2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【箱根駅伝】青学大・原晋監督が反省「4区の難しさ、大切さを」考えるべきだった

1 :砂漠のマスカレード ★:2019/01/03(木) 15:18:43.78 ID:CAP_USER9.net
「箱根駅伝・復路」(3日、神奈川県箱根町芦ノ湖駐車場〜大手町) 5連覇と史上初となる2度目の大学駅伝3冠を目指した青学大は2位だった。
しかし、6区の小野田勇次(4年)が区間新記録をマークするなどし、復路優勝を果たした。
東海大が総合初優勝、往路優勝の東洋大は総合3位だった。原晋監督は「往路が残念」と自身の采配を含めて反省点を挙げた。

トップから5分30秒差の6位から復路はスタートした。6区小野田の区間新をはじめ7区林奎介(4年)、9区吉田圭太(2年)が区間賞を獲得する快走を見せた。
8区の飯田貴之(1年)、アンカー10区の鈴木塁人(3年)はともに区間2位と、5人が全員高水準の結果を残した。

原監督は「地力がないと巻き返せない。力はあった」と復路優勝を果たした教え子達の奮起をたたえた。
その上で「往路が残念。もっと私自身が往路の大切さ、4区の難しさ、大切さを自分自身に圧力をかけて考えるべきだった」と反省した。

原監督は選手の力がきっ抗する中、誰を起用するか「監督の腕の見せ所」として8区、9区と並べて4区を挙げていた。このうち、4区は区間15位と苦戦した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190103-00000068-dal-spo
1/3(木) 15:07配信

https://i.daily.jp/general/2019/01/03/Images/f_11951221.jpg

総レス数 1001
210 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★