2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【芸能】嵐・松本潤「創価学会入信へ」 創価信者の井上真央との結婚へ向けて ★3

269 :名無しさん@恐縮です:2019/12/11(水) 17:55:02.39 ID:+eTf+M3V0.net
>>266
被害に遭った側の話になるが、学会から嫌がらせされた人って、公表されてないだけで、相当な人数にのぼってるんだよ
また、自殺した女優の清水由貴子さんも、創価学会からの嫌がらせが原因だった、と言われてるよね
どうも清水さんは学会が一枚噛んでると言われてるやりすぎ防パトの被害に遭っていたようだけど
以下、杉田かおる著『杉田』より引用

わたしよりも少し前に、わたしと仲がよかった、年齢も近い女優のK・Uが、やはり教団をやめていた。
彼女は、やめたらどのような目にあわされるか、だいたい想像がついていたので、そのころ、ハリウッドでの仕事が入っていたこともあり、
日本からなるべく離れて、日本とロサンゼルスを往復する生活をしていた。
ロスにいたある日、仕事の関係者に自宅へ招待されたので、仕事の話に決まっているだろうと疑いもしないで、出かけていった。
ところが、そこで待ちうけていたのは、教団の海外支部の人たちだった。
気がついたときはときすでに遅く、軟禁状態にされて、半日以上も、「なんで教団をやめたんだ」「戻ってこい」と説得されて、
ひどく怖かったと教えてくれた。わたしは同じめにはあいたくないと思った。
また、とくに有名人でもなんでもなくて、ふつうの人々も退会によって、意地悪をされていた。
狭い地域で、地域ぐるみで入会していたような場合は、地域社会から完全に仲間はずれにされる人もいたほどだ。

あの緊迫した空気は、いくら説明してもわかってはもらえないかもしれない。
おおげさでも被害妄想でもなくて、死という言葉が頭をかすめるようなところまで自分を追い込んでしまうのだ。
実際に、教団の周辺でわたし以外にもそんなめにあっている人たちを、わたしは知っている。
(中略)
わたしの場合は、それまでに失敗だらけだった。だから、その自分自身を反面教師にして、失敗を回避できるように、頭を使うことにしたのだ。
黒幕氏と訣別したあと、わたしはテレビの仕事を増やした。番組の内容を問わず、依頼があったものはすべて引き受けた。
それは自分なりに身を守る方法だった。テレビに姿をさらすということは、人目につくということだ。
人目についているということは、身を守る最上の方法だと思う。誰かが抹殺しようとしても、そう簡単に手は出せないはずだ。

「裏切り者のおまえは、魔だ。地獄に落ちるぞ」とも、心ない信者から脅された。
「地獄に落ちるぞ」という脅しは、最高指導者のスピーチにもよく出てきた。「地獄」といえば、いかにも仏教の世界のようであるが、
真の仏教者は、地獄をそんな脅しには決して使わないと思う。
最高指導者が「地獄に落ちるぞ」というのは、やくざの世界なら組長が、「足抜けできないぞ」と脅すようなものだろうか。
(※投稿者注:引用中の「最高指導者」とは、創価学会の最高指導者、つまり池田大作のことである)

総レス数 681
239 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★