2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【野球】<テレビ局は盛り上げに必死>清宮で“客寄せ”感が色濃い 1軍半侍ジャパンでいいのか?自由席(1500円)依然発売中

1 :Egg ★:2019/02/20(水) 20:16:04.73 ID:LKekads89.net
日本野球機構(NPB)は18日、メキシコとの強化試合(京セラドーム大阪、3月9、10日)に出場する野球日本代表「侍ジャパン」のメンバー28人を沖縄・那覇市内で発表。
ところが常連組は不在で、初選出の日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)、ヤクルト・村上宗隆内野手(19)ら、所属球団でもレギュラーどころか1軍当落線上の選手も名を連ねた。
初選出が11人を占め、苦しい裏事情が見え隠れする。(塚沢健太郎)

平均年齢24・2歳、平成生まれ27人という若い顔ぶれ。初選出は11人。東京五輪が来年に迫り、今年11月には前哨戦ともいえるプレミア12が開催される。
五輪本番へ向けてメンバーを絞り込んでいくことになるが、今回はなんとも“微妙”な顔ぶれだ。

稲葉篤紀監督(46)は「プレミアも見据えながら、チームを作り上げることをテーマにしました。本番までに不測の事態、想定外のことが起こる可能性があると考え、
このメキシコ戦は私の選択肢を増やすためにも、まだ見ていない、力のある選手を試す最後のチャンスと考えました」と説明。

「2020年以降のトップチームでの活躍を期待し、経験を積んでほしいと思った選手も呼んでいます」と21年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第5回大会まで見据えた選考であると明言した。
しかし、フレッシュといえば聞こえがいいが、「この顔ぶれで侍ジャパンだといわれても…」というのがファンの率直な思いだろう。目玉の清宮にしても、“客寄せ”感が色濃い。

最年少の清宮について稲葉監督は「まだ1軍に生き残るかどうかという段階ではあると思いますが、19歳という若さで打撃はたけているものある。
まだまだ彼自身には課題がたくさんありますが、一度自分の目で見てみたいという思いで選びました」と正直な思いを口にした。スポーツ・コミュニティー・オフィサーとして日本ハムに籍を置いている稲葉監督だけに、清宮の現状は理解している。

「結果はそんなに意識しないが、内容は意識していきたい。外国人の動くボールに対して、どうアジャストしていけるのか。凡打した後の切り替えはどうなのかとか。対応能力をしっかり見ていきたい」と続けた。
もともと公式戦開幕へ向けた調整の時期に開催される代表戦には、出たがらない選手が多い。昨年11月の日米野球で4番を打った山川穂高内野手(27)は「チームが第一。そこで結果を出してこそのジャパン」と言い切っている

目玉選手が見当たらず、興行を成り立たせるために清宮が引っ張り出された感が否めない。

チケットは1月27日から一般発売されているが、指定A(3500円)から内外野自由席(1500円)まで依然発売中。
10日の試合はさらに売れ行きが悪く、人気のフィールドシート(2万円)も購入することができる。ファンも春の代表戦にベストメンバーが集まらないことは周知で、様子をうかがっているのだろう。

初戦はテレビ朝日系、2戦目はTBS系が地上波中継。この日の発表会見には記者に混じって、昨年限りで引退しTBSの解説者となった元広島・新井貴浩氏(42)の姿もあった。
会見後に稲葉監督と“番宣”の収録があったためで、テレ朝は元ヤクルト監督の古田敦也氏(53)が待機。テレビ局は盛り上げに必死になっている。

清宮は「まだまだ未熟ではありますが、日本代表の一員として日の丸を背負う以上、チームのために全力でプレーします。チームメートには偉大な先輩がいるので、負けないよう、必死で戦います」とコメント。
17日の阪神との練習試合では視察に訪れていた稲葉監督の前で2安打2打点をマークしたが、19歳に過酷な重荷が託されることになった。

夕刊フジ / 2019年2月20日 17時10分
https://news.infoseek.co.jp/article/00fujispo1902200005/?p=2

705 :名無しさん@恐縮です:2019/02/24(日) 18:08:28.77 ID:6HuMPKnl0.net
一方その頃、Jリーグ2部は…。

706 :名無しさん@恐縮です:2019/02/24(日) 18:09:57.80 ID:Z4gQBH710.net
キリンチャレンジカップとかの
親善試合をj2チームクラスで
選出しても完売するんだろうか

総レス数 714
152 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★