさんは760〜770円位のスタートだと思う

43 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 22:00:23.61 ID:QFjXZRr30NEWYEAR.net
・・・

※Pluristem 21時間前:”All of us from Pluristem would like to wish you a Happy New Year 2019. We look forward to a year of making new strides in Cell Therapy.” (1/2)


※Vectura: ”Pre-close trading update confirms good progress against 2018 goals.” (1/3)
Chippenham, UK - 03 January 2019: Vectura Group today announces an unaudited 2018 pre-close trading update.
The Group expects revenue to be in line with, and EBITDA to be materially above, current market consensus expectations.
Vectura will report its preliminary results for the year ended 31 December 2018 on Tuesday 26 March 2019.
Highlights:
Vectura revenues continue to grow in line with expectations, underpinned by positive in-market sales performance of:
・Ultibro total in-market sales1 were up 12.2% for the 12 month period to September 2018 - Europe +9.7%, Japan -0.8% and ROW +27.3% - all at CER compared to the 12 months to September 2017.
James Ward-Lilley, Chief Executive Officer of Vectura, commented:
"Vectura has made good progress in the year with positive top line performance, pipeline evolution aligned with our refocused investment strategy, and strong operational execution.
We look forward to 2019 with key news flow on VR315, partnering of VR647, further disclosure and momentum on our new Vectura Enhanced Nebulised assets as well as Phase III results from QVM149, our inhaled triple combination therapy for asthma, partnered with Novartis."

44 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 22:01:05.67 ID:QFjXZRr30.net
Sosei Heptares_HP: Scientific and Medical Events: up:
※”Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting” by CamNTF Organising Committee Granta Park. (2/13 17:30-20:30)
Description:
・Host: Heptares. Andy Dore.
・Date: Wednesday, 13 February 2019
・Location: Granta Centre, Granta Park, UK
Programme:
・17:30 - Arrival, Registration, Tea & Coffee.
・18:00 - Welcome.
・18:10 - Prof Richard Henderson, Nobel Laureate, CH, FRS, FMedSci, HonFRSC, MRC Laboratory of Molecular Biology, Cambridge.
・18:35 - Dr Pamela Williams, Astex Pharmaceuticals.
・18:55 - Dr Stacey Southall, Sosei-Heptares.
・19:10 - Networking and Refreshments.
・20:00 - Meeting close.

45 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 22:03:36.74 ID:QFjXZRr30.net
※Sosei Heptares Events:
・・・
※第37回 J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス:Sosei Heptares、MiNA Therapeutics. (1/7-10)
※American Society of Clinical Oncology (ASCO) Gastrointestinal (GI) Cancers Symposium 2019: MiNA Therapeutics. (1/17-19)
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※R&D支援センター セミナー:「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発における注意点」〜合成方法・分析方法・精製方法・スケールアップ…各工程における留意点とは〜 講師:JITSUBO(株) 研究開発部部長 山ア貴史 (1/30 12:30-16:30)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算発表 (2019/1/31)
※Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10 Presenting), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55 Presenting)
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2月上旬)
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2月中旬)
※PeptiDream平成31年6月期第2四半期決算発表 (2月中旬)
※SMi's 10th Annual RNA Therapeutics 2019, London: ”Small Activating RNA - from Bench to Bedside”: David Blakey, Chief Scientific Officer, MiNA Therapeutics. (2/21 14:20 Presenting)
※Sosei Group定時株主総会 (3月)
※Fragments 2019: 7th RSC-BMCS Fragment-based Drug Discovery Meeting, Cambridge: "Enabling FBDD for GPCRs with Protein Engineering and Biophysics": Rob Cooke, Sosei Heptares, . (3/26 14:15 Presenting)
※American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting 2019, Atlanta: MiNA Therapeutics. (3/29-4/3)
※30th Symposium on Medicinal Chemistry in Eastern England: "Application of Structure-Based Drug Discovery to G Protein-Coupled Receptors": Miles Congreve, Sosei Heptares. (5/2 16:05 Presenting)
※TIDES: Oligonucleotide and Peptide Therapeutics 2019, San Diego: MiNA Therapeutics Translation and Innovation Hub. (5/20-23)
※American Society of Clinical Oncology (ASCO) Annual Meeting 2019, Chicago: MiNA Therapeutics. (5/31-6/4)
※Neuroscience In Discovery & Development Congress 2019, Berlin: Speakers: Pradeep Nathan, Vice President CNS Clinical Development & Head of Experimental Medicine, Sosei Heptares. (6/11-12).
※2nd RSC Anglo-Nordic Medicinal Chemistry Symposium, Denmark: "Structurally Enabled Discovery of Innovative Calcitonin Gene-Related Peptide (CGRP) Receptor Antagonists": Steve Watson, Sosei Heptares. (6/11-14).
・・・

46 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 22:34:17.99 ID:jN6opfho0.net
ブリストルマイヤーズがセルジーンを買収
ここも早く買収されてもらいたいわ
株価1500円以上で

47 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 22:36:30.15 ID:jN6opfho0.net
720億ドルって桁違いの買収金額だな
仮に、そーせいが株価1500円で買収されても時価総額にしたら1144億円ってゴミみたいな価値だな
何がメガファーマだよおうこら

48 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 23:20:30.68 ID:oz3mtJFK0.net
セルジーンってレセプトスを買収した会社だよな
買収金額同じくらいの金額だな

49 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 23:46:03.15 ID:QFjXZRr30.net
Pluristem update:
・・・
※Pluristem: U.S. FDA Approves Cost Recovery for PLX-PAD under Expanded Access Program in the Treatment of Critical Limb Ischemia. Pluristem enters into agreement with WideTrial Inc. to conduct the program. WideTrial will purchase PLX-PAD cell products from Pluristem. (10/16)
※Pluristem: Selected to Present Data from Phase II IC Study at the American Heart Association Scientific Sessions(11/10). also present at the BioEurope(11/6), Annual Vascular Interventional Advances(11/7) and Cell and Gene Therapy Manufacturing conferences(11/15), all held in November. (10/18)
※Vascular Interventional Advances (VIVA) Conference 2018, Las Vegas: Overview of its off-the-shelf, placenta-derived cell therapy technology and development plans for its lead cell therapy candidate, PLX-PAD, for the treatment of peripheral artery disease (PAD): Pluristem. (11/7 Presented)
※Pluristem Reports Fiscal 2019 First Quarter Results: Forward - Looking Statements: our expectations regarding; Sosei CVC for the clinical development and commercialization of Pluristem’s PLX-PAD cell therapy product in Japan, the plan to enter into definitive agreements. (11/8)
※American Heart Association (AHA) Scientific Sessions 2018, Chicago: New Trials in Cardiovascular Care: "A Phase II Study to Evaluate the Safety and Efficacy of Intramuscular Injections of Allogenic PLX-PAD Cells for the Treatment of Subjects with Intermittent Claudication": Pluristem. (11/10 Presented)
※Pluristem: "New Findings from Pluristem’s Phase II IC study: PLX-PAD Cells Significantly Improves Blood Glucose Control (HbA1c) and Reduce Chronic Inflammation". -Additional data from Pluristem’s Phase II IC study were presented at the 2018 American Heart Association Scientific Sessions- (11/12)
※Cell and Gene Therapy Manufacturing conference, London: "It May Sound Crazy But… Addressing Scalability at the Beginning NOT the End": Lior Raviv, Vice President of Development, Pluristem. (11/15 Presented)
※Pluristem Presentations: Phase II IC Results - American Heart Association Conference - Presentation November 2018. (11/15up) , Company Presentation July 2018→"Company Presentation November 2018". (11/15update)
※Pluristem to Present First Cohort Data from PLX-R18 Hematological Study at American Society of Hematology’s (ASH) Annual Meeting. Clinical data from the first cohort of Phase I study for the treatment of incomplete hematopoietic recovery following hematopoietic cell transplantation. (11/28)

50 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 23:46:29.29 ID:QFjXZRr30.net
※Pluristem: The Real Impact of PAD - Pluristem Therapeutics to Host Key Opinion Leader Meeting on Peripheral Artery Disease. Today announced that it will host a Key Opinion Leader (KOL) meeting on Peripheral Artery Disease (PAD) on December 14, 2018 in New York City. (11/29)
※Pluristem_HP Events update: American Society of Hematology (ASH), San Diego: December 1-4, 2018. ・Cell Therapy Manufacturing & Gene Therapy Congress, Netherlands: December 4-5, 2018. ・KOL Breakfast on Peripheral Artery Disease (PAD), New York: December 14, 2018. (12/3up)
※Pluristem Presents Data from First Cohort in Ongoing Phase I Hematological Study at the ASH Annual Meeting: Primary safety endpoint met in first cohort with early signals of efficacy in improving blood counts. Enrollment in the second cohort currently underway. (12/3)
※Pluristem Therapeutics Enters into Cell Thawing Device License Agreement with Chart Industries, Inc.. "Pluristem’s best-in-class cellular thawing device is a perfect complement to Chart’s portfolio of solutions." (12/4)
※Pluristem: Pluristem in the Media: "Cell therapy produced from the plurality of the Israeli company Pluristem". Cell therapy. Before the news, Channel 13, December 2018. ttps://youtu.be/c0veRDrSH7s (12/11)
※Pluristem: "Reminder- Pluristem Therapeutics to Host Key Opinion (KOL) Leader Meeting on Peripheral Artery Disease Tomorrow". Discuss the current treatment landscape and unmet medical needs, the economic impact, and potential market opportunities for treating patients with PAD. (12/13)
※Pluristem Presentations: "Company Presentation PAD KOL Day- December 14, 2018". ttp://www.pluristem.com/wp-content/uploads/2016/04/Pluristem-December-14-2018_PAD-DAY_all-presentations.pdf (12/16up)
※Pluristem Therapeutics Recaps Key Opinion Leader Meeting on Peripheral Artery Disease (PAD): Presentations underscore significant need for new PAD treatment approaches and the potential of cell therapy to improve patient outcomes while reducing healthcare costs. (12/17)
※Pluristem: ”All of us from Pluristem would like to wish you a Happy New Year 2019. We look forward to a year of making new strides in Cell Therapy.” (2019/1/2)


51 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 23:47:00.33 ID:QFjXZRr30.net
※Pluristem Concludes Positive Meeting with FDA on Development Plan for Acute Radiation Syndrome. (2019/1/3)
HAIFA, Israel, Jan. 03, 2019 -- Pluristem Therapeutics Inc., a leading regenerative medicine company developing novel placenta-based cell therapy products,
today announced it has concluded a positive meeting with the U.S. Food and Drug Administration (FDA) regarding the ongoing development of PLX-R18 for the treatment of Acute Radiation Syndrome (ARS).
The FDA provided Pluristem with feedback on the progress and data collected on PLX-R18 to date and gave guidance towards advancing the development of PLX-R18 with respect to the treatment of ARS.
The meeting also included representatives from the U.S. National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID) and the U.S. Biomedical Advanced Research and Development Authority (BARDA).
“We are pleased to have completed a positive meeting with the FDA and U.S. government agencies representatives, which we believe has provided us with a clear and efficient path towards advancing the development of PLX-R18, targeting approval in the treatment of ARS,”
said Mr. Yaky Yanay, Co-Chief Executive Officer and President of Pluristem. “
For several years, we have successfully cooperated with the NIAID, which has supported and conducted studies of PLX-R18 in ARS.
These studies demonstrated PLX-R18 potential to increase survival rates after radiation exposure, as well as protect and regenerate the bone marrow’s ability to produce blood cells, crucial for victims exposed to high levels of radiation.
We are pleased to see interest from key governmental agencies such as NIAID, the U.S Department of Defense and BARDA in our novel regenerative medical countermeasure for radiation injuries and look forward to potentially supporting such medical needs of the U.S. government.”
PLX-R18 has been studied in Phase I and II-equivalent studies conducted and funded by NIAID via the FDA Animal Rule Pathway.
Results from these studies showed that PLX-R18 supports the recovery of the bone marrow and increases survival rates.
PLX-R18 has been granted an Investigational New Drug application (IND) and an orphan drug designation by the FDA for the treatment of ARS.
ARS involves severe, potentially lethal damage to the bone marrow’s ability to produce blood cells, as well as to other systems and organs.
Severe damage to bone marrow renders victims vulnerable to life-threatening hemorrhage, infection and anemia.

52 :山師さん@トレード中 :2019/01/03(木) 23:56:51.14 ID:QFjXZRr30.net
・・・

53 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:15:36.73 ID:0JQv59TN0.net
今年は3倍になるよ
予言しとくから

54 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:21:57.17 ID:fXexs35I0.net
昨年の年初にtakも馬鹿げた事を言ってて気づけば三分の一w
あいつもえれー含み損だろうな


基本的に買い方ってまともな事を言っている割には負け組多すぎだわ
まずは含み損から含み益にしろ
説得力に欠ける

55 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:25:07.95 ID:QBcKysA0a.net
今年は1/3になるよ
予言しとくから

56 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:31:25.85 ID:cdoEbdaBd.net
もう5年は進展無さそうたから毎年1/5になるだろうね

57 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:35:59.96 ID:fXexs35I0.net
大株主の五味もタイヨウも買い値から三分の一
株主全員が大損って厳しいぜ
今から三倍になってもやっと買い値ってギャグだぜ

58 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 00:39:38.78 ID:cdoEbdaBd.net
もう二度と上がらない

59 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 01:31:53.53 ID:0iyPLCZsd.net
(;o;)

60 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 01:57:24.30 ID:Qb8+Meuwr.net
ジジイ耐えきれず公募増資すんなよ 株価をまず上げろよ

61 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 04:46:35.20 ID:hHcjK8aE0.net
ダウ先物大暴落
今日は寄らずのストップ安やな

62 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 05:16:08.19 ID:HaMdGfwNa.net
NYダウ反落 一時670ドル超安

サクラ大戦きてんね( ^ω^)
哲人投資家・大重さんが、1552国際のETF VIX短期先物指数で、約40%の利益を得たようだ。

63 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 06:00:04.25 ID:0W2Z7ElX0.net
※Pluristem 3時間前:"We’re pleased to announce the completion of a positive meeting with the US_FDA on a development plan for our potential AcuteRadiationSyndrome treatment. Read the full pressrelease." (1/3)
※Pluristem 2時間前:"Our co-CEO, Zami Aberman, will discuss Pluristem's work at the BioCentury Power Breakfast Roundtable next Tues, January 8 during JP Morgan Healthcare Conference in San Francisco." (1/3)

64 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 06:00:23.80 ID:0W2Z7ElX0.net
・・・

65 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 06:00:50.61 ID:0W2Z7ElX0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13) プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Structural Insights into Allosteric Modulation of GPCRs": Dr Christine Oswald, Sosei Heptares. (12/18 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": A Randomized Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Record Verification December. (12/18update)
※ClinicalTrials(NCT03592862): Phase 2, A Study to Assess Safety, Tolerability, and Efficacy of HTL0018318 in Patients With Dementia With Lewy Bodies (DLB). Record Verification: December. Study Start (Change): "April 2019" (12/18update)
※Sosei Heptares_HP:知識:開発:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回および複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」(ACNP Presented: 12/12) これらの良好な安全性及び薬物動態データはHTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※MiNA Therapeutics:"MiNA Therapeutics Announces Enrolment of Patients in Expansion of Phase Ib Trial Evaluating MTL-CEBPA in Combination with Sorafenib". "Excited to launch the next stage of the OUTREACH clinical trial in liver cancer". (12/19)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にした MTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares_HP:企業情報:経営陣:シニアマネジメント:「ジェイムス・テイラー:シニア・ヴァイス・プレジデント 事業開発」追加。豊富なビジネス戦略の経験と、医薬品、バイオテクノロジー分野においての確固たる実績を持つ事業開発部のシニアヴァイスプレジデント。(12/20up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Trends and Innovation in Drug Discovery at Heptares Therapeutics": Dr Lisa Stott, Sosei Heptares; Dr Matt Barnes, Sosei Heptares. (12/20 Presented)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511 A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507 A1). (12/20公開)

66 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 06:01:15.78 ID:0W2Z7ElX0.net
※医薬品医療機器総合機構(Pmda):医療用医薬品添付文書情報(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/21掲載)
※ClinicalTrials(NCT03785054): "Phase 1, Healthy Subject, Safety, Tolerability and Pharmacokinetic Study of mGlu5 NAM HTL0014242". Actual Study Start: "2018/11/14", Estimated Primary Completion: "2019/7/15", Estimated Study Completion: "2019/8/2". (New Trial Record 12/24up: "Recruiting")
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (US20180370961 A1). (12/27公開)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
・StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update Confirms Good Progress Against 2018 Goals: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018 - Europe +9.7%, Japan -0.8% and ROW +27.3% - all at CER compared to the 12 months to September 2017." (1/3)
・James Ward-Lilley, CEO of Vectura, Commented: "We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149, our inhaled triple combination therapy for asthma, partnered with Novartis."
・・・
※第37回 J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス(1/7-10):Sosei Heptares(1/7 9:30 Presenting), Novartis(1/7 Presenting), Allergan(1/7 15;30 Presenting), Vectura(1/10 9:30 Presenting), MiNA Therapeutics.
※Allergan Q4 2018 Allergan plc Earnings Conference Call. (1/29)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
・・・

67 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 06:02:17.83 ID:0W2Z7ElX0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※SOSEI中長期計画発表・野村レポート[成長回収期の入口]ステージへ
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章ステージ]→※米国承認[次なる飛躍ステージへ]→※提携[上抜け圏へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]→※[時間軸での調整局面へ]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]→※[拾い場も順調に推移]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]→※Sosei Heptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (大発会)

更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

68 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 07:39:12.51 ID:cdoEbdaBd.net
これ今日絶対ストップ安だろwww

69 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 08:05:36.55 ID:hHcjK8aE0.net
気配大暴落w

70 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 08:44:35.27 ID:9VYFepzpH.net
今日下がるなら死にます。

71 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 08:58:54.30 ID:3WBC9E3y0.net
なんだ、安値更新チャンスと思ったのに結構高寄りじゃん

72 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 09:45:25.39 ID:/GVG0Ax00.net
頑張ってる

73 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 10:28:47.52 ID:v9wk9+vM0.net
もう底撃ったのけ?

74 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 10:39:08.75 ID:/GVG0Ax00.net
いま市場の主役張ってるのに誰も居ない

75 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 10:49:50.04 ID:v9wk9+vM0.net
そーせいさん正月から銚子こき杉と茶う?

76 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 10:53:49.19 ID:rJEQjNNN0.net
ニューマネーが入ってるな
もう700円台で買えることないかもしれん

77 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 11:00:27.83 ID:fXexs35I0.net
垂れ乳ババアチャート突入

78 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 11:01:11.64 ID:fXexs35I0.net
ちな、日中に高値877円超えることはないで
これで今日の高値は決まった

79 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 11:05:21.26 ID:fXexs35I0.net
今日、高値付近で買った奴はご臨終

80 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 11:25:29.67 ID:fXexs35I0.net
俺の予想は当たる
しかも先出し
流石プロ投資家

81 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 11:25:35.28 ID:O6GKCd+K0.net
日経平均が戻る時に暴落するんでしょ

82 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:13:22.92 ID:UlnVREE60.net
一応プロのあれ貼っときますね

713山師さん@トレード中 (ワッチョイ 130f-aemA [123.216.156.135])2018/10/01(月) 09:49:56.36ID:UQ+xnE4c0
これ以上の悪材料はMINAの増資か、他のPLまで中止(中断)しかねえんだよ

だから1200円台は買い場になる

間違っても1100円台にはならないから

何度も言わす

月足で大底はうった

BY プロ投資家

83 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:14:02.76 ID:N5M22agvM.net
今日下がるなら死にます。

84 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:16:03.76 ID:fXexs35I0.net
>>82
おいおいおいおい
俺様はそんじゃそこいらのプロ投資家とは格が違うだよ
一緒にすんじゃねえぞ

85 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:32:09.66 ID:fXexs35I0.net
俺の予想は大体当たる
しかも先出し
もう一度いう
今日は前場高値877円を抜けることはない

86 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:50:20.90 ID:N5M22agvM.net
売り爆弾投下

87 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:50:27.88 ID:EZYm1F/Sr.net
また午後買い手不在のクソ垂れ上髭チャート

88 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:52:21.39 ID:hHcjK8aE0.net
>>86
空売り外資を舐めんなよ

89 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 12:53:31.82 ID:cdoEbdaBd.net
今年最後の陽線

90 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 13:02:37.15 ID:fXexs35I0.net
お前らは何も分かっていない
下がったら買いなんだわ
恐らくだが、年内2000〜3000円位までは上がるはず
いままで二年半も下がり続けてきたらから嘘だと思うだろ?
間違いねえから

91 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 13:06:46.53 ID:N5M22agvM.net
ここからマイナス引けなら死にます。

92 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 13:17:46.06 ID:cdoEbdaBd.net
マイテンしそうww

93 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 13:24:35.76 ID:0JQv59TN0.net
もう金ねんだわ

94 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 13:25:06.93 ID:cVB1S3Ve0.net
ちょっと笑った

95 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 15:00:19.90 ID:0W2Z7ElX0.net
Heptares Zurich update:
・・・
※Nature Structural & Molecular Biology: "High-Resolution Crystal Structure of Parathyroid Hormone 1 Receptor in Complex with a Peptide Agonist": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (11/19 Published)
・Parathyroid hormone 1 receptor (PTH1R) is a class B multidomain G-protein-coupled receptor (GPCR) that controls calcium homeostasis.
・Two endogenous peptide ligands, parathyroid hormone (PTH) and parathyroid hormone–related protein (PTHrP), activate the receptor, and their analogs teriparatide and abaloparatide are used in the clinic to increase bone formation as an effective yet costly treatment for osteoporosis.
・Activation of PTH1R involves binding of the peptide ligand to the receptor extracellular domain (ECD) and transmembrane domain (TMD), a hallmark of class B GPCRs.
・Here, we present the crystal structure of human PTH1R in complex with a peptide agonist at 2.5-Å resolution, allowing us to delineate the agonist binding mode for this receptor and revealing molecular details within conserved structural motifs that are critical for class B receptor function.
・Thus, this study provides structural insight into the function of PTH1R and extends our understanding of this therapeutically important class of GPCRs.
※University of Zurich (UZH) News Release:"From Receptor Structure to New Osteoporosis Drugs". (11/19)
・Researchers at the University of Zurich have determined the three-dimensional structure of a receptor that controls the release of calcium from bones.
・The receptor is now one of the main candidates for developing new drugs to treat osteoporosis.
・The study also involved researchers from the British company Heptares and Heptares Therapeutics Zurich, which grew out of a UZH spin-off co-founded by Andreas Pluckthun.
※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and his Team and the Team at Heptares for the PTH Receptor Structure". (11/20)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "High Resolution Crystal Structure of Parathyroid Hormone 1 Receptor in Complex with a Peptide Agonist: 6FJ3". (11/21 Released)
※Sosei Heptares: "Our Joint Publication with the University of Zurich on the Structure of the PTH Receptor is Now Available." (11/21)


96 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 15:00:44.97 ID:0W2Z7ElX0.net
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (2019/1/3 Published)
・Jendrik Schoppe, Janosch Ehrenmann, Christoph Klenk, Prakash Rucktooa, Marco Schutz, Andrew S. Dore & Andreas Pluckthun.
・Nature Communicationsvolume 10, Article number: 17 (2019).
Abstract:
・Neurokinins (or tachykinins) are peptides that modulate a wide variety of human physiology through the neurokinin G protein-coupled receptor family, implicated in a diverse array of pathological processes.
・Here we report high-resolution crystal structures of the human NK1 receptor (NK1R) bound to two small-molecule antagonist therapeutics – aprepitant and netupitant and the progenitor antagonist CP-99,994.
・The structures reveal the detailed interactions between clinically approved antagonists and NK1R,
・which induce a distinct receptor conformation resulting in an interhelical hydrogen-bond network that cross-links the extracellular ends of helices V and VI.
・Furthermore, the high-resolution details of NK1R bound to netupitant establish a structural rationale for the lack of basal activity in NK1R.
・Taken together, these co-structures provide a comprehensive structural basis of NK1R antagonism and will facilitate the design of new therapeutics targeting the neurokinin receptor family.
Data availability:
・Atomic coordinates and structure factors have been deposited in the Protein Data Bank (PDB) under accession codes 6HLL, 6HLO and 6HLP for the CP-99,994-, aprepitant- and netupitant-bound NK1R, respectively.
Competing interests:
・Prakash Rucktooa (Sosei Heptares, Steinmetz Building), Marco Schutz (Heptares Zurich), and Andrew S. Dore (Sosei Heptares, Steinmetz Building) are employees of Sosei Heptares, a company with activities in the GPCR field.
・All other authors declare no competing interests.
https://www.nature.com/articles/s41467-018-07939-8.pdf

97 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 15:11:14.19 ID:fXexs35I0.net
直近5営業分のローソク足を終値ベースで全て包んだぜ
これ相当強いぞ

98 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 15:20:30.97 ID:0W2Z7ElX0.net
※モーニングスター:マザーズ指数反発、小型株に資金流入で逆行高=新興市場・4日。(1/4 15:12)
マザーズ指数が反発。東証1部市場が一時700円を超す大幅安となる中、小型株には波乱商状となる大型の輸出株を避けたアクティブな資金が流入した。
オンコリスバイオファーマ、ブライトパス・バイオなどバイオ株が人気で、そーせいグループやサンバイオも堅調。
エクストリームやジェネレーションパスも買われた。ジャスダックは軟調だが、サン電子や日本エマージェンシーアシスタンスは買われた。

99 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 16:47:45.80 ID:cdoEbdaBd.net
そーせいさん苦しんでる死ね

100 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 17:30:06.83 ID:0W2Z7ElX0.net
※フィスコ:[マザーズ市況] マザーズ指数は大幅反発、押し目買いの動きが活発化、ブライトパスがストップ高。(1/4 16:29)
本日のマザーズ指数は大幅反発となった。3日のNYダウが660ドル超の下落と下押したほか、日経平均も節目の20000円を大きく下回ったことからセンチメント悪化が意識され、リスク回避の動きからマザーズ市場にも朝方から売りが先行した。
その後は、円相場で円高進行が一服するなか、アジア市場の下げ止まりなどを背景に個人投資家による押し目買いの動きも活発化し、後場にかけてマザーズ指数はプラスに転じた。
バイオ株中心に上げ幅を拡大させるなか、大引けにかけてマザーズ指数は一段高となった。なお、売買代金は概算で808.69億円。騰落数は、値上がり139銘柄、値下がり127銘柄、変わらず8銘柄となった。 
値上がり率上位銘柄では、ブライトパス・バイオがストップ高水準まで買い進まれたほか、旅工房やアンジェスなどが20%高となった。
売買代金上位では、オンコリスバイオファーマのほか、サンバイオ、エクストリーム、UUUM、そーせい、ジェネレーションパスが上昇。

101 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 19:57:13.95 ID:uIi7MMzY0.net
>>92
キチガイ早く死ねや

102 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 20:25:26.37 ID:NZ7VU+v8M.net
きてんね

Sosei Heptares CFO, Chris Cargill, to present at the J.P. Morgan Healthcare Conference on Monday 7 January, 2019 (9:30am Pacific Time | Elizabethan A/B room at the Westin St. Francis Hotel) #JPM2019

Live webcast can be accessed here https://t.co/jDgHj5lKJd 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)


103 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 20:34:54.98 ID:4NStPNfw0.net
jpモルガンで講演した結果空売り入れられるのって面白いよな

104 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 21:17:19.86 ID:0OVykpEt0.net
今年の講演はまだやろ

105 :山師さん@トレード中 :2019/01/04(金) 22:00:27.36 ID:0W2Z7ElX0.net
※Swindon Business News: Bright outlook on earnings and product pipeline triggers sharp rise in Vectura’s shares. (1/4)
In a pre-close trading statement released to shareholders yesterday it said it expects revenue to be in line with, and earnings before tax “to be materially above”, current market consensus expectations.
The statement triggered a 13%-plus increase in Vectura’s share price - making it the highest riser on the FTSE All-Share index.
Vectura said its upbeat view was underpinned by positive in-market sales performance of a number of its products including its asthma inhaler Flutiform, which enjoyed a 8.6% increase in sales during the year to September,
and COPD Inhaler Ultibro, which had a sales rise of 12.2% over the same period.
Other highlights included an agreement with multinational pharmaceuticals group Hikma for the global development and commercialisation of generic versions of GSK’s Ellipta asthma and COPD treatment portfolio,
receiving an upfront milestone of $15m, and “significant progress” on the firm’s nebulised portfolio.
Vectura chief executive officer James Ward-Lilley said: “Vectura has made good progress in the year with positive top line performance, pipeline evolution aligned with our refocused investment strategy, and strong operational execution.”
Vectura will report its preliminary results for the year ended December 31 on March 26.

※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算発表 (1/31)
※Vectura Preliminary Results 2018 Presentation. (3/26)
・・・

106 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 04:39:42.35 ID:ey14+zh4d.net
ギター\(^^)/

107 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:01:13.63 ID:Ge55C1Hb0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares_HP:臨床データ:M1:(CTAD 2018 Presented: 2018.10.27), "Single and multiple dose safety, tolerability and pharmacokinetics of the selective M1 receptor partial agonist HTL0018318 in healthy volunteers" (12/1up)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※Sosei Heptares_Twitter, Linkedin, Facebook:"We are Sosei Heptares. The World Leader in GPCR Drug Design has Relaunched with a New Name and Corporate Identity." www.soseiheptares.com. (12/3) ※Heptares Therapeutics_HP (WebSite) "Closing":www.heptares.com (12/3 Closure)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)
※P4EU (Protein Production and Purification Partnership in Europe) Meeting, London UK: "Fusing Structural and Biophysical Characterisation of GPCRs for Drug Discovery": James Errey, Sosei Heptares. (12/4 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03710434): "A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability". Record Verification. (12/4update)
※第10回 国際ペプチドシンポジウム/第55回ペプチド討論会、京都:ポスター発表「Cutting-Edge Peptide Synthesis Method」JITSUBO。(12/5 Presented)
※欧州特許出願(Heptares):G Proteins (Inventors: MRC LMB) (EP3408286 A1). (12/5公開)
※再生医療イノベーションフォーラム(FIRM):第2回 FIRM’s 起業塾 『再生医療等製品の製品戦略』【講師】そーせいCVC株式会社 アソシエイトディレクター 鈴木規由 (12/7 Presented)
※Financial Times: Stable research funding drives Britain’s `Nobel factory’ -Cambridge laboratory scoops greatest award in science again to highlights its pre-eminence-: Richard Henderson is now working today to improve cryo-EM so that it becomes “the dominant technology for structural biology”. (12/8)

108 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:01:48.99 ID:Ge55C1Hb0.net
※ALS/MND: "HTL0014242 a novel metabotropic glutamate receptor type 5 (mGlu5) negative allosteric modulator limits glial activation and slows late stage disease progression in the SOD1G93A mouse model of MND": Heledd Brown-Wright, University of Sheffield, Sosei Heptares. (12/8 Presented)
※Sosei Heptares_HP:知識:開発:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffieldの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果発表。(12/9)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Change "Eligibility". (12/11update)
※BusinessWeekly: "Sosei Heptares makes its Cambridge bow". New GPCR-SBDD Research Centre in Cambridge, which was opened in October. "Our decision to adopt a new global brand that combines the best of both names and identities represents a synergistic fusion of our Japanese-Anglo heritage". (12/11)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1 日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者である田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定です。(12/12)
※EndPoints: "Shinichi Tamura reclaims the helm at Sosei as CEO Peter Bains hits the exit." Sosei, isn’t backing away from the move to go global. Tamura says he is still intent on that strategy, with new investments being planned in R&D. (12/12)
※日本特許(Heptares):「ムスカリンM1受容体作動薬とての二環式アザ化合物」【特許6438091 B2】。(12/12公開)
※ACNP Annual Meeting: "Single and Multiple Dose Safety, Tolerability and Pharmacokinetics of the Selective M1 Receptor Partial Agonist HTL0018318 in Healthy Volunteers": Pradeep Nathan, Sosei Heptares. (12/12 Presented)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※日本特許出願(Heptares):「ムスカリンM1及び/またはM4受容体のアゴニストとしてのオキシム化合物」(JP2018-536653A)。(12/13公開)
※四季報:【赤字縮小】一部治験自主中断で開発費増加幅縮小。19年は12カ月決算復帰。一時金や開発マイルストーン見込。研究開発費、管理費も減る。営業赤字が縮小。【発生】サル対象毒性試験で毒性所見、患者対象の国内、海外関連治験は半年〜1年中断。英国持分会社の株追加購入権は不行使。(12/14更新)
※Sosei Heptares Official Blog:「第7回みずほバイオカンファレンスに参加(12/13)」当社エグゼクティブ・チェアマン田村よりSosei Heptaresの特徴、現状および今後の取り組みについて講演。機関投資家の皆さまとの関係深化のため、今後ともこのようなカンファレンスに継続的に参加していく予定。(12/14up)

109 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:02:25.47 ID:Ge55C1Hb0.net
※Sosei Heptares:"Sosei Heptares welcomes James Taylor to the team as Senior Vice President, Business Development". Experience: (GSK, Director, Business Development: January 2010 - December 2018 (9 years)). (12/14)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13) プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Structural Insights into Allosteric Modulation of GPCRs": Dr Christine Oswald, Sosei Heptares. (12/18 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": A Randomized Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Record Verification December. (12/18update)
※ClinicalTrials(NCT03592862): Phase 2, A Study to Assess Safety, Tolerability, and Efficacy of HTL0018318 in Patients With Dementia With Lewy Bodies (DLB). Record Verification: December. Study Start (Change): "April 2019" (12/18update)
※Sosei Heptares_HP:知識:開発:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回および複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」(ACNP Presented: 12/12) これらの良好な安全性及び薬物動態データはHTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※MiNA Therapeutics:"MiNA Therapeutics Announces Enrolment of Patients in Expansion of Phase Ib Trial Evaluating MTL-CEBPA in Combination with Sorafenib". "Excited to launch the next stage of the OUTREACH clinical trial in liver cancer". (12/19)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にした MTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares_HP:企業情報:経営陣:シニアマネジメント:「ジェイムス・テイラー:シニア・ヴァイス・プレジデント 事業開発」追加。豊富なビジネス戦略の経験と、医薬品、バイオテクノロジー分野においての確固たる実績を持つ事業開発部のシニアヴァイスプレジデント。(12/20up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Trends and Innovation in Drug Discovery at Heptares Therapeutics": Dr Lisa Stott, Sosei Heptares; Dr Matt Barnes, Sosei Heptares. (12/20 Presented)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511 A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507 A1). (12/20公開)
※医薬品医療機器総合機構(Pmda):医療用医薬品添付文書情報(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/21掲載)
※ClinicalTrials(NCT03785054): "Phase 1, Healthy Subject, Safety, Tolerability and Pharmacokinetic Study of mGlu5 NAM HTL0014242". Actual Study Start: "2018/11/14", Estimated Primary Completion: "2019/7/15", Estimated Study Completion: "2019/8/2". (New Trial Record 12/24up: "Recruiting")

110 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:11:41.41 ID:Ge55C1Hb0.net
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (US20180370961 A1). (12/27公開)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
・StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update Confirms Good Progress Against 2018 Goals: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018 - Europe +9.7%, Japan -0.8% and ROW +27.3% - all at CER compared to the 12 months to September 2017." (1/3)
・James Ward-Lilley, CEO of Vectura, Commented: "We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149, our inhaled triple combination therapy for asthma, partnered with Novartis."
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
・・・
※第37回 J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス:Sosei Heptares CFO, Chris Cargill (1/7 9:30 Presenting).
・・・

111 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:30:41.57 ID:Ge55C1Hb0.net
・・・

112 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:30:52.71 ID:Ge55C1Hb0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/_4/25 (終値_515) 売残高144800 買残高_4212800 ・(2014/_4/22最安値_464)※中長期計画[成長回収期の入口]ステージへ
2015/_2/20 (終値_945) 売残高_56800 買残高_6123200 ・(2015/_3/16最安値_713)※Heptares [成功の序章ステージ]
2015/10/30 (終値1080) 売残高_45600 買残高_8871600 ・(2015/_9/24安値_888)※米国承認[次なる飛躍ステージへ]※提携[上抜け圏へ]
2016/_4/25 (終値5808) 売残高159200 買残高13619600 ・(2016_5/_9最高値6545)※Allergan[強気相場]
2016/_6/24 (終値3680) 売残高_42000 買残高_9944400 ・(2016/_6/24安値3240)※日々公表解除[強気相場解除]※[時間軸での調整局面へ]
2017/_3/31 (終値2720) 売残高_22400 買残高10487200 ・(2017/_4/_4安値2570)※[時間軸調整は順調に推移]※[振るい場・拾い場へ]

113 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:31:19.93 ID:Ge55C1Hb0.net
2017/_9/_8 (終値2175) 売残高__7600 買残高_8151200 ・(2017/_9/_6最安値2148)※[拾い場も順調に推移]
2017/12/29 (終値2735) 売残高__1200 買残高 6539600 ・(2017/12/26安値2582) (2017/9/6※最安値2148、20171/6最高値3645)
2018/_1/12 (終値2925) 売残高_13600 買残高_6029600 ・(1/_5安値2632) (1/4[大発会]終値2700) (1/25※最高値3195)
2018/_1/19 (終値2717) 売残高__1200 買残高_6574800 ・(1/19安値2700)
2018/_1/26 (終値3053) 売残高__3600 買残高_5716400 ・(1/22安値2740)※信用買残減少[振るいも順調に推移]
2018/_2/_2 (終値2912) 売残高__1200 買残高_5929200 ・(1/31安値2860)
2018/_2/_9 (終値2582) 売残高_50000 買残高_6098800 ・(2/_6安値2425)
2018/_2/16 (終値2480) 売残高_47200 買残高_6364800 ・(2/14安値2425)
2018/_2/23 (終値2405) 売残高_39200 買残高_7095200 ・(2/22安値2365)
2018/_3/_2 (終値2345) 売残高_42000 買残高_7418400 ・(3/_2安値2317)

114 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:31:46.60 ID:Ge55C1Hb0.net
2018/_3/_9 (終値2378) 売残高_42000 買残高_7177600 ・(3/_5安値2195)※[悪地合いにて再びの拾い場へ]
2018/_3/16 (終値2268) 売残高_54000 買残高_8079600 ・(3/16安値_2268)
2018/_3/23 (終値2148) 売残高_56400 買残高_8186000 ・(3/23安値_2145)
2018/_3/30 (終値2205) 売残高_57600 買残高_8112000 ・(3/26安値2080)
2018/_4/_6 (終値2203) 売残高_68000 買残高_7926000 ・(4/_3安値2138)
2018/_4/13 (終値1960) 売残高_61600 買残高_8320800 ・(4/13安値1943)
2018/_4/20 (終値1820) 売残高_60400 買残高_8460800 ・(4/20安値1815)
2018/_4/27 (終値1895) 売残高_70800 買残高_8453600 ・(4/23安値1803)
2018/_5/11 (終値1760) 売残高_84800 買残高_8396800 ・(5/11安値1665)※空売り価格規制トリガー抵触(5/11安値1665)
2018/_5/18 (終値1900) 売残高_78800 買残高_8188800 ・(5/14安値1745)

115 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:32:12.49 ID:Ge55C1Hb0.net
2018/_5/25 (終値1793) 売残高_78000 買残高_8364400 ・(5/25安値1780)
2018/_6/_1 (終値1838) 売残高_92000 買残高_8324000 ・(5/29安値1695)
2018/_6/_8 (終値1700) 売残高104800 買残高_8714800 ・(6/_7安値1618)※空売り価格規制トリガー抵触(6/5安値1695)
2018/_6/15 (終値1713) 売残高_92000 買残高_8482000 ・(6/11安値1703)
2018/_6/22 (終値1693) 売残高___400 買残高_8232800 ・(6/20安値1595)
2018/_6/29 (終値1784) 売残高_____0 買残高_7931600 ・(6/26安値1663)※(6/27[株式4分割]終値1792)
2018/_7/_6 (終値1387) 売残高__7300 買残高_7728300 ・(7/_5安値1304)※空売り価格規制トリガー抵触(7/2安値1584, 7/3安値1414)
2018/_7/13 (終値1412) 売残高__6800 買残高_7479600 ・(7/11安値1342)
2018/_7/20 (終値1329) 売残高_10700 買残高_7489500 ・(7/20安値1308)
2018/_7/27 (終値1422) 売残高__6600 買残高_7579800 ・(7/23安値1325)
2018/_8/_3 (終値1369) 売残高__6600 買残高_7358300 ・(8/_2安値1366)

116 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:32:41.41 ID:Ge55C1Hb0.net
2018/_8/10 (終値1369) 売残高__6600 買残高_7101500 ・(8/_8安値1366)
2018/_8/17 (終値1265) 売残高__6600 買残高_6960600 ・(8/16安値1185)※
2018/_8/24 (終値1539) 売残高_52700 買残高_6610900 ・(8/20安値1291)
2018/_8/31 (終値1702) 売残高_41100 買残高_6881200 ・(8/27安値1532)
2018/_9/_7 (終値1700) 売残高_39600 買残高_7091800 ・(9/_3安値1626)
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650)
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/10/_5 (終値1196) 売残高___100 買残高_7935200 ・(10/_5安値1184)
2018/10/12 (終値1137) 売残高_____0 買残高_7646700 ・(10/11安値1030)※
2018/10/19 (終値1022) 売残高___300 買残高_8251200 ・(10/19安値1021)※

117 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:33:18.61 ID:Ge55C1Hb0.net
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※[再び拾い場]
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) [大納会] 5日線乖離(+0.99%) 25日線乖離(-15.77%) 75日線乖離(-26.97%) 200日線乖離(-46.59%) ・(12/25※最安値_748)※[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) [大発会] 5日線乖離(+7.73%) 25日線乖離(_-8.16%) 75日線乖離(-20.23%) 200日線乖離(-41.95%) (安値_780)

118 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 06:33:50.73 ID:Ge55C1Hb0.net
Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

119 :山師さん@トレード中:2019/01/05(土) 12:15:16.92 ID:kA25qdPQX
COPD 中国販売開始、喘息承認申請。
ロイ、マイル収入拡大中。

120 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 13:00:09.11 ID:Ge55C1Hb0.net
・・・

121 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 13:01:05.31 ID:Ge55C1Hb0.net
※トレーダーズ・ウェブ株式明日の戦略−下げ渋りが週明けの反発につながるか、全般軟調でも待機資金でバリュー物色も。(1/5 4:37)
1/4の日経平均は米国株安や円高進行を嫌気して続落。米アップルの下方修正が指数寄与度の高いハイテク株売りにつながり、一時は700円を超える下落幅となった。
一方、前場の段階からディフェンシブや小売株の一角に買いが入ったほか、後場は上海株の上昇や時間外でのダウ先物の上昇が支援材料となり、銀行株の一角が買われた。
【来週の見通し】
来週は日米株式市場ともに底固めの週となりそうだ。直近で変動率が高まっている為替市場はリスク要因として警戒だが、日本株の短期的な方向を決める主要因は米国株式の動向であろう。
米12月雇用統計の発表後で材料に欠ける週となる。トランプ大統領の発言なども引き続き警戒だが、日経平均やダウ平均は直近安値を割り込まずに反転上昇につながるかが焦点となる。
昨年1年間で海外投資家は日本株を5.6兆円程度売り越しており、年明けからの買い戻しに期待したいところだ。ただ、月後半から始まる4-12月期の決算発表を前に円高が加わり、下方修正懸念は根強い。
しばらくは静観姿勢が予想されるものの、長期の海外年金などからの資金流入が見込める時期でもある。米中貿易問題を中心に現在の数ある悪材料が市場を好転に導けば、先んじて先物を手当てする買い物が出てくる展開なども十分ありえる。
日経平均は2012年11月安値を起点とした長期トレンドライン(アベノミクスライン)上まで調整が進んだ結果、テクニカル面でも反発しやすいタイミングでもあるからだ。
東証一部の騰落レシオ(25日)でも、1/4現在で72.7%と依然として売られ過ぎを示唆している。一般的には120%以上を株価の過熱圏、70%前後は相場の底値圏と判断し、実際の株価の底入れもおおむね一致することが多い。

122 :山師さん@トレード中:2019/01/05(土) 13:12:41.84 ID:e+t/B5nN8
屁と糞に何ができる?

123 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 13:51:23.17 ID:TJQfX0nv0.net
こねえよ!

124 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 14:28:41.16 ID:vJQy0Rgx0.net
モルカスのカンファレンスに出席してJPモルガン証券から大量に空売りされるってそうそうない体験だろw

何か好材料が出れば寄り転
地合いが良くても寄り転

月曜日は99%GUだろうけど、寄り転濃厚だと思うぞ
買うのなら大引け近くだわ

125 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 14:39:04.13 ID:PAZ2jqVs0.net
8ヘッジファンド、アップル株急落で計2300億円失う

このスレに粘着してるキチガイは外資が万能だと信じてるが
実際は損しまくってるんだよな

126 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 14:44:27.06 ID:LOKaJUzq0.net
一番損してるのは個人株主だけどな

127 :山師さん@トレード中:2019/01/05(土) 16:06:52.24 ID:VsN5swuqO
今現金で買えば億万長者の仲間入りのか可能性、成功体験より。

128 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 20:30:21.78 ID:Ge55C1Hb0.net
※フィスコ:NY株式:大幅上昇746.94ドル高、パウエル議長の発言を好感。(1/5 7:54)
米国株式相場は上昇。ダウ平均は746.94ドル高の23433.16、ナスダックは275.35ポイント高の6738.86で取引を終了した。12月雇用統計で非農業雇用者数が前月比31.2万人増と大きく予想を上振れ、平均時給の伸びが加速し、買いが先行。
高官レベルでの米中貿易協議再開の決定や、パウエルFRB議長が金融政策の調整余地について言及し投資家の先行き懸念が払拭され、終日大幅上昇となった。セクター別では全面高となり、特にメディアや半導体・半導体製造装置の上昇が目立った。
シティグループは最近の景気後退懸念は過剰反応で、今後1年間の世界株式のリターンは約14%増であると予想した。

129 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 22:00:00.08 ID:Ge55C1Hb0.net
※フィスコ:国内株式市場見通し:大発会はアップル・ショック直撃。(1/5 14:33)
年明け2019年1月2日の引け後に米アップルが中国市場での需要後退を理由に売上高予想の下方修正を発表し時間外取引で急落した。これを受けて、円へのリスク回避目的の買いが進み海外市場において対ドルで一時104円台後半への大幅な円高が進行した。
3日のNYダウは12月ISM製造業景況指数が2008年以来の低水準となり、世界的な景気後退への警戒感が強まって660.02ドル安と急落した。
このNYダウ下落と連休中の円高を嫌気して4日大発会の日経平均は、昨年末比452.81円安と再び20000円割れとなる波乱のスタートとなった。一時773.40円安となったものの、7日からの米中貿易協議などが伝わり大引けにかけては下げ幅を縮小した。
今週の日経平均は20000円を挟んだボラティリティの高い展開が予想される。波乱相場のきっかけを作った「アップル・ショック」や世界的な景気減速への警戒感など海外発の不透明要因を抱えて、引き続きNYダウや為替動向に左右されることになりそうだ。
そのため、外部材料の落ち着きを待つ展開を強いられる。4日発表の米雇用統計が予想を上振れたことで米景気の減速懸念が後退、NYダウが急反発してシカゴ日経平均先物も20000円台に上昇しており、週初は戻りを試すことが予想される。
次の焦点は、米通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表ら代表団が1月7日から2日間の日程で北京を訪れ、中国との協議に入ることが予定されていることだ。米中貿易摩擦を緩和する動きが表面化すれば、短期的な急伸も想定される。
ただ、中期的には米中協議期限の2月末までは警戒感の強い相場が予想され、米中の対話に一喜一憂する展開となりやすいなか、日経平均20000円を超えたところでは戻り売り圧力も強まりそうだ。
こうしたなか、景気動向に敏感になっている地合いの中で、個別企業の決算発表が物色動向に影響を与えてくることが予想される。大発会で急落スタートのマザーズ指数が、バイオ関連銘柄がリードして反発に転じたことも注目される。

130 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 22:15:06.15 ID:L0VJcA+W0.net


131 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:23:32.58 ID:cfRcrMziM.net
chiうぜえ

132 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:30:29.83 ID:Ge55C1Hb0.net
・・・

133 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:31:00.84 ID:Ge55C1Hb0.net
大量保有報告
・・・
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:9.21%(1.18増加)、筆頭保有割合:6.2%(0.45増加)。(報告義務日:1/15、1/18提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:8.17%(1.04減少)、筆頭保有割合:6.17%(0.03減少)。(報告義務日:2/15、2/21提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:6.02%(2.15減少)、筆頭保有割合:5.01%(1.16減少)。(報告義務日:3/30、4/5提出)
※ドイツ銀行ロンドン支店変更報告書。共同保有割合:4.69%(1.01減少)、筆頭保有割合:4.69%(1.01減少)。(報告義務日:3/30、4/6提出)
※ドイツ銀行ロンドン支店大量保有報告書。共同保有割合:5.13%(0.44増加)、筆頭保有割合:5.13%(0.44増加)。保有目的は「証券業務及びその付随業務としての貸借取引等のディーリング業務等」。(報告義務日:4/13、4/20提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:6.09%(0.07増加)、筆頭保有割合:4.84%(0.17減少)。(報告義務日:4/30、5/8提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:5.86%(0.23減少)、筆頭保有割合:4.83%(0.01減少)。 (報告義務日:5/15、5/21提出)
※タイヨウ・ファンド・マネッジメント・カンパニー大量保有報告書。共同保有割合:5.01%、筆頭保有割合:1.08%。保有目的は「純投資及び状況に応じて重要提案行為等を行うこと」。(報告義務日:5/25、6/1提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:5.36%(0.50減少)、筆頭保有割合:4.63%(0.20減少)。(報告義務発生日:5/31、6/6提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:3.43%(1.93減少)、筆頭保有割合:2.85%(1.78減少)。(報告義務発生日:6/15、6/21提出)
※五味大輔(個人)変更報告書:保有割合は7.16%(1.03増加)。保有目的は「純投資」。(報告義務発生日:7/19、7/23提出)
※五味大輔(個人)変更報告書:保有割合は8.24%(1.08増加)。保有目的は「純投資」。(報告義務発生日:8/20、8/24提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント大量保有報告書。共同保有割合:5.77%(2.34増加)、筆頭保有割合:5.16%(2.31増加)。保有目的は「投資一任契約および投資信託による純投資を目的として保有」(報告義務発生日:8/31、9/5提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:6.14%(0.37増加)、筆頭保有割合:5.17%(0.01増加)。(報告義務発生日:10/15、10/19提出)
※ドイツ銀行ロンドン支店変更報告書。共同保有割合:4.08%(1.05減少)、筆頭保有割合:4.04%(1.09減少)。(報告義務日:10/15、10/22提出)
※JPモルガン・アセット・マネジメント変更報告書。共同保有割合:1.04%(5.1減少)、筆頭保有割合:0.34%(4.83減少)。(報告義務発生日:10/31、11/6提出)
※タイヨウ・ファンド・マネッジメント・カンパニー変更報告書。共同保有割合:6.18%(1.17増加)、筆頭保有割合:1.57%(0.49増加)。(報告義務日:10/30、11/6提出)
※タイヨウ・ファンド・マネッジメント・カンパニー変更報告書。共同保有割合:7.21%(1.03増加)、筆頭保有割合:2.03%(0.46増加)。(報告義務日:11/8、11/15提出)
・・・

134 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:31:30.03 ID:Ge55C1Hb0.net
※アイフィス株予報:2018年12月期 業績予想コンセンサス:
(5/11→5/18→5/21→6/19→7/17→7/24→8/10→8/20→9/26→10/3→11/9→11/12→※11/26更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,200百万円、営業利益-6,700百万円、経常利益-7,135百万円、当期利益-5,480百万円。(5/11更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高2,976百万円、営業利益-7,512百万円、経常利益-8,140百万円、当期利益-6,190百万円。(5/18更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高2,807百万円、営業利益-7,484百万円、経常利益-7,955百万円、当期利益-6,243百万円。(5/21更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高2,945百万円、営業利益-7,547百万円、経常利益-8,004百万円、当期利益-6,634百万円。(6/19更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,371百万円、営業利益-7,523百万円、経常利益-7,870百万円、当期利益-6,579百万円。(7/17更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,371百万円、営業利益-7,902百万円、経常利益-7,870百万円、当期利益-6,579百万円。(7/24更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,842百万円、営業利益-8,112百万円、経常利益-8,516百万円、当期利益-7,370百万円。(8/10更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,457百万円、営業利益-7,809百万円、経常利益-8,112百万円、当期利益-7,003百万円。(8/20更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,533百万円、営業利益-6,932百万円、経常利益-7,309百万円、当期利益-6,283百万円。(9/26更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,411百万円、営業利益-6,794百万円、経常利益-7,141百万円、当期利益-6,003百万円。(10/3更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,466百万円、営業利益-6,641百万円、経常利益-7,325百万円、当期利益-5,964百万円。(11/9更新)
・2018年12月期 業績予想:売上高3,254百万円、営業利益-6,150百万円、経常利益-6,617百万円、当期利益-5,388百万円。(11/12更新)

・2018年12月期 業績予想:売上高3,254百万円、営業利益-6,654百万円、経常利益-6,617百万円、当期利益-5,388百万円。(11/26更新)

135 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:32:10.07 ID:Ge55C1Hb0.net
・・・
※四季報。(6/15更新)
【谷 間】9カ月変則決算。慢性閉塞性肺疾患治療薬の販売ロイヤルティは着実増。ただ提携先からの大型開発マイルストーンは見込み薄。自社開発進捗順調で研究開発など先行費用増も重荷。赤字幅が急増。
【自社開発加速】18年、19年ともレビー小体型認知症薬など年三つの治験予定。英バイオ(26%弱出資)株追加取得(完全買収費用は1.4億ポンド)の判断は18年下期に。
【業績予想】:(5/23→※6/15更新)
・18.12予変_売上高3,000百万円、営業利益-8,000百万円、税前利益-8,000百万円、純利益-8,500百万円、1株益-111.5円
・19.12予___売上高9,000百万円、営業利益-3,500百万円、税前利益-4,000百万円、純利益-4,300百万円、1株益-56.4円

※四季報。(9/14更新)
【赤字継続】9カ月決算。提携先からの大型開発マイルストーンない。管理強化等で研究開発費の増加幅圧縮効果見込むが赤字拡大。19年12月期は12カ月決算復帰。開発マイルストーン増加だが開発費高負担続く。
【進 捗】自社開発で先頭走るレビー小体型認知症薬は治験2相入り間近、20年終了予定。ノバルティス向け導出関連は中国で認可取得、国内の追加適応申請は19年予定。
【業績予想】:(6/15→※8/17更新→9/14変更なし)
・18.12予__売上高2,900百万円、営業利益-6,700百万円、税前利益-6,700百万円、純利益-6,500百万円、1株益-85.3円
・19.12予__売上高8,000百万円、営業利益-3,500百万円、税前利益-4,000百万円、純利益-4,300百万円、1株益-56.4円

※四季報。(12/14更新)
【赤字縮小】9カ月決算。大型マイルストーンない。一部治験自主中断で開発費増加幅縮小。19年12月期は12カ月決算復帰。一時金や開発マイルストーン見込む。研究開発費、管理費も減る。営業赤字が縮小。
【発 生】アラガン社と提携の認知症薬のサル対象の毒性試験で毒性所見、患者対象にした国内、海外関連治験は半年〜1年中断。英国持分会社の株追加購入権は不行使。
【最新の業績予想】:(11/9更新→12/14変更なし)
・18.12予変_売上高2,700百万円、営業利益-5,500百万円、税前利益-6,000百万円、純利益-5,000百万円、1株益-65.5円
・19.12予___売上高4,000百万円、営業利益-2,000百万円、税前利益-2,000百万円、純利益-2,000百万円、1株益-26.2円

136 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:33:52.51 ID:Ge55C1Hb0.net
※SBI証券:[2018-2022業績SBI予想]:(8/2新規カバレッジ開始→9/20→※9/26更新)
(8/2新規カバレッジ開始)
※SBI証券:そーせい「やや弱気」にてカバー(新規カバレッジ)開始。Heptares開発パイプラインの中長期的な治験の進捗に期待。目標株価を1,200円(Base case)。Bear case:700円、Bull case:2,000円、Blue sky:3,500円、Ultra Blue Sky:4,000円として理論株価を算出。(8/2)
・2018/12業績予想:売上高_6,329百万円、営業利益-5,710百万円、税引前利益-7,121百万円、当期利益-6,073百万円、EPS-79.7 (8/2新規)
・2019/12業績予想:売上高_8,979百万円、営業利益-1,885百万円、税引前利益-3,296百万円、当期利益-2,248百万円、EPS-29.5 (8/2新規)
・2020/12業績予想:売上高_7,396百万円、営業利益-5,247百万円、税引前利益-6,658百万円、当期利益-5,610百万円、EPS-73.6 (8/2新規)
・2021/12業績予想:売上高27,016百万円、営業利益16,039百万円、税引前利益14,628百万円、当期利益10,108百万円、EPS132.6 (8/2新規)
・2022/12業績予想:売上高_5,643百万円、営業利益_3,573百万円、税引前利益-4,984百万円、当期利益-3,936百万円、EPS-51.4 (8/2新規)

(9/18:開発パイプラインHTL0018318の開発自主的中断)
※SBI証券:投資評価を「やや弱気」から「弱気」に引き下げ、目標株価 1,140円に微修正。SBIはStaR技術を高く評価しているが、いずれのパイプラインも開発前半であり、先行きは不透明。引き続き上市後価値をゼロとみなす。市場は創薬開発の難関さを再認識すべき。(9/20)
・2018/12業績予想:売上高_4,129百万円、営業利益-6,210百万円、税引前利益-7,621百万円、当期利益-6,573百万円、EPS-86.2 (9/20更新)
・2019/12業績予想:売上高_8,979百万円、営業利益-1,035百万円、税引前利益-2,446百万円、当期利益-1,398百万円、EPS-18.3 (9/20更新)
・2020/12業績予想:売上高_7,396百万円、営業利益-3,247百万円、税引前利益-4,658百万円、当期利益-3,610百万円、EPS-47.4 (9/20更新)
・2021/12業績予想:売上高21,516百万円、営業利益11,539百万円、税引前利益10,128百万円、当期利益6,998百万円、EPS_91.8 (9/20更新)
・2022/12業績予想:売上高_5,643百万円、営業利益_3,573百万円、税引前利益-4,984百万円、当期利益-3,936百万円、EPS-51.4 (9/20更新)

(9/25:口腔咽頭カンジダ症治療薬の国内製造販売承認取得)
※SBI証券: 9/21にSO-1105販売承認取得。承認取得時に2億円受領、薬価収載時に更に6億円受領、薬価収載時に支払マイルストーンを5百万ドル支払うと予想し、SBI業績予想に組込。中長期的に売上高に約6億円、営業利益ベースで約3億円寄与すると推定。(9/26)
・2018/12業績予想:売上高_4,429百万円、営業利益-5,927百万円、税引前利益-7,338百万円、当期利益-6,290百万円、EPS-82.5 (9/26更新)
・2019/12業績予想:売上高_9,179百万円、営業利益__,865百万円、税引前利益-2,276百万円、当期利益-1,278百万円、EPS-16.1 (9/26更新)
・2020/12業績予想:売上高_7,696百万円、営業利益-2,986百万円、税引前利益-4,497百万円、当期利益-3,349百万円、EPS-43.9 (9/26更新)
・2021/12業績予想:売上高21,917百万円、営業利益11,894百万円、税引前利益10,483百万円、当期利益7,244百万円、EPS_95.0 (9/26更新)
・2022/12業績予想:売上高_6,143百万円、営業利益_3,072百万円、税引前利益-4,483百万円、当期利益-3,435百万円、EPS-45.1 (9/26更新)

137 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:35:02.33 ID:Ge55C1Hb0.net
・・・
※Reuters:SOSEI [2018-2022業績予想]コンセンサス更新:(12/4update)
(5/11→5/20→5/24→6/19→6/20→6/28→6/29→7/3→7/4→7/5→7/6→7/9→7/17→7/18→7/25→7/27→7/28→8/10→8/29→9/20→9/21→9/28)
・2018業績予想:売上高_3,625百万円、EBITDA -5,923百万円、税引前利益-7,444百万円、当期利益-6,223百万円、EPS-82.7 (9/28update)
・2019業績予想:売上高10,519百万円、EBITDA -1,205百万円、税引前利益-1,884百万円、当期利益-2,394百万円、EPS-43.9(9/28update)
・2020業績予想:売上高10,830百万円、EBITDA -1,366百万円、税引前利益-3,115百万円、当期利益-2,701百万円、EPS-35.7 (9/28update)
・2021業績予想:売上高11,173百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益-2,127百万円、当期利益-1,439百万円、EPS-15.9 (9/28update)
・2022業績予想:売上高11,216百万円、EBITDA _1,000百万円、税引前利益-2,649百万円、当期利益-1,832百万円、EPS-25.9 (9/28update)

(9/28→10/4→10/19→11/9→11/13→11/16→11/26→12/1→※12/4update)
・2018業績予想:売上高_3,338百万円、EBITDA -5,026百万円、税引前利益-6,795百万円、当期利益-3,921百万円、EPS-73.8 (12/4update)※
・2019業績予想:売上高_9,848百万円、EBITDA _1,100百万円、税引前利益__-367百万円、当期利益__-474百万円、EPS-17.8 (12/4update)※
・2020業績予想:売上高10,864百万円、EBITDA -1,026百万円、税引前利益___151百万円、当期利益___159百万円、EPS-7.83 (12/4update)※
・2021業績予想:売上高10,448百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益__-785百万円、当期利益-1,093百万円、EPS-15.0 (12/4update)※
・2022業績予想:売上高13,210百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益_1,934百万円、当期利益_1,745百万円、EPS_21.0 (12/4update)※

138 :山師さん@トレード中:2019/01/05(土) 23:39:16.60 ID:S5KfYVgN.net
・・・

139 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:51:02.37 ID:vJQy0Rgx0.net
おいCHI
もっと見やすくレスしろ

140 :山師さん@トレード中 :2019/01/05(土) 23:52:18.26 ID:vJQy0Rgx0.net
お前は読む奴の気持ちを全く考えないでコピペしているだけだぞ
株主を増やすためにも見やすく簡潔にたのむわ

141 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 08:00:04.70 ID:NNIBLo130.net
Results Events update:
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※Allergan Q4 2018 Allergan plc Earnings Conference Call. (1/29)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※第一三共2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2/5)
※富士フイルムホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※明治ホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※PeptiDream平成31年6月期第2四半期決算発表 (2/13)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2月中旬)
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)
※Morphosys 2018 Year End Results. (3/13)
※四季報更新 (3月中旬)
※Sosei Group 定時株主総会 (3月)
※Vectura Preliminary Results 2018 Presentation. (3/26)
・・・

142 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 08:02:19.05 ID:d0UJH2AEa.net
副島隆彦が、在日の朝鮮人である決定的な証拠写真



・副島隆彦63 
https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/eco/1544101659/l50

143 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 13:00:07.70 ID:NNIBLo130.net
レーティング:
・・・
※野村證券がそーせいグループ目標株価1万1000円→2750円へ変更。アナリストレポートによると「2018年6月27日をもって一株当り指標(EPS、DPS,BPS)については、分割比率と同じ比率で変更することに致します。」(6/27) ※SOSEI 株式4分割:(6/27株価修正)
※アイフィス株予報:日系大手証券(野村證券) 、そーせいレーティング強気(Buy)継続、目標株価は2,750円。目標株価コンセンサスは3,667円(アナリスト数8人)。(6/27)
※アイフィス株予報:米系大手証券(シティG)、そーせいのレーティング強気(買い(1))継続。目標株価は4,500円。目標株価コンセンサスは3,667円。(6/27)
※アイフィス株予報:欧州系大手証券(クレディ・スイス)、そーせいレーティング強気(Outperform)継続。目標株価は2,425円。目標株価コンセンサスは3,667円。(7/3)
※アイフィス株予報:米系大手証券(シティG)、そーせいのレーティング強気(買い(1))継続。目標株価は4,500円(6/27)→1,900円。目標株価コンセンサスは3,342円。(7/5)
※アイフィス株予報:欧州系大手証券(ドイツ証券)、そーせいレーティング強気(Buy)継続。目標株価は3,500円(7/16)。目標株価コンセンサスは3,278円(アナリスト数8人)。(7/17)
※SBI証券:[2018-2022業績SBI予想]。そーせい「やや弱気」にてカバー(新規カバレッジ)開始。Heptares開発パイプラインの中長期的な治験の進捗に期待。目標株価を1,200円(Base case)。Bear case:700円、Bull case:2,000円、Blue sky:3,500円、Ultra Blue Sky:4,000円として理論株価を算出。(8/2)
※アイフィス株予報:日系大手証券(みずほ証券)、そーせいレーティング強気(買い)継続。目標株価は5,400円。目標株価コンセンサスは3,278円(アナリスト数8人)。(8/9)
※フィスコ:そーせいグループ二期業績予想。3ヶ月後予想株価:1,600円。自社パイプラインを拡大。18.12期1Qは研究開発投資先行で減益。変則9ヵ月決算に移行。自社開発が順調に進展。HTL18318のレビー小体型認知症の国内フェーズ2試験が開始間近。株価1300円処強固で、反発間近か。(8/19)
※アイフィス株予報:日系中堅証券(いちよし)、そーせいのレーティング強気(A)継続。目標株価は3,250円。目標株価コンセンサスは3,278円(アナリスト数8人)。(8/20)

144 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 13:00:21.00 ID:NNIBLo130.net
※四季報:【2018-2019業績予想(6/15→※8/17)更新】。【赤字継続】研究開発費の増加幅圧縮効果見込むが赤字拡大。開発マイルストーン増加だが開発費高負担続く。【進捗】レビー小体型認知症薬は治験2相入り間近。ノバルティス導出関連は中国で認可取得、国内の追加適応申請は19年予定。(9/14更新)
※アイフィス株予報:日系中堅証券(いちよし)、そーせいレーティング強気(A)継続。目標株価は3,250円(8/20)→3,000円。目標株価コンセンサスは3,247円(アナリスト数8人)。(9/19)
※SBI証券:[2018-2022業績予想アップデート]。投資評価を「やや弱気」から「弱気」に引き下げ、目標株価 1,140円に微修正。SBIはStaR技術を高く評価しているが、いずれのパイプラインも開発前半であり、先行きは不透明。引き続き上市後価値をゼロとみなす。市場は創薬開発の難関さを再認識すべき。(9/20)
※個別株情報:SBIが投資評価を「弱気」、目標株価を1200円(8/2)→1140円(9/20)と引き下げた。開発中断はネガティブと言わざるを得ない。当パイプラインの上市後価値について業績予想に織り込んでいなかったが安全性の懸念が出るという事態は想定外。ただ同社発表通り他パイプラインには影響はない。(9/21)
※アイフィス株予報:米系大手証券(メリルリンチ)、そーせいレーティング強気(1(買い)継続。目標株価2,750円(5/11)→2,390円。目標株価コンセンサスは2,977円(アナリスト数8人)。(9/26)
※アイフィス株予報:日系大手証券(みずほ証券)、そーせいレーティング強気(買い)継続。目標株価5,400円(8/9)→3,600円。目標株価コンセンサスは2,977円(アナリスト数8人)。(9/26)
※SBI証券レポート:[2018-2022業績予想]アップデート。9/21にSO-1105販売承認取得。承認取得時に2億円受領、薬価収載時に更に6億円受領、薬価収載時に支払マイルストーンを5百万ドル支払うと予想し、SBI業績予想に組込。中長期的に売上高に約6億円、営業利益ベースで約3億円寄与すると推定。(9/26)
※個別株情報:SBI証券では投資評価を「弱気」→「中立」、目標株価を1140円(9/20)→1300円と引き上げた。SO-1105の販売承認を取得、富士フイルムファーマの解散に伴って保守的に業績予想から除外していたが、10/1設立予定の富士フイルム富山化学によって販売されることから業績に組み入れる。(9/27)
※個別株情報:みずほ証券が目標株価引き下げ、引き続き成長余地は大きい。最大の注目点は10月中旬〜後半にかけて、同社がMiNA社の買収オプション権を行使するか否かである。MTL-CEBPAのPhase1/2a試験を進めており、試験結果が良好であれば買収を行い、カタリストにもなると指摘。(9/27)
※アイフィス株予報:日系大手証券(野村證券)、そーせいレーティング強気(Buy) →中立(Neutral)に引き下げ。目標株価は2,750円(6/27)→1,500円。目標株価コンセンサスは2,821円(アナリスト数8人)。(10/3)
※個別株情報:野村証券では日本DLBの開発中止リスクが高まった点を踏まえ、野村予想から除外。また、従来野村で見込んでいた新規導出についても、精査した結果、実現可能性が低くなったと判断し、野村予想から除外。業績予想の下方修正により目標株価、レーティングを引き下げ。(10/4)
※アイフィス株予報:欧州系大手証券(ドイツ証券)、レーティング強気(Buy)継続。目標株価3,500円(7/16)→3,050円。目標株価コンセンサスは2,764円(アナリスト数8人)。(10/18)

145 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 13:00:50.48 ID:NNIBLo130.net
※個別情報:そーせい目標株価、銀行系3600円、大手証券1500円。野村證券(10/4)はレーティング「ニュートラル」へ格下げ、目標株価2750円から1500円へ引き下げ。みずほ証券は最新レポート(10/18)で目標株価3600円を継続、「MiNA社買収のオプション不行使で、不確実性は低下」と解説。(10/19)
※アイフィス株予報:日系中堅証券(いちよし)、そーせいのレーティング強気(A)継続。目標株価は3,000円(9/19) →2,300円。目標株価コンセンサスは2,452円(アナリスト数7人)。(11/9)
※アイフィス株予報:米系大手証券(メリルリンチ)、そーせいのレーティング強気(1(買い)継続。目標株価2,390円(9/26)→2,400円。目標株価コンセンサスは2,425円(アナリスト数7人)。(11/12)
※アイフィス株予報:日系大手証券(野村證券)、そーせいのレーティング中立(Neutral)継続。目標株価は1,500円(10/3)→1,300円。目標株価コンセンサスは2,425円(アナリスト数7人)。(11/12)
※個別株情報:野村證券では、目標株価引き下げ。収益と研究開発費がバランスし、持続可能な開発戦略へとコメント。会社の研究開発費抑制方針を好感して反騰している。会社が来19.12期以降の研究開発投資を厳選し、黒字化を目指す方針を明らかにした点などを踏まえ、業績予想を上方修正。(11/13)
※フィスコ:そーせい二期業績予想。3ヶ月後予想株価:1,450円。自社パイプライン拡大。開発マイルストーン収入減少で中間期は足踏み。来期は複数のマイルストーンや契約一時金の受領を展望。短腸症候群や偏頭痛薬のフェーズ1試験、アルツハイマー薬の開発方針発表などに期待感。株価反発を想定。(11/18up)
※アイフィス株予報:米系大手証券(シティG)、そーせいレーティング強気(買い(1))継続。目標株価1,900円(7/5) →1,500円(11/25)。目標株価コンセンサスは2,368円(アナリスト数7人)。(11/26)
※アイフィス株予報:2018年12月期 業績予想コンセンサス更新: (5/11→5/18→5/21→6/19→7/17→7/24→8/10→8/20→9/26→10/3→11/9→11/12→※11/26更新)
※Reuters:SOSEI [2018-2022業績予想]コンセンサス更新:(5/11→5/20→5/24→6/19→6/20→6/28→6/29→7/3→7/4→7/5→7/6→7/9→7/17→7/18→7/25→7/27→7/28→8/10→8/29→9/20→9/21→9/28→10/4→10/19→11/9→11/13→11/16→11/26→12/1→※12/4update)
※四季報:【赤字縮小】一部治験自主中断で開発費増加幅縮小。19年12月期は12カ月決算復帰。一時金や開発マイルストーン見込む。研究開発費、管理費も減る。営業赤字が縮小。【発生】サル対象毒性試験で毒性所見、患者対象の国内、海外関連治験は半年〜1年中断。英国持分会社の株追加購入権は不行使。(12/14更新)
・・・
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2月中旬)
・・・

146 :山師さん@トレード中:2019/01/06(日) 13:30:59.42 ID:qgqkTqh8Z
くそーせいに自社開発はできませんよ。
できるのは、買って横流しだけですよ。
市場に嘘ついて、
資金投入して開発しても、できるのはウンコか、
癌発症動物だけですよ。
くそーせいの今までの成果は、それだけでしょ。
実におこがましい会社です。

147 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 13:39:13.71 ID:GLgS3U4h0.net


148 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 15:59:14.03 ID:EaRvPIq4M.net


149 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 18:00:28.86 ID:NNIBLo130.net
Heptares Events update: (1/5up)
※Drew University, ResMed 2019: Residential School on Medicinal Chemistry and Biology in Drug Discovery: Drew University, Madison, New Jersey, US: June 9-15, 2019.
The Residential School on Medicinal Chemistry and Biology in Drug Discovery is a graduate level course designed
for chemists and biologists interested in broadening their understanding of the fundamental principles of drug discovery research and preclinical development.
・June 10, 13:20-14:20, Lecture 3: “Fragment-based Drug Design” Miles Congreve, Heptares.
・June 12, 13:20-14:20, Lecture 13: “G-Protein Coupled Receptors” Ali Jazayeri Heptares.

150 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 18:28:15.78 ID:XtEP33ca0.net
円高に振れるとここは払う金減って儲かるのかね

151 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 19:00:39.05 ID:NNIBLo130.net
Sosei Heptares Publications update:
・・・
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (2019/1/3 Published)
・Jendrik Schoppe, Janosch Ehrenmann, Christoph Klenk, Prakash Rucktooa, Marco Schutz, Andrew S. Dore & Andreas Pluckthun.
・Neurokinins (or tachykinins) are peptides that modulate a wide variety of human physiology through the neurokinin G protein-coupled receptor family, implicated in a diverse array of pathological processes.
・Here we report high-resolution crystal structures of the human NK1 receptor (NK1R) bound to two small-molecule antagonist therapeutics - aprepitant and netupitant and the progenitor antagonist CP-99,994.
・The structures reveal the detailed interactions between clinically approved antagonists and NK1R,
・which induce a distinct receptor conformation resulting in an interhelical hydrogen-bond network that cross-links the extracellular ends of helices V and VI.
・Furthermore, the high-resolution details of NK1R bound to netupitant establish a structural rationale for the lack of basal activity in NK1R.
・Taken together, these co-structures provide a comprehensive structural basis of NK1R antagonism and will facilitate the design of new therapeutics targeting the neurokinin receptor family.
・Atomic coordinates and structure factors have been deposited in the Protein Data Bank (PDB) under accession codes 6HLL, 6HLO and 6HLP for the CP-99,994, aprepitant- and netupitant-bound NK1R, respectively.
・Prakash Rucktooa (Sosei Heptares, Steinmetz Building), Marco Schutz (Heptares Zurich), and Andrew S. Dore (Sosei Heptares, Steinmetz Building) are employees of Sosei Heptares, a company with activities in the GPCR field.
・All other authors declare no competing interests.
※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the rest of the team for this achievement which helps our ability to develop drugs for peptide GPCRs." (1/4)

152 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 19:01:48.05 ID:NNIBLo130.net

※Sosei Heptares 7時間前:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" (1/5)
・Click here to view other Sosei Heptares publications:

※Sosei Heptares_HP:知識:記事・掲載論文:"Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": Nature Communicationsvolume 10, Article number: 17. (1/6up)

153 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 20:01:24.28 ID:NNIBLo130.net
MiNA Therapeutics, J.P. Morgan Healthcare Conference update:
※MiNA Therapeutics 17時間前:"We are heading to San Francisco for JPM19. Come learn about MiNA Therapeutics at our 30mins presentation at the Biotech Showcase on Tuesday 8th at 2:15pm Hilton Franciscan D." (1/5)

154 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 21:46:00.01 ID:459qCJ9u0.net
四日市のアホ逮捕された?

155 :山師さん@トレード中 :2019/01/06(日) 22:40:58.35 ID:vtYQTOf9d.net
しょ、しょーせい!しょーせい^ ^

156 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 01:25:48.51 ID:P/Wah2ks0.net
粘着キチガイが居るうちは上がらんよ
こいつが居るときってひたすら下がり続けてる

疫病神だな

157 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 01:26:33.96 ID:P/Wah2ks0.net
マジで長文と連投やめろや

158 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 01:30:21.43 ID:szmQUcJi0.net
愚痴塗れのネガ連発よりは良いというか真新しい情報を
書き込む人殆どいないからな。スレ主でもあるし俺は現状でもいいよ
つか上がってた次期も居たので因果関係ないよ

159 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 06:29:58.83 ID:clyJcykC0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年3月期決算:研究開発費4,818百万円(54%増加)97%は英国活動。毎年3つの新薬候補を発見することができるプラットフォーム構築。当社独自の化合物関連パイプラインが大幅に進展。自社開発品拡充。当社グループの財政状況は2019年12月期に改善に向かうものと予測しています。(5/10)
※SOSEI 2018年3月期決算決算説明会:「戦略プランを着実に実行し2017年度は著しい進捗を達成」。ビジネスモデル3つの柱:リスク低減及び収益機会の拡大。引続き提携と自社パイプラインの開発を併用した戦略の展開を推進。PLへの投資を継続。新たに6つの臨床試験予定:投与開始タイミング。 (5/10)
※SOSEI株式分割:基準日(2018/6/30)の株主名簿に記録された株主の所有普通株式1株につき4株の割合をもって分割。効力発生日(2018/7/1)。(5/10) ※SOSEI:決算期の変更(事業年度の末日:毎年12/31)。(5/10)
※SOSEI決算説明会:「戦略プランを着実に実行し2017年度は著しい進捗を達成」。事業は堅調に進捗。ビジネスモデル3つの柱:リスク低減及び収益機会の拡大。新たに6つの臨床試験予定:投与開始タイミング。(5/10)
※SOSE:定款の一部変更(事業年度末日・附則、議決権基準日、配当基準日等)、役員の異動(新たに3名の社外取締役候補者の選任に関する議案)、公認会計士等の異動(有限責任監査法人トーマツ→(異動年月日:2018/6/22 新日本有限責任監査法人)。(5/16)
※SOSEI:「A2A拮抗薬の将来性」BioCenturyがそーせいのAZD4635の記事(Reprint From 2018/3/26)を掲載。イムフィンジとの併用療法における固形がんに対する第I相試験を併せて実施中。MEDI9447との併用療法の後期第I相/第II相試験データは2021年になる見込み。(5/16)
※SOSEI (English) Presentation Material: UBS Global Healthcare Conference: $5bn plus in potential development, regulatory and commercial milestones to come, in addition to royalties on sales. "Global operations and aspirations - aiming to build Japan’s first global biotech champion". (5/22up)
※SOSEI:「PAR2標的に対して高い親和性と選択性を有するペプチド・アンタゴニストを同定」。ペプチドリーム社とのコラボレーションが順調に進展。現在は、最も有望なリード化合物の臨床開発への進展を目指し、本ペプチドの特性分析と最適化をさらに行っております。(5/24)
※SOSEI:「役員の異動」(辞任)執行役副社長CFO:アンドリュー・オークリー、暫定CFOにクリス・カーギルを任命。※SOSEI:第28回定時株主総会付議議案の一部取下げ(マイケル・ヘイデン氏を取締役候補者とすることを取り下げ)。(6/4)
※SOSEI:「MiNA Therapeuticsが進行肝がん患者を対象とするMTL-CEBPAの初めてのヒト試験の初期結果を発表」:正常肝機能および肝機能障害のある患者において良好な忍容性がみられた。血液検体の解析によりRNA活性機序を実証。薬効標的への作用を確認。(6/5)

160 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 06:30:17.87 ID:clyJcykC0.net
※SOSEI:「役員報酬の一部自主返上」:昨今の業績等に鑑み、役員の経営責任の一環として、代表執行役(田村眞一会長、ピーター・ベインズCEO)2名から報酬の一部を自主返上する旨の申し入れがあり受理しました(月額報酬の20%:2018年7月分より12月分(当年度末)までの6ヶ月間)。(6/18)
※SOSEI定時株主総会:COPDフランチャイズ売上は順調推移(Ultibro欧州市場シェア1位、Ultibro中国認可、Utibron米国販売開始、QVM149申請は2019年予定)・複数の共同開発プログラム保有・自社PLの迅速な拡充。新たなグローバルブランド("Sosei Heptares")へ統一:2018年内に運用開始。(6/22)
※SOSEI:「シーブリおよびウルティブロ」の2018年第2四半期(4月〜6月)の業績。ウルティブロは当四半期において、FLAME, CLAIM studyの良好な結果、2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸び。シーブリの売上は、ほぼ横ばい。(7/18)
※SOSEI株主通信:「日本初の国際的なリーディングバイオ製薬企業を目指して」大きな成長を遂げ、順調に進んでいます。「グローバルな人材、人材の確保と育成、リーダーシップの特性、GPCRにおける世界的リーダー、事業戦略:均衡の取れたビジネスモデル」(8/6)
※SOSEI 2018年12月期第1四半期決算:研究開発費1,826百万円(69.5%増加) 97.3%は英国活動。プラットフォームを引き続き拡充。当社グループは13品目が創薬段階、5品目が前臨床試験中、4品目(レビー小体型認知症(DLB)患者を対象とした日本におけるMATILDA前期第U相試験を含む)が臨床試験中。(8/9)
※SOSEI:9月4日付の日本経済新聞本誌に弊社記事「3年平均の研究開発費、未来へ投資果敢に 1位、そーせいグループ新薬開発、世界から注目(NEXT1000)」が掲載。18年末までに3品目の臨床試験を国内で始め、19年末までに6品目まで増やす予定だ。研究開発のアクセルを踏む状況は続く。(9/5)
※SOSEI:「HTL0018318 サル対象長期毒性試験にて予期しない毒性所見。詳細内容が把握できるまで安全性上の予防的措置として臨床開発を自主的に中断」。米国第T相試験・日本第U相試験:最短でも6ヶ月の遅れ。この度の中断は患者さまを対象とした臨床試験における有害事象に基づくものではない。(9/18)
※SOSEI:「MiNAが進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPA臨床試験の最新情報を国際肝癌研究会年次総会で発表」。臨床試験終了後に引き続き完全奏功が認め。併用治療を臨床的評価するために現在進行中の実施計画を修正。ソラフェニブ併用試験は2018Q4開始予定。(9/19)
※SOSEI:「口腔咽頭カンジダ症治療薬「オラビ錠口腔用50mg」国内製造販売承認(9/21)取得」。承認取得時マイルストンとして2億円受領、販売開始後ロイヤリティおよび販売目標達成時にマイルストーンを別途受領する権利。販売パートナーは、10月1日付設立の富士フイルム富山化学株式会社を予定。(9/25)
※SOSEI:「MiNA (Holdings)社に対する株式追加取得のオプション権不行使の決定」。MTL-CEPBAの第T/Ua相臨床試験(OUTREACH)の中間データの評価結果並びに、提携および自社開発によるGPCRを標的とした候補薬ポートフォリオにおける資源配分の優先順位についての判断に基づく。(10/18)
※SOSEI:「シーブリ」および「ウルティブロ」の第3四半期(2018年7月〜9月)の業績について。ウルティブロはFLAME, CLAIM studyの良好な結果、並びにCOPDの診断・ケア・予防に関する世界的な指針となる2018年版GOLDレポート、さらにSUNSET studyに後押しされ、売上は二桁の伸び。(10/18)

161 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 06:30:44.84 ID:clyJcykC0.net
※SOSEI:「Sosei Heptares最先端研究開発施設への段階的移転を完了」:ケンブリッジ市の世界最高水準の研究環境にアクセスすることにより、当社はこの分野での世界屈指の地位をさらに強化できる。本移転は当社の発展における重要な節目。高度な技術を持った研究者ら130名以上が世界中から結集。(10/30)
※Sosei Heptares Official Blog:「Sosei Heptares IR広報ブログを開設」:Sosei HeptaresのIR広報担当、岡田です。当社の活動内容を、定期的に皆様へお伝えする為、ブログを開設致しました。(10/30)
※SOSEI:「クリス・カーギルを執行役副社長 最高財務責任者(CFO)に任命」。カーギルは2018年6月の暫定CFO就任以来、豊富な業務知識を発揮し、財務上の多様な取り組みを着実に推進してきています。国際的なバイオ医薬品企業になる道のりを進むために、彼はグローバル財務責任者として適任です。(11/1)
※SOSEI:「DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始(業務提携契約を締結)」。DyNAbind社とのコラボレーションにより、世界をリードする当社のStaR技術、並びに構造ベース創薬を更に強化。StaRタンパク質の長期的価値を最大化していく戦略にもなります。(11/7)
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)

162 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 06:33:06.96 ID:clyJcykC0.net
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者である田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定です。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
・StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
※Sosei Heptares:"Sosei Heptares CFO, Chris Cargill, to present at the J.P. Morgan Healthcare Conference on Monday 7 January, 2019 (9:30am Pacific Time, Elizabethan A/B room at the Westin St. Francis Hotel) JPM2019. Live webcast can be accessed" (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" Click here to view other Sosei Heptares publications. (1/5)
・・・
※J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス(1/7-10):Pfizer(1/7 8:30), Sosei Heptares(1/7 9:30 Presenting), Novartis(1/7) , Daiichisankyo(1/7), Allergan(1/7 15;30) , MiNA Therapeutics(1/8 14:15), MorphoSys(1/9), Vectura(1/10 9:30).
・・・

163 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 06:34:06.86 ID:clyJcykC0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※SOSEI中長期計画発表・野村レポート[成長回収期の入口]ステージへ
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章ステージ]→※米国承認[次なる飛躍ステージへ]→※提携[上抜け圏へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]→※[時間軸での調整局面へ]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]→※[拾い場も順調に推移]
2018/12/27 (終値_815) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]→※Sosei Heptares始動[拾い場]
2018/12/28 (終値_799) 5日線乖離(+0.99%) 25日線乖離(-15.77%) 75日線乖離(-26.97%) 200日線乖離(-46.59%) (安値_794) [大納会]
2019/_1/_4 (終値_864) 5日線乖離(+7.73%) 25日線乖離(_-8.16%) 75日線乖離(-20.23%) 200日線乖離(-41.95%) (安値_780) [大発会]

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

164 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 07:14:55.78 ID:q7cfc4keM.net
今日のモルガンカンファレンスでのそーせいの発表が歴史の始まりとなるであろう。

165 :山師さん@トレード中:2019/01/07(月) 07:40:53.19 ID:nP+jLNLS.net
>>164
そうあって欲しいね
去年のカンファレンスはなんだったんだろう
ピーターよほど自信なさげに発表したのかな

166 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:06:46.31 ID:RvFGF0KXM.net
ピーターパンも解雇されて昨年で膿は出し切った。今日から新たな歴史が始まる

167 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:15:24.78 ID:OW3DjhR80.net
寄りが高い時は、買うのなら大引け近くがいい
でないともろ寄りの高いところで買っちまうぞ

過去のローソク足をみても分かる通り、寄りが高く始まりそれより大引け株価が高いって数える程度しかないからな・・
あくまでも確率や統計の類だけどな

168 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:16:21.19 ID:OW3DjhR80.net
>>167
これは、そーせいに限らず日本株全般なんだわ
なぜだが日本株は寄り天率が異常なほど高い

169 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:22:49.90 ID:naizRJhB0.net
で、そーせいさんなんで上がってんの???

170 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:23:22.03 ID:HT2u/nR60.net
なんでだろーなんでだろー
ななななんでだろー

171 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:31:57.64 ID:naizRJhB0.net
今度こそソコを撃ったんか???

172 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 09:36:51.88 ID:cNowqhb6d.net
底じゃなくて天井でしょ

173 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 10:02:02.44 ID:lXh9+cTkp.net
マイ転が見えてきたな

174 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 11:15:46.83 ID:cNowqhb6d.net
後場は大暴落するかもなー

175 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 11:18:17.24 ID:rGXfZq+E0.net
おぎゃ

176 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 11:24:06.97 ID:OW3DjhR80.net
だから言ったじゃん

寄り付きが高いときは寄り天
寄り付きが低いときは寄り安

過去のそーせいのチャートを見れば一目瞭然

177 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 11:26:44.63 ID:cNowqhb6d.net
つか既に大暴落してるな
午後はS安か

178 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 12:13:07.12 ID:q7cfc4keM.net
今日ストップ安なら死にます。

179 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 12:14:56.72 ID:1ZGOsc62r.net
今日もまた朝だけの上ヒゲチャート

180 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 12:56:03.49 ID:Zm5615yfa.net
死ぬ死ぬ言ってた四日市のアホどうなった?

181 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 13:17:06.50 ID:naizRJhB0.net
ぼちぼち海馬なんかな???

182 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:01:48.37 ID:lXh9+cTkp.net
信用買いが増えてたら終わり

183 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:02:16.22 ID:gEu8sl5v0.net
見事な寄り天だったなw

184 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:03:24.48 ID:cNowqhb6d.net
窓閉め大暴落予約済み

185 :山師さん@トレード中:2019/01/07(月) 15:06:34.15 ID:nP+jLNLS.net
こんな寄り天なら毎日でもいいがな

186 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:09:48.72 ID:cRKXWxXKr.net
モルガンカンファレンスが期待されてるのかね ジジイ期待裏切るなよ ジジイ円高祈っておけ お前の判断いつも遅すぎるんだよ

187 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:37:20.10 ID:gEu8sl5v0.net
おめ!

188 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:42:21.09 ID:ZDWxfCcMd.net
なんか静かだな

189 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:46:15.58 ID:rGXfZq+E0.net
キタ━(゚∀゚)━!

190 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:50:10.66 ID:hM8SaFd5a.net
皆底値で仕込んだかい?

191 :山師さん@トレード中:2019/01/07(月) 15:56:26.87 ID:nP+jLNLS.net
AZD4635の件もどかしかったなぁ
AstraZeneca本社のサイトではとっくの昔に二相入り扱いになっていたのにそーせい側からはそれを(マイルの発生の有無を含めて)言うに言えないだなんてなぁ
期を跨いだことが吉と出ればいいな

192 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 15:59:27.53 ID:mIXcNK5eM.net
大した事無いから騒いでないのか…

193 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:00:06.83 ID:clyJcykC0.net
※モーニングスター:マザーズ指数大幅続伸、幅広い銘柄に買い=新興市場・7日。(1/7 15:06)
・マザーズ指数が大幅続伸。米国株高などを受けて東京市場が全面高となっており、新興市場も投資家心理の改善に恩恵を受けた。
・そーせいグループ、メルカリ、ジャパンインベストメントアドバイザーなど主力株が強く、ブライトパス・バイオ、ジーエヌアイなどバイオ株人気も継続。

194 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:00:30.66 ID:clyJcykC0.net
AZD4635 update:
・・・
※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: Clinical trials appendix Q3 2018 results update: (11/8)
Movement since Q2 2018 update:
・New to Phase II: NME, AZD4635 (A2aR: inhibitor solid tumours)
Q3 2018 New Molecular Entity Pipeline:
・Phase II (Oncology, Small molecule): AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours)
Q3 2018 Lifecycle Management Pipeline:
・Phase I (Oncology Combinations): oleclumab+AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC)
Early Development - IMED (AstraZeneca Research and Early Development) AstraZeneca:
・AZD4635 (A2AR inhibitor): Cancer: Phase I (NCT02740985): FPCD: Q2 2016: "Data Anticipated: H1 2019"
・Oleclumab (MEDI9447, CD73 mAb): Cancer: Phase I/II (NCT03381274): Oleclumab IV + A2AR(AZD4635): FPCD: Q2 2018: Data Anticipated: 2020+
※ClinicalTrials(NCT03710434): "A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability". Record Verification. (12/4update)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Change "Eligibility". (12/11update)


195 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:00:57.53 ID:clyJcykC0.net
※Sosei Heptares:「AstraZeneca社の第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領のお知らせ」次世代がん免疫療法の新規アデノシン2A受容体拮抗薬AZD4635の開発でマイルストンを達成。(1/7 15:30)
当社は、AstraZeneca社との提携によって開発中の次世代がん免疫療法が、本日、同社より、AZD4635の開発でマイルストンを達成したことが通知されましたので、お知らせいたします。
この結果、当社グループはAstraZeneca社より15 百万米ドルのマイルストンを受領することになります。
AZD4635は強力かつ選択性の高い経口投与可能な低分子のアデノシン2A受容体拮抗薬で、当社グループが創製し、2015年にAstraZeneca社にグローバルでの独占的ライセンス供与いたしました。
AZD4635は、固形がん患者を対象とした単剤およびAstraZeneca社の抗PD-L1抗体デュルバルマブ(IMFINZI)との併用を評価する第T相臨床試験を現在実施中です。
これまでの臨床試験では、AZD4635の単剤およびデュルバルマブとの併用時の最大耐薬量が決定されています。
この試験は、複数の固形がんを対象としたAZD4635による治療の可能性について、探索が行われる段階にまで順調に進捗しています。
その結果、AstraZeneca社は第U相臨床試験開始を目指しており、それによって、マイルストンを受領することになります。
第T相試験の主要データは2019年中の科学会議において発表される予定です。

196 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:01:23.44 ID:clyJcykC0.net
AstraZeneca社のシニアバイスプレジデント兼オンコロジー・革新的医薬品および初期開発(IMED)バイオテックユニットの責任者であるスーザン・ガルブレイスは次のように述べています。
「AstraZeneca社では、主要な免疫抑制メカニズムを克服する新規併用療法を開発し、それによって免疫チェックポイント阻害の抗腫瘍活性のポテンシャルを高める次世代のがん免疫アプローチを模索しています。
腫瘍の免疫抑制にアデノシン伝達経路は重要であるとの認識が高まっており、AZD4635は、この分野における当社のポートフォリオを補完するものです」
当社執行役副社長チーフR&Dオフィサーであるマルコム・ウィアーは次のように述べています。
「腫瘍微小環境内のアデノシン産生は、免疫系による監視や攻撃を回避するためにがん細胞が用いる、重要な生存メカニズムとして広く認識されつつあります。
このメカニズムを阻害し、がん細胞が再び免疫系の攻撃を受けやすくすることを目的とした、当社のA2A受容体拮抗薬AZD4635は、がん免疫の世界的リーダーであるAstraZeneca社との提携によって非常に有望で急速な進展を見せました。
当社グループは、ADZ4635が非常に楽しみな候補であると確信しており、やがて発表されるこれらの初期の臨床試験からの結果を楽しみにしています。」
なお、当社グループは、2019年12月期第1四半期末(2019年3月末)までに15百万米ドルを受領する予定です。

197 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:05:05.20 ID:20XBCASNa.net
またしょぼいIRw
冷やし中華始めましたレベルやん

198 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:05:44.73 ID:clyJcykC0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (US20180370961 A1). (12/27公開)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
・StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。全社を挙げて結果責任を取れるSosei Heptaresにして参ります。
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update Confirms Good Progress Against 2018 Goals: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018 - Europe +9.7%, Japan -0.8% and ROW +27.3% - all at CER compared to the 12 months to September 2017." (1/3)
・James Ward-Lilley, CEO of Vectura, Commented: "We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149, our inhaled triple combination therapy for asthma, partnered with Novartis."

199 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:06:06.39 ID:clyJcykC0.net
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Sosei Heptares CFO, Chris Cargill, to present at the J.P. Morgan Healthcare Conference on Monday 7 January, 2019 (9:30am Pacific Time, Elizabethan A/B room at the Westin St. Francis Hotel) JPM2019. Live Webcast can be Accessed." (1/4)
※MiNA Therapeutics:"We are heading to San Francisco for JPM2019. Come learn about MiNA Therapeutics at our 30mins presentation at the Biotech Showcase on Tuesday 8th at 2:15pm Hilton Franciscan D." (1/5)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares_HP:知識:掲載論文:"Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": Nature Communications volume 10, Article number: 17. (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7 15:30)
・・・
※J.P.モルガン ヘルスケア カンファレンス(1/7-10):Pfizer(Today 8:30), Sosei Heptares(Today 9:30 Presenting), Novartis(Today) , Daiichisankyo(Today), Allergan(Today 15;30) , MiNA Therapeutics(1/8 14:15), MorphoSys(1/9), Vectura(1/10 9:30).
・・・

200 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:06:36.28 ID:clyJcykC0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※SOSEI中長期計画発表・野村レポート[成長回収期の入口]ステージへ
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章ステージ]→※米国承認[次なる飛躍ステージへ]→※提携[上抜け圏へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]→※[時間軸での調整局面へ]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]→※[拾い場も順調に推移]
2018/12/27 (終値_815) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※自社開発PL拡充[悪地合いにて再びの拾い場へ]→※Sosei Heptares始動[拾い場]
2018/12/28 (終値_799) 5日線乖離(_+0.99%) 25日線乖離(-15.77%) 75日線乖離(-26.97%) 200日線乖離(-46.59%) (安値_794) [大納会]
2019/_1/_4 (終値_864) 5日線乖離(_+7.73%) 25日線乖離(_-8.16%) 75日線乖離(-20.23%) 200日線乖離(-41.95%) (安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)

201 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:06:58.20 ID:clyJcykC0.net
Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

202 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:08:11.58 ID:cjgMFbYY0.net
pts 暴騰

203 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:12:55.39 ID:clyJcykC0.net
※Sosei Heptares 6分前:"Sosei Heptares to receive US$15 million clinical development milestone payment from AstraZeneca with partnered next generation immuno-oncology candidate AZD4635 moving towards Phase 2." View press release. (1/6 11:06pm)

204 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:16:27.39 ID:MU/rZ48EM.net
>>197
キチガイ死ね

205 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:18:36.36 ID:RsmHG1gzM.net
受け取ってから出せやwww

206 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:26:11.32 ID:Ifu7vM/jM.net
オラビ錠の販売開始案内が富士フイルムから医薬品問屋に回ってるわ
売れるといいね

207 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 16:53:02.35 ID:rpwUi42A0.net
かきうう神が10万買いました宣言した途端ww

208 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 17:00:23.71 ID:clyJcykC0.net
※フィスコ:マザーズ指数は大幅続伸、買い一巡後は高値圏でのこう着。(1/7 16:09)
本日のマザーズ指数は大幅続伸となった。米株高の流れから主力株が軒並み買い戻され日経平均が節目の2万円を奪還するなか、新興市場でも買いが先行。
しかし、上値を積極的に追う流れにはならず、マザーズ指数は買い一巡後は本日の高値圏でのこう着となった。ただし、後場は相対的に中小型株の強さが意識されていた。
なお、マザーズ指数は大幅続伸、売買代金は概算で880.35億円。騰落数は、値上がり253銘柄、値下がり19銘柄、変わらず3銘柄となった。
個別では、サンバイオがマザーズ売買代金トップにランクイン。再生医療に関する一部メディア報道が刺激材料となったもよう。
また、ブライトパス、そーせい、GNIなどのバイオ関連銘柄、ベルトラなどの直近IPO銘柄に物色が見られた。

209 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 17:00:48.04 ID:clyJcykC0.net
※MinkabuPress:そーせいがアストラゼネカから1500万ドルのマイルストンを受領へ。(1/7 16:20)
そーせいグループ がこの日の取引終了後、英アストラゼネカ社からAZD4635の開発でマイルストンを達成したとの通知を受けたと発表した。これに伴いアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストンを受領することになる。
AZD4635は、そーせいが創製し15年にアストラゼネカ社にグローバルでの独占的ライセンス供与した薬剤で、固形がん患者を対象とした単剤およびアストラゼネカ社の抗PD-L1抗体デュルバルマブとの併用を評価する第1相臨床試験を現在実施している。
これまでの臨床試験で、AZD4635の単剤およびデュルバルマブとの併用時の最大耐薬量が決定され、複数の固形がんを対象とした治療の可能性について探索が行われる段階にまで順調に進捗していることから第2相臨床試験開始を目指しており、
それによって、マイルストンを受領することになったという。なお、そーせいでは、19年12月期第1四半期末までに1500万ドルを受領するとしている。

210 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 17:58:54.19 ID:UfYWGlvmd.net
>>197
シロウトきてんね

211 :きてんねboy :2019/01/07(月) 18:00:11.74 ID:KFo6rYl10.net
おい、なんか弱いやんけ?

212 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 18:02:04.29 ID:clyJcykC0.net
※Sosei Heptares:「2019.01.07 お知らせ 第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス レゼンテーション動画(現地時間1月7日午前9時30分)英語のみ」NEW. (1/7)
https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast
・Expected Live Webcast: The live webcast has not started yet. Please check back in about 9 hours.
・Expected Slides: The slides are not available yet. Please check back in about 9 hours.
Sessions: "Sosei Heptares"
・SOSEI HEPTARES Presenting: Monday, January 7, 2019 at 09:30 AM
・Room: Elizabethan A/B
Description:
・Sosei Heptares is an international biopharmaceutical group focused on the design and development of new medicines originating from its proprietary GPCR-targeted StaR® technology and Structure-Based Drug Design platform capabilities.
・We are advancing a broad and deep pipeline of partnered and in-house drug candidates in multiple therapeutic areas including neurology, immuno-oncology, gastroenterology, inflammation and rare/specialty diseases.
・Our partners and collaborators include AstraZeneca, Allergan, Pfizer, Novartis, PeptiDream, Kymab, Daiichi-Sankyo, MorphoSys and Fujifilm.
・We are headquartered in Tokyo, Japan, with state-of-the-art R&D facilities in Cambridge, UK and Zuich, Switzerland.
・Sosei Heptares is the corporate brand of Sosei Group Corporation, listed on the Tokyo Stock Exchange (ticker: 4565).
Speaker:
・Chris Cargill Chris Cargill, Chief Financial Officer, Sosei Heptares.
Chris has over a decade of experience in the global financial services sector and brings an extensive range of healthcare knowledge, financial acumen and market perspective from his previous advisory roles.
Prior to joining Sosei Heptares, Chris began his career in the Corporate Finance division of KPMG before spending over eight years in Investment Banking at J.P. Morgan, most recently focused on the UK healthcare sector.
Chris joined Sosei Heptares in September 2017 as Head of Investor Relations and Communications and was appointed as Executive Vice President, Chief Financial Officer in November 2018.

213 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 18:25:37.81 ID:OW3DjhR80.net
15百万ドルも貰ってS高付けないとかどれだけハードル高いんだよw
その癖、M1中断したらS安2回とか割に合わなすぎだろ糞が!

214 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 18:45:06.93 ID:1ZavQmHKr.net
ここから2相始まる前にカニクイザルする可能性もあるからな
信じられてない

215 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 18:47:09.33 ID:it1KHNvia.net
>>213
上がれば空売り外資から無限売りされるだけ
みんな学習してるから上がらない

216 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 19:12:21.94 ID:P/Wah2ks0.net
明日は地合いが悪くなきゃいいが

217 :山師さん@トレード中:2019/01/07(月) 19:58:18.04 ID:KuaKXmF5c
そーせい の復活。
時価総額見れば、空売りは丸焼けにされる。
サンバイオ、ペプチ等他バイオと比べ激安。

218 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 20:29:07.06 ID:faBqxRzP0.net
こねー

219 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 20:38:23.59 ID:cjgMFbYY0.net
PTS
ストップ高間近

220 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 20:45:13.51 ID:LEfcCXC3H.net
明日ストップ高にならなければ死にます。

221 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 20:48:01.17 ID:P/Wah2ks0.net
明日だけ上がっても明後日全戻しとかあるのがそーせいだからなぁ
これをきっかけに上げ相場になるといいが

222 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 21:15:41.05 ID:dAiAC7Bp0.net
流石にこれ以上下げる余地無いし
安心して買えるラインでしょ

223 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 21:35:07.14 ID:FBqdMhaB0.net
PTS垂れてきたww
明日もし高く始まれば大量に空売り仕込まれるだけww

224 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 22:44:26.38 ID:0KY3mL0M0.net
ID:cNowqhb6d

こいつだっせぇw
二度と来んなよw

225 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 22:58:13.89 ID:OG+G2P/K0.net
これが2019年最後のマイルの可能性は?

226 :山師さん@トレード中 :2019/01/07(月) 23:56:19.12 ID:uLDmm/xO0.net
明日は最後の逃げ場になるから
皆逃げるんだぞ

227 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 00:25:05.61 ID:SryWnd1Q0.net
そーせいに逃げろってことか

228 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 00:30:33.91 ID:w0lhPrJI.net
空売り清算しろって事だとエスパー

229 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 01:23:07.35 ID:CLKxglTvr.net
数日前から知ってたかのような空売りオールスターズの買い戻しだな

230 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 02:31:15.65 ID:iyE9R4jG0.net
調子に乗ってマザーズコア大量空売りしてる個人と山田直樹がどうなるか見もの

231 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 02:35:37.95 ID:p4HBahMla.net
1Qから黒字転換濃厚か
売り豚の丸焼きだな

232 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 03:01:17.31 ID:kQD+3Fuh0.net
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Sosei Heptares Presentation, Chris Cargill, CFO: Webcast Live, Now, Finished!
・On demand In Process: We are currently preparing a recording of this session.

233 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 03:04:08.75 ID:w0lhPrJI.net
スタンディングオベーションが聞こえてきた

234 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 03:20:04.47 ID:kQD+3Fuh0.net
ちなみにNovartis
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis Presentation: "Reimagining Medicine": Vas Narasimhan CEO, 7 January, 2019.
・We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (key 2019 Submission Target)".
・With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)".

235 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 06:31:04.87 ID:kQD+3Fuh0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者である田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定です。(12/12)

236 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 06:31:44.46 ID:kQD+3Fuh0.net
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション動画(英語のみ)」(1/7). (Sosei Heptares Presentation Slides): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/presentation_slides (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
・・・
※JPM2019, Biotech Showcase - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Today 14:15-14:15 Presenting)
・・・

237 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 06:32:56.11 ID:kQD+3Fuh0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/27 (終値_815) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2018/12/28 (終値_799) 5日線乖離(_+0.99%) 25日線乖離(-15.77%) 75日線乖離(-26.97%) 200日線乖離(-46.59%) (安値_794) [大納会]
2019/_1/_4 (終値_864) 5日線乖離(_+7.73%) 25日線乖離(_-8.16%) 75日線乖離(-20.23%) 200日線乖離(-41.95%) (安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

238 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 06:33:21.90 ID:c5Zi+N4+d.net
たむ「ぴーたー、いろいろすまんかったな」
ぴーた「イインデスヨ、ワタシボスノタメナラワザトキラワレヤクヤリマス、サンオクモラッテマスシ」
たむ「全てシナリオどうりだ」

239 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 07:21:19.83 ID:3xTxIJ+nM.net
知的障害者かな

240 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 07:44:58.44 ID:kQD+3Fuh0.net
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Sosei Heptares Presentation, On Demand Webcast Open! (1/8up)
・Recorded Webcast of the Presentation originally Presented Monday, January 07, 2019 at 9:30 AM .
https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast

241 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 08:10:54.97 ID:XHhKoGuVa.net
ハイカラチャンス到来

242 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 08:18:00.61 ID:NM4QhF4Mp.net
S高は反発が怖いんだけど

243 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 08:20:49.45 ID:XHhKoGuVa.net
>>242
空売り入るからねー

244 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 08:27:11.63 ID:N+njFVzCr.net
今日ストップ高して空売り担いだぞーってなっても翌日かその次の日には上ヒゲクソチャートかまして全戻しだからな

245 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 08:27:18.11 ID:3/ufxGKW0.net
空売りなんて所詮AI
材料によって簡単に撤退する

246 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:04:49.67 ID:SjwPdI37a.net
上げるときは静かになるんだよな。
わかりやすい。

247 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:07:22.47 ID:haKxBs6UM.net
そーせい名物 売り豚の丸焼き来そうやな

248 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:07:35.08 ID:zleQym750.net
モルガンカンファレンスもたられば定食で具体的な話しは無かったようだ 得意の18か月以内ったって確実にちえんするでしょ 治験にはいるなら膨大な金きる ジジイ選択と集中はどうした 使うかねへらないぞ ジジイ反省さよ

249 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:08:22.00 ID:HYeZChV+M.net
多数を装っているが実はキチガイ一匹だけだからだろう

250 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:10:09.96 ID:8ji8CvUD0.net
タムやん「カニクイザルネタの次は何にしよう」

251 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:10:38.50 ID:faQBoHQl0.net
逆にまだ持ってたやついんの?
買い戻してないんだけど

252 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:24:05.07 ID:qew2qB7D0.net
これは合致寄り付きだ !!

253 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 09:24:43.93 ID:xO14NTvm.net


254 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:24:47.26 ID:qew2qB7D0.net
これは合致寄り付きだろ!?

255 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 09:24:58.18 ID:xO14NTvm.net
バカルサ列伝w

256 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:27:01.53 ID:qew2qB7D0.net
なかなか合致しねえなぁ

257 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:29:33.52 ID:T6VqZd/0M.net
当然のようにストップか

258 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:31:20.09 ID:qew2qB7D0.net
ガチで合致するかな?

259 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:32:40.14 ID:qew2qB7D0.net
ほら、ガチで合致した !!

260 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:36:04.42 ID:qew2qB7D0.net
ほら、おいらの予想通りガチガチの合致寄り付きだっただろ !!

261 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:44:43.26 ID:btyDztim0.net
寄ってから買いが異常なほど沸いてくるけど、なぜ寄らしたのか不思議だわ
このまま圧倒的な金による暴力で売り方を瞬殺してもらいたいわ

262 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 09:45:51.29 ID:xO14NTvm.net
超絶ルサンチマンw

263 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:54:13.37 ID:Polm3JjVd.net
なんかマイテンしそうじゃない?

264 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 09:55:34.88 ID:coWsVzYB0.net
まさかとは思うが寄りでハイカラ入れた奴はいないよな?

265 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:00:33.47 ID:T6VqZd/0M.net
3桁で買えた人は生涯のお宝になりそうやな

266 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:03:20.68 ID:NM4QhF4Mp.net
S高で買う人って明日も上がると思って買ってんの?

267 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:10:27.80 ID:faQBoHQl0.net
>>266
反転確信したからだぞ
さっきの寄りで全部買い戻したわ

268 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:33:24.16 ID:T6VqZd/0M.net
サプライズではないよな

269 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:41:47.79 ID:CLKxglTvr.net
マイ転しないそーせい なんていらない

270 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 10:42:33.06 ID:CLKxglTvr.net
3桁で買えた人も来週には含み損だよ

271 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 11:29:34.23 ID:xO14NTvm.net
バカルサーw

272 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:09:33.12 ID:N+njFVzCr.net
今日ストップ安しても明日か明後日9時30分頂点の右肩下がりの上ヒゲ大陰線マイナス引けで下げ継続だろ

273 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:23:53.23 ID:KClPC+dSr.net
昨年年初に戻してからに寝言は言ってくれ くそジジイ

274 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:25:30.37 ID:N+njFVzCr.net
一年間で3000→750まで下げて1000円超えたたけで大喜びのホルダー

275 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 12:28:26.88 ID:xO14NTvm.net
一年間で3000→750まで下げて1000円超えたたけで超悔しいのがルサンチメンズw

276 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:37:50.95 ID:kOILJ+BNa.net
これ明日も寄らないパターンだね

277 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:42:16.37 ID:vwBRICVGa.net
>>276
いやいやw

278 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:42:39.70 ID:Polm3JjVd.net
26,000円が1,000円になってるからねぇ

279 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 12:46:19.03 ID:xO14NTvm.net
バカルサの程度w

280 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:51:40.88 ID:btyDztim0.net
どこまで上がるかは置いといて、目先1200円が壁になるんだわ
その次は、M1中断後の高値1488円を超える機会が与えられる

281 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:52:41.27 ID:btyDztim0.net
M1中断しても1000〜1500円だったのだから、A2Aのマイル&進捗を考慮すると
1078円のS高で寄る方がおかしいんじゃねのかって思うわ

282 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:54:14.70 ID:omVr+1B7d.net
結局は材料次第だからねえ

283 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 12:58:14.49 ID:NM4QhF4Mp.net
喘息もそろそろ来るんじゃないの

284 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:00:55.37 ID:Polm3JjVd.net
この位じゃ反転しないのでは?

285 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:01:25.10 ID:HYeZChV+M.net
今年は導出もあるんだよな

286 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:13:19.47 ID:k4JDXePT0.net
この程度は自律反発みたいなもんだ

287 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:17:04.59 ID:LFQ7dciv0.net
明日は寄らずのストップ高じゃな

288 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 13:22:52.45 ID:vVYdmV9ya
ノバは喘息はブロックバスター候補と言っている。
A2aは毎期マイルが入ってくる様な日程でアストラは開発中。
新規導出、提携等一時金、契約金は期待できる。
ファイザーの開発マイルも出てくる可能性あり。
黒字化目指し邁進中。6000円程度は今期中達成か??

289 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:28:34.06 ID:MZ0bVnpn0.net
一株あたり21円もらえるだけなのに
なんで150円もあがってるの

290 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:30:32.63 ID:Polm3JjVd.net
そう考えると超絶オーバーシュートで手出せないな

291 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:31:32.56 ID:4YEXQpdg0.net
ここは上ると確信して買うといつも叩き落されるんだよな
どこで降りるか迷うぜ

292 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:34:08.92 ID:btyDztim0.net
朝の買い気配より多いとかどういうことだよwww
寄りで投げた奴は空売り外資に調教されて洗脳されたんだろうな
いつまでも寄り天が続くとかねえから

293 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:36:33.88 ID:5rsBY2ND0.net
かきゆうさん、スイングって言ってたけど
長期保有に切り替えたかな?

294 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:37:34.60 ID:Polm3JjVd.net
>>293
あいつバーチャルだぞ

295 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:42:15.29 ID:+Y2vhZ0ra.net
寄って買った奴らが焦りだしてる

296 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 13:47:02.80 ID:3/ufxGKW0.net
欲しいよー
明日は寄るよね?

297 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 14:06:27.46 ID:vVYdmV9ya
ここが高いと疑問に思うなら、サンバイオを推薦。ちょうどいい。

298 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 14:23:45.39 ID:btyDztim0.net
相場はまだ始まったばかりだろ
明日、異常に寄りが高ければ寄り天の可能性があると疑心暗鬼になるよな?
そこで思い出してほしい
一時的に下がってもまだ初動
忘れるなよ
強い心を持て

299 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 14:27:08.05 ID:JKWkqrx10.net
ピーターとはなんだったのか。
マジで。

300 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 14:36:39.87 ID:sIAxNXw5M.net
売り買いの差が10倍超えた、、、
普通なら明日も寄らんのだがここは普通じゃないから寄りそう

301 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 14:42:00.90 ID:LFQ7dciv0.net
寄ったら買いまし
それだけ

302 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:03:27.68 ID:T6VqZd/0M.net
一発屋のサンバイオが時価総額4800億、何発も打てるそーせいが800億。あとは分かるだろう

303 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:05:28.31 ID:xiNsjT0NM.net
毎年50億経費かかるのに16億じゃ全然足りんな

304 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:05:39.02 ID:JKWkqrx10.net
>>293
元々1800の窓埋め意識してるよ

305 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:15:36.30 ID:kQD+3Fuh0.net
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」(1/8update)
AstraZenecaとの提携パイプラインであるAZD4635の、第U相臨床試験入りを発表しました。これにより、15百万ドルのマイルストン支払いを受けます。
当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。
当化合物AZD4635ですが、簡単にご説明致します。まずAZD4635は:
- がん治療候補薬である
- 対象となるがんの種類は未定である(臨床試験を通じて特定していく)
- 単剤、およびAZ社のPD-L1抗体ディルバルマブとの併用試験が行われている
メカニズムですが、
がん細胞は、アデノシンを産出することで、免疫システムを回避する能力があります。アデノシンはA2A受容体に作用することで、免疫システムの活性化を阻害します。
(A2A受容体ががん細胞を検知する「レーダー」であるとすると、アデノシンはレーダーの働きを阻害する物質と言えます)
AZD4635は、A2A受容体がアデノシンに反応しないよう働きかけることで、抗がん反応を高める効果を持ちます。
今後各化合物のメカニズムに関しても、当社HP「知識」コーナーなどに掲載していきますので、宜しくお願い致します。

306 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:16:14.23 ID:kQD+3Fuh0.net
※MinkabuPress:そーせいはストップ高、アストラゼネカから1500万ドルのマイルストンを受領へ。(1/8 9:37)
そーせいグループがストップ高。7日の取引終了後、英アストラゼネカ社からAZD4635の開発でマイルストンを達成した旨の通知を受けたと発表。
これに伴いアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストンを受領することになることが好感されている。
AZD4635は、そーせいが創製し15年にアストラゼネカ社にグローバルでの独占的ライセンス供与した薬剤で、
固形がん患者を対象とした単剤およびアストラゼネカ社の抗PD-L1抗体デュルバルマブとの併用を評価する第1相臨床試験を現在実施している。
これまでの臨床試験で、AZD4635の単剤およびデュルバルマブとの併用時の最大耐薬量が決定され、
複数の固形がんを対象とした治療の可能性について探索が行われる段階にまで順調に進捗していることから第2相臨床試験開始を目指しており、それによって、マイルストンを受領することになったという。
なお、そーせいでは、19年12月期第1四半期末までに1500万ドルを受領するとしている。

307 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:16:38.68 ID:kQD+3Fuh0.net
※日本経済新聞電子版:<マザーズ>そーせいがストップ高買い気配、英製薬から一時金1500万ドル。(1/8 10:38)
創薬ベンチャーのそーせいが大幅高となっている。制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比150円(16.2%)高の1078円まで上昇し、同水準で買い気配となっている。
7日に、英製薬大手のアストラゼネカと開発中のがん免疫療法の候補薬について、アストラゼネカから1500万ドル(約16億円)のマイルストン(一時金)を受け取ると発表した。収益への貢献を期待した買いが入っている。
マイルストンを受け取るのは、そーせいがライセンスを譲渡していた候補薬についてアストラゼネカの臨床試験が進んだため。
みずほ証券の野村広之進シニアアナリストは7日付のリポートで「(マイルストンを受け取ることは)2019年12月期の黒字化のシナリオに向け順調な進展」と評価。
同候補薬について、19年12月期後半に別の臨床試験開始にともなうマイルストンを受け取ると予想した。

308 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 15:18:48.69 ID:w0lhPrJI.net
・・・

309 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:20:50.19 ID:kQD+3Fuh0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者である田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定です。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)

310 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:21:30.17 ID:kQD+3Fuh0.net
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から会長兼任の社長に復帰。ブランドもSosei Heptaresと刷新し、全社一体となってグローバルなビジネス展開を図っていきます。舵を切り直して新たなリーダーシップの下に早急に収益体質の改善を目指します。(2019/1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション動画(英語のみ)」(1/7). https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション資料(英語のみ)」https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)
・Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019: Advanced Discussions for Next Wave Targets…, New Partnerships or In-House. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals.
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8update)
・・・
※JPM2019, Biotech Showcase - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Today 14:15-14:15 Presenting)
・・・

311 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:26:23.96 ID:kQD+3Fuh0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

312 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:34:07.27 ID:kuzijXoxp.net
1800くらいまでは戻ると見てるけど

313 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 15:51:04.88 ID:vVYdmV9ya
今後COPD(中国販売開始)、喘息来期販売開始、カンジダ等含め
製品販売ロイは50億円程度は堅い。
新規導出、既存契約マイル等出てくれば、黒字化は目前。

314 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 15:54:22.92 ID:2MuVLPc3a.net
みんな助かりそう

315 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 16:13:48.69 ID:xO14NTvm.net
バカルサの歯ぎしりw

www

316 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 16:30:11.58 ID:kQD+3Fuh0.net
ちなみにAllergan
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: Brent Saunders, Chairman, President and CEO, 7 January, 2019. (1/8up)
CNS: Our Portfolio Spans four Large Areas of Unmet Need:
・Neurodegenerative Disorders: "Alzheimers Pipeline: AGN-242626 (AD)."
Pharma Pipeline by Development Phase:
・"AGN-242626: M4 Agonist": Alzheimers Disease: Phase 1, CNS (Central Nervous System).
・"AGN-242071: M1 Agonist": Alzheimers Disease: Phase 1, CNS (Central Nervous System).

317 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 17:41:50.07 ID:XHhKoGuVa.net
PTS弱すぎww
明日はストップ安かな

318 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 18:00:13.61 ID:kQD+3Fuh0.net
Heptares Patent update:
・・・
※米国特許(Heptares):1,2,4-Triazine-4-Amine Derivatives (US Patent 10112923B2). (10/30公開)
※日本特許出願(Heptares):CGRP受容体アンタゴニスト (JP2018-532788A, JP2018-532789A, JP2018-532790A)。(11/8公開)
※米国特許(Heptares):Methods for Screening for Binding Partners of G-Protein Coupled Receptors (Inventors: Heptares& MRC LMB) (US Patent 10126313B2). (11/13公開)
※日本特許(Heptares):「オレキシン受容体アンタゴニスト」【特許6424285B2】。(11/14公開)
※米国特許出願(Heptares):Muscarinic Receptor Agonists (US20180327426A1). (11/15公開)
※日本商標(Sosei):「SoseiHeptares」(商標登録 第6098235号)。(11/16登録)
※欧州特許出願(Heptares):Bicyclic AZA Compounds as Muscarinic M1 Receptor Antagonists (EP3406609A1). (11/28公開)
※欧州特許出願(Heptares):G Proteins (Inventors: MRC LMB) (EP3408286A1). (12/5公開)
※日本特許(Heptares):「ムスカリンM1受容体作動薬としての二環式アザ化合物」【特許6438091 B2】。(12/12公開)
※日本特許出願(Heptares):「ムスカリンM1及び/またはM4受容体のアゴニストとしてのオキシム化合物」(JP2018-536653A)。(12/13公開)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (20180370961A1). (12/27公開)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284B2). (2019/1/1公開)


319 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 18:00:30.23 ID:kQD+3Fuh0.net
※米国特許(Heptares):"Stable Proteins". (2019/1/8公開)
・Document Type and Number: United States Patent 10174101.
・Publication Date: 2019/1/8.
・Assignee: Heptares Therapeutics Limited.
Inventors:
・Jazayeri-dezfuly, Seyed Ali.
・Marshall, Fiona Hamilton.
Abstract:
・The invention provides a fusion protein comprising, from N-terminus to C-terminus:
・a) a first portion of a Family B G-protein coupled receptor (GPCR) that comprises transmembrane helix (TM)-1, TM2 and TM3 of the GPCR;
・b) a stable protein domain; and
・c) a second portion of the GPCR comprising TM4, TM5, TM6 and TM7 of the GPCR.
・The invention also provides a method of crystallizing a GPCR comprising providing the fusion protein of the invention and crystallizing it to obtain crystals.

320 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 18:13:09.14 ID:sIAxNXw5M.net
>>317
それは今日ストップ高でハイカラ入れたお前の願望だろw

321 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 18:36:47.98 ID:XGMq+bwd0.net
寄り1110
高値1175(午後9時30分)
引け1085
明後日からズルズル下げ
どうせこうなる

322 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 18:40:27.38 ID:Polm3JjVd.net
3桁マイナス余裕でしょ
まぁ全モもあるわな

323 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 19:03:21.02 ID:9LRAq/Ed0.net
そーせいのくせに生意気だ!

324 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 19:21:16.87 ID:XHhKoGuVa.net
また空売り外資を怒らせてしまったな
倍返し食うだけやぞ

325 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 19:24:17.58 ID:XHhKoGuVa.net
7日にモルガン大量売り増し!!

326 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 19:46:13.37 ID:Fs8Aw0ZMC
第二相の結果、
「効きませんでした。」とかかもね。

327 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 19:51:12.30 ID:iyE9R4jG0.net

お前IP変えていつまでバレバレの自演続けるんだよw
誰か(モルカスとか)に雇われてんのか本当のキチガイなのかどっちよ

328 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 20:23:06.78 ID:Fs8Aw0ZMC
どっちでもいいよ。
こことの付き合いは、「買って売って儲けたわーい。」だけだよ。
長期保有するような会社ではない。

329 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 20:30:29.04 ID:DopOn6ZRd.net
そーせいアンチスレのようだ

330 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 20:36:31.73 ID:XwbbbPhX0.net
ID:XHhKoGuVa
ID:Polm3JjVd

こいつら必死すぎwwww

331 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 21:11:48.47 ID:I0EXW/3X0.net
アンチは常に1人が自演してるんだよなぁ

332 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 21:12:12.34 ID:I0EXW/3X0.net
もしかして派遣マンかな

333 :山師さん@トレード中:2019/01/08(火) 22:31:57.91 ID:d4UDX0Lol
黒字化向けて奮闘中。

334 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 22:31:13.70 ID:RK48EjhJ0.net
この歴史的下げ相場を見てきた者としては
1200円を超えるとは到底信じがたい。
仮に超えたら空売り外資の逆鱗に触れて
倍返し喰らいそう。

335 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 22:42:14.61 ID:SryWnd1Q0.net
PTSが上がってきたな

下がるのを待ってけど上がっちゃたから
慌てて買ってる下手くそなんだろうな

336 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 22:44:34.60 ID:0KjzAD/z0.net
>>334
正解
モルガンが許すはずないわな

337 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 22:51:35.01 ID:yX2DxETMd.net
>>334
1200円の倍返しだとマイナスになっちゃうね。
まあ1200円にはかなり厚い壁があるけど。

338 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 23:14:26.13 ID:Polm3JjVd.net
2年下がり続けて今更上がる訳ない
下だよ下

339 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 23:29:15.45 ID:iyE9R4jG0.net
新興株でも特にバイオは同意づいたら手つけられないほど上がるからなぁ

340 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 23:38:43.68 ID:zleQym750.net
サンバの奇跡再び

341 :山師さん@トレード中 :2019/01/08(火) 23:48:31.12 ID:iyE9R4jG0.net
PTSも空売りがコントロール出来なくなって来たなぁ

342 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 00:11:32.59 ID:lnlFzUmi0.net
明日開始30分で一気に空売り祭りで右肩下がり一直線なんだろうな…トホホ…

343 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 00:20:13.00 ID:u7YkF6KHa.net
会社は成長してるのに約10分の1まで売られた
当然、全戻しまで想定しておかなければならない

344 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 01:07:20.20 ID:vhR+dvv90.net
いやメインがこけたから売られたんだけど

345 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 01:43:37.81 ID:u7YkF6KHa.net
そもそも6000円の時にM1など無かった

346 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 04:02:37.65 ID:uVmnoZSza.net
今日ストップ高バンザーイ!

347 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 05:29:54.70 ID:dU/fr7uj0.net
M4はPh1らしいけどM1/M4は前臨床のままなのかな?

348 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 06:57:31.19 ID:2fhNLeT20.net
ヘプタレス買う前も4000円つけてた。

349 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 07:30:07.54 ID:eZqvwLro0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Structural Insights into Allosteric Modulation of GPCRs": Dr Christine Oswald, Sosei Heptares. (12/18 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": A Randomized Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Record Verification December. (12/18update)
※ClinicalTrials(NCT03592862): Phase 2, A Study to Assess Safety, Tolerability, and Efficacy of HTL0018318 in Patients With Dementia With Lewy Bodies (DLB). Record Verification: December. Study Start (Change): "April 2019" (12/18update)
※Sosei Heptares_HP:知識:開発:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回および複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」(ACNP Presented: 12/12) これらの良好な安全性及び薬物動態データはHTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※MiNA Therapeutics:"MiNA Therapeutics Announces Enrolment of Patients in Expansion of Phase Ib Trial Evaluating MTL-CEBPA in Combination with Sorafenib". "Excited to launch the next stage of the OUTREACH clinical trial in liver cancer". (12/19)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にした MTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares_HP:企業情報:経営陣:シニアマネジメント:「ジェイムス・テイラー:シニア・ヴァイス・プレジデント 事業開発」追加。豊富なビジネス戦略の経験と、医薬品、バイオテクノロジー分野においての確固たる実績を持つ事業開発部のシニアヴァイスプレジデント。(12/20up)
※British Pharmacological Society's Pharmacology 2018: "Trends and Innovation in Drug Discovery at Heptares Therapeutics": Dr Lisa Stott, Sosei Heptares; Dr Matt Barnes, Sosei Heptares. (12/20 Presented)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511 A1). (12/20公開) ※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507 A1). (12/20公開)

350 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 07:30:25.36 ID:eZqvwLro0.net
※医薬品医療機器総合機構(Pmda):医療用医薬品添付文書情報(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/21掲載)
※ClinicalTrials(NCT03785054): "Phase 1, Healthy Subject, Safety, Tolerability and Pharmacokinetic Study of mGlu5 NAM HTL0014242". Actual Study Start: "2018/11/14", Estimated Primary Completion: "2019/7/15", Estimated Study Completion: "2019/8/2". (New Trial Record 12/24up: "Recruiting")
※Sosei Heptares:「サンフランシスコで開催の第37回 J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンスに参加」。2019年1月7日(米国時間)、当社CFOのクリス・カーギルがプレゼンテーションを行います。プレゼンテーションの様子はライブ配信され、アクセスできます(英語のみ)。(12/27)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (US20180370961 A1). (12/27公開)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」会長兼任の社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指します。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)

351 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 07:31:10.05 ID:eZqvwLro0.net
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画」(1/7). On Demand, Recorded Webcast (January 07, 2019 ): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
・・・
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Biotech Showcase 2019 - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Now Presenting)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: MorphoSys (1/9 Today 9:30), Vectura (1/10 9:30).
・・・

352 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 07:32:21.92 ID:eZqvwLro0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

353 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:15:48.65 ID:uI1aSWcfr.net
いつもの最初だけのクソチャートっぽい

354 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:29:47.90 ID:P1R8Q2Y5a.net
気配マイ転しそうwww

355 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:39:36.51 ID:u7YkF6KHa.net
バカルさん(笑)

356 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:45:37.74 ID:JhgPkHuq0.net
そーせい3桁で売ったバカいるのm9(^Д^)プギャーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




見てるだけでした(′;ω;`)

357 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:52:55.67 ID:bEDxodqdM.net
今日は寄り天やな

358 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 08:53:23.56 ID:oS8TTmvf0.net
短期では寄り天濃厚だから売り
中長期では買い
つまり放置だわ

359 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:11:10.02 ID:u7YkF6KHa.net
             _,,..r'''""~~`''ー-.、
            ,,.r,:-‐'''"""~~`ヽ、:;:;:\
           r"r          ゝ、:;:ヽ
   r‐-、   ,...,, |;;;;|       ,,.-‐-:、 ヾ;:;ゝ
   :i!  i!  |: : i! ヾ| r'"~~` :;: ::;",,-‐‐-  `r'^!
    !  i!.  |  ;| l|  ''"~~   、      i' |
     i! ヽ |  | |    ,.:'"   、ヽ、   !,ノ イェ〜イ
    ゝ  `-!  :| i!  .:;: '~~ー~~'" ゙ヾ : : ::|  ピーター見てる〜?
   r'"~`ヾ、   i! i!   ,,-ェェI二エフフ : : :::ノ~|` 
  ,.ゝ、  r'""`ヽ、i! `:、   ー - '" :: : :/ ,/
  !、  `ヽ、ー、   ヽ‐''"`ヾ、.....,,,,_,,,,.-‐'",..-'"
   | \ i:" )     |   ~`'''ー----''"~
   ヽ `'"     ノ
http://o.8ch.net/1d64d.png

360 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:21:46.60 ID:6zxdRz+vr.net
おっしゃあ--絶好の売り場!!!!!!

361 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:22:20.06 ID:6zxdRz+vr.net
今日こそはマイ転必須

362 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:31:38.36 ID:8D8cp2dO0.net
またこのパターンかよ

363 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:34:55.45 ID:0uOVK5Agd.net
大暴落してて笑うわ
マイテン全戻しはよ

364 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:35:34.68 ID:bEDxodqdM.net
今日こそ定番のダウンヒルや!

365 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 09:48:52.57 ID:8VpJIhQlM.net

またバカルサ1匹の猿芝居かよw

366 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 10:37:21.30 ID:Nf2AodLa0.net
僅か数日前の年末年始、あんなに安く買えたのに一枚も買ってなかったのかね?
株価下落の妄想にオドオドしながらの年末年始だったんだねw

367 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 10:41:50.13 ID:TtKWE7Hy0.net
今月2000超えてくるだろう
年内に5000
来年は10000だ

368 :山師さん@トレード中:2019/01/09(水) 11:18:32.59 ID:U7jnbjhb.net
超バカルサ伝説w

369 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 11:19:07.43 ID:Vl8VxYWQa.net
強いねみんな助かるね

370 :山師さん@トレード中:2019/01/09(水) 11:19:09.46 ID:U7jnbjhb.net
>>361
オッペケバカルサーw

371 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 11:19:15.55 ID:y0gZkHj10.net
こんな安値で手放してどうすんの?
初動中の初動じゃん

372 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 11:45:07.52 ID:oS8TTmvf0.net
始値1135円
安値1123円
高値1203円
前終1174円

乱高下に惑わされずガチホだぞ
1200円を固めたら次の上値はM1中断後の高値1488円
もう一発大きなIRたのむわ

373 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 11:45:52.25 ID:kn0p90hur.net
ジジイ無能ヘプタレスりすとらしろよ 選択と集中 小学生でも出来ることがなぜできないんだよ ちゃんとやれ

374 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 12:07:56.06 ID:n47/JYBFM.net
ほんと、クリスマスのプレゼントかお年玉になったわ。

375 :山師さん@トレード中:2019/01/09(水) 13:14:58.21 ID:9BmMJBPKo
そーせいからスパイが来たぞ。

376 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 13:13:22.29 ID:8VpJIhQlM.net
モルカス、ノムカス、クレイジーが何度も爆弾落とせど買いが湧いて来る

377 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 13:15:48.11 ID:dU/fr7uj0.net
新規導出先、提携先がどこのなるのかはやく知りたいね。

378 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 14:13:08.99 ID:0uOVK5Agd.net
よわっ

379 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:00:37.53 ID:2SC/ggpV0.net
マイテンしないとか…

380 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:04:32.67 ID:0uOVK5Agd.net
空売りの餌

381 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:07:08.29 ID:oS8TTmvf0.net
ここで30〜50億円クラスの導出IR出せや
OXシリーズどうなったんだ?

382 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:13:33.85 ID:214UWIFjp.net
M1再開しちゃえ

383 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:26:55.76 ID:0uOVK5Agd.net
どっかと違って大コケ銘柄だね

384 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:29:53.17 ID:eZqvwLro0.net
※モーニングスター:マザーズ指数4日続伸、一時900ポイント乗せ=新興市場・9日。(1/9 15:06)
マザーズ指数が4日続伸し、昨年12月17日以来の900ポイント乗せとなる場面があった。
米国株式市場の堅調推移を受けて東京市場には買い安心が強まっており、新興市場も投資家心理改善の恩恵を受けている。
サンバイオが大幅続伸して1万円乗せを果たし、そーせいグループやラクスルも上昇。

385 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:30:08.46 ID:eZqvwLro0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(/1/1)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画」(1/7). On Demand, Recorded Webcast (January 07, 2019 ): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8update)
・・・
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※Allergan Q4 2018 Allergan plc Earnings Conference Call. (1/29)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
・・・

386 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 15:31:01.96 ID:eZqvwLro0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(_+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

387 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 17:02:03.54 ID:eZqvwLro0.net
Update:
※RCSB Protein Data Bank (PDB): 6H7K: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80. (2018/10/17 Released)

※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80". (2019/1/9up)
・Deposition Author(s): Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.
・Molecule: Thioredoxin 1,Beta-1 adrenergic receptor
・Released: 2019-01-09
・(Entry 6H7K was removed from the distribution of released PDB entries (status Obsolete) on 2019-01-09. It has been replaced (superseded) by 6IBL.)
To be Published: Literature:
・"Molecular basis for high affinity agonist binding in GPCRs" (Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.).

388 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 18:00:15.42 ID:eZqvwLro0.net
※日本経済新聞:話題の株「そーせい:新薬の一時金16億円を好感 黒字化への期待で急伸」(2019/1/9付日本経済新聞夕刊)
8日の東京株式市場で、創薬ベンチャーのそーせいグループの株価が急伸した。朝方から買い注文が膨らみ、制限値幅の上限(ストップ高水準)となる前日比150円(16%)高の1078円で取引を終えた。
値上がり率は東証マザーズで6位だった。7日に海外製薬大手から一時金収入を受け取ると発表しており、収益拡大を期待した個人投資家などの買いが入った。
そーせいは新薬の研究開発を手掛けるバイオ企業だ。独自の技術を活用して新薬候補を見つけ出し、製薬大手にその権利を販売。開発の進捗などに応じて収入を得る。
英製薬大手アストラゼネカと開発中のがん免疫療法の候補薬「AZD4635」について、アストラゼネカから1500万ドル(約16億円)のマイルストーン(一時金)を3月末までに受け取ると7日発表した。3段階ある臨床試験(治験)の第2段階に進むためだ。
そーせいの2018年4〜9月期の連結営業損益(国際会計基準)は研究開発費が先行し37億円の赤字。18年12月期(9カ月の変則決算)の業績予想は開示していないものの、19年12月期での黒字化を目指している。
みずほ証券の野村広之進シニアアナリストは今回の発表について、「黒字化のシナリオに向け順調な進展」と指摘する。
もっともバイオ関連株は個人の保有割合が高く、短期売買が集中して値動きが大きくなりやすいという特徴がある。そーせいの個人株主比率も6割近い。
株式市場では「目先は利益確定売りが先行しそう」(カブドットコム証券の河合達憲投資ストラテジスト)と警戒する声も出ていた。

389 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 19:08:01.96 ID:dU/fr7uj0.net
Cryo-EMもAIも味方につけてるというカンファレンスでの発言で、ほんとうなら一安心だね。

390 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 19:35:04.48 ID:oS8TTmvf0.net
今期黒字になるのなら手持ち現預金200億円近くはあるし、これ以上赤字にならないのなら鉄板買いだわ
今後はQVMで上乗せ、新規提携で上乗せ、PL進捗で上乗せ
いくでーやるでー

391 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 19:39:46.69 ID:kn0p90hur.net
200億期末で有るかは不明 つかいこんでないと株価は昨年年初から1/4にはならない カンファレンスでも絵に書いたもち 株価上がるかはヘプタレスりすとら出来るかどうか 公募増資なければよいが

392 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 19:41:24.14 ID:kn0p90hur.net
QVM には期待したい

393 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 20:00:07.90 ID:eZqvwLro0.net
※フィスコ:マザーズ先物概況:大幅に4日続伸、900ptを前に利益確定の動きも。(1/9 16:35)
9日のマザーズ先物は前日比14.0pt高の883.0ptと大幅に4日続伸して取引を終えた。高値は889.0pt、安値は875.0pt、取引高は2986枚。
8日のNYダウが大幅に続伸したほか、為替相場でも一時1ドル=109円台を窺う円安となるなど、良好な外部環境を映して買い優勢で始まった。
市場では、「需給イベントを背景に戻り基調にあった通信のソフトバンクの換金資金の一部がマザーズ市場にも向かっているようだ」といった指摘も聞かれ、需給面での支援材料として意識されたもよう。
また、足元で強い動きをみせるサンバイオやそーせい>などのバイオ関連株が本日も相場をけん引する格好となったが、節目の900ptを前に利益確定の動きも出やすくなった。

394 :山師さん@トレード中:2019/01/09(水) 20:13:35.50 ID:AtCSxeG+.net
・・・

395 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 21:00:32.47 ID:eZqvwLro0.net
※OTS (Oligonucleotide Therapeutics Society): Featured Member: "Interview with Nagy Habib." (1/8)
(Professor Nagy Habib, ChM, FRCS Chair of Surgery, Imperial College London). January 8, 2019.
[Who were your early mentors?]
Professor Henri Bismuth, pioneer and renowned international expert in the field of hepatobiliary disease who set up the first liver transplant Centre in France.
Professor Tom Starzl (University of Pittsburgh), surgeon and researcher often referred to as the Father of Modern Transplantation as he performed the first liver transplants.
I was privileged to spend time working with both these outstanding surgeons.
[How did you become involved in OTS?]
I am an academic hepatobiliary surgeon, and a serial founder and entrepreneur of life sciences ventures and a translational researcher.
I am the co-founder of several biotech companies: EMcision Ltd, OmniCyte Ltd, MiNA Therapeutics Ltd, Apterna Ltd, Medeva Plc and Bioenvision Ltd. Previously I was Pro-Rector for Commercial Affairs at Imperial College London.
I pioneered the first clinical trial of the use of plasmid and adenovirus for the treatment of liver cancer, as well as the use of plasmid gene therapy in hydrodynamic gene delivery.
I was the Principal Investigator of world first clinical trials published on the use of adult bone marrow-derived stem cells for the treatment of patients with liver insufficiency and CD34+ cells for patients with stroke.
I was the inventor and co-author on the first publication to describe the use of radiofrequency energy in devices for liver surgery (Habib 4X), and interventional endoscopy (Habib EndoHPB and Habib EUS-RFA).
When I found an RNA oligonucleotide that showed potential to treat primary liver cancer I wanted to learn as much as possible about oligos from my peers. It seemed natural to join the OTS.
[Why do you continue to support the OTS?]
I love this society. The members are welcoming and friendly and have a generosity to share their research.
What is special about the type of research/work you’ve done?
My research focus is targeted to improve treatments for patients.
Over several decades my research has led to several firsts; first in Europe to trial autologous stem cell therapy, first to apply this to patients with acute stroke and liver cirrhosis;
the first to publish work on bloodless liver resection; the first to trial a first in human and a first in class RNA oligonucleotide in patients with liver cancer.

396 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 22:00:47.21 ID:eZqvwLro0.net
※DovePress: International Journal of COPD: "A randomized Trial to Determine the Impact of Indacaterol/Glycopyrronium on Nighttime Oxygenation and Symptoms in Patients with Moderate-to-Severe COPD: the DuoSleep study". (1/9up)
・Published: 9 January 2019, Volume 2019:14 Pages 199-210 ( ttps://www.dovepress.com/getfile.php?fileID=47412 )
Purpose:
This study investigated the effect of dual bronchodilation with the long-acting β-receptor agonist/long-acting muscarinic antagonist combination, indacaterol/glycopyrronium (IND/GLY),
on nighttime oxygenation, lung function, sleep quality, and symptoms in patients with moderate-to-severe COPD.
Patients and methods: This was a 4-week, double-blind, multicenter, placebo-controlled, two-period crossover study. Patients were randomized in a 1:1 ratio to receive IND/GLY 110/50 µg once daily or matching placebo.
The primary objective was to evaluate the effect of treatment with IND/GLY on mean nighttime oxygenation, compared with placebo.
The secondary objective was to determine the time spent <90% in blood oxygen saturation (SpO2) compared with placebo.
Exploratory objectives were to assess the effect of IND/GLY, compared with placebo, on sleep quality measured by the Medical Outcomes Study (MOS) Sleep Scale and the COPD
and Asthma Sleep Impact Scale (CASIS) questionnaires and on symptoms assessed by COPD Assessment Test (CAT) questionnaire.
Results:
In total, 38 patients were randomized (n=22, IND/GLY; n=16, placebo). The change in nighttime oxygenation (SpO2) was similar, and there was a comparable difference in time spent <90% SpO2 between IND/GLY and placebo.
Increases from baseline for the difference between IND/GLY and placebo for trough FEV1, FVC, and inspiratory capacity (P<0.05) were seen, with a corresponding reduction in residual volume and functional residual capacity (P<0.05).
IND/GLY treatment showed an improvement in scores for CAT (P=0.0208), CASIS, and the MOS Sleep Scale measures,
Sleep Problems Index I, Sleep Problems Index II (P=0.0315), Sleep Adequacy, Sleep Disturbance Scale, Somnolence Scale, and Short of Breath Scale (P=0.0031).
Conclusion:
In this study, IND/GLY 110/50 &#181;g once daily improved symptoms, sleep quality, and lung function, but showed no effect on nighttime oxygenation in patients with moderate-to-severe COPD.

397 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 23:00:14.96 ID:eZqvwLro0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月9日):【買い】そーせいグループ、後の展開にも期待感。◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆ (1/9 8:31)
後の展開にも期待感。
業種:医薬品業 時価総額:822.5億円 PER:0.00倍 PBR:1.80倍
製品開発を手掛ける創薬系バイオベンチャー。慢性閉塞性肺疾患薬とGたんぱく質解析技術に係る一時金が収益源。開発中断化合物の新規用途を探索。自社パイプラインを拡大。
同社は7日、英アストラゼネカ社からAZD4635の開発でマイルストンを達成した旨の通知を受けたと発表。これに伴いアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストンを受領することになる。
同発表を好感した買いが殺到しており、8日にはストップ高となった。
複数の固形がんを対象とした治療の可能性について探索が行われる段階にまで順調に進捗していることから第2相臨床試験開始を目指しており、今後の展開にも期待が高まる。
<11:10追記>:年明けからバイオ関連が強い。本日前場も窓を開けて上昇している。後場も指数牽引に期待。

※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月9日):【売り】そーせいグループに注意。好材料で上昇中だが、戻り売り圧力が大きくなると予想。一旦利食い目線で。◆藤崎慎也◆ (1/9 8:49)
・戻り売り圧力が大きくなると予想。一旦利食い目線で、そーせいに注意したい。
・がん免疫療法の進展が材料となり、ストップ高。この銘柄は、とくに個人に人気のある銘柄。
・人気銘柄であるが、昨今の相場状況からすると、個人の戻り売り圧力が大きいと予想される為、一旦利食いの調整が出やすいタイミングと予想して、売り目線とします。
<材料>
英製薬会社AstraZenecaと提携して開発中の次世代がん免疫療法について、AZD4635の開発でマイルストンを達成したことが通知されたと発表。
AstraZenecaより0.15億ドルのマイルストンを受領する。AZD4635は経口投与可能な低分子のアデノシン2A受容体拮抗薬で、固形がん患者を対象とした第1相臨床試験を実施中。
第2相臨床試験開始を目指している。

[予想期間終了]:
・1月9日 始値(1,135円)→ 終値(1,172円)

398 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 23:27:22.57 ID:cB48GfvYa.net
ノバルティスはウルティブロにどんだけ金掛けてくれるんだ
最高のパートナーだな

399 :山師さん@トレード中 :2019/01/09(水) 23:59:03.93 ID:eZqvwLro0.net
※トレーダーズ・ウェブ:明日の戦略、20500円を前に足踏みも3日連続の3桁上昇、マザーズは短期的な分岐点に。(1/9 16:33)
9日の日経平均は大幅に3日続伸。米国株高を受けて寄り付きから3桁上昇。連日の上昇で市場の警戒ムードが和らぐ中、じわじわと上げ幅を広げた。
前場で20400円台まで上昇し、後場には20494円まで高値をつけたが、20500円にはあと一歩届かず。
ただ、失速することはなく、20400円台での落ち着いた動きが引けまで続いた。
今年負けなしのマザーズ指数は一時900p台に乗せる場面もあり、25日線(909p、9日時点)が視野に入ってきた。
昨年12月中旬には、戻りが25日線に跳ね返された後、鋭角的に下げただけに、短期的な分岐点に差しかかっていると言える。
新興銘柄はサンバイオやそーせいなど材料があった上で買われているものもあるが、
なぜ急騰しているのかよく分からないものや、材料の割に株価の反応が強すぎると思われるものもいくつか散見される。
足元で派手な動きをしている銘柄に関しては、マザーズ指数が難なく25日線を抜いてくれば過熱感を伴いながらも上昇が続く可能性があるが、
25日線が壁となるようであれば、一転売りに押される展開も十分あるため注意したい。

400 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 00:18:53.43 ID:c97gaziV0.net
マザーズ先物大暴落w

401 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 00:25:55.03 ID:yde86hhZH
第二相の結果、
「効きませんでした。田村眞一は以下のように述べております『テヘペロ(●´ω`●)』」かもしれないよ。

402 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 00:54:22.52 ID:PQDUmNZL0.net
明日S安ならそーせいおなじみの全モだね

403 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 06:10:09.90 ID:QmjRkqdH0.net
恐怖のダウンヒル復活や!

404 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:03:09.33 ID:vu+oFwJ40.net
Pluristem update:
※Pluristem:"Pluristem Therapeutics Reports Successful Case Study in Treatment of Buerger’s Disease Patient." (1/9)
・Buerger’s disease is a severe vascular inflammatory disease associated with high risk of amputation
・Patient was at a pre-amputation stage and was treated with PLX-PAD cell therapy under compassionate use treatment
・After a 12 month follow up period, PLX-PAD restored peripheral blood supply to the injured limb and prevented amputation
・PLX-PAD was granted Orphan Drug Designation by the FDA for the treatment of Buerger’s disease and an expanded access program for the treatment of critical limb ischemia
HAIFA, Israel, January 9, 2019 - Pluristem Therapeutics Inc., a leading regenerative-medicine company developing novel placenta-based cell therapy products,
today reported a successful one-year follow up of a compassionate use treatment in a Buerger’s disease patient treated with Pluristem’s PLX-PAD.
The thirty-six years old patient, who was diagnosed with Buerger’s disease approximately four years ago, displayed painful, non-healing ulcers on his foot. Available medical interventions,
including revascularization procedures, were unsuccessful in restoring sufficient blood flow to the affected limb and the patient progressed to a pre-amputation stage.
Following his physician’s request and regulatory approval, patient was given a compassionate use treatment of PLX-PAD cells, consisting of two administration to the foot and calf, approximately eight weeks apart.
“The patient was in an advanced stage of Buerger’s disease and was facing amputation,” said Prof Boris Yoffe, Department of General and Vascular Surgery at the Barzilai Medical Center in Israel.
“Following treatment with PLX-PAD cells, we observed demonstrable restoration of the patient’s peripheral blood supply to the injured limb, which was manifested by a significant improvement in color, warmth, wound size and reduced pain.
One year following treatment, the wound is now fully closed, the patient was able to resume normal activities and amputation was prevented.

405 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:03:29.51 ID:vu+oFwJ40.net
This treatment highlights PLX-PAD’s ability to reduce inflammation, stimulate growth of new blood vessels and support treatment in ischemic conditions such as Buerger’s disease and Peripheral Arterial Diseases (PAD).
Additionally, the other limb, which was in earlier stages of the disease, also showed signs of improvement demonstrating the cells’ ability to prevent progression of the disease and act as a potential systemic treatment.
I am highly encouraged by these results providing hope for Buerger’s disease patients and am happy to see the significant improvement in the patient’s medical condition, quality of life and overall wellbeing.”
“The positive outcome experienced by the patient reflects what we believe is the broad potential of PLX-PAD in treating a wide range of vascular and inflammatory conditions, where improved treatment paradigms are surely needed,”
said Zami Aberman, Chairman & Co-CEO of Pluristem.
“While we advance PLX-PAD in our ongoing multinational Phase III clinical study in critical limb ischemia (CLI),
we are pleased to see more supportive evidence of patients benefiting from our PLX regenerative agents. We are now enabling access to PLX-PAD treatment through our U.S.
Expanded Access Program in CLI and will explore to expand the program to include Buerger’s disease patients.”
Buerger’s disease (thromboangiitis obliterans) is a recurring progressive inflammatory disease resulting in clotting of small and medium size arteries and veins of the hands and feet.
The specific cause of Buerger’s disease remains unknown. The risk for developing Buerger’s disease increases with heavy smoking. There is no cure available today for Buerger’s disease.
The initial symptoms of Buerger’s disease often begin with claudication, progressing to pain at rest. If the condition is severe, complications like gangrene may accrue which may lead to limb amputation.
PLX-PAD has been granted Orphan Drug Designation by the FDA for the treatment of Buerger’s disease.

406 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:03:55.22 ID:vu+oFwJ40.net
Heptares Patent update:
・・・
※米国特許(Heptares):1,2,4-Triazine-4-Amine Derivatives (US Patent 10112923B2). (10/30公開)
※日本特許出願(Heptares):CGRP受容体アンタゴニスト (JP2018-532788A, JP2018-532789A, JP2018-532790A)。(11/8公開)
※米国特許(Heptares):Methods for Screening for Binding Partners of G-Protein Coupled Receptors (Inventors: Heptares& MRC LMB) (US Patent 10126313B2). (11/13公開)
※日本特許(Heptares):「オレキシン受容体アンタゴニスト」【特許6424285B2】。(11/14公開)
※米国特許出願(Heptares):Muscarinic Receptor Agonists (US20180327426A1). (11/15公開)
※日本商標(Sosei):「SoseiHeptares」(商標登録 第6098235号)。(11/16登録)
※欧州特許出願(Heptares):Bicyclic AZA Compounds as Muscarinic M1 Receptor Antagonists (EP3406609A1). (11/28公開)
※欧州特許出願(Heptares):G Proteins (Inventors: MRC LMB) (EP3408286A1). (12/5公開)
※日本特許(Heptares):「ムスカリンM1受容体作動薬としての二環式アザ化合物」【特許6438091 B2】。(12/12公開)
※日本特許出願(Heptares):「ムスカリンM1及び/またはM4受容体のアゴニストとしてのオキシム化合物」(JP2018-536653A)。(12/13公開)
※国際特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (WO/2018/229511A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Pharmaceutical Compounds (US20180362507A1). (12/20公開)
※米国特許出願(Heptares):Orexin Receptor Antagonists (20180370961A1). (12/27公開)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284B2). (2019/1/1公開)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)


407 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:04:38.69 ID:vu+oFwJ40.net
※欧州特許(Heptares):"Mutant Proteins and Methods for Selecting Them" (Inventors: Heptares& MRC LMB). (2019/1/9公開)
・Document Type and Number: European Patent EP2247951 B1.
・Publication Date: 2019/1/9.
・Assignee: Heptares Therapeutics Limited. (The Steinmetz Building Granta Park, Cambridge)
Inventors:
・Weir, Malcolm Peter (Heptares, Cambridge)
・Henderson, Richard (MRC Laboratory of Molecular Biology, Cambridge)
・Tate, Christopher Gordon (MRC Laboratory of Molecular Biology, Cambridge)
・Hulme, Edward Christopher (MRC Institute for Medical Research, London)
The present invention relates to methods for selecting mutant membrane proteins with increased stability, and to particular mutant human M1 muscarinic receptors.
In particular, it relates to the selection and preparation of mutant membrane proteins which have increased stability under a particular condition compared to their respective parent proteins.
Such proteins are more likely to be crystallisable, and hence amenable to structure determination, than the parent proteins. ・・・
http://www.freepatentsonline.com/EP2247951B1.pdf

408 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:07:26.01 ID:vu+oFwJ40.net
Sosei Heptares_HP update:
※Sosei Heptares_HP:知識:プラットフォーム技術・創薬:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」By Matt Barnes, Lisa Stott, David Tippet, Jan 9, 2019. (1/10up)
当社グループの研究チームは2018年12月18〜20日にロンドンで開催された英国薬理学会主催のPharmacology2018に出席し、二つの発表を行いました。
1.免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組みについての口頭発表 
2.ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験についてのポスター発表
[カンファレンス]:British Pharmacological Society, Pharmacology 2018: London, UK, 18 - 20 December, 2018.
[プレゼンテーション]:
“Trends and Innovation in Drug Discovery at Sosei Heptares” Dr Matt Barnes & Dr Lisa Stott. (20th December 2018, BPS Pharmacology 2018).
・現在第2相臨床試験に移行中のA2A拮抗薬AZD4635(HTL0171)で実証されているように、GPCRはがん免疫療法においてますます魅力的な標的になりつつあります。
・当社研究チームはがん免疫療法の領域でGPCRを標的とする可能性の大きさを示すとともに、標的の検証と化合物の最適化をサポートするためのヒト免疫細胞開発において当社の技術が強化されてきていることを発表しました。
(プレゼンテーションを見る:https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/2018.12.12%20Sosei%20Heptares_Pharmacology.pdf )
[ポスター]:
Comparison of Radioligand and TR-FRET Binding Techniques at the Histamine H4 Receptor, (University of Nottingham, Sosei Heptares).
・GPCR標的と新規化合物の親和性を特定することは、創薬のプロセスにおいて重要な部分です。親和性測定のために放射性リガンドを使用するのは従来からの標準基準ですが、これは多くの課題を残します。
・当研究チームは、単一のGPCR標的(ヒスタミンH4受容体)を使用して親和性を特定する、より新しい蛍光法を評価し、放射性リガンド結合した化合物と比較しました。 
・結果データにより、蛍光法が 放射性リガンドに代わる実行可能なメソッドとなることを示しました。
(ポスターを見る:https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Tippet_Pharmacology%202018.pdf )

※Sosei Heptares 5時間前:"We Recently Attended BPS Pharmacology 2018 Meeting and Presented on Our Approach to Studying GPCRs in Immuno-Oncology and a Poster Presentation Detailing a Technology Evaluation Examining Binding Assay Techniques at the Histamine H4 Receptor". (1/10)

409 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:10:24.19 ID:vu+oFwJ40.net
・・・

410 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:11:12.94 ID:vu+oFwJ40.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)

411 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:11:43.91 ID:vu+oFwJ40.net
※Sosei Heptares Official Blog:「第7回みずほバイオカンファレンスに参加(12/13)」当社エグゼクティブ・チェアマン田村よりSosei Heptaresの特徴、現状および今後の取り組みについて講演。機関投資家の皆さまとの関係深化のため、今後ともこのようなカンファレンスに継続的に参加予定。(12/14up)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブ併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画」(1/7). On Demand, Recorded Webcast (January 07, 2019 ): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「JP モルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
・・・

412 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 07:13:30.19 ID:vu+oFwJ40.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650) ※9/18:HTL0018318臨床開発を自主的に中断。
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/10/_5 (終値1196) 売残高___100 買残高_7935200 ・(10/_5安値1184)
2018/10/12 (終値1137) 売残高_____0 買残高_7646700 ・(10/11安値1030)※
2018/10/19 (終値1022) 売残高___300 買残麹_8251200 ・(10/19安値1021)※
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8:第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(_+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

413 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 08:01:36.55 ID:i6NEdMzHr.net
また週足25平均線超えられないのか

414 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 08:24:52.04 ID:SyxzynsH.net
朝からルサンチメンズw

415 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 08:30:53.00 ID:i6NEdMzHr.net
気配大暴落w

416 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 08:35:39.96 ID:gqwnEwgg0.net
出たいつものGD
もういい加減にしろや
タイヨウや五味は空売り外資を踏み上げる気すらないのか?

417 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 08:36:13.11 ID:gqwnEwgg0.net
トンピンみたいに空売り外資を踏み上げる根性みせろやボケ

418 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 08:58:14.05 ID:gqwnEwgg0.net
ほんとこの株を手掛けている大口は馬鹿みてえだな
昨日大商い作って上昇したのに朝から10万株程度の成り売りでやられるとか
根性みせろやカスが!

419 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 09:10:39.85 ID:lWriGFLq0.net
五味の処分売りかよ

420 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 09:27:05.89 ID:Mqu9r1eY0.net
>>418
いちいち1分足に反応してる様は毎朝撒かれた餌に群がる猿の様だな

421 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 09:30:38.02 ID:gqwnEwgg0.net
>>420
お前馬鹿?
誰が時間軸について言った
気配値について言ってんだろうがカスが!

422 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 09:32:27.55 ID:SyxzynsH.net
ルサンチメンズの悲鳴w

バカルサw

423 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 09:52:44.11 ID:w6jU5BiCd.net
しょ、しょーせい!しょーせい^_^

424 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 10:29:03.89 ID:JrD/70q+0.net
こんなタイミングを前にして辞任したピーターは、どこかへの取り締まり就任が決まってたのかな。

425 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 11:03:15.31 ID:QmjRkqdH0.net
そーせいのくせにぃぃぃぃぃ!

426 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 12:35:28.56 ID:0AWdu4+h0.net
売るなボケ

427 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 12:36:07.76 ID:i6NEdMzHr.net
マイテン待ったなし
全員が売りたくてたまらない状態

428 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 12:38:50.94 ID:mOYU9r3ga.net
空売り外資を舐めんなよ

429 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 12:40:04.98 ID:n8HivhCvd.net
超絶シコって大暴落か
二度と上がらないね…

430 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 13:08:04.89 ID:n8HivhCvd.net
ストップ安しそう

431 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:04:49.20 ID:p+8d+H9gr.net
ジジイ材料出せや

432 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:11:23.43 ID:n8HivhCvd.net
10%近くの大暴落!

433 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:15:58.65 ID:mOYU9r3ga.net
空売り外資を怒らせたらこうなるんやで

434 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:16:45.28 ID:gqwnEwgg0.net
ここの大口の買い方ってショボいよな
意図も簡単に売り崩されてw

435 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:17:09.16 ID:gqwnEwgg0.net
恥を知れよ
情けねえ

436 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:18:50.75 ID:LHr3qLHzd.net
(*_*)

437 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:19:48.21 ID:mOYU9r3ga.net
モルガンをナメんなよ

438 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 14:26:39.88 ID:SyxzynsH.net
>>437
空売り外資の虎の威を借るバカルサw

そーせいルサンチメンズw

439 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 14:27:19.70 ID:SyxzynsH.net
つーか

ルサンチメンズじゃ無くて

ルサンチマンなんじゃないの?w

440 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 14:29:56.81 ID:n8HivhCvd.net
この日足は年安割れでしょ

441 :山師さん@トレード中:2019/01/10(木) 15:13:49.87 ID:SyxzynsH.net
バカルサの極みw

442 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 15:22:37.33 ID:p+8d+H9gr.net
五味処分すんじゃねえ

443 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 16:00:45.62 ID:vu+oFwJ40.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月10日):【売り】そーせいに注意。テクニカル判断から売り目線で。◆藤崎慎也◆ (1/10 8:47)
・テクニカル判断から売り目線で、そーせいに注意したい。
・週足トレンドライン上限一杯まで上昇。
・本日は戻り売りが優勢となると予想し売り目線で見ていきたい。
[予想期間終了]:
・1月10日 始値(1,157円)→ 終値(1,157円)

※モーニングスター:マザーズ指数反落、一服ムードでMTGなど下落=新興市場・10日。(1/10 15:06)
・マザーズ指数が5日ぶりに反落。東京市場全般が利益確定売り先行の展開となっており、新興市場も一服ムードとなった。
・そーせいグループやMTG、ALBERT、マネーフォワードなどが安い。オンコリスバイオファーマ、ブライトパス・バイオなどバイオ株には買い継続。

444 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 16:30:26.92 ID:vu+oFwJ40.net
※JITSUBO_:「★NEW★ 2/8(金) 関西バイオビジネスマッチング2019への参加について」(1/10up)
2019年2月8日(金)に大阪府豊中市 千里阪急ホテルにて開催される、関西バイオビジネスマッチング2019へ出展いたします。
本イベントは、全国各地から、創薬関連、機能性食品、化粧品などの分野で事業を展開している中小・バイオベンチャーを関西に集め、
大手・中堅企業とのアライアンス締結をサポートすることを目的として開催されます。
当社は独自技術”Molecular Hiving”を用いた、下記のご提案をさせていただきます。
・ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階における研究用サンプルのご提供
・臨床試験前の設備投資段階における治験薬のご提供、プロセス開発のご提案
・販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発のご提案 など
ペプチド案件の研究開発に取り組む企業様とお話できますと幸いです。
本イベントの詳細については下記リンクをご参照ください。
ttps://www.kinkibio-matching.biz/
皆様のご来場をお待ちいたしております。
以上

※関西バイオビジネスマッチング2019 参加企業:売り手企業 (事前設定商談を行う企業)
・企業名:JITSUBO株式会社
・企業概要(キャッチフレーズ):東京農工大発!ペプチド専門の研究開発型企業です。
・商品・技術・サービス:最先端ペプチド合成技術 Molecular Hiving

445 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 16:35:23.81 ID:gqwnEwgg0.net
テリロジーの新株差し止めたんか?
トンピンってマジで凄いな

それに比べどっかの糞株の大株主2名は
巨額の含み損で身動きとれねえってかw
情けねえなおい
根性みせろや

446 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 16:45:09.96 ID:p+8d+H9gr.net
ギター

447 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 16:50:09.51 ID:aJBKvvk5d.net
バイオ リン

448 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 17:00:15.41 ID:vu+oFwJ40.net
※フィスコ:[マザーズ市況] マザーズ指数は5日ぶり大幅反落、利益確定の動きが波及、スタジオアタオが急落。(1/10 16:27)
本日のマザーズ指数は5日ぶり大幅反落となった。
前日の米国市場では、NYダウは4日続伸となったが、前日に既にこの日の米国株上昇を織り込んでいた東京市場には朝方から売りが先行し、マザーズ市場にも利益確定の動きが波及した。
また、為替相場が1ドル=108円を割り込むなど円高の進むなか、出足の鈍いアジア市場などを背景にマザーズ指数は前場中ごろに一段安となった。
その後は、東証1部の主力級企業の決算を控えるなかで、個人投資家による積極的な押し目買いの動きは限られた。
なお、売買代金は概算で1149.16億円。騰落数は、値上がり69銘柄、値下がり198銘柄、変わらず7銘柄となった。 
値下がり率上位では、今期営業利益予想を上方修正したが材料出尽くし感の広がったスタジオアタオが10%安となったほか、VALUENEXやロードスターもそれに続いて大幅安に。
売買代金上位では、サンバイオ、そーせい、ALBERT、UUUMが軟調な一方で、ブライトパス・バイオがストップ高となったほか、
オンコリス、ソレイジアなどのバイオ株の一角への物色は散見され、エクストリーム、ミクシィ、プレシジョン・システム・サイエンスも上昇した。

449 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 18:00:34.53 ID:vu+oFwJ40.net
Update:
・・・
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators". Sosei Heptares, Andrew Dore. (1/9)


※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." (1/10up)
From 2019/1/10.
Researchers at the University of Zurich have determined the three-dimensional structure of the receptor, which causes nausea and vomiting during chemotherapy.
The study shows for the first time why some medications are especially effective against these side effects.
The result also provides new starting points for the development of effective agents against other ailments.
Most cancer patients who have to undergo chemotherapy fear the associated side effects, especially nausea and vomiting.
These undesirable effects are caused by a receptor in the brain that is normally activated by the messenger neurokinin.
In chemotherapy, this receptor is greatly overstimulated.
The same receptor also plays a central role in many other medical problems - such as migraine, pain and intense itching.
Since discovering these relationships thirty years ago, research groups around the world have searched for drugs that block this receptor effectively and for a long time.
So far only with limited success: Although many of the substances found in the test tube work very well, only a few of them show the desired effect on the patient.
So far there has been no conclusive explanation for this phenomenon.

450 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 18:02:34.71 ID:vu+oFwJ40.net
[Three-dimensional analysis of the structures explains the mode of action]:
A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining
what the three-dimensional structure of the receptor looks like when two well-acting drugs - Emend (aprepitant ) and Akynzeo (netupitant) - are bound to him.
For comparison, they also analyzed the binding of an older drug that works only in the test tube.
"We were able to see directly how the effective drugs changed some parts of the receptor so that they could not easily be removed from it," explains PhD student Jendrik Schoppe, who carried out the structural analysis.
Although the older active ingredient also attached itself well to the receptor, it was also able to leave it very quickly."
[New approaches to other medical problems]:
Using this method, the biochemists were able to determine exactly which chemical structures of the drugs provide a difficult-to-release binding to the receptor and thus allow a long-lasting effect.
"This result can help in the future to produce even more of these highly effective substances," says Pluckthun.
For now, there are still no treatment options for a variety of other complaints that are also influenced by this receptor - for example, migraine, asthma, incontinence and inflammation and depression, although there are other receptors also play a role.
"Research in these fields may now be given a new impetus by a detailed understanding of the structure and mechanism of the receptor," hopes Pluckthun.
[Understand the long-term effect better]:
The researchers believe that their findings are also useful in finding drugs that target other receptors.
The direct comparison of the binding of different drugs to the same receptor also gives indications of which general properties a drug needs to have a long-lasting effect.
"We only found out all this because we were able to analyze the structures down to the smallest detail.
Again, this was only possible with the directed evolution and protein engineering methods that we have developed over the last few years, "says Pluckthun,
"This investment has now paid off. "

451 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 18:03:52.81 ID:vu+oFwJ40.net
[Literature]:
Jendrik Schoppe, Janosch Ehrenmann, Christoph Klenk, Prakash Rucktooa, Marco Schutz, Andrew S. Dore & Andreas Pluckthun.
"Crystal structures of the human neurokinin 1 receptor in complex with clinically used antagonists."
Nature Communications, January 3, 2019. DOI: 10.1038 / s41467-018-07939-8
[Financing]:
The team headed by Prof. Andreas Pluckthun of the Institute of Biochemistry of the University of Zurich was funded by the Swiss National Science Foundation, Christoph Klenk supported
by grants from the German Academy of Sciences (Leopoldina) and the European Union.
Researchers from the British company Heptares and Heptares Therapeutics Zurich, which emerged from an UZH spin-off co-founded by Andreas Pl&#252;ckthun, also participated in the study.

※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)

452 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 18:37:50.96 ID:qQe0LhOoD.net
先物大暴落で、明日はストップ安

453 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:01:16.29 ID:vu+oFwJ40.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」会長兼任の社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指します。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画」(1/7). On Demand, Recorded Webcast (January 07, 2019, Presented): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)

454 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:01:46.53 ID:vu+oFwJ40.net
※Sosei Heptares Official Blog:「JPモルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Biotech Showcase 2019 - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Presented)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80", Literature: "Molecular basis for high affinity agonist binding in GPCRs" (Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.). (1/9 Released)
※欧州特許(Heptares):Mutant Proteins and Methods for Selecting Them (Inventors: Heptares& MRC LMB) (European Patent EP2247951 B1). (1/9公開)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators". Sosei Heptares, Andrew Dore. (1/9)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
・Presentation:“Trends and Innovation in Drug Discovery at Sosei Heptares” Dr Matt Barnes & Dr Lisa Stott. (20th December 2018, BPS Pharmacology 2018). https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/2018.12.12%20Sosei%20Heptares_Pharmacology.pdf
・Poster Presentation:Comparison of Radioligand and TR-FRET Binding Techniques at the Histamine H4 Receptor, (University of Nottingham, Sosei Heptares). https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Tippet_Pharmacology%202018.pdf
※Sosei Heptares:"We Recently Attended BPS Pharmacology 2018 Meeting and Presented on Our Approach to Studying GPCRs in Immuno-Oncology and a Poster Presentation Detailing a Technology Evaluation Examining Binding Assay Techniques at the Histamine H4 Receptor". (1/10)
※JITSUBO:「2/8(金) 関西バイオビジネスマッチング2019の参加」独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)
・・・
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation, James Ward-Lilley, CEO. (1/10 Today 9:30).

455 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:02:42.67 ID:vu+oFwJ40.net
・・・
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※Allergan Q4 2018 Allergan plc Earnings Conference Call. (1/29)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※第一三共2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2/5)
※富士フイルムホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※明治ホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2/12) ※1/10up
※PeptiDream平成31年6月期第2四半期決算発表 (2/13)
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)
※Morphosys 2018 Year End Results. (3/13)
※四季報更新 (3月中旬)
※Sosei Group 定時株主総会 (3月)
※Vectura Preliminary Results 2018 Presentation. (3/26)
・・・

456 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:05:46.16 ID:vu+oFwJ40.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(_-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(_+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10 (終値1157) 5日線乖離(+11.27%) 25日線乖離(+22.88%) 75日線乖離(+10.35%) 200日線乖離(-20.89%) (安値1127)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

457 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:08:55.97 ID:mOYU9r3ga.net
マザーズ先物大暴落w

458 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 19:42:39.55 ID:gcLeCB9y0.net
【FX】え?最強の「ゲイ」が教える月収800万円の
秘密とは?

「これで稼げなきゃもうFXは諦めなさい!!」

FXトレーダーの9割が気づかない"たった1つのコツ"を最強ゲイトレーダーがぶった切る!!

相場をATMに変え、マカオでワガママに豪遊する、
最強ゲイトレーダーの全貌を特別に公開中です!
http://extra-in.com/a/byjs

才能、年齢、学歴、一切関係なしの究極手法!
「たった1つのコツ」ただそれだけを覚えるだけで
25万円、42万円、51万円と相場をまるでATMのように変えてしまう驚愕の手法の全貌が明らかに!

メディアにも引っ張りだこの現役最強「ゲイトレーダー」の世界一ワガママなFXの稼ぎ方が完全無料で公開中です!

わずか10分間だけの公開ですので、今すぐ確認してください!http://extra-in.com/a/byjs
※10分後には公開が終了します

【天才数学者が開発したシステムを完全無料で今だけ特別限定提供中!!】

天才数学者が3年の月日をかけて遂に完成した自動売買システム、1日3万円の不労収入を自動で生み出すシステムを完全無料プレゼント!!
http://extra-in.com/a/svfn

【月1億円稼いでるサイトを特別に無料公開中!!】
http://extra-in.com/a/jooi

459 :山師さん@トレード中 :2019/01/10(木) 20:30:41.92 ID:w6jU5BiCd.net
>>457
カキコミ楽しいですか?

460 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 00:29:48.81 ID:ZuXl0Sm5a.net


461 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 00:30:06.78 ID:3YxTeWbU0.net
※CambridgeIndependent: "Sosei Heptares Receives $15m for Cancer Therapy Milestone". (1/10)
Published: 10 January 2019.
Sosei Heptares has reached a clinical development milestone with its partnered next generation immuno-oncology candidate AZD4635, triggering a US$15 million payment from AstraZeneca.
The success of AZD4635 is such that its therapeutic potential is now being explored in multiple solid tumours.
As a result of this, AstraZeneca is moving the trial towards Phase II, thereby triggering the milestone payment to Sosei Heptares, which officially opened its Granta Park facility last year.
Headline data from the Phase I study is planned to be presented at a scientific congress in 2019.
AZD4635 is a potent and selective, orally available, small molecule adenosine 2A receptor antagonist discovered by Sosei Heptares and exclusively licensed to AstraZeneca globally in 2015.
The candidate has advanced through a Phase I clinical program as a single agent and in combination with AstraZeneca’s anti-PD-L1 antibody durvalumab (IMFINZI) in patients with solid tumours.
The clinical study to date has established the maximum-tolerated dose of AZD4635 as a single agent and in combination with durvalumab.
Tumour cells have evolved mechanisms to evade the immune system, including through the production of a natural anti-inflammatory molecule called adenosine.
By stimulating A2A receptors, adenosine prevents T-cells within the immune system from being activated and reduces their ability to destroy cancer cells.
Blocking A2A receptors can therefore promote the anti-cancer response of T-cells within the tumour microenvironment.

462 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 00:30:23.04 ID:3YxTeWbU0.net
In preclinical studies, AZD4635 has been shown to be effective in reversing adenosine-mediated T-cell suppression and enhancing anti-tumour immunity.
Blockade of A2A signalling with AZD4635 was found to reduce tumour growth when used alone and in combination with anti-PD-L1 checkpoint inhibitors (presented at the 2017 American Association of Cancer Research Annual Meeting).
“At AstraZeneca, we are exploring next generation immuno-oncology approaches by seeking to develop novel combinations that overcome key immunosuppressive mechanisms,” said Susan Galbraith, senior vice president
and head of the oncology, Innovative Medicines and Early Development (IMED) Biotech Unit at AstraZeneca, and thereby expand the potential for anti-tumour activity of immune checkpoint inhibition.
“It is increasingly recognised that the adenosine pathway is critical in tumour immunosuppression and AZD4635 complements our portfolio in this area.”
Dr Malcolm Weir, executive VP and chief R&D officer at Sosei Group, said: “Adenosine production in the tumour microenvironment is becoming well-recognised as a key survival mechanism employed by tumour cells to evade immune detection and destruction. ”
Our A2A antagonist AZD4635, which aims to block this mechanism and make tumour cells vulnerable again to the immune system, has made very encouraging and rapid progress in partnership with AstraZeneca, a world leader in immuno-oncology.
We believe this is a very exciting candidate and look forward to results from these initial clinical studies in due course.”
The company expects to receive the $15million payment by the end of the first quarter on March 31.

463 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 01:42:01.16 ID:+Kxih/WH0.net
こねえよ

464 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 01:42:18.45 ID:GRHlmK6o0.net


465 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 03:53:16.11 ID:io2wvpGTa.net
ヤフーファイナンスのコメ見てるよりこっちの方がよっぽど現実的だわ

466 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 05:42:00.39 ID:HeOLZYWz0.net
>>457
はい残念
マザーズ先物大暴騰w

467 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 06:11:07.48 ID:Gzlj1BZ4a.net
バイオ終わったー!!
2019年1月11日 / 04:39 / 1時間前更新
米民主党のサンダース議員ら、薬価引き下げ法案を議会提出
Reuters Staff
[ワシントン 10日 ロイター] - 米民主党のサンダース上院議員とカミングス下院議員は10日、薬価引き下げ法案を議会に提出した。
全米の薬価を日、独、仏、英、カナダの5カ国の薬価の中央値と連動させることなどが柱で、トランプ政権が昨年示した薬価に関する提案と同様の内容となっている。

468 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 07:28:22.46 ID:oQo+GFxO0.net
>>467
民主党ww
おわらねーよ

469 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 07:30:08.26 ID:3YxTeWbU0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループ株式会社のコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)
※Sosei Heptares:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いた新規低分子HTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares Official Blog:「第7回みずほバイオカンファレンスに参加(12/13)」当社エグゼクティブ・チェアマン田村よりSosei Heptaresの特徴、現状および今後の取り組みについて講演。機関投資家の皆さまとの関係深化のため、今後ともこのようなカンファレンスに継続的に参加予定。(12/14up)

470 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 07:30:42.13 ID:3YxTeWbU0.net
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:「健康な治験者を対象とした選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態について」これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブ併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画・資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「JP モルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
※JITSUBO:「2/8(金) 関西バイオビジネスマッチング2019の参加」独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
・・・

471 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 07:31:23.31 ID:3YxTeWbU0.net
Vectura update: (1/11up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: “2018 Performance and Guidance Update” James Ward-Lilley, CEO.
January 10, 2019.
[Inhaled In-Maket Products: "Ultibro Maintaining Ex-US LAMA/LABA Class Leadership"]
In-Maket Sales by Region: EU, Japan, Rest of World, US. (US$m MAT):
・Ultibro: $374m (MAT Q3/16) → $459m (MAT Q3/17) → $515m (MAT Q3/18).
In-Maket Sales ($m):
・Ultibro & Seebri Total: $637m (MAT Q3/17) → $688m (MAT Q3/18).
・Growth: 14.9% (MAT Q3/17) → 7.9% (MAT Q3/18).
EU Market Share Decline Flattening Following Initial Competitor Entries:
・LAMA/LABA Value Share Europe: 65% (Q3 2016) → 53% (Q3 2017) → 47% (Q3 2018)
Potential Key Growth Catalysts:
・China, Ultibro and Seebri Approved in 2017/2018.
2024 Consensus Sales Wstimates:
・Ultibro/Utibron: $683m.
・Seebri: $176m.
Focused Pipline:
・Inhaled In-Market: Ultibro (Novartis), Seebri (Novartis).
・Novel Therapies: "QVM149 (Novartis) Asthma (EU,Row)".
News Flow: Key 2019 Catalysts: Pipline
・QVM149 Phase V Results and Submission.

472 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 07:32:50.18 ID:3YxTeWbU0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650) ※9/18:HTL0018318臨床開発を自主的に中断。
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/10/_5 (終値1196) 売残高___100 買残高_7935200 ・(10/_5安値1184)
2018/10/12 (終値1137) 売残高_____0 買残高_7646700 ・(10/11安値1030)※
2018/10/19 (終値1022) 売残高___300 買残高_8251200 ・(10/19安値1021)※
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8:第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(_-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(_+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10 (終値1157) 5日線乖離(+11.27%) 25日線乖離(+22.88%) 75日線乖離(+10.35%) 200日線乖離(-20.89%) (安値1127)
2019/_1/11

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

473 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:01:59.83 ID:Gzlj1BZ4a.net
気配大暴落w

474 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:06:28.04 ID:6Fy5uWCX0.net
9969ショクブン
本日もS高濃厚

激流2月号に大株主神明の記事あり。
農産物の川上から川下まで、という文言。川下を担っていくのはショクブンかな?

株不足残15万以上
大相場の初動
目標株価800円

475 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:37:16.18 ID:y+x/LdCY0.net
今日こそ大暴落や!

476 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:49:02.05 ID:AL8m+31H0.net
ヒント:SQ

477 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:53:10.11 ID:cvtb7vlb0.net
>>476
マイナーSQで影響あるか?
普通に寄りから安かったら笑えるレベルだよな

478 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:54:07.19 ID:0Vft2uU4r.net
五味投げんなや

479 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 08:57:24.35 ID:cvtb7vlb0.net
>>478
五味さん投げてないだろ?
大きく変動があれば大量保有報告書を出さないといけんしな

480 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 09:14:17.80 ID:dQCMmCP+.net
朝から晩までルサンチメンズw

481 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 09:22:07.53 ID:Gzlj1BZ4a.net
大暴落w

482 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 09:22:51.50 ID:0sN29lhy0.net
(;_;)

483 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 10:36:16.54 ID:Gzlj1BZ4a.net
空売り外資を舐めんなよ

484 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 10:57:27.85 ID:cvtb7vlb0.net
相変わらずここだけ酷いな・・
なぜ買い手が不在なのか謎だわ

485 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 11:18:57.64 ID:nzNz/sGK0.net
まあ大体の人は助かっただろう

486 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 11:21:07.87 ID:cvtb7vlb0.net
ストレス溜まるな・・

487 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 11:30:12.32 ID:gJYtWGP5d.net
適正価格200円くらいだろ
そもそも上がり過ぎ

488 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 11:37:36.16 ID:E5pJkOO7v
6000円適正株価。

489 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 11:39:09.89 ID:H2SJB8MG0.net
今年もボラの大きい銘柄になりそうだな
材料目当てでの信用は狩られやすそう

490 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 11:59:18.55 ID:0Vft2uU4r.net
こら五味少しずつ処分売りすんなや

491 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:07:30.92 ID:1H4xONwnp.net
信用買いが多すぎなんだよ

492 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:09:59.00 ID:Wj6z//VQM.net
15億のロイヤリティ入ったのに下がるとはどんだけ市場から信用ないの?

493 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:11:59.52 ID:Wj6z//VQM.net
昔トランスジェニックって熊本大学発のバイオベンチャーあったけど、研究ばかりで成果上がらず、株価もずーっと低空飛行。

494 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:15:48.64 ID:Gzlj1BZ4a.net
空売り外資を舐めんなよボケ

495 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:16:06.33 ID:cvtb7vlb0.net
売り手の空売り外資は強気
買い手の大口は不在
ってところでは?

だから一方的にアホみたいに下がるなw
マジでいい加減にしてもらいたいわ

496 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 12:24:33.04 ID:Gzlj1BZ4a.net
空売り外資は無限に空売りできるんや
お前らは勝てるわけないから諦めろ

497 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:14:30.07 ID:Gzlj1BZ4a.net
空売り外資は2桁狙ってるから

498 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:23:56.05 ID:VpcgG440d.net
>>492
こういうのは織り込まれてただろ
上がった方が違和感だわ

499 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:27:52.48 ID:Gzlj1BZ4a.net
空売り外資を怒らせるとこうなるんやで

500 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:30:42.61 ID:cvtb7vlb0.net
売り手一色
買い手不在
はあ〜、溜息しかでんわ

501 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:35:41.30 ID:eGme0F+E0.net
また800かな?くぅーTT

502 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:40:01.40 ID:Gzlj1BZ4a.net
>>501
今度は500ぐらいまで一旦下がるかな
最終的には2桁だろうけど

503 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 13:41:52.86 ID:Gzlj1BZ4a.net
全ての上げは下げるための上げです

504 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 15:30:42.91 ID:3YxTeWbU0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月11日):【売り】そーせいに注意。テクニカル判断から売り目線で。◆藤崎慎也◆ (1/11 8:39)
バイオ関連とマザーズ指数を左右する同社株は、 昨日、綺麗に高値十字線の戻り高値を示唆。 週末要因、日経SQ後のトレンドはまだ下の予想。
マザーズ指数の下落トレンド継続などの理由からバイオ関連に売りが出ると予想して売り推奨。
<今後の日経平均/マザーズ指数予想>
米ダウ24000ドルまで戻して売り方の買い戻し一巡。SQ値が上値で決着しそうな事から、日経平均は今年入ってからの高値20500円ラインの突破がポイントになるでしょう。
しかし週足は下落トレンド入りしており、20250円付近の5週MAなどを大きく超えれるかが焦点。
2018年にブラックマンデーの前年以来の大きな売り越しの外資系の、SQ通過後の売りが予想されるので戻り売りが無難と言った所。
[予想期間終了]:・1月11日 始値(1,157円)→ 終値(1,110円)

505 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 15:31:09.40 ID:3YxTeWbU0.net
※モーニングスター:マザーズ指数反発、バイオ株には利益確定売り=新興市場・11日。(1/11 15:06)
マザーズ指数が反発。米国株高などを背景に買い先行の展開となったが、後場は3連休を控えて上値の重さが気になった。
サンバイオ、ブライトパス・バイオ 、そーせいグループなど、これまで指数をけん引してきたバイオ株に利益確定売り。

506 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 15:52:25.34 ID:Gzlj1BZ4a.net
PTS大暴落w

507 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 16:00:06.11 ID:3YxTeWbU0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」会長兼任の社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指します。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画」(1/7). On Demand, Recorded Webcast (January 07, 2019, Presented): https://jpmorgan.metameetings.net/events/healthcare19/sessions/23813-sosei-heptares/webcast (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)

508 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 16:00:22.38 ID:3YxTeWbU0.net
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス資料」Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「JPモルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Biotech Showcase 2019 - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Presented)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80", Literature: "Molecular basis for high affinity agonist binding in GPCRs" (Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.). (1/9 Released)
※欧州特許(Heptares):Mutant Proteins and Methods for Selecting Them (Inventors: Heptares& MRC LMB) (European Patent EP2247951 B1). (1/9公開)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators". Sosei Heptares, Andrew Dore. (1/9)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
・Presentation:“Trends and Innovation in Drug Discovery at Sosei Heptares” Dr Matt Barnes & Dr Lisa Stott. (20th December 2018, BPS Pharmacology 2018). https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/2018.12.12%20Sosei%20Heptares_Pharmacology.pdf
・Poster Presentation:Comparison of Radioligand and TR-FRET Binding Techniques at the Histamine H4 Receptor, (University of Nottingham, Sosei Heptares). https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Tippet_Pharmacology%202018.pdf
※Sosei Heptares:"We Recently Attended BPS Pharmacology 2018 Meeting and Presented on Our Approach to Studying GPCRs in Immuno-Oncology and a Poster Presentation Detailing a Technology Evaluation Examining Binding Assay Techniques at the Histamine H4 Receptor". (1/10)
※JITSUBO:「2/8(金) 関西バイオビジネスマッチング2019の参加」独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)

509 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 16:01:04.71 ID:3YxTeWbU0.net
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)
※CambridgeIndependent: "Sosei Heptares Receives $15m for Cancer Therapy Milestone". AstraZeneca said: “It is increasingly recognised that the adenosine pathway is critical in tumour immunosuppression and AZD4635 complements our portfolio in this area.” (1/10)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: “2018 Performance and Guidance Update”: Inhaled In-Maket Products: "Ultibro Maintaining ex-US LAMA/LABA Class Leadership". (1/11up)
・In-Maket Sales by Region: EU, Japan, Rest of World, US. (US$m MAT): Ultibro: $515m (MAT Q3/18).
・In-Maket Sales: Ultibro & Seebri Total: $688m (MAT Q3/18). Growth: 7.9% (MAT Q3/18).
・LAMA/LABA Value Share Europe: Ultibro 47% (Q3 2018)
・Potential Key Growth Catalysts: China, Ultibro and Seebri Approved in 2017/2018.
・2024 Consensus Sales Wstimates: Ultibro/Utibron: $683m. Seebri: $176m.
・News Flow: Key 2019 Catalysts Pipline: QVM149 Phase V Results and Submission.
・・・
※American Society of Clinical Oncology (ASCO) Gastrointestinal (GI) Cancers Symposium 2019: MiNA Therapeutics. (1/17-19)
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※Allergan Q4 2018 Allergan plc Earnings Conference Call. (1/29)
※R&D支援センター セミナー:「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発における注意点」〜合成方法・分析方法・精製方法・スケールアップ…各工程における留意点とは〜 講師:JITSUBO(株) 研究開発部部長 山ア貴史 (1/30 12:30-16:30)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
・・・

510 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 16:01:34.61 ID:3YxTeWbU0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898)
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10 (終値1157) 5日線乖離(+11.27%) 25日線乖離(+22.88%) 75日線乖離(+10.35%) 200日線乖離(-20.89%) (安値1127)
2019/_1/11 (終値1110) 5日線乖離(_+1.93%) 25日線乖離(+17.86%) 75日線乖離(_+6.84%) 200日線乖離(-23.81%) (安値1124)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

511 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 17:42:56.42 ID:Gzlj1BZ4a.net
モルガン9日に20万株売り増し!!!
空売り外資を舐めんなよ

512 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 17:48:58.72 ID:dQCMmCP+.net
バカルサーw

書き込みバイトとかw

513 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 18:09:04.87 ID:AUu2s3Jmr.net
JPモルガンカンファレンス出て空売りされるの笑うわ

514 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 18:27:10.22 ID:Gzlj1BZ4a.net
>>513
内容悪かったんやろうな
終わったな

515 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 18:39:42.33 ID:FHtQGDRd.net
そーせい好きだから印象を悪くするような事は言いたくないんだけど、好きだからこそ本当にここのIR部門の仕事ぶりには腹がたつ

月曜にAZD4635の2相入りに関するメールがあったにもかかわらずHP上は1相bのままになっていることを水曜日に指摘したのに本日金曜午前までに返信も更新も無し
今日の午後に催促と確認の電話したら忘れられていた(担当者曰く回答済み扱いになっていた)上に主旨が正確に伝わってなかった。再度指摘したら
「貴重なご意見があったことを報告し共有し検討していきます」とテンプレ回答
「明日から三連休なのに今やらなくていつやるんだ?週明け火曜か?月曜の発表から1週間以上経つ事になるがそれでいいと思っているのか?一部更新なぞ1時間あればできるだろ!」と詰め寄ることでようやく更新された

もう一つ指摘していた今週あったカンファレンス資料の日本語版の作成と公開についてはその必要性すら感じていたのかどうか怪しい感じを受けたのでこちらは出ないかも
ドラッグデザインにおけるAIの活用とそれによる恩恵のくだりは特に広く知られるべき内容だと思うのだが

根本に日本の株式市場と一般個人投資家軽視の姿勢が透けて見えて嫌になった

516 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 18:51:17.48 ID:YpHsror9M.net
>>515
GJ
IRになっておくれw

社長も年始に日本人に理解されないようなこと書いてたけど理解してもらおうという努力足りないよね
英語できる日本人そんなに多くないもん

517 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 18:54:14.19 ID:QA5OL5oHM.net
1250で信用全力しましたが、月曜日には助かりますよね?

518 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 18:55:32.06 ID:0Vft2uU4r.net
株価は下がったけどね 金食い潰しだからだろうな 金入る話しはないのかな

519 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 19:36:20.09 ID:3CCj2qD5M.net
ギリアドでも買ってくんねぇかな。

520 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 19:47:50.09 ID:q9IDTft6.net
>>517
千空「あ〜 そりゃ100億%無理だ(ミミホジー)」

521 :山師さん@トレード中:2019/01/11(金) 20:17:15.83 ID:FHtQGDRd.net
>>516
たしかにあのくだりにだけはカチンときた
じゃあ外国人様には理解してもらえていたと言えるのかと問いたい

522 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 20:25:16.57 ID:cvtb7vlb0.net
今日の大引け時価総額847億円
1500〜2000億円の買収であれば喜んで応募するわ

ファイザーやゼネカやアラガンの買収対象にならないのか?
支払うマイルやロイを天秤にかけたら上記三社からいつオファーがきてもおかしくないと思うんだけど

523 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 20:25:54.03 ID:cvtb7vlb0.net
頑なに田村が拒否しているとか?

524 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 20:49:27.60 ID:k2o26gy90.net
HPのPL進捗は、ここに限らず
どこもおざなりなんだよな
確認したい時は、いちいちIR資料を遡ってみないといけない

525 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 21:32:30.10 ID:xR4S7mL2d.net
経営陣が株ほとんど持ってないんだから買収したいなら買い占めればいいだけ

526 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 21:39:40.09 ID:6EJBowaMH.net
自社のパイプライン自慢しても本物か偽物かはプロの目から見たら一目瞭然。なんでも鑑定団で騙されてる素人じゃあるまいし。

527 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 21:53:47.95 ID:+Kxih/WH0.net
買収する価値ないからどこもてをつけないんだろ 半期70億かかるんだから

528 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 22:00:55.18 ID:UCq15gYE0.net
>>527
こんな万年赤字会社タダでも要らないだろ

529 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 22:12:37.78 ID:k2o26gy90.net
なんか、ものすげー馬鹿がいるな、ここ

530 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 22:13:53.26 ID:VGVdohBDM.net
社会から自身に浴びせられた言葉を檻に書き込んでるだけだからそっとしといてあげて

531 :山師さん@トレード中 :2019/01/11(金) 22:50:59.77 ID:47llS69Z0.net
確かに物凄い馬鹿がいるな
>>529とか頭悪いの丸出し

532 :山師さん@トレード中:2019/01/12(土) 00:12:59.92 ID:A8CWJSnA4
ペプチ、サンバイオ割安株。ここ買え。
アフォ板は70ジジばかり。カニクイザル.,???????

533 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 01:15:10.39 ID:YBTxd09/r.net
ジジイサッサと結果出しやがれ 成果でないならヘプタレスりすとらしろよ

534 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 07:16:12.56 ID:iQqGd7mc0.net
また単発ばかり連続して…もう少し頭使えよ

535 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 08:01:07.36 ID:p7EY0UJFa.net
せめてageろよ
ほんと使えねーゴミだな
とっとと死ねよ

536 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 09:13:24.34 ID:YivnGDb30.net
10日で5割も上がれば売りたくなるよな。

537 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 09:59:35.05 ID:aiUzBeAh0.net
馬鹿ってレスがあると、自覚ある馬鹿がピクンッ!って反応するんだなw

538 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 10:47:03.11 ID:YBTxd09/r.net
ジジイ田村の馬鹿やろう お前には増資以外に歴史に名を残す気概がないのか 無能ジジイ

539 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 12:22:11.34 ID:bn8y7NoCM.net
まぁ今年はなんぼなんでも上がるやろ。

540 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 12:50:57.19 ID:yNkfe1zo0.net
おはぎぁぁぁぁぁぁ

541 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 14:30:54.44 ID:6Ya78B240.net
買収されるかと聞いて

542 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:00:34.92 ID:AVzqHnIx0.net
※モーニングスター:新興市場展望=地合い一転、チャンス到来。(1/12 9:05)
新興市場は昨年末、実質新年度入りとなった12月26日から転じ、9日にマザーズ指数は一時900ポイントを回復した。
投資家が阿鼻叫喚した年末相場から一転、足元では「持たざるリスク」が指摘されるまでに地合いが改善している。
新興市場はバイオ株を中心に買い意欲が高まっているが、3連休明けの来週はまだ慎重な姿勢が続きそうだ。マザーズ指数はするすると戻りを続けている。
けん引役は上場来初の1万円乗せを果たしたサンバイオとマイルストーン受領のニュースを受けてストップ高を交えた上昇となっているそーせいグループで、
ブライトパス・バイオやオンコリスバイオファーマなどにも資金が戻っている。
昨年末に崩壊していた投資家心理も改善しており、下値買いは幅広い銘柄に入っている。
来週以降は、戻り売りを受ける銘柄も出てくるとみられ、動向を注目しておきたい。
マザーズ指数自体の25日線奪回も目前で、3連休明けの外部環境に大きな変化がなければ、新興市場への資金流入量が増加する可能性がある。

543 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:01:00.88 ID:AVzqHnIx0.net
※フィスコ:新興市場見通し:マザーズ指数は25日線突破なるか注視、決算等で個別物色へ。(1/12 14:38)
先週の新興市場では、日経平均の上昇とともにマザーズ指数や日経ジャスダック平均も堅調な展開となった。
米中貿易交渉の進展期待や米利上げ観測の後退を背景に米国株は1月10日まで5日続伸し、東京市場でも投資家心理が一段と改善した。
マザーズ市場ではサンバイオやそーせいグループといった時価総額上位のバイオ株が大きく買われ、指数を押し上げた。
なお、週間の騰落率は、日経平均が+4.1%であったのに対して、マザーズ指数は+7.6%、日経ジャスダック平均は+2.9%だった。
個別では、前述のサンバイオが週間で19.4%高、そーせいが同28.5%高となった。
サンバイオは米カリフォルニア州再生医療機構から補助金を受領し、そーせいは英製薬大手アストラゼネカからマイルストンを受領すると発表している。
今週の新興市場では、マザーズ指数が25日線を上抜けてくるかが注目されそうだ。
先週半ば以降、マザーズ指数は900pt近辺に位置する25日線が上値抵抗となって伸び悩む一方、5日線が下値をサポートする形でこう着感を強めている。
円相場の下げ渋りなどでやや中小型株選好が強まっている印象もあるが、外部環境次第でマザーズ指数は上下に大きく振れる可能性があり、神経質な展開となることが見込まれる。

544 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:28:13.08 ID:w6bOA7EdM.net
ウルディプロの中国販売いつですか?

545 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:30:07.90 ID:w6bOA7EdM.net
QVM149の3相いつですか?

546 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:30:29.93 ID:w6bOA7EdM.net
QVM149の3相いつですか?

547 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 17:33:54.79 ID:rEnLaUIi0.net
QVM149は今期に承認申請を目指しているのでは?

548 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 18:10:11.49 ID:afpW2I2hM.net
昨年末clinicaltrials更新
DLB4月再開すんの?

549 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 18:15:34.24 ID:i8Uvpz2SH.net
Googleで調べたらウルティブロの中国の承認申請は2014年の4月でした。もう5年も経ってるのになんで販売できない?

550 :山師さん@トレード中:2019/01/12(土) 19:16:01.93 ID:4tH1xkNr.net
>>549
1.役人への袖の下が足りない
2.国内製薬会社がジェネリック(と言う名のパクリ薬)を作るまで待っている
3.その両方
じゃね?

551 :山師さん@トレード中:2019/01/12(土) 19:53:18.66 ID:fyVld6VOy
4.くそーせいの臨床データが信用できない。

552 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 19:59:50.57 ID:AVzqHnIx0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI:「最先端研究開発施設への段階的移転を完了」:ケンブリッジ市の世界最高水準の研究環境にアクセスすることにより、当社はこの分野での世界屈指の地位をさらに強化できると考えています。本移転は当社の発展における重要な節目。高度な技術を持った研究者ら130名以上が世界中から結集。(10/30)
※SOSEI:「クリス・カーギルを執行役副社長 最高財務責任者(CFO)に任命」カーギルは2018年6月の暫定CFO就任以来、豊富な業務知識を発揮し、財務上の多様な取り組みを着実に推進してきています。国際的なバイオ医薬品企業になる道のりを進むために、彼はグローバル財務責任者として適任です。(11/1)
※SOSEI:「DNA技術のパイオニアDyNAbind社と協業開始(業務提携契約を締結)」DyNAbind社とのコラボレーションにより、世界をリードする当社のStaR技術、並びに構造ベース創薬を更に強化。StaRタンパク質の長期的価値を最大化していく戦略にもなります。(11/7)
※University College London, PhD Research Project (Partners: Heptares), 4 Year Period: "GPCR Signalling in the Mouse and Human GI Tract.": Aim: "To Establish the Mechanisms of GPR35 Signalling in the Mouse and Human GI Tract". Utilise Mutated GPR35 (Generated at Heptares). (11/7up)
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)

553 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 20:00:54.87 ID:AVzqHnIx0.net
※AstraZeneca Clinical Trials Appendix Q3 2018 Results update: Q3 2018 New Molecular Entity Pipeline: Phase II, AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours); Q3 2018 Lifecycle Management Pipeline: Phase I , Oleclumab+AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC). (11/8)
※Nature Structural & Molecular Biology: "High-Resolution Crystal Structure of Parathyroid Hormone 1 Receptor in Complex with a Peptide Agonist" (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares): ( https://www.nature.com/articles/s41594-018-0151-4 ). (11/19 Published)
※University of Zurich: "From Receptor Structure to New Osteoporosis Drugs". The study also involved researchers from the Heptares and Heptares Zurich. (11/19) ※RCSB Protein Data Bank (PDB): "Parathyroid Hormone 1 Receptor in Complex with a Peptide Agonist: 6FJ3". (11/21 Released)
※Imperial College London: "Research Associate" to Join the Division of Diabetes, Endocrinology and Metabolism. NIHR Imperial BRC in Collaboration with Heptares. Focus on the Understanding of Nutrient Derived Small Molecule Signalling in the Gastrointestinal Tract. (11/28 posted)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成 (11/29)」※Sosei Heptares YouTube (https://www.youtube.com/channel/UCVIItbR5X7eoIwbgVrsR-dg ):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":「Sosei Heptares」はそーせいグループのコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。新製品:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)

554 :山師さん@トレード中:2019/01/12(土) 20:15:30.25 ID:fyVld6VOy
くそーせいの開発
ノルレボ やオラビ「買って、そのまま、持ってきた」
シーブリ 「買収して、そのまま、横流し」
ですやん。
だから、屁プータレの屁こきマンはクビにして、
ライセンスアウトがいいでしょ?

555 :山師さん@トレード中:2019/01/12(土) 22:16:15.56 ID:jjvh4JOU4
埼玉県の上福岡出身、浦和学院11期生T組馬術部、昭和47年生の旧姓 渡部雪枝 今は石川?雪枝をご存じないでしょうか?
高校卒業後に富山で馬の仕事に就職してその後結婚。
愛してもいない男と結婚したようで何故か自分の責任にされました。
何があったかを知りたい。
旦那やクラスメートは俺があちこちに迷惑をかけてるのも知ってながら雪枝に知らせないように、他人に迷惑をかけるのを気にしない屑どもで使えないんですよ。
クラスメートの男どもは水品芳って女一人の責任にして逃げるつもりみたいだし。
知ってる人は雪枝に浜松の藤原武士のFacebookの記事を読んでから非通知でも良いから連絡しろと伝えてください。
お願いします。

556 :山師さん@トレード中 :2019/01/12(土) 23:10:46.81 ID:eNv4g/ZY0.net
https://pbs.twimg.com/media/Dwog1PIU0AMotXr.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dwog1PDU0AAalwj.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dwog1PKU8AAAoQm.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dwog1PCU0AEt62u.jpg

ホルダーおめ

557 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 02:24:19.37 ID:VkBQPwmP0.net
>>556
これ月曜はS高だろ
ホルダーおめ!

558 :山師さん@トレード中:2019/01/13(日) 02:42:37.39 ID:5h/ekwe/.net
>>557
(^ー^(⊂(´▽`

559 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 04:52:24.49 ID:4koGlk1U0.net
【メディア引っ張りダコの「ゲイ」がついに暴露!】

突然ですがあなたは、
FXでこんな悩みを抱えていませんか?

・スキャルピング手法で勝てず、資金が減り続けてしまう
・インジケーターの種類が多すぎて何を使っていいかわからない
・トレード時間がなくてチャンスが全くない
・最初は勝てたのに負け続けのトレードが続いている
・自分自身のトレードルールを確立できていない

そんな悩みを抱えている方には必見の特別情報です!FX初心者が月収800万円を稼ぎ出した驚きの情報が10分間だけ限定公開しています!
http://byn.vc/crgdd

すでに6,400人以上の生徒を成功者に導いてきた、
多数のメディア出演の実績を持つ異色のゲイトレーダーから”たった1つのコツ”を覚えるだけで、
そのような悩みは解消されるでしょう!

しかも、その成功者の大半の方は
忙しいサラリーマンや主婦。

忙しいから諦めてきた方でも
1日たったの数分の時間を確保するだけで
人生を180度変えるチャンスです。

あなたの今後の収入を変えるためにも、
必ず確認してくださいね。
http://byn.vc/crgdd
※もう間もなく公開は終了します

【最短かつ爆発的に稼げるWEB構築方法の秘密が明らかに!!】
http://byn.vc/8tnar

560 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 07:00:38.43 ID:5TkPz7x20.net
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディング開始。これに伴い当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg」:薬価収載2018年11月28日、販売開始2019年2月。( http://fftc.fujifilm.co.jp/med/products/antifungal/candidiasis/oravi/pack/pdf/fri_med_oravi_attach.pdf ) (12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備を紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。( http://www.jitsubo.com/wp-content/uploads/2018/12/20181127-07.pdf ). (12/4up)
※University of Cambridge: 4-Year PhD Studentship: "Artificial Intelligence for Multi-Parametric Design of GPCR Ligands" (Co-Funded by Heptares): Develop Further Recent Developments in the AI and Data Mining to Develop Computer Algorithms for Drug Design. (12/5 Recruitment End)
※Sosei Heptares:知識:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」HTL0014242前臨床試験結果を発表。( https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Bennett%20MNDA%20Symposium%20Presentation.pdf ). (12/9up)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが当社社長CEO・取締役を退任(12/31)。これに伴い当社エグゼクティブ・チェアマン、創立者および前CEOの田村眞一が会長兼社長CEOに就任(1/1)。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」(Actual Recruiting Start: 11/14) 本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)

561 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 07:02:10.14 ID:5TkPz7x20.net
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。( https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47027/00.pdf ). (12/17up)
※Sosei Heptares:知識:「選択的M1受容体作動薬HTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態」これらの良好な安全性及び薬物動態データは、HTL0018318の開発を後押しするもの。( https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Nathan%20ACNP%202018%20poster.pdf ). (12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブ併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (https://www.nature.com/articles/s41467-018-07939-8 ). (1/3 Published) (1/6up)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: "We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議にて発表予定。(1/7)

562 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 10:28:28.46 ID:2FL3aUSlM.net
もうあかん。死にます。

563 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 11:34:40.03 ID:pYaeDkYxr.net
ヘプタレスはりすとらや 結局人切るのが一番手っ取り早く効果があがる ヘプタレスの研究成果なんてスケジュール管理できないでいるから遅延ばかりやろ ヘプタレス甘やかし過ぎ

564 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 13:00:44.21 ID:L4N17WeyM.net
90年代まで塩野義の研究所は塩野義大学と呼ばれて好きな研究をして好きな論文を書くことが目的となってて研究者からは人気だったが大半は薬にならなかった
現社長になって研究領域を大幅に絞った結果、国内随一の創薬まで繋げられる研究所に進化した

という話を思い出した

565 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 18:00:32.48 ID:5TkPz7x20.net
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial ReadOuts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス動画・資料」" Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019."; "New Partners for Multiple Discovery and Development Deals." ( https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47624/00.pdf ) (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease." (1/8up)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoc Reptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80", (Literature: "Molecular Basis for High Affinity Agonist Binding in GPCRs": Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.). (1/9 Released)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」二つの発表。( https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/2018.12.12%20Sosei%20Heptares_Pharmacology.pdf ) (https://www.soseiheptares.com/uploads/CHISHIKI/Tippet_Pharmacology%202018.pdf ) (1/10up)
※JITSUBO:「関西バイオビジネスマッチング2019への参加」(事前設定商談) 独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: "In-Maket Sales: Ultibro $515m; Ultibro & Seebri Total $688m, Growth 7.9%; 2024 Consensus Sales: Ultibro $683m, Seebri $176m; Potential Key Growth Catalysts: China; Key 2019 Catalysts: QVM149 PV Results and Submission." (1/11up)
・・・

566 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 18:03:24.86 ID:5TkPz7x20.net
※Allergan Q4 2018 Earnings Conference Call. (1/29)
※R&D支援センター セミナー:「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発における注意点」〜合成方法・分析方法・精製方法・スケールアップ…各工程における留意点とは〜 講師:JITSUBO(株) 研究開発部部長 山ア貴史 (1/30 12:30-16:30)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2/5)
※富士フイルムホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※関西バイオビジネスマッチング2019:売り手企業(事前設定商談) JITSUBO株式会社:「ポスター展示:売り手企業の製品・技術PR」(10:30-17:30)、「売り手企業ショートプレゼンテーション」(11:00-12:40)、「個別商談会」(13:30-17:30)。(2/8)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2/12)
※Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 17:30-20:30) (Host: Heptares. Location: Granta Park): "Trends in Electron Cryomicroscopy": Richard Henderson (17:35-16:35 Presenting), Stacey Southall, Sosei Heptares. (18:55 Presenting) ※1/11update
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)
・・・

567 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 18:07:55.99 ID:0DKl4mhi0.net


568 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 21:06:22.36 ID:5TkPz7x20.net
ちなみにUltibro Concept2 Inhaler:
※Propeller:"Propeller Health to bring smart inhaler tech to Novartis’ Breezhaler." (2017/2/9)
・Propeller’s simple clip on sensor attaches to most asthma and chronic obstructive pulmonary disorder (COPD) inhalers.
・The sensor records where and when a patient uses their inhaler, sending that data to a smartdevice app which can be viewed by both patient and doctor.
・“We’re excited to work with the team at Novartis to connect the Breezhaler device to the Propeller platform,” said David Van Sickle, CEO of Propeller Health.
・For Novartis, the deal adds to its previous partnerships with technology companies seeking to digitise COPD management.
・Early last year, the Swiss pharma sealed a deal with one of Propeller’s biggest competitors in the market, Qualcomm, to develop another ‘smart’ version of its Breezhaler solution.
・The Novartis-Propeller partnership will initially focus on COPD in Europe.


569 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 21:07:09.00 ID:5TkPz7x20.net
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging: Estimated Study Start: "2018/3/23" (2017/12/20up, "New Trial Record")
※Novartis Annual Report 2017: "Ultibro, A New Version of the Breezhaler Device is being Developed that contains electronics. The First Clinical Study("New Trial Record", 12/20up) with this Inhaler is due to begin this Year in COPD." (1/24)
※ClinicalTrials: Phase3: "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence. Change Study Start: 2018/3/23→"2018/7/16" (6/13update)
※ClinicalTrials: Phase3: "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Status (Change): "Recruiting", Study Start: "2018/7/11[Actual]", Study Completion: 2020/2/28 [Anticipated]. Locations (Add): "Netherlands" (Leeuwarden [Recruiting], Zutphen [Recruiting]). (8/27update, Recruiting)
※ERS International Congress 2018, Paris: "With growing numbers of people living with respiratory diseases worldwide, there is a need to improve access to testing & monitoring devices; We’re committed to using digital to improve respiratory outcomes": Novartis. (9/17)

570 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 21:07:41.02 ID:5TkPz7x20.net
※ClinicalTrials: Phase3: "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Locations (Add): "Germany" (Berlin [Recruiting], Hamburg [Recruiting], Leipzig [Recruiting],Lubeck [Recruiting]). "Netherlands" (Heerlen [Recruiting], Helmond [Recruiting]). (9/26update)
※ClinicalTrials: Phase3: "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Locations (Add): "Germany" (Nordrhein-Westfalen [Recruiting]). (10/15update)
※ClinicalTrials: Phase3: "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": Location (Deletions): "Germany" (Nordrhein-Westfalen [Recruiting]). (10/19update)
※ClinicalTrials(NCT03379233): Ultibro(Phase3): "Concept2 Inhaler: Digital Adherence System": A Randomized Study to Evaluate the Effect of Reminder Notifications and Motivational/Adaptive Messaging on Treatment Adherence (ADVICE). (12/18update)
・Study Status (Change):Primary Completion: 2019/12/4 [Anticipated]→"2020/1/17 [Anticipated]", Study Completion: 2020/2/28 [Anticipated]→"2020/12/4 [Anticipated]"
・Locations, Novartis Investigative Site (Add):"Belgium (Erpent [Recruiting], Gilly [Recruiting], Turnhout [Recruiting])", "Germany (Nordrhein-Westfalen [Recruiting], Hannover [Recruiting], Rheine [Recruiting])"

571 :山師さん@トレード中 :2019/01/13(日) 21:08:43.36 ID:5TkPz7x20.net

※ResMed:"ResMed Completes $225 Million Acquisition of Propeller Health." (2019/1/7)
・ResMed is now poised to provide a broader suite of solutions for COPD treatment
・Propeller Health will operate as a standalone business, maintaining its COPD and asthma product solutions, as well as its partnerships with pharmaceutical and healthcare organizations
・・・

572 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 07:00:26.99 ID:zFqkh8Xz0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月15日):【売り】上昇からのスピード調整。◆達人の予想 斉藤紀彦◆ (1/13 12:21)
・創薬ベンチャーでがん治療薬などの研究開発を行っており、買収で技術力を強化しています。決算期変更のため前期比データはありません。
・株価は1月10日高値1268円まで上昇していますが、ここへきて株価チャート上にスピード調整を示唆しやすい形が出ました。
・テクニカル指標は1月11日現在で、25日移動平均線からのかい離率は+17.86%、
・ストキャスティクス(9日)は79.06、RCI(9日)は91.66まで上昇していますので、株価のスピード調整は近いと思います。

573 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 12:24:41.24 ID:3vvgh49nM.net
流石に今年は株価あがるよ。

574 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 12:53:23.51 ID:A77OgRbI0.net
ここ以外は上がりそうだよな

575 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 14:01:20.90 ID:dLEHTclor.net
田村ジジイは株価の上げ方理解している ペーターではしがらみが有って出来ないが田村は可能 やつはヘプタレスりすとらするで

576 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 14:01:48.98 ID:dLEHTclor.net
博士100人ほど切るのが一番

577 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 14:11:20.08 ID:dLEHTclor.net
簡単に収支改善するで

578 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 16:25:04.56 ID:MWowjZkbM.net
ピータークビで30人分の給料でるやろ。

579 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 17:14:57.70 ID:dLEHTclor.net
じゃあ博士120人ほど切れば良くね?田村ジジイは何すれば簡単に株価上がるかよく知っているはず もちろんロイ入るのが一番だが無能たちのせいでいつも遅延 無能ヘプタレスのりすとら発表するだけで株価上がる 7000や5000になれば増資しても誰も文句言わんやろ

580 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 17:46:57.59 ID:uwwpTRceM.net
なんでもいいから、大手企業に導出やれや。そしたら株価上げるやら。なにもったいぶってんねん。

581 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 18:06:34.01 ID:xs5MG8uL0.net
いい加減、頭おかしいリストラ論や安売り論やめーや

582 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 18:40:53.68 ID:gL+O1cdxH.net
バイオベンチャーの元社長やけど質問ある?

583 :山師さん@トレード中:2019/01/14(月) 19:03:11.61 ID:d5HI7CEiX
だから、くそーせいには、自社主導の開発は無理だよ。
できるのは、「買って→指一本触れないで、ライセンスアウト」か、
「買って→指一本ふれないで、臨床して承認申請」だけだよ。
くそーせいが触ると、クソがつく。

584 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 19:01:06.87 ID:ZpMV17Y2a.net
>>582
ねーよ

585 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 19:07:49.74 ID:x/Oeg0q30.net
>>579
企業に導出したシーズが遅延することと、そーせい雇用の博士研究員はほぼ無関係じゃねーの?

586 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 20:05:44.22 ID:vi3fhiS6a.net
トップジャーナルに掲載できる優秀な研究者を集めるのがどれだけ大変かわかってないクズどもが多すぎ
そーせいが創薬では世界トップレベルにあることに気付けるかどうかが富豪と貧乏人との分かれ目だろな

587 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 20:20:05.61 ID:GdiU9cOqM.net
>>586

588 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 20:23:20.78 ID:cjokJjtvd.net
3年前に分かったつもりになって買った結果が倒産レベルの大暴落でしょ?
難しいこと何も分からずにイナゴしてた方が余程儲かるぜ?

589 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 20:58:50.71 ID:sGLiJh/L0.net
日経急落で明日は定番のGDかこの野郎が!
ちな時間外で日経CFD20080円・・

590 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 21:31:39.94 ID:zFqkh8Xz0.net
※Patient Preference and Adherence: "Patient-Reported Outcomes and Considerations in the Management of COPD: Focus on Indacaterol/Glycopyrronium Bromide". (1/14up)
Published: 14 January 2019 Volume 2019:13, Pages 145-150
Abstract:
Dual bronchodilation with long-acting beta-2 agonists and muscarinic antagonists is recommended in patients with severe to very severe COPD.
Among dual bronchodilator combinations, indacaterol/glycopyrronium combination (IGC) received evidence of higher efficacy and good safety compared with monotherapy with either drug as well as with tiotropium.
In randomized controlled trials, the primary outcome is usually the change in mean FEV1 resulting from treatment.
However, the functional aspects that influence the physician’s choice of the type of management may not be considered important by the patient, based on his perception of the disease.
To address such issue, patient-reported outcomes (PROs) were assessed in recent studies.
They include patient’s perception of breathlessness, physical functioning, global health status, quality of life, use of rescue medications, and patient’s report of COPD exacerbations.
PRO data from the studies showed a clear improvement in patients’ awareness of a better control of the disease in patients treated with IGC.
In addition, the latest literature on two important issues influencing patient’s preference and adherence, ie, the once-daily administration and the device to be used,
confirmed the effectiveness of IGC and the ability of its device (Breezhaler) to result in patient’s satisfaction, ease of use, less handling errors, and self-assurance to have inhaled the entire dose.
ttps://www.dovepress.com/getfile.php?fileID=47519

591 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 21:36:51.15 ID:cjokJjtvd.net
ちーちゃんすこ

592 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 22:00:19.05 ID:zFqkh8Xz0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]

593 :山師さん@トレード中 :2019/01/14(月) 22:00:58.81 ID:zFqkh8Xz0.net
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780) [大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898) ※AZD4635第U相
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10 (終値1157) 5日線乖離(+11.27%) 25日線乖離(+22.88%) 75日線乖離(+10.35%) 200日線乖離(-20.89%) (安値1127)
2019/_1/11 (終値1110) 5日線乖離(_+1.93%) 25日線乖離(+17.86%) 75日線乖離(_+6.84%) 200日線乖離(-23.81%) (安値1092) ・(1/_7安値_898)
2019/_1/15

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

594 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 06:58:23.26 ID:qlp29LXQM.net
朝がきたー

595 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 07:06:40.00 ID:AkpcSbS/a.net
副島隆彦 5ちゃんねる の公式ツイッター https://twitter.com/JUlbDHOfgimcsGc
(deleted an unsolicited ad)

596 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 07:13:01.91 ID:gM7Lnw8Ia.net
四季報今期売上予想40億w

A2aのマイル 16億+COPDロイ 30億
とみても7日目にして既に予想オーバー濃厚!

今、どんな気持ち?
  ねぇ、どんな計算機能を持ち合わせてるの?
     ∩__∩
     /⌒ ⌒ヽ ♪
    (●) (●)ヽ
  ハッ |(_●_)  |
 ハッ  ミ、|∪|  彡__
  ♪ / /ヽノ  __/
    \_)\   ヽ
 (>――、 \  ヽ
 /   つヽ. /⌒_)
:|   ー:|: | へ |
 >..::ミU(● (ノ U
:f 四.|:イ゚。
:|| 季:|:|:
:V  :ヽ_):
:|    : バイトリーダー 時給:960円

597 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 08:10:38.60 ID:K0DzwDOaa.net
気配大暴落w

598 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 08:13:18.17 ID:SQOrqVlwr.net
支出100億
a2a15億、ウルシー30億
去年の資料ではもう一本a2aからマイルストン貰えるとして15億
40億の赤字やんけ
去年200億の現金が〜っていってたけど、今年終わる頃には100億なくなるぞあほが

599 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 08:34:54.46 ID:gM7Lnw8Ia.net
バカルさん(笑)

600 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 08:41:17.71 ID:yjK0nHiw0.net
>>598
シロウトきてんね

601 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 08:43:01.64 ID:wSnAVBjdM.net
>>598
支出100億の内訳は?

602 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 10:11:21.41 ID:d52It12lp.net
ガバガバな計算でドヤってて草

603 :山師さん@トレード中:2019/01/15(火) 10:27:59.83 ID:pf+juQvZ.net
バカルサの程度w

604 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 13:14:15.93 ID:0mh8bot3a.net
赤字の分だけキャッシュが減ると思ってるバカが来てんね

605 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 13:41:53.29 ID:Q5/Fey/j0.net
今日は強いな
ハイカラの在庫もあるしムズムズする

606 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:02:33.24 ID:Bs/BMehL0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月15日):【売り】上昇からのスピード調整。◆達人の予想 斉藤紀彦◆ (1/13 12:21)
・創薬ベンチャーでがん治療薬などの研究開発を行っており、買収で技術力を強化しています。決算期変更のため前期比データはありません。
・株価は1月10日高値1268円まで上昇していますが、ここへきて株価チャート上にスピード調整を示唆しやすい形が出ました。
・テクニカル指標は1月11日現在で、25日移動平均線からのかい離率は+17.86%、
・ストキャスティクス(9日)は79.06、RCI(9日)は91.66まで上昇していますので、株価のスピード調整は近いと思います。
[予想期間終了]:1月15日 始値(1,102円)→ 終値(1,167円)

※モーニングスター:マザーズ指数続伸、ジリ高基調で上げ幅拡大=新興市場・15日。(1/15 15:08)
・マザーズ指数が続伸。穏健スタートからジリ高基調となり、上げ幅を拡大。UUUMやそーせいグループ、メルカリなどが上昇して指数をけん引した。

607 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:04:47.29 ID:Bs/BMehL0.net
※フィスコ: [マザーズ市況] マザーズ指数は大幅続伸、25日線上抜けで900pt台回復。(1/15 16:14)
本日のマザーズ市場では、マザーズ指数が朝方から上げ幅を広げる展開となった。日経平均が朝安後にプラスへ切り返し、個人投資家のマインドが一段と上向いた。
また、マザーズ指数が上値抵抗となっていた25日線を突破したことも、マザーズ銘柄への資金流入につながったとみられる。
なお、マザーズ指数は大幅続伸、2%を超える上昇で終値としてはおよそ1カ月ぶりに900pt台を回復した。
売買代金は概算で1170.62億円。騰落数は、値上がり199銘柄、値下がり68銘柄、変わらず7銘柄となった。 
個別では、サンバイオ、ALBERT、フィンテック、SHIFT、SOSEIなどマザーズ売買代金上位は全般堅調。
業績予想を上方修正したUUUMのほか、オンコリスやブライトパスといったバイオ株の一角が活況を見せた。

608 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:30:34.84 ID:Bs/BMehL0.net
AstraZeneca update:
・・・
※SOSEI:2018年3月期決算説明会:「戦略プランを着実に実行し2017年度は著しい進捗を達成」。事業は堅調に進捗。提携GPCRポートフォリオ: AstraZeneca A2a AZD4635 第1b相試験段階 免疫腫瘍学領域。(5/10)
・将来的に受領する可能性のあるマイルストンに先立ち、パイプラインへの投資を継続 (進捗イメージ):提携パイプラインからの収入 (AstraZeneca A2a: 次の開発段階CY2019)。
・StaR/SBDD技術による化合物のクオリティは提携プログラムのFY2017年の進展により実証。(A2a、CGRP、M4、M1、Multiple targets、A2a、A2a)
・AZD4635は次世代がん免疫療法として開発。(次世代がん免疫療法としてより多くの腫瘍系統に対して免疫チェックポイント阻害剤の有効性を高める)、(臨床試験結果は良好、AACR 2018でのハイライト)
※SOSEI:「A2A拮抗薬の将来性」- BioCenturyがAZD4635の記事(3/26)を掲載。新規併用療法の後期第I相/第II相試験(NCT03381274)データは2021年になる見込み。固形がんに対する第I相試験(NCT02740985)を併せて実施中。(5/16)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, MEDI9447 EGFRm NSCLC Novel Combination Study. Status Change: "Recruiting", Actual Study Start: "2018/5/8", Study Completion: "2022/1/13 [Anticipated]". (5/16update)
※AstraZeneca Q1 2018 Results: Clinical Trials Appendix, Q1 2018 Results update: AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours): Cancer: Phase 1 (NCT02740985): "Data Anticipated: 2018". (5/18)
※SOSEI Presentation: "Sosei Group Corporation, UBS Global Healthcare Conference": Global operations and aspirations - aiming to build Japan’s first global biotech champion: Drive Global Growth Strategy. (5/21Presented, 5/22up)
[Partnered GPCR Pipeline]: AZD4635 has emerged as a potential next-generation I/O therapy, First A2a R antagonist structurally derived from StaR and SBDD: Two Product/Program (Two Trials).
・Checkpoint inhibitors are highly effective against certain types of tumors (e.g. lung, skin, and renal). ・Next-gen I/O may enhance efficacy of approved checkpoint inhibitors across more tumor types.

609 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:30:51.14 ID:Bs/BMehL0.net
※ClinicalTrials(NCT02740985): A Phase 1 (Ph1b Expansion Cohorts) Clinical Study of AZD4635 and Durvalumab in Patients With Advanced Solid Malignancies. Change, Study Officials: Todd Bauer→Johanna Bendell. (5/24update)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab (MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. "Title Change", Study Completion: "2022/1/13 [Anticipated]". Locations Status Change: US Connecticut, Korea Seoul: "Recruiting" (6/6update)
※Heptares_HP: Download Corporate Presentation: "2018.06.08 Corporate Presentation (Sosei Group Corporation Corporate Presentation June 2018)". (6/8up)
※SOSEI 第28回定時株主総会事業報告:グローバルリーダーとのパートナー提携:次世代療法によるがん治療 (提携先:AstraZeneca):より多くの腫瘍タイプに対して免疫チェックポイント阻害剤の効果を高める併用療法が次世代の治療法として期待される。(6/22)
※LSX CEO Forum: Case Studies and Peer Review: "Sosei - AstraZeneca Immune-Oncology Collaboration" - Malcolm Weir, Chief R&D officer, Sosei (CEO Heptares) (Invited). (6/28 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Research Site Status Change: Korea Seoul: "[Recruiting]". (6/29update)
※ClinicalTrials(NCT02740985): A Phase 1 (Ph1b Expansion Cohorts) Clinical Study of AZD4635 and Durvalumab in Patients With Advanced Solid Malignancies. Enrollment: 156→"206”(Change), Secondary Outcome Measures (Change), Eligibility (Change), Study Research Site (Add). (7/16update)
※AstraZeneca H1 and Q2 2018 Results: Clinical Trials Appendix Q2 2018 Results update. (7/26)
・Movement since Q1 2018 update: New to Phase I (Additional indications): "Oleclumab+AZD4635 (CD73 mAb + A2aR inhibitor EGFRm NSCLC)"
・Q2 2018 New Molecular Entity (NME) Pipeline: Phase I: (Oncology, Small molecule): AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours)"
・Q2 2018 Lifecycle Management (LCM) Pipeline: Phase I (Oncology Combinations): "Oleclumab + AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC)"

610 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:32:51.48 ID:Bs/BMehL0.net
※SOSEI株主通信:特集:がんと戦う免疫と腫瘍微小環境、アデノシンおよびA2aの作用。次世代がん免疫療法AZD4635:新規免疫療法としての当社のA2aR拮抗薬AZD4635。(8/6)
※Medicinal Chemistry GRC: "Novel Adenosine 2A Receptor Antagonist AZD4635: From the Brain to the Tumor Microenvironment": Michelle Lamb, AstraZeneca USA. (8/6 Presented)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Add, Study Research Site: ”Taiwan”. (8/28update)
※ClinicalTrials(NCT02740985): A Phase 1 (Ph1b Expansion Cohorts) Clinical Study of AZD4635 and Durvalumab in Patients With Advanced Solid Malignancies. Change, Enrollment: "208 participants”. Add, Research Site): ”Florida”, ”Massachusetts”, ”Nebraska”, ”Pennsylvania”, ”Tennessee”. (8/29update)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Add, Study Research Site: United States, ”Georgia [Recruiting]”. (9/26update)
※ClinicalTrials(NCT02740985): A Phase 1 (Ph1b Expansion Cohorts) Clinical Study of AZD4635 and Durvalumab in Patients With Advanced Solid Malignancies. Study Status Change: Primary Completion, Study Completion: 2019/12/23→” 2020/5/13”. 3 Research Site Status: ”[Recruiting]”. (9/27update)
※16th Annual Discovery on Target: "Discovery of Small Molecule Protease-Activated Receptor 2 (PAR2) Antagonists Using a Stabilized GPCR, Fragment-Based Lead Generation and DNA-Encoded Library Screening" (Collaboration with Heptares): Dean Brown, AstraZeneca. (9/28 Presented)
※Expert Opinion on Drug Discovery: Perspective: "Targeting Adenosine A2A Receptor Antagonism for Treatment of Cancer". Oncology Field is Likely to Rapidly Develop Over the Next 1-2 Years. "A2a SBDD, Antagonist HTL1071 by SBDD , Clinical Validation in Oncology. Heptares, GPCR". (10/18 Presented)

611 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:33:58.48 ID:Bs/BMehL0.net
※ClinicalTrials(NCT03710434): "A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability": Start: 2018/10/29. (10/18 New Trial Record)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Add, Study Research Site: "United States, Illinois, Chicago [Not Yet Recruiting]". (10/25update)
・Actual Study Start: 2018/5/8. ・Primary Completion: 2020/5/13 [Anticipated]. ・Study Completion: 2021/12/29 [Anticipated]
※ClinicalTrials(NCT02740985): A Phase 1 (Ph1b Expansion Cohorts) Clinical Study of AZD4635 and Durvalumab in Patients With Advanced Solid Malignancies. Study Status Record Verification: October 2018. (10/25update)
・Actual Study Start: 2016/6/17. ・Primary Completion: 2020/5/13 [Anticipated]. ・Study Completion: 2020/5/13 [Anticipated]
※ClinicalTrials(NCT03710434): "A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability". Status Change: "[Recruiting]". (11/7update, Recruiting)
・Study Start (Change): 2018/10/29→"2018/11/1[Actual]". ・Primary Completion (Change): 2019/4/1 [Anticipated]→"2019/4/4 [Anticipated]". ・Study Completion (Change): 2019/4/1 [Anticipated]→"2019/4/4 [Anticipated]"

612 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:34:37.22 ID:Bs/BMehL0.net
※AstraZeneca Q3 2018 Earnings Release: Clinical trials Appendix Q3 2018 Results Update: (11/8)
・Movement since Q2 2018 update: "New to Phase II: NME, AZD4635 (A2aR: inhibitor solid tumours)"
・Q3 2018 New Molecular Entity Pipeline: "Phase II (Oncology, Small molecule): AZD4635 (A2aR inhibitor solid tumours)"
・Q3 2018 Lifecycle Management Pipeline: "Phase I (Oncology Combinations): oleclumab+AZD4635 (CD73+A2aR EGFRm NSCLC)"
・AZD4635 (A2AR inhibitor): Phase I (NCT02740985): FPCD: Q2 2016, "Data Anticipated: H1 2019".
・Oleclumab (MEDI9447, CD73 mAb): Phase I/II (NCT03381274): Oleclumab IV + A2AR(AZD4635): FPCD: Q2 2018, "Data Anticipated: 2020+".
※ClinicalTrials(NCT03710434): "A Phase I, Open-Label Study to Assess the Pharmacokinetics and Relative Bioavailability of AZD4635 in Non-Smoking Healthy Male Subjects, With the Option to Assess Food Effect, pH Effect and Absolute Bioavailability". Record Verification. (12/4update)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Change "Eligibility". (12/11update)

613 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 17:35:16.50 ID:Bs/BMehL0.net
※Sosei Heptares:「みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン」進捗を実証:AZD4635 (AstraZeneca):第Ta相試験が完了し、第Tb相試験が進行中。単剤および併用において最大耐量特定完了。オレクルマブとの併用試験が進行中。発表機会が増加。(12/17up)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※Sosei Heptares:「JPモルガン ヘルスケアカンファレンス(1/7)」当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。"AZD4635 Emerging as a Next-Generation I/O Therapy ・・・ Monotherapy or Combination in Tumors of High Unmet Need". (1/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※CambridgeIndependent: "Sosei Heptares Receives $15m for Cancer Therapy Milestone". AstraZeneca said: “It is increasingly recognised that the adenosine pathway is critical in tumour immunosuppression and AZD4635 complements our portfolio in this area.” (1/10)

※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Record Verification: January 2019. (1/14update)
・Research Site Status Change: United States, Illinois, Chicago [Not yet Recruiting] → ”[Recruiting]”.

※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)

614 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:00:32.62 ID:Bs/BMehL0.net
・・・

615 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:00:44.42 ID:Bs/BMehL0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月9日):【売り】そーせいグループに注意。好材料で上昇中だが、戻り売り圧力が大きくなると予想。一旦利食い目線で。◆藤崎慎也◆ (1/9 8:49)
・戻り売り圧力が大きくなると予想。一旦利食い目線で、そーせいに注意したい。
・がん免疫療法の進展が材料となり、ストップ高。この銘柄は、とくに個人に人気のある銘柄。
・人気銘柄であるが、昨今の相場状況からすると、個人の戻り売り圧力が大きいと予想される為、一旦利食いの調整が出やすいタイミングと予想して、売り目線とします。
[1月9日予想期間終了]:1月9日 始値(1,135円)→ 終値(1,172円)

※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月10日):【売り】そーせいに注意。テクニカル判断から売り目線で。◆藤崎慎也◆ (1/10 8:47)
・テクニカル判断から売り目線で、そーせいに注意したい。
・週足トレンドライン上限一杯まで上昇。
・本日は戻り売りが優勢となると予想し売り目線で見ていきたい。
[予想期間終了]:1月10日 始値(1,157円)→ 終値(1,157円)

616 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:00:59.18 ID:09xa5qBL0.net
上がる日は静か。
この板に踊らされてる奴いるの?

617 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:01:04.48 ID:Bs/BMehL0.net
※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月11日):【売り】そーせいに注意。テクニカル判断から売り目線で。◆藤崎慎也◆ (1/11 8:39)
・バイオ関連とマザーズ指数を左右する同社株は、 昨日、綺麗に高値十字線の戻り高値を示唆。 週末要因、日経SQ後のトレンドはまだ下の予想。
・マザーズ指数の下落トレンド継続などの理由からバイオ関連に売りが出ると予想して売り推奨。
[予想期間終了]:1月11日 始値(1,157円)→ 終値(1,110円)


※みんなの株式:日本株 そーせいグループ 予想期間(1月15日〜18日):【売り】そーせいに注意。◆藤崎慎也◆ (1/15 8:58)
・バイオ指標銘柄とマザーズ指標銘柄の同社、どちらもバイオ関連相場終了の予想と、マザーズ指数戻り一杯から売りが出るとみて売り目線。
[予想期間中]:1月15日 始値(1,102円)→ 現在値(1,167円)

618 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:02:00.30 ID:Q5/Fey/j0.net
っでOX01やOX02は昨年に補助金受領が終了しているはずだけど、かれこれ半年以上経過しているんだよな
このまま無かったことになるんかな?
M4も謎だしさw

619 :山師さん@トレード中:2019/01/15(火) 18:22:51.29 ID:pf+juQvZ.net
ルサンチメンズでは無くルサンチマンなんだろうなw

620 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 18:59:17.08 ID:aXgw8RfjM.net
>>618
何ヶ月経っても何もないと言うことは大人として察するべきだな
そんなのだから評価されないんじゃね?

621 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 19:30:29.32 ID:V9cS2sP50.net
>>618
OX1とOX2の事?OX1なら未だ見えないが2018年6月の時点だと前臨床らしい
OX2はカンファレンスの資料で提携候補か自社用候補で創薬段階
M4もPh1bやるのかもしれん12〜18月後で予定ラインがPh1終わりの予定に見える
M4はアラガンの資料でコード(AGN-242626)も付いたし進捗はしてるんじゃね?

622 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 20:00:45.45 ID:Bs/BMehL0.net
・・・
※富士フイルム富山化学:製品情報:医薬品インタビューフォーム:口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg」ミコナゾール付着錠::製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学:[薬価基準収載年月&#12103;:2018年11&#12105;28&#12103;]。(11/30update)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書:口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学:[販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
http://fftc.fujifilm.co.jp/med/products/antifungal/candidiasis/oravi/pack/pdf/fri_med_oravi_attach.pdf

※日経メディカル:最新DIピックアップ:「【新薬】ミコナゾール(オラビ)1&#12103;1回上顎&#12013;&#12161;に直接付着させる&#12061;腔咽頭カンジダ症治療薬」(1/11)
北村正樹(東京慈恵会医科&#12068;学附属病院薬剤部)
2018年11&#12105;28&#12103;、&#12061;腔咽頭カンジダ症治療薬ミコナゾール&#12061;腔粘膜付着型製剤(商品名オラビ錠&#12061;腔&#12132;50mg)が薬価収載された。本薬は、9&#12105;21&#12103;に製造販売が承認されていた。
&#12132;法&#12132;量は「成&#12040;に1&#12103;1回50mgを上顎&#12013;&#12161;(&#12125;&#12013;窩)に付着して使&#12132;」となっている。
&#12103;本では、同有効成分の製剤として、注射剤、経&#12061;&#12132;ゲル剤、膣&#12132;坐剤および外&#12132;クリーム剤が種々の真菌症に対して既に臨床使&#12132;されている。
&#12061;腔咽頭カンジダ症は、主に免疫機能が低下したHIV患者や癌患者などにおいて、&#12061;腔内常在菌であるカンジダ属(主にCandida albicans)によって引き起こされる&#12103;和&#12178;感染症である。
&#12166;の疼痛、灼熱感、味覚異常、嚥下困難などの&#12163;覚症状があり、&#12137;苔形成、紅斑病変、&#12061;&#12179;炎が認められている。
&#12061;腔咽頭カンジダ症における治療は、抗真菌薬による全&#12189;療法または局所療法が&#12175;われている。このうち局所療法の&#12032;つとして、ミコナゾールの経&#12061;ゲル製剤(フロリード)が1&#12103;複数回塗布で使&#12132;されている。

623 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 20:02:50.84 ID:Bs/BMehL0.net
ミコナゾールは、真菌細胞膜の主要構成成分であるエルゴステロールの&#12131;合成を阻害することにより、抗真菌活性を&#12144;す。また、&#12220;濃度では、細胞の壊死性変化をもたらす殺菌的作&#12132;を有する。
局所療法は、全&#12189;性副作&#12132;や薬物相互作&#12132;を軽減できるとして&#12220;い有&#12132;性が評価されている&#12032;&#12101;で、ゲル製剤は塗布回数が多く、使&#12132;感も悪いと指摘されていた。
オラビは、&#12061;腔咽頭カンジダ症に対するミコナゾール製剤として、添加物に&#12131;体付着性物質の濃縮乳タンパク質(MPC)を&#12132;いた&#12061;腔付着型の抗真菌外&#12132;製剤である。
&#12061;腔粘膜に&#11985;時間付着させることができるため、ミコナゾールが&#12061;腔内に持続的に放出され、唾液中ミコナゾール濃度を&#11985;時間維持できることから、1&#12103;1回投与が可能となった。
国内で&#12061;腔咽頭カンジダ症患者を対象とした無作為化&#12206;盲検並&#12175;群間&#12112;較試験(対照薬:ミコナゾールゲル製剤)では、投与開始15&#12103;&#12140;における病変スコアおよび症状スコアに基づく臨床効果において、既存のゲル製剤との&#12206;劣性が&#12144;された。
海外では、2006年10&#12105;にフランスで承認されて以降、2018年9&#12105;現在、欧州2カ国および&#12150;国で発売されている。また、海外の診療ガイドラインでは、&#12061;腔咽頭カンジダ症の治療薬として使&#12132;が推奨されている。
国内の臨床試験で副作&#12132;(臨床検査値異常を含む)が29.0%認められている。主な副作&#12132;は味覚異常(8.1%)、適&#12132;部位不快感(4.8%)、腹部不快感、悪&#12092;(各3.2%)などであった。
薬剤使&#12132;に際しては、本薬は&#12061;腔粘膜に付着して&#12132;いる錠剤であるため、そのまま飲み込んだり、なめたり、かみ砕いたりせずに使&#12132;することを、患者に&#12055;分理解させることが必要である。また、投与期間は原則として14&#12103;間である。
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201901/559326.html

624 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 22:13:08.62 ID:Bm8b/wXb0.net
調べたら今年の支出は60億〜70億か
ウルシー30億
a2a15億
もう一本のa2aも15億だとして
1本導出10億円でトントンか

625 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:00:41.90 ID:Bs/BMehL0.net
※Oncogene: "Mechanisms Involved in the Activation of C/EBPα by Small Activating RNA in hepatocellular Carcinoma". (1/14 Published)
(Xiaoyang Zhao, Vikash Reebye, Paul Hitchen, Jia Fan, Hongchi Jiang, Pal Setrom, John Rossi, Nagy. A. Habib & Kai-Wen Huang)
Abstract:
Hepatocellular carcinoma (HCC) is generally accompanied by high mortality and low cure rate. CCAAT enhancer-binding proteins (CEBPs) are transcriptional regulators that play a key role in maintaining liver function.
Altered expression of C/EBPα and C/EBPβ occurs in many tumours including HCC. saRNAs are small double-stranded RNAs that enhance target gene expression at the transcriptional level.
In this report, we activate CEPBA with saRNAs and suppress CEBPB with siRNAs in cells that represent three different degrees of HCC.
We performed functional assays to investigate the effects of enhancing C/EBPα and its downstream targets, p21 and albumin across these lines.
We also used Mass-spectrometry (MS) subsequent to a ChIP pull-down assay to characterise the components of the protein complex involved in regulating saRNA function.
Putative saRNA interacting protein candidates that were identified by MS were knocked-down with siRNAs to investigate its impact on saRNA activity.
We confirmed CEBPA-saRNA decreased proliferation and migration in the differentiated lines (HepG3/Hep3B).
The undifferentiated line (PLCPRF5) showed saRNA-induced increase in CEBPA but with no loss in proliferation. This effect was reversed when CEBPB was suppressed with CEBPB-siRNA.
When interrogating saRNA mode of action; three saRNA interacting proteins, CTR9, HnRNPA2/B1 and DDX5 were identified by MS. Targeted knock-down of these two proteins (by siRNA) abrogated saRNA activity.
This study provides insight into how different HCC lines are affected by CEBPA-saRNAs and that endogenous abundance of CEBPB and saRNA accessory proteins may dictate efficacy of CEBPA-saRNA when used in a therapeutic context.
Conflict of interest:
Vikash Reebye, Pal Setrom, John Rossi and Nagy Habib own stock in MiNA (Holdings) Limited. All the remaining authors declare that they have no conflict of interest.
https://www.nature.com/articles/s41388-018-0665-6

626 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:15:22.60 ID:Bs/BMehL0.net
update:
※Reuters:SOSEI [2018-2022業績予想]コンセンサス更新:(12/4update)
(2018/5/11→5/20→5/24→6/19→6/20→6/28→6/29→7/3→7/4→7/5→7/6→7/9→7/17→7/18→7/25→7/27→7/28→8/10→8/29→9/20→9/21→9/28)
・2018業績予想:売上高_3,625百万円、EBITDA -5,923百万円、税引前利益-7,444百万円、当期利益-6,223百万円、EPS-82.7 (9/28update)
・2019業績予想:売上高10,519百万円、EBITDA -1,205百万円、税引前利益-1,884百万円、当期利益-2,394百万円、EPS-43.9(9/28update)
・2020業績予想:売上高10,830百万円、EBITDA -1,366百万円、税引前利益-3,115百万円、当期利益-2,701百万円、EPS-35.7 (9/28update)
・2021業績予想:売上高11,173百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益-2,127百万円、当期利益-1,439百万円、EPS-15.9 (9/28update)
・2022業績予想:売上高11,216百万円、EBITDA _1,000百万円、税引前利益-2,649百万円、当期利益-1,832百万円、EPS-25.9 (9/28update)

(9/28→10/4→10/19→11/9→11/13→11/16→11/26→12/1→12/4→※2019/1/15update)
・2018業績予想:売上高_3,338百万円、EBITDA -5,026百万円、税引前利益-6,795百万円、当期利益-3,921百万円、EPS-73.8 (12/4update)
・2019業績予想:売上高_9,888百万円、EBITDA _1,148百万円、税引前利益__-367百万円、当期利益__-443百万円、EPS-17.4 (1/15update)※
・2020業績予想:売上高10,864百万円、EBITDA -1,026百万円、税引前利益___151百万円、当期利益___159百万円、EPS-7.83 (12/4update)
・2021業績予想:売上高10,448百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益__-785百万円、当期利益-1,093百万円、EPS-15.0 (12/4update)
・2022業績予想:売上高13,210百万円、EBITDA _4,000百万円、税引前利益_1,934百万円、当期利益_1,745百万円、EPS_21.0 (12/4update)

627 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:30:03.89 ID:Bs/BMehL0.net
・・・

628 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:30:13.79 ID:Bs/BMehL0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEI 2018年12月期第2四半期決算:研究開発費4,116百万円(98%は英国における活動)。独自のStaR技術、構造ベース創薬(SBDD)プラットフォーム及び自社開発パイプラインを引き続き拡充。当社グループは15品目が創薬段階にあり、5品目が前臨床試験中、6品目が臨床試験中。(11/8)
※SOSEI 第2四半期決算説明会:選択的な投資を行い、2019年にさらなる提携実現を目指す:今までに研究開発投資を続けてきた結果として、ようやく提携の次の波を起こす準備が整いました。今回の経営戦略は提携活動を加速して、かつ研究開発投資を厳選することで早期に黒字化を目指す。(11/8)
※Sosei Heptares Official Blog:「ロゴが変わります」:リブランディングを行いました。全社で共通のSosei Heptares (日本商標11/16登録)のロゴを使用します。2015年に行われたHeptares社の買収からの、新しい幕開けを表すものです。正式な社名はそーせいグループを当面維持します。(11/22)
※Sosei Heptares Official Blog:「紹介動画を作成しました」(11/29) ※Sosei Heptares (YouTube):「Sosei Heptares版:GPCRとStaR技術 (Japanese & English)」(11/26公開)、「Sosei Heptares Approach to Drug Discovery」(11/28公開)、「Sosei Heptares 紹介動画」(Japanese) & (English) (11/29公開)
※Sosei Heptares_HP "Renewal up":Sosei Heptaresはそーせいグループのコーポレートブランド。グローバル従業員数:150+、博士号取得人員数:75+、著名ジャーナル発表件数:170+、グローバル特許件数:400+、構造解析数:200+。製品情報:オラビ錠口腔用50mg (2019年販売開始予定)。(12/1)
※Sosei Heptares_HP:臨床データ:M1:"Single and Multiple Dose Safety, Tolerability and Pharmacokinetics of the Selective M1 Receptor Partial Agonist HTL0018318 in Healthy Volunteers: (CTAD 2018 Presented: 2018/10/27)": Findings Provide Encouraging Safety and Pharmacokinetic Data. (12/1up)
※Sosei Heptares:グループブランド戦略の一環として、新たなグローバルブランドを「Sosei Heptares (11/16日本商標登録)」としてリブランディングを開始。これに伴い、当社ウェブサイト(www.soseiheptares.com)をリニューアル。本件は新たなステージの幕開けを象徴するもの。(12/3)
※富士フイルム富山化学:製品情報:添付文書(更新):口腔粘膜付着型 口腔咽頭カンジダ症治療剤「オラビ錠口腔用50mg(ORAVI Mucoadhesive Tablets 50mg)」ミコナゾール付着錠:製造販売元:そーせい/販売元:富士フイルム富山化学 [販売開始年月2019年2月]。(12/3update)
※JITSUBO:「化学工業日報にて当社新設備が紹介。」ペプチド原薬製造設備を2019年1月に稼働。従来技術に比べて製造コストを10分の1に減らせる液相合成法の生産能力を引き上げる。商用向け量産ではインド企業との連携を検討中で、将来、ペプチド原薬の受託製造事業で数百億円の売り上げをめざす。(12/4)

629 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:30:31.83 ID:Bs/BMehL0.net
※Sosei Heptares:開発:「新規低分子医薬品候補HTL0014242が神経変性を遅延させる試験結果が初期研究成果として得られた」共同研究University of Sheffield, SITraNの研究者が、神経変性疾患である運動ニューロン病(MND)の前臨床モデルを用いたHTL0014242の前臨床試験における結果を発表。(12/9)
※Sosei Heptares:「代表執行役の異動」:ピーター・ベインズが2018年12月31日をもって当社社長CEOを退任し、同時に取締役を退任。これに伴い、当社エグゼクティブ・チェアマンであり、創立者および前CEOの田村眞一が2019年1月1日付で会長兼社長CEOに就任。(12/12)
※Sosei Heptares Official Blog:「代表執行役の異動に関して」2019年1月1日より、創業者田村眞一が社長に再就任致します。新しいリーダーシップのもと心機一転し、次なる成長のステージに進んで参ります。来年には田村社長と、個人投資家向けIRイベントも開催していく予定。(12/12)
※Sosei Heptares:「精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242の第T相臨床試験を開始」本試験は英国にて実施され、最大48例の被験者を対象に安全性、忍容性および薬物動態を評価します。中間結果は2019年下期を見込んでいます。(12/13)
※Sosei Heptares:「第7回みずほバイオカンファレンス(12/13)プレゼン資料」2019年度の戦略方針:当社の成長戦略:世界をリードする技術を基盤とした、成功の為の2つの柱。提携を増強し、研究開発投資を厳選することで、早期黒字化を目指す。2019年にさらなる提携実現を目指す。(12/17up)
※Sosei Heptares:開発:「健康な治験者を対象としたHTL0018318の単回及び複数回投与における安全性、忍容性、薬物動態」(ACNP Presented: 12/12) これらの良好な安全性及び薬物動態データはAD及びDLBを含む認知症における認知機能障害の対症療法として、HTL0018318の開発を後押しするもの。(12/19up)
※Sosei Heptares:「進行肝がん患者を対象にした小分子活性化RNA肝がん治療候補薬MTL-CEBPAとソラフェニブとの併用を評価する第Tb 相臨床試験の患者登録開始を発表」MTL-CEBPAとソラフェニブ併用時の評価は進行肝がん患者38人を対象にしたMTL-CEBPA単剤での評価に続くもの。(12/20)
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」本日から社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指す。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(1/1)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (Department of Biochemistry, University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares; PSI). (1/3 Published) (1/6up)

630 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:31:05.74 ID:Bs/BMehL0.net
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635開発でマイルストン達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス(1/7)」Sosei Heptares Presentation: Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. (1/8up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)
※JITSUBO:「関西バイオビジネスマッチング2019(2/8)への参加」(事前設定商談) 独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: "In-Maket Sales: Ultibro $515m; Ultibro & Seebri Total $688m, Growth 7.9%; LAMA/LABA Value Share Europe: Ultibro 47%; Potential Key Growth Catalysts: China; Key 2019 Catalysts: QVM149 PV Results and Submission." (1/11up)
※日経メディカル:最新DIピックアップ:「【新薬】ミコナゾール(オラビ)1日1回上顎歯肉に直接付着させる口腔咽頭カンジダ症治療薬」口腔粘膜に長時間付着させることができるため、唾液中ミコナゾール濃度を長時間維持できることから、1日1回投与が可能となった。(1/11)
※Oncogene: "Mechanisms Involved in the Activation of C/EBPα by Small Activating RNA in hepatocellular Carcinoma". This study provides insight into how different HCC lines are affected by CEBPA-saRNAs .(1/14 Published)
・・・

631 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:58:03.65 ID:Bs/BMehL0.net
※American Society of Clinical Oncology (ASCO) Gastrointestinal (GI) Cancers Symposium 2019: MiNA Therapeutics. (1/17-19)
※Pfizer Quarterly Corporate Performance - Fourth Quarter 2018. (1/29)
※Allergan Q4 2018 Earnings Conference Call. (1/29)
※R&D支援センター セミナー:「ペプチド医薬品原薬の製造プロセス開発における注意点」〜合成方法・分析方法・精製方法・スケールアップ…各工程における留意点とは〜 講師:JITSUBO(株) 研究開発部部長 山ア貴史 (1/30 12:30-16:30)
※Novartis Q4 and Full Year Results 2018 and Annual Report 2018 Publication. (1/30)
※大日本住友製薬 2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※第一三共2019年3月期第3四半期決算 (1/31)
※あすか製薬 平成31年3月期第3四半期決算 (2/5)
※富士フイルムホールディングス2019年3月期第3四半期決算 (2/7)
※関西バイオビジネスマッチング2019:売り手企業(事前設定商談) JITSUBO株式会社:「ポスター展示:売り手企業の製品・技術PR」(10:30-17:30)、「売り手企業ショートプレゼンテーション」(11:00-12:40)、「個別商談会」(13:30-17:30)。(2/8)
※Sosei Group 2018年12月期決算発表 (2/12) ※1/10up
※PeptiDream平成31年6月期第2四半期決算発表 (2/13)
※Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 17:30-20:30) (Host: Heptares. Location: Granta Park): "Trends in Electron Cryomicroscopy": Richard Henderson (17:35-16:35 Presenting), Stacey Southall, Sosei Heptares. (18:55 Presenting) ※1/11update
※AstraZeneca Full-Year 2018 Results. (2/14)
・・・

632 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:59:09.02 ID:Bs/BMehL0.net
※SOSEIの成長相場の動向:
2018/_9/14 (終値1802) 売残高_42000 買残高_6658900 ・(9/12安値1650) ※9/18:HTL0018318臨床開発を自主的に中断。
2018/_9/21 (終値1216) 売残高_23100 買残高_7423600 ・(9/21安値1030)※ストップ安比例配分(9/19安値1424, 9/20安値1124)
2018/_9/28 (終値1371) 売残高__1500 買残高_7687000 ・(9/25安値1161)
2018/10/_5 (終値1196) 売残高___100 買残高_7935200 ・(10/_5安値1184)
2018/10/12 (終値1137) 売残高_____0 買残高_7646700 ・(10/11安値1030)※
2018/10/19 (終値1022) 売残高___300 買残高_8251200 ・(10/19安値1021)※
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918) ※11/8:第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)

633 :山師さん@トレード中 :2019/01/15(火) 23:59:32.00 ID:Bs/BMehL0.net
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/_7 (終値_928) 5日線乖離(+10.85%) 25日線乖離(_-0.84%) 75日線乖離(-13.49%) 200日線乖離(-37.32%) (安値_898) ※AZD4635第U相
2019/_1/_8 (終値1078) 5日線乖離(+20.21%) 25日線乖離(+15.13%) 75日線乖離(+1.22%) 200日線乖離(-26.87%) (安値1063) [ストップ高]
2019/_1/_9 (終値1172) 5日線乖離(+21.05%) 25日線乖離(+24.82%) 75日線乖離(+10.87%) 200日線乖離(-20.16%) (安値1123)
2019/_1/10 (終値1157) 5日線乖離(+11.27%) 25日線乖離(+22.88%) 75日線乖離(+10.35%) 200日線乖離(-20.89%) (安値1127)
2019/_1/11 (終値1110) 5日線乖離(_+1.93%) 25日線乖離(+17.86%) 75日線乖離(_+6.84%) 200日線乖離(-23.81%) (安値1092) ・(1/_7安値_898)
2019/_1/15 (終値1167) 5日線乖離(_+2.66%) 25日線乖離(+23.56%) 75日線乖離(+12.70%) 200日線乖離(-19.61%) (安値1093)
2019/_1/16

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

634 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 00:44:29.04 ID:T9WAqFB7r.net
順当なら今年も赤字 導出なんて予定遅延でしょ だからこそヘプタレスりすとら必至 ヘプタレスを切る姿勢見せれば株価上がる

635 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 06:06:08.71 ID:ILk5Sa9t0.net
イギリスEU残留!今日はストップやな!

636 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 06:20:21.17 ID:fk6R1eP30.net
>>634
株価は上がっても会社としては終わる

637 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 09:07:14.14 ID:woAjei3ya.net
バカルさんの社会的地位は終わる(笑)

638 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 09:17:03.27 ID:V1M1aRXu0.net
垂れ乳ババア参上

639 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 09:19:40.94 ID:V1M1aRXu0.net
在庫もあるし、こりゃ空売り天国だわ
生意気

640 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 10:27:56.05 ID:sHeFNqnz0.net
あんぎゃあ

641 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 11:10:59.72 ID:V1M1aRXu0.net
重力には逆らえないブルンブルンの垂れ乳具合だわw

642 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 11:51:03.30 ID:YxP03Xfy0.net
JPモルガン「夢は見れたかい?まだまだ本気じゃないぞ」

643 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 12:07:11.48 ID:UCz08kbLM.net
M1キター

644 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 12:09:10.47 ID:eZtQr4n5r.net
ギター

645 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 12:13:40.67 ID:ltayUxSip.net
今日の値動きは危険だな
安値引け狙いか

646 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 12:15:23.63 ID:4Mp0pnD6a.net
決算日跨ぎは売り方にとっても避けたいと思うけどねー
EU離脱の投票でた時にめっちゃ下がった事思い出した
まあ、英国もバイオ医療は国策だし、どの結果でも推進するんだろうが

647 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 14:38:46.54 ID:V1M1aRXu0.net
垂れ乳エブリデイ^^

648 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 14:40:39.01 ID:WTXbuUVVd.net
S安射程圏内じゃねぇか!

649 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:00:15.31 ID:/A5gTtv90.net
※株探ニュース:本日の【均衡表《雲》上抜け/下抜け】引け 上抜け=50銘柄 下抜け=56銘柄 (1月16日)。(1/16 15:20)
■1月16日の終値が、一目均衡表の【雲】を上抜けした銘柄:2つの先行スパンに挟まれた上値抵抗帯を上抜けた銘柄
・銘柄名:そーせいグループ、株価:1174、前日比:+7 (+0.6%)

※株探ニュース:本日の【均衡表 3役好転/逆転】引け 好転=34 銘柄 逆転=21銘柄 (1月16日)。(1/16 15:20)
■1月16日の終値ベースで、一目均衡表の3役好転した銘柄:強い上昇トレンドに入った可能性が高い銘柄
・銘柄名:そーせいグループ、株価:1174、前日比:+7 (+0.6%)、基準線連続上昇回数:2

650 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:00:43.58 ID:/A5gTtv90.net
※フィスコ:[マザーズ市況]マザーズ指数は3日続伸も、戻り売り圧力を意識。(1/16 16:37) 
本日のマザーズ指数は3日続伸となった。前日のナスダック総合指数が3日ぶりの反発となり、7000pt台を回復したことから、
テクノロジー関連銘柄の多いとされるマザーズ市場は本日も引き続き買い先行でのスタートになった。
警戒されていた英議会下院における欧州連合(EU)離脱案否決に関しては、
想定内と受け止める向きが多く、好決算銘柄や材料株に対する個人投資家の物色は継続した。
一方で、節目の900ptを上回った水準での戻り売り圧力も意識され、買いの勢いは全体には波及しにくかった。
なお、売買代金は概算で1209.06億円。騰落数は、値上がり144銘柄、値下がり119銘柄、変わらず10銘柄となった。

651 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:01:36.94 ID:/A5gTtv90.net
・・・

652 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:01:46.46 ID:/A5gTtv90.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※SOSEIの成長相場の動向:
2018/10/26 (終値_878) 売残高___100 買残高_8272800 ・(10/26安値_844)※
2018/11/_2 (終値_935) 売残高___100 買残高_7943400 ・(10/30安値835)※
2018/11/_9 (終値1135) 売残高134700 買残高_6853700 ・(11/_5安値_918)※11/8:第2四半期決算説明会[11/9ストップ高]
2018/11/16 (終値1039) 売残高_35700 買残高_6988100 ・(11/13安値_987)
2018/11/22 (終値1060) 売残高_35500 買残高_6811900 ・(11/21安値1027)
2018/11/30 (終値1105) 売残高_26100 買残高_6606300 ・(11/26安値1046)
2018/12/_7 (終値_966) 売残高_26100 買残高_6881600 ・(12/_7安値_960)

653 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:02:44.54 ID:/A5gTtv90.net
2018/12/14 (終値_976) 売残高_32300 買残高_7209700 ・(12/13安値_890)
2018/12/21 (終値_810) 売残高_26100 買残高_7061600 ・(12/21安値_798)※
2018/12/28 (終値_799) 売残高______ 買残高________ ・(12/25最安値748)※
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/11 (終値1110) 売残高__9300 買残高_6321800 (+160200)※1/16up ・(1/_7安値_898) ※1/7:AZD4635第U相[1/8ストップ高]
2019/_1/15 (終値1167) 5日線乖離(+2.66%) 25日線乖離(+23.56%) 75日線乖離(+12.70%) 200日線乖離(-19.61%) (安値1093)
2019/_1/16 (終値1174) 5日線乖離(+1.56%) 25日線乖離(+23.70%) 75日線乖離(+13.30%) 200日線乖離(-18.84%) (安値1161)

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

654 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 17:07:24.90 ID:Y53ygXV6M.net
M1キテー

655 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:00:57.94 ID:JK4C2bHu0.net
update:
・・・
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/3 Published)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/6up)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators Sosei Heptares Andrew Dore." (1/9)
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)


656 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:01:14.88 ID:JK4C2bHu0.net
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "Crystal Structure of the Neurokinin 1 Receptor in Complex with the Small Molecule Antagonist: 6HLL, 6HLO, 6HLP". (1/16 Released)
Released: 2019/1/16
・”6HLL: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist CP-99,994”.
・”6HLO: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist Aprepitant”.
・”6HLP: Crystal structure of the Neurokinin 1 receptor in complex with the small molecule antagonist Netupitant”.
(Literature: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists. (Schoppe, J., Ehrenmann, J., Klenk, C., Rucktooa, P., Schutz, M., Dore, A.S., Pluckthun, A.). Nature Communications (2019) 10: 17-17 ")

657 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:01:49.32 ID:JK4C2bHu0.net
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション資料(和文)」。日本語版作成しました。(1/16up)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47777/00.pdf

658 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:03:22.20 ID:wQmdOByed.net
CGRPキテー

659 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:17:40.88 ID:YQlsQABs0.net
もうここはこいつの個人スレだな

660 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:26:30.27 ID:Dm3pk4bjM.net
chiさんのために負け犬が四六時中保守し続けてくれて助かるわ

661 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:28:40.57 ID:uB3dBVrsM.net
>>659
いや最初からそうだしそもそもスレ立ててるのもchiだぞ

662 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 18:29:00.16 ID:rnSbq0Adr.net
こねえ

663 :山師さん@トレード中:2019/01/16(水) 19:59:35.70 ID:1tl6amJv.net
>>657
ようやく出してきたか
英語版と同時進行で作成しとけよなぁ

664 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 20:20:37.63 ID:sA9fC3qV0.net
明日はストップ!

665 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 20:31:25.74 ID:ebPtXYJcr.net
ヘプタレス金食い虫ヘプタレスりすとらしないと株価上がんないよ

666 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 21:06:12.29 ID:04JKAsM8a.net
オッペケは使えねーなーageて書き込めよカス
ただでさえ生きてる意味ねーんだから少しくらい何かの役に立つことしろ

667 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 21:31:39.82 ID:tgI5oBUr0.net
ちなみに
※そーせいCVC:HP( http://www.soseicvc.com/ )更新。(1/15update)
お知らせ:
・2019.01.01 当社社名をそーせいCVC株式会社に変更しました。
・2018.12.17 Sosei RMF1から株式会社JUNTEN BIOへの投資を実行しました。

そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社(以下「そーせいCVC」)

そーせいCVC株式会社(旧そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社、以下「そーせいCVC」)

668 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 21:32:06.09 ID:tgI5oBUr0.net
会社概要:
商号:そーせいコーポレートベンチャーキャピタル株式会社
資本金:10百万円
事業内容:Sosei RMF1投資事業有限責任組合(再生医療ファンド)の運営
代表取締役:Peter Bains
株主構成:そーせいグループ100%(新生企業投資が5%出資予定)
※そーせいCVC は、そーせいグループ株式会社の連結子会社です。

商号:そーせいCVC株式会社
資本金:35百万円
事業内容:Sosei RMF1投資事業有限責任組合(再生医療ファンド)の運営
代表取締役:南 善宏
株主構成:そーせいグループ90%
※そーせいCVC は、そーせいグループ株式会社の連結子会社です。

669 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 21:32:26.25 ID:tgI5oBUr0.net
メンバー:
代表取締役 Peter Bains

代表取締役 南 善宏
製薬会社にて製剤研究・臨床開発・薬事・営業プロダクトマネージャーを経験後、株式会社そーせいに入社。現職にて日本の医薬品開発における薬事業務全般に従事。
薬事経歴が長いことから、これまでSosei RMF1投資事業有限責任組合の運用においては、連絡会議メンバーとして、主に薬事面からの貢献をしている。
・株式会社そーせい 取締役薬事本部長
・元アステラス製薬株式会社 執行役員
・東京大学大学院終了(薬学修士)
・東京大学薬学部卒業

670 :山師さん@トレード中 :2019/01/16(水) 22:00:17.45 ID:tgI5oBUr0.net
※Biochemical Society Transactions: ”Cryo-EM in Drug Discovery”. (1/16up)
・Tom Ceska (UCB), Chun-Wa Chung (GSK), Rob Cooke (Heptares), Chris Phillips (IMED AstraZeneca) and Pamela A. Williams (Astex)
・(Biochemical Society Transactions Jan 15, 2019, BST20180267; DOI: 10.1042/BST20180267)
・Published online January 15, 2019.
Abstract
The impact of structural biology on drug discovery is well documented, and the workhorse technique for the past 30 years or so has been X-ray crystallography.
With the advent of several technological improvements, including direct electron detectors, automation, better microscope vacuums and lenses,
phase plates and improvements in computing power enabled by GPUs, it is now possible to record and analyse images of protein structures containing high-resolution information.
This review, from a pharmaceutical perspective, highlights some of the most relevant and interesting protein structures for the pharmaceutical industry
and shows examples of how ligand-binding sites, membrane proteins, both big and small, pseudo symmetry and complexes are being addressed by this technique.

671 :山師さん@トレード中:2019/01/17(木) 00:17:46.83 ID:09SV4URj/
上市したPL4、安定したロイ収入。
これ以外、約30PL。創薬段階からP3まで、自社開発P1段階は
今期中に6PLに進展。M1, M1DLBが再開すれば、兆円企業になる。

672 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 00:12:30.59 ID:JbPN0VWs0.net
chiさんが纏めてくれるのマジでありがてえ

673 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 02:23:49.93 ID:AJ//BH44d.net
しょ、しょーせい!しょーせい( ´ ▽ ` )ノ

674 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 05:45:35.86 ID:7OinPSoT0.net
Sosei RMF1投資先
※株式会社 JUNTEN BIO:企業紹介:
再生医療分野の新技術を開発する順天堂大学発スタートアップ。
ジーンテクノサイエンスの元会長である河南雅成が代表を務め、2018年6月に設立。主な事業は、免疫抑制剤不要で臓器移植が可能になる技術、免疫寛容誘導技術の開発である。
これまでは、肝臓や腎臓などといった臓器を患者に移植した際、感染症や副作用などを防ぐために臓器提供を受けた患者は一生にわたり免疫抑制剤を服用する必要があった。それにより薬剤費の高額化が課題となっていた。
同社ではそれらの課題を解決する技術を開発しており、これまでの臨床研究では成功例も複数出ているという。
また、同技術は自己免疫疾患、花粉症、食物アレルギーなど免疫系に関わる多くの疾患・症状に対する新たな治療法となることも期待できるという。
かねてより順天堂大学がこれらの免疫寛容誘導技術に関する研究を行なっていたが、事業性の高さから同社の起業に至った。
2018年12月には12億円に及ぶ資金調達を実施。今後は臨床試験を進めていき、2022年までの条件付承認で実用化を目指す。
(資金調達情報:資金調達日 2018.12.17、総資金調達金額 1,200百万円)

675 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 05:46:48.54 ID:7OinPSoT0EQ.net
※ジーンテクノサイエンス:「株式会社JUNTEN BIOにおける学校法人順天堂との共同研究成果の事業化推進についてのお知らせ」(2018/10/26)
当社は、2017年2月27日付で締結した学校法人順天堂との免疫寛容誘導に関する共同研究開発契約に基づき得てきた研究成果の事業化を加速させるべく、
その目的のために設立された株式会社 JUNTEN BIOに、これまでの研究成果を承継することを目的に譲渡契約書を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
地位承継の経緯及び概要:
当社は、順天堂が進めている研究テーマの一つである免疫寛容誘導技術に着目し、自己免疫疾患、移植、花粉症、食物アレルギーなど免疫系に関わる多くの疾患・症状に対する新たな治療法の実用化に向け、
2017年2月27日付で順天堂と共同研究開発契約を締結し、共同で研究開発を行ってまいりました。
今般、これらの研究成果の実用化をより加速させるためには、当該研究開発を専門に行う会社を設けることが最善であるとの判断に至り、同趣旨によって設立されたJUNTEN BIOに対し、
当社はこれまで行ってきた知的財産等の研究成果の地位を同社へ承継することについて合意いたしました。
また、地位承継に係る譲渡物は細胞株等の有形のものを含みますが、当該譲渡物を当社が取得した際は研究開発費として支出しており、現時点で貸借対照表上の固定資産に計上されておりません。
なお、当該譲渡における譲渡価額は地位承継先の要請により非開示とさせて頂きます。
以上の地位承継を経て、今後の研究開発はJUNTEN BIOが引き継いで実施し、早期の事業化に向けて活動してまいります。

676 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 05:47:23.49 ID:7OinPSoT0EQ.net
※みらかホールディングス:「株式会社JUNTEN BIOへの出資及び同社と株式会社エスアールエルの業務提携に関するお知らせ」(2018/12/17)
当社は、本日付けで、株式会社JUNTEN BIOの一部株式(総額1億円にて第三者割当増資の方法)を引受けました。
また、これに先立つ 2018年12月11日付で、当社の連結子会社である株式会社エスアールエルがJUNTEN BIOとの間で業務提携契約を締結しましたので、併せてお知らせいたします。
出資及び業務提携の理由:
JUNTEN BIOが知見を有し主導する臓器移植後の免疫寛容誘導細胞治療技術の事業化に向けた研究事業に関連して、相互の知見及びネットワークその他の有形・無形の経営資源を相互に有効活用することにより、
両者の事業の発展を図るとともに、わが国の免疫関連疾患分野における再生医療等製品の開発を通して医療の発展に貢献することを目的とするものです。
また、かかる業務提携を円滑に推進することを目的として、併せてJUNTEN BIOへの出資を実施いたしました。
業務提携の概要:
・SRLと JUNTEN BIOは、本事業に関連する一部の検査方法について、共同で研究及び開発を行います。
・SRLは、JUNTEN BIOの事業に関連する検体検査業務及び治験支援業務を受託いたします。
・SRLと JUNTEN BIOは、人材の交流を行うとともに、検査以外の関連業務における協業の可能性について検討を進めます。

677 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 05:47:43.96 ID:7OinPSoT0EQ.net
※メディネット:「株式会社JUNTEN BIOと再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約締結のお知らせ」(2018/12/18)
当社はこの度、株式会社JUNTEN BIOとの間で、JUNTEN BIOが学校法人順天堂と共同開発中の臓器移植後の拒絶反応の抑制を目的とした再生医療等製品の製造技術の開発委受託契約を締結いたしましたのでお知らせします。
当社は、これまで蓄積してきた細胞加工技術を用い、本契約下で本製品の製造工程などの開発を行い、JUNTEN BIOによる本製品の開発・製品化の加速に寄与することになります。
現在の臓器移植では、臓器移植を受けた患者自身の体内免疫が、新しく提供された移植臓器を攻撃してしまう拒絶反応を防ぐために、免疫抑制剤を服用することが一般的な治療方法となっています。
一方で免疫抑制剤は、臓器移植を受けた患者自身がもともと有していた免疫を全体的に抑えてしまうため、長期間の服用で細菌やウイルスなどに対する抵抗力が弱くなり、重い感染症などに罹患しやすく
なります。そのため免疫抑制剤の服用は、多くは一生の間、患者の容体に合わせて、きめ細かく投与量を調節しながら、拒絶反応をコントロールしていく必要があります。
今回、順天堂大学大学院医学研究科アトピー疾患研究センターで確立された免疫寛容を誘導する細胞加工技術は、これまで腎移植、肝移植を受けた患者を対象として行われた臨床研究に用いられています。
当該臨床研究では、免疫抑制剤の投与量の低減もしくは服用の必要がなくなるという事例が認められており、臓器移植がより身近な医療につながる日本発の技術として、世界中から注目されております。
当該技術につきましては、この研究成果の事業化を加速させるために設立された JUNTEN BIOが、順天堂と共同研究開発を進めています。

678 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 05:47:57.28 ID:7OinPSoT0EQ.net
・・・

679 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 06:00:36.79 ID:7OinPSoT0.net
次なる飛躍へ。着実な進捗と共に更なる成長の黎明期にて振るい育ちゆく相場。控える材料と共に水準訂正。笑。
成長期。予定されていた業績の急成長と共に更なる成長戦略が進展。順調なR&D・PL等の拡充・拡大の加速。笑。
・・・
※Sosei Heptares:「新年挨拶 代表執行役会長兼CEO 田村眞一」会長兼任の社長に復帰。早急に収益体質の改善を目指します。StaR技術の可能性を最大限に追及してマネタイズ。同時に日常的に他の創薬技術との相乗効果も検討・導入して自社の創薬エンジンを世界のトップレベルに維持。(2019/1/1)
※米国特許(Heptares):CGRP Receptor Antagonists (US Patent 10166226 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Muscarinic Agonists (US Patent 10167272 B2). (1/1公開)
※米国特許(Heptares):Spirocyclic Compounds as Agonists of the Muscarinic M1 Receptor and/or M4 Receptor (US Patent 10167284 B2). (1/1公開)
※Vectura: Pre-Close Trading Update: "Highlights: Ultibro total in-market sales were up 12.2% for the 12 month period to September 2018", CEO Commented: We look forward to 2019 with key news flow, further disclosure on Phase III results from QVM149 for Asthma." (1/3)
※Sosei Heptares_HP:Scientific and Medical Events up: Cambridge New Therapeutics Forum (CamNTF) February Meeting (2/13 18:00-20:00): (Host: Heptares. Location: Granta Park): Richard Henderson, MRC LMB (2/13 18:10), Stacey Southall, Sosei Heptares. (2/13 18:55). (1/3up)
※Greg Osborne (Sosei Heptares): "Congrats to Those Involved Sosei Heptares". (1/3) ※Fiona Marshall: "Congratulations to Andreas and the Rest of the Team for this Achievement which Helps Our Ability to Develop Drugs for Peptide GPCRs." (1/4)
※Sosei Heptares:"Crystal structures of the human Neurokinin 1 Receptor in complex with clinically used antagonists - published in Nature - result of our great collaboration with University of Zurich!" View Sosei Heptares Publications. (1/5)
※Sosei Heptares:掲載論文:Nature Communications : "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists": (University of Zurich; Heptares Zurich; Sosei Heptares). (1/3 Published) (1/6up)

680 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 06:01:02.49 ID:7OinPSoT0.net
※Sosei Heptares:「AstraZenecaの第U相臨床試験開始による提携契約に基づいた15 百万米ドルのマイルストン支払い受領(2019年3月末までに)」次世代がん免疫療法のAZD4635の開発でマイルストンを達成。第T相試験主要データは2019年中の科学会議において発表予定。(1/7)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Novartis: We Maintain Pipeline Depth in Core Therapeutic Areas: Respiratory Pipeline: "QVM149 Asthma, (2019 Submission)", With Potential Blockbuster Launches Planned in the Next 2 Years: "QVM149 Asthma, (Trial Readouts in 2019)". (1/8up)
※Sosei Heptares:「J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス(1/7)」Sosei Heptares Presentation: Next Wave of Novel Candidates Ready to Create Value in 2019. Aggressively Pursuing New Partners for Multiple Discovery and Development Deals. (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「JPモルガン ヘルスケアカンファレンスに参加」CFOのクリスカーギルがプレゼンを行いました。当社のプレゼンでは、当社の強みや戦略に加えて、アストラゼネカからのマイルストン受領を発表致しました。(1/8)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Allergan Presentation: "CNS, Neurodegenerative Disorders: Alzheimers Pipeline: AGN-242626." ; Pharma Pipeline (CNS): "AGN-242626(M4 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease", "AGN-242071(M1 Agonist): Phase 1, Alzheimers Disease". (1/8up)
※Sosei Heptares Official Blog:「AstraZeneca社から、第U相マイルストンを受領」当プログラムは、投資家の皆様からの期待も高く、第U相入りが待ち望まれていました。2019年始に、このニュースをお届けできたことを嬉しく思います。(1/8up)
※米国特許(Heptares):Stable Proteins (US Patent 10174101 B2). (2019/1/8公開)
※J.P. Morgan Healthcare Conference, Biotech Showcase 2019 - The Investor Conference that Drives the Future of Drug Development: Company Presentations, MiNA Therapeutics: (1/8 Presented)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "6IBL: Activated Turkey Beta1 Adrenoceptor with Bound Agonist Formoterol and Nanobody Nb80", Literature: "Molecular basis for high affinity agonist binding in GPCRs" (Warne, T., Edwards, P.C., Dore, A.S., Leslie, A.G.W., Tate, C.G.). (1/9 Released)
※欧州特許(Heptares):Mutant Proteins and Methods for Selecting Them (Inventors: Heptares& MRC LMB) (European Patent EP2247951 B1). (1/9公開)
※Nature Communications: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor with Clinically Used Antagonists from the Pluckthun Lab and Their Collaborators". Sosei Heptares, Andrew Dore. (1/9)
※Sosei Heptares:知識:「Sosei Heptaresにおける創薬の動向とイノベーション」英国薬理学会主催のPharmacology2018(12/18-20)に出席し、二つの発表。[免疫腫瘍学におけるGPCRの研究への取り組み] [ヒスタミンH4受容体における結合アッセイ技術の評価試験] (1/10up)

681 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 06:01:32.45 ID:7OinPSoT0.net
※JITSUBO:「関西バイオビジネスマッチング2019(2/8)への参加」(事前設定商談) 独自技術Molecular Hivingを用いた提案。ペプチド医薬品、化粧品の新規研究の初期段階の研究用サンプル。臨床試験前の設備投資段階の治験薬、プロセス開発。販売後の製造コスト低減の原薬製造プロセス開発。(1/10up)
※University of Zurich (UZH), Media Release: "How Medicines Relieve Side Effects of Chemotherapy." A team of researchers at UZH's Institute of Biochemistry under the direction of Prof. Andreas Pluckthun has now succeeded in solving this puzzle by examining. (1/10)
※CambridgeIndependent: "Sosei Heptares Receives $15m for Cancer Therapy Milestone". AstraZeneca said: “It is increasingly recognised that the adenosine pathway is critical in tumour immunosuppression and AZD4635 complements our portfolio in this area.” (1/10)
※J.P. Morgan Healthcare Conference: Vectura Presentation: "In-Maket Sales: Ultibro $515m; Ultibro & Seebri Total $688m, Growth 7.9%; LAMA/LABA Value Share Europe: Ultibro 47%; Potential Key Growth Catalysts: China; Key 2019 Catalysts: QVM149 PV Results and Submission." (1/11up)
※日経メディカル:最新DIピックアップ:「【新薬】ミコナゾール(オラビ)1日1回上顎歯肉に直接付着させる口腔咽頭カンジダ症治療薬」口腔粘膜に長時間付着させることができるため、唾液中ミコナゾール濃度を長時間維持できることから、1日1回投与が可能となった。(1/11)
※Oncogene: "Mechanisms Involved in the Activation of C/EBPα by Small Activating RNA in hepatocellular Carcinoma". This study provides insight into how different HCC lines are affected by CEBPA-saRNAs. (1/14 Published)
※ClinicalTrials(NCT03381274): Phase 1b/2, Oleclumab(MEDI9447) EGFRm NSCLC Novel Combination Study. (MEDI9447 with Osimertinib or AZD4635, AZD4635 with MEDI9447). Record Verification: January 2019. Research Site Status (Change): Chicago”[Recruiting]”. (1/14update)
※そーせいCVC:HP更新:2019.01.01 当社社名を「そーせいCVC株式会社」に変更。代表取締役 Peter Bains→代表取締役 南善宏:これまでSosei RMF1投資事業有限責任組合の運用においては、連絡会議メンバーとして、主に薬事面からの貢献。(株式会社そーせい 取締役薬事本部長)。(1/15update)
※Biochemical Society Transactions: ”Cryo-EM in Drug Discovery”. (Tom Ceska (UCB), Chun-Wa Chung (GSK), Rob Cooke (Heptares), Chris Phillips (IMED AstraZeneca) and Pamela A. Williams (Astex)). Accessing a Krios Microscope. (1/16 Published)
※RCSB Protein Data Bank (PDB): "Crystal Structure of the Neurokinin 1 Receptor in Complex with the Small Molecule Antagonist: 6HLL, 6HLO, 6HLP". (Literature: "Crystal Structures of the Human Neurokinin 1 Receptor in Complex with Clinically Used Antagonists). (1/16 Released)
※Sosei Heptares:「第37回J.P.モルガン・ヘルスケア・カンファレンス プレゼンテーション資料 (和文)」。日本語版作成しました。https://ssl4.eir-parts.net/doc/4565/announcement/47777/00.pdf (1/16up)
・・・

682 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 06:02:32.73 ID:7OinPSoT0.net
※SOSEIの成長相場の動向:[株式4分割:(2018/6/27)分割比率修正済]
2010/12/30 (終値_338) ・(2010/10/15※最安値_163、2010/12/27最高値_437) ※QVA149第V相開始
2011/12/30 (終値_318) ・(2011/_3/15※最安値_173、2011/_6/30最高値_420) ※ノルレボ承認
2012/12/28 (終値_522) ・(2012/_6/_6※最安値_238、2012/_9/_7最高値_742) ※Seebri欧州・日本承認
2013/12/30 (終値1079) ・(2013/_1/_4※最安値_513、2013/_5/_7最高値1525) ※Ultibro欧州・日本承認
2014/12/30 (終値1093) ・(2014/_4/12※最安値_464、2014/_9/_8最高値1500) ※中長期計画[成長回収期の入口]
2015/12/30 (終値2488) ・(2015/_3/16※最安値_713、2015/12/14最高値2645) ※Heptares[成功の序章]→※米国承認[次なる飛躍へ]
2016/12/30 (終値3363) ・(2016/_1/18※最安値2270、2016/_5/_9最高値6545) ※Allergan[強気相場]→※日々公表解除[強気相場解除]
2017/12/29 (終値2735) ・(2017/_9/_6※最安値2148、2017/_1/_6最高値3645) ※[時間軸調整は順調に推移]→※[振るい場・拾い場へ]
2018/12/28 (終値_799) ・(2018/12/25※最安値_748、2018/_1/25最高値3195) ※PL拡充[再びの拾い場へ]→※SoseiHeptares始動[拾い場]
2019/_1/_4 (終値_864) 売残高_26100 買残高_6161600 (-900000) ・(1/_4安値_780)※[大発会]
2019/_1/11 (終値1110) 売残高__9300 買残高_6321800 (+160200)※1/16up ・(1/_7安値_898) ※1/7:AZD4635第U相[1/8:ストップ高]
2019/_1/15 (終値1167) 5日線乖離(+2.66%) 25日線乖離(+23.56%) 75日線乖離(+12.70%) 200日線乖離(-19.61%) (安値1093)
2019/_1/16 (終値1174) 5日線乖離(+1.56%) 25日線乖離(+23.70%) 75日線乖離(+13.30%) 200日線乖離(-18.84%) (安値1161)
2019/_1/17

Sosei Heptares始動・田村CEO復帰。笑。
更なる成長の黎明期にて、成長戦略も順調・着実な進展で、2019年の次なる展開・進捗が楽しみですね。笑。

683 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 07:06:45.44 ID:wM/U39kgM.net
キテー

684 :山師さん@トレード中:2019/01/17(木) 07:27:26.81 ID:FNk6Ycj8.net
サンタモーニカ〜

685 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 07:30:58.76 ID:7OinPSoT0.net
1/17up:
※BioRxiv: New Results: "Identification of Compounds that Rescue Otic and Myelination Defects in the Zebrafish Adgrg6 (GPR126) Mutant": (University of Sheffield, Sosei Heptares). (1/16 Posted)
Elvira Diamantopoulou 1, Sarah Baxendale 1, Antonio de la Vega de Leon 2, Anzar Asad 1, Celia J. Holdsworth 1, Leila Abbas 1, Valerie J. Gillet 2, Giselle R. Wiggin 3 and Tanya T. Whitfield 1.
1.Bateson Centre and Department of Biomedical Science, Sheffield, 9 S10 2TN, UK.
2.Information School, University of Sheffield, Sheffield, S1 4DP, UK.
3. Sosei Heptares, Steinmetz Building, Granta Park, Cambridge, CB21 6DG, UK.
Abstract:
Adgrg6 (Gpr126) is an adhesion class G protein-coupled receptor with a conserved role in myelination of the peripheral nervous system.
In the zebrafish, mutation of adgrg6 also results in defects in the inner ear: otic tissue fails to down-regulate versican gene expression and morphogenesis is disrupted.
We have designed a whole-animal screen that tests for rescue of both up- and down-regulated gene expression in mutant embryos, together with analysis of weak and strong alleles.
From a screen of 3120 structurally diverse compounds, we have identified 68 that reduce versican b expression in the adgrg6 mutant ear, 41 of which also restore myelin basic protein gene expression in Schwann cells of mutant embryos.
Nineteen compounds unable to rescue a strong adgrg6 allele provide candidates for molecules that interact directly with the Adgrg6 receptor.
Our pipeline provides a powerful approach for identifying compounds that modulate GPCR activity, with potential impact for future drug design.
・BioRxiv First Posted Online Jan. 16, 2019.
https://www.biorxiv.org/content/early/2019/01/16/520056
https://www.biorxiv.org/content/biorxiv/early/2019/01/16/520056.full.pdf

686 :山師さん@トレード中:2019/01/17(木) 08:28:41.02 ID:y1jDhm2b.net
バカルサ〜w

687 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 09:07:25.12 ID:d4cANxCq0.net
ヘプタレスの研究仕訳して選択と集中で不要なのは切り捨てる覚悟を公表せい もう一刻の猶予もなし ジジイ早く決断せい

688 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 09:26:14.00 ID:90XtLWy+0.net
空売りの焦りが見えるね

689 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 09:46:39.46 ID:Bqhcsjajx.net
>>687
クズ中のクズ
チンカスに生えたカビの胞子
朝鮮人

690 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 11:04:02.42 ID:CMeH7RDZr.net
田村ジジイ早く決断せい 赤字決算で下がるの明白 今のうちに株価上げんと下げ余地ないぞ

691 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 11:24:00.41 ID:152DL0LGa.net
頭悪いリストラ論はもういいって

692 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 11:44:33.20 ID:CTSyOvkXp.net
>>687
一番の不要人物だったピーターを切ったじゃん
それだけで博士研究員を30人以上リストラしたようなもの

693 :山師さん@トレード中:2019/01/17(木) 11:50:01.74 ID:y1jDhm2b.net
バカルサの嫌がらせでしょw

694 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 12:07:14.01 ID:odbt5eokM.net
喘息キテー

695 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 12:15:06.82 ID:mOVDrF8nM.net
主力部門をリストラしろって発想がルサリを極めてんね

696 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 12:47:30.71 ID:iQ0Gysi3r.net
どうせ引けは1190以下
週25平均線超えられないのがそーせい

697 :山師さん@トレード中:2019/01/17(木) 13:19:56.93 ID:y1jDhm2b.net
バカルサーwww

698 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 14:53:47.94 ID:vu46cfhGa.net
ルサリもむなしく(笑)

699 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 14:57:26.39 ID:aPQWzMDjd.net
こんだけ連日上髭つけた反動は凄そうだね
年安割ってどこまで下がるか…

700 :山師さん@トレード中 :2019/01/17(木) 15:03:24.61 ID:WIx4byqDM.net
毎日毎日単発ネガコメご苦労様です

総レス数 700
408 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★