2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サッカー】<ドイツ代表>最新メンバー23人発表!引退勧告3人は未招集…3人初招集で世代交代加速

1 :Egg ★:2019/03/15(金) 22:15:05.38 ID:pa5ayc5D9.net
3月20日にセルビア、同24日にオランダと対戦するドイツ代表の最新メンバー23名が15日に発表された。ヨアヒム・レーブ監督は事前に明言していたとおり、DFマッツ・フンメルス、DFジェローム・ボアテング、FWトーマス・ミュラー(いずれもバイエルン・ミュンヘン)を選手せず、新たに3選手を初招集した。

 14年ブラジル・ワールドカップ(W杯)で優勝したドイツだが、18年ロシアW杯ではグループステージ敗退という屈辱を味わった。大会後には敗退のスケープゴートにされたとサッカー連盟の扱いに不満を示した司令塔のMFメスト・エジル(アーセナル)が代表引退を宣言して衝撃を与えたのは記憶に新しい。

 2022年まで契約延長したレーブ監督は代表にさらなる火種をともした。先日、ブラジルW杯優勝メンバーのフンメルス、ボアテング、ミュラーの3選手を今後招集することはないと引退勧告をして波紋を呼んだ。この騒動後、初の代表メンバー発表を迎えたが、言葉通りに3人の名前はリストになかった。

 GKは3人で、最近の不調からバッシングを浴びる守護神GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)は名を連ねた。GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)、GKケビン・トラップ(フランクフルト)と正GK争いが行われる。

 ベテラン2人が去った最終ラインは、20代前半の若いDFルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)、DFニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)が初招集された。

 MFとFWの陣陣は招集外となったミュラーを除けば、ドルトムントの主将MFマルコ・ロイスらお馴染みのメンバーが多く揃うが、そのなかでもブレーメンでブレーク中のMFマクシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)が初招集となった。今やドルトムントの補強リストに入っているとも言われる20歳の新鋭だ。

 昨年デビューした19歳のMFカイ・ハフェルツ(レバークーゼン)も引き続き選出されており、さらなる世代交代の加速を感じさせるメンバー選考となった。

【一覧リスト】セルビア戦&オランダ戦に向けた「ドイツ代表最新メンバー23人」

 新たに発表されたドイツ代表メンバーは以下のとおり(★は初招集)。

GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)
マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ケヴィン・トラップ(フランクフルト)

DF
ティロ・ケーラー(パリ・サンジェルマン)
ルーカス・クロスターマン(RBライプツィヒ)★
マティアス・ギンター(ボルシアMG)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
ニクラス・ズーレ(バイエルン・ミュンヘン)
アントニオ・リュディガー(チェルシー)
ヨナタン・ター(レバークーゼン)
マルセル・ハルシュテンベルク(RBライプツィヒ)
ニクラス・シュタルク(ヘルタ・ベルリン)★

MF&FW
ユリアン・ブラント(レバークーゼン)
レオン・ゴレツカ(バイエルン・ミュンヘン)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
ヨシュア・キミッヒ(バイエルン・ミュンヘン)
レロイ・サネ(マンチェスター・シティ)
カイ・ハフェルツ(レバークーゼン)
マクシミリアン・エッゲシュタイン(ブレーメン)★
トニ・クロース(レアル・マドリー)
ティモ・ヴェルナー (RBライプツィヒ)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)

3/15(金) 22:11配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190315-00176565-soccermzw-socc&p=1

総レス数 178
39 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★