2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ゴルフ】渋野日向子が全米女子プロ初日に4オーバー93位タイと出遅れて逆転五輪切符どころか予選落ち危機…「すべてにおいて残念」 [首都圏の虎★]

1 :首都圏の虎 ★:2021/06/25(金) 12:15:57.08 ID:CAP_USER9.net
米女子ゴルフツアーの今季メジャー第3戦、KPMG全米女子プロ選手権が日本時間25日未明に米ジョージア州のアトランタ・アスレチック・クラブ(6740ヤード、パー72)で開幕。渋野日向子(22・サントリー)は1バーディー、5ボギーの4オーバー93位タイと大きく出遅れ、逆転での東京五輪代表入りどころか予選落ちの危機に直面した。
5バーディー、ノーボギーの「67」で回ったリゼット・サラス(31・アメリカ)が単独首位で発進。メジャー第2戦の全米女子オープンを制した笹生優花(20・ICTSI)は1オーバーの39位タイ、プレーオフの末に笹生に敗れた畑岡奈紗(22・アビームコンサルティング)は3オーバーの75位タイでそれぞれ初日を終えた。

バーディーはひとつだけ
 流れを変えるきっかけすらつかめなかった。奪ったバーディーはインスタートだった前半の12番(パー5・482ヤード)のひとつだけに終わり、逆に前半で3つ、アウトの後半にも2つのボギーを叩いた初日を、渋野は自虐的に振り返るしかなかった。
「もうどうにもならなかったというか、本当にショットがすごく曲がって、フェアウェイキープ率もすごく悪かった。すべてにおいて残念だったなという感じです」
 ティショット、セカンドショット、アプローチ、そしてパッティングのすべてがなかなか噛み合わない。もがき苦しんだ渋野の初日を象徴していたのが、後半の5番(パー5・502ヤード)と6番(パー4・376ヤード)の2ホールだった。
 18ホール中で最も優しい5番では、もちろんバーディーを狙いにいった。ティショットでフェアウェイをしっかりキープし、計算通りのレイアップから放った3打目でオンさせたものの、約5mのバーディーパットはカップのわずか右をかすめてしまった。
 最も難易度が高い6番ではティショットを狭いフェアウェイのど真ん中に放つも、セカンドショットはピンの奥約20mにオン。強気で打ってきたはずのバーディートライはショートし、2m以上の距離を残したパーパットも右に外してしまう。
初日で唯一となる3パットを叩いた瞬間に、渋野はパターの先端で左足のつま先を軽く叩いている。気持ちの割り切りを今大会のテーマに掲げてきた渋野も、さすがに「かなり悔しいところではありました」と5つ目のボギーを嘆いている。
「パッティングではスライスラインを右へ外す場面が多かったし、グリーンがよく止まる状態だったとはいえ、それでも縦の距離が合わないショットも多かった。風の影響もそうですけど、それ以前の問題でもあると思うので、明日はしっかりと修正したい」

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/4266d80aadad8bb988f7f7d8769a3354816d792d
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210625-00010002-wordleafs-000-3-view.jpg

296 :名無しさん@恐縮です:2021/06/28(月) 12:52:25.94 ID:vMjaemDp0.net
もう引退して金持ち親父相手に夜のインストラクターでもしたら?w

総レス数 296
45 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★