2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

機動戦士Ζガンダムが当時業界最高峰の作画音楽ロボットデザインクオリティだったにも関わらずパッとしなかったのか問題について

301 :名無し募集中。。。@\(^o^)/:2016/10/23(日) 08:52:52.59 0.net
>>1
お前はその後のゼータ再評価の流れの中で観た非リアルタイム世代じゃないのか?
放送当時は全く評価されてなかったよ

全く感情移入できない主人公
シャアとアムロが不甲斐なく全然カッコよくない
観ていてストレスが溜まるだけのストーリー全体を覆うピリピリした緊張感
三勢力どれが味方でどれが敵なのかわかりづらいビジュアルデザインやストーリー構成
前番組「重戦機エルガイム」の影響をもろ受けたMSのデザイン
安彦良和がキャラクターデザインのみで全く似てないもろビーボォー絵の作画
ライフル撃ちながら右から左手前から奥へビュンビュン飛んでいくだけ接近したらサーベルで斬りつけるだけの退屈なMS戦
番組途中で続編の制作が発表
きっちり決着つくわけでもなく最後まで観ても全くカタルシスがなく主人公がアホになって終了

しかしその後の世界状況の変化の中で

現実社会でのいわゆるキレる子供と言われる人物の出現
領土や経済が原因の戦争から民族や宗教を原因としたイデオロギー戦争への変化
第二次世界大戦の国家同士の戦争から小規模な集団による局地戦やテロへの移行

といった要因があったのに加えて他にも

ガンダム以外のロボットアニメがほぼ作られなくなりガンダムの中に今までのあらゆるロボットアニメのデザイン要素が全て集約されていった事
その後のアニメ全体の質の低下
レンタルビデオやDVD-BOXの登場で再放送以外で過去の作品を振り返れるよう手段が出来るようになった

といった流れがあって

Zガンダムって実は未来を予見してた作品じゃない?とかキレる子供の出現でカミーユの心理を代弁する人が現れたりとかモビルスーツかっこよくね?という声が出て来たのであって
当時はガンダムの続編としては商業的には成功したのかもしれないが作品としては全くの失敗作という評価でほぼ一致してた

総レス数 527
96 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★