2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【サッカー】<森保監督の責任論に釜本邦茂氏が言及!>屈辱以外のナニモノでもないが、地元ファンの前でW杯未出場国にボコボコ

1 :Egg ★:2019/11/20(水) 12:45:01.35 ID:OPfjINMy9.net
前半8分から33分までの〈25分間〉に相手FWにハットトリックを決められた。屈辱以外のナニモノでもないが、地元ファンの前でW杯未出場国にボコボコにされてしまったのが、森保一監督率いる日本代表である。

 FIFA世界ランク28位の森保ジャパンは19日、南米ベネズエラを迎え撃った。世界ランクは26位と日本よりも上位とはいえ、W杯出場回数は日本の6回に対してベネズエラは0回。南米大陸で1カ国だけW杯出場歴のない〈格下〉だ。

 なのに試合開始と同時に日本選手はミスを連発。ベネズエラにペースを握られ、中国1部大連FWロンドンに先制点を決められると、そのロンドンに30、33分と立て続けにゴールを割られた。

 日本は後半24分、神戸MF山口のシュートで1点を返すのが精いっぱい。それも、ベネズエラDFの右足に当たってシュートの軌道が変わり、相手ゴールに吸い込まれるという締まらないものだった。国際Aマッチでは、実に65年ぶりとなる前半4失点。1―4のスコア以上の歴史的大惨敗を喫してしまった。

「試合後の気持ちを言葉にすれば『まるでどうしようもなかった』です」と力なく話すのは、メキシコ五輪得点王のレジェンド釜本邦茂氏である。

「南米大陸で唯一ベースボールが1番人気だったベネズエラですが、ここ数年来の強化が実を結びつつある。フィジカルにスピード、テクニックにプレッシング、球際の厳しさにカウンター攻撃の精度と鋭さ、局面での展開力にチームの総合力などすべての面で日本を上回っていました。日本は14日のカタールW杯アジア2次予選キルギス戦後にレギュラー格9人がチームを離れ、Jリーグ組の9人がチームに合流したとはいえ、あまりにも〈弱々しい〉チームでした。指揮官、コーチ陣に責任はないのか? 選手選考に間違いはないのか? いろいろな角度から徹底的に論議する必要があります」(釜本氏)

 現地で取材した元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏が言う。

「前線2人、最終ライン4人の経験値の低さが露呈しました。特に左・佐々木、右・室屋の両サイドバックは、レギュラーの右・酒井、左・長友とのレベル差を痛感させられた。佐々木も室屋も攻守のメリハリに欠け、自分のサイドを突破されてはクロスを放り込まれ、失点につながってしまった」

 監督、コーチ、選手を総取っ換えするくらいの荒療治が、日本代表には必要なのかも知れない。

11/20(水) 12:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000027-nkgendai-socc

総レス数 169
34 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★