2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お腹痛い

1 :名無し募集中。。。:2019/09/19(木) 15:52:19.48 0.net
神様ごめんなさい
もう暴飲暴食はいたしません

2 :名無し募集中。。。:2019/09/19(木) 16:00:04.91 0.net
>>23
 女子テニス「東レ・パンパシフィック・オープン」3日目が18日、大阪市ITC靱TCで行われ、第1シードで世界ランク4位の大坂なおみ(21=日清食品)が
シングルス2回戦で181位のビクトリア・トモバ(24=ブルガリア)と対戦。7―5、6―3で初戦突破し、準々決勝進出を決めた。
次戦はバルバラ・フリンク(22=ロシア)とユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)の勝者と対戦する。  第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許すと、第3ゲームもブレークされる苦しい展開に。
だが、第4ゲームでブレークを返し、第8ゲームで再ブレーク。ファーストサーブの成功率が低く苦戦するも、要所ではショットを決めて第9ゲームをキープし逆転。第12ゲームでブレークに成功し第1セットを先取した。
第2セットも第1ゲームでブレークされたが、第4ゲームでブレークバック。その後、第8ゲームでブレーク。第9ゲームをキープして第2セットを奪い、予選を勝ち上がった初対戦のトモバを退けた。
今大会の開催地・大阪は、3歳まで過ごした場所。16日には大阪市内で行われた表彰式に出席し、大阪市から「市長特別表彰」を、大阪府から「感動大阪大賞」を贈られた。
大会前には3月からコーチだったジャーメーン・ジェンキンス氏との契約解消を発表。自身が「生まれ育った特別な場所」と語る大阪で新たなスタートを切った。
女子テニスの大坂なおみ選手の元コーチが、「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んだ」として、大坂選手らを訴えていた問題で、アメリカ・フロリダ州の
裁判所が9月13日(現地時間)、元コーチのクリストフ・ジーン氏の訴えを棄却した。現地の専門メディアによると、デイビッド・A・ヘイムズ裁判官は
「未成年者との契約には法的拘束力がなく、当時未成年だった大坂なおみ選手と姉のまり選手は、契約を否定している」として、ジーン氏の主張する契約には強制力がないと認定した。
同メディアに掲載されている判決文によると、「フロリダ州では、未成年との金銭契約には法的拘束力が発生せず、契約の有効性を確認したい場合は、
承認のために裁判所に契約書を提出する必要がある」と指摘。契約書の提出もなく、ジーン氏の主張する契約の条件も曖昧だとした。
大坂選手側の弁護人は「私たちはこの決定に満足しています」と声明を発表しているという。
ジーン氏は今年3月、大坂選手の父親が当時のコーチ料を支払うことができなかったため、姉妹の獲得賞金の20%を「永久に受け取る」契約を結んだと主張。父親と大坂選手姉妹を提訴していた。
 女子テニスの世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が15日、初優勝を目指す東レパンパシフィックオープン(16日開幕、ITC靱テニスセンター)へ向け、試合会場で会見した。
第1シードの大坂は18、19日に実施予定の2回戦から登場する。対戦相手は予選を勝ち上がった選手による1回戦の勝者になる。
36回目を迎える「東レパンパシ」は今回大阪で初開催。16年、18年と同大会2度準優勝の大坂は出身地で初優勝を狙う。「私が小さい頃を過ごした特別な場所。
ここでプレーしたんだな振り返ることができるし、大きな国際大会に出られることをうれしく思います」と奮闘を誓った。
大坂が出身地・大阪で試合を行うのは14年10月のジャパン女子オープン以来、約5年ぶり。連覇を狙った8月の全米オープンでは4回戦で敗退し、
約8カ月間、1位に君臨していた世界ランキングも4位に後退した。幼少期に父、姉と練習を重ねた原点である靱テニスセンターから今大会で巻き返しの一歩を踏み出す。
大坂は12日に自身のツイッターで、ジャーメイン・ジェンキンス氏とのコーチ契約解消を発表。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはいい時間を過ごせた。
ただ、私はここで少し変化が必要だと思った。しばらくは父がコーチという立場で、ゆっくりと時間をかけて新しいコーチを選びたい」と説明した。
今年1月に全豪オープンを制し、昨年の全米に続き四大大会連覇を達成した後に当時のサーシャ・バインコーチと契約を解消。ジェンキンスコーチとの新体制
を発足させたが、ツアー優勝なしと苦戦が続き、今年2度目のコーチ解任となった。今回は父のフランソワ氏が代役を務める最初の大会となる。
女子シングルスで連覇を狙う第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は3回戦で、主催者推薦で初出場した15歳の新鋭、コリ・ガウフ(米国)=世界ランキング140位=と対戦。6―3、6―0のストレートで下し、4回戦に駒を進めた。
それでも第8ゲームで再びブレーク。第9ゲームは0―30から4連続ポイントでキープし、このセットを6―3で奪った。
試合後のコートでのインタビューは大坂とガウフの2人で行う異例の対応。ガウフをインタビューに誘った大坂は「まずガウフのチームと家族に敬意を表します。

3 :名無し募集中。。。:2019/09/19(木) 16:01:10.82 0.net
>>23
 女子テニス「東レ・パンパシフィック・オープン」3日目が18日、大阪市ITC靱TCで行われ、第1シードで世界ランク4位の大坂なおみ(21=日清食品)が
シングルス2回戦で181位のビクトリア・トモバ(24=ブルガリア)と対戦。7―5、6―3で初戦突破し、準々決勝進出を決めた。
次戦はバルバラ・フリンク(22=ロシア)とユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)の勝者と対戦する。  第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許すと、第3ゲームもブレークされる苦しい展開に。
だが、第4ゲームでブレークを返し、第8ゲームで再ブレーク。ファーストサーブの成功率が低く苦戦するも、要所ではショットを決めて第9ゲームをキープし逆転。第12ゲームでブレークに成功し第1セットを先取した。
第2セットも第1ゲームでブレークされたが、第4ゲームでブレークバック。その後、第8ゲームでブレーク。第9ゲームをキープして第2セットを奪い、予選を勝ち上がった初対戦のトモバを退けた。
今大会の開催地・大阪は、3歳まで過ごした場所。16日には大阪市内で行われた表彰式に出席し、大阪市から「市長特別表彰」を、大阪府から「感動大阪大賞」を贈られた。
大会前には3月からコーチだったジャーメーン・ジェンキンス氏との契約解消を発表。自身が「生まれ育った特別な場所」と語る大阪で新たなスタートを切った。
女子テニスの大坂なおみ選手の元コーチが、「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んだ」として、大坂選手らを訴えていた問題で、アメリカ・フロリダ州の
裁判所が9月13日(現地時間)、元コーチのクリストフ・ジーン氏の訴えを棄却した。現地の専門メディアによると、デイビッド・A・ヘイムズ裁判官は
「未成年者との契約には法的拘束力がなく、当時未成年だった大坂なおみ選手と姉のまり選手は、契約を否定している」として、ジーン氏の主張する契約には強制力がないと認定した。
同メディアに掲載されている判決文によると、「フロリダ州では、未成年との金銭契約には法的拘束力が発生せず、契約の有効性を確認したい場合は、
承認のために裁判所に契約書を提出する必要がある」と指摘。契約書の提出もなく、ジーン氏の主張する契約の条件も曖昧だとした。
大坂選手側の弁護人は「私たちはこの決定に満足しています」と声明を発表しているという。
ジーン氏は今年3月、大坂選手の父親が当時のコーチ料を支払うことができなかったため、姉妹の獲得賞金の20%を「永久に受け取る」契約を結んだと主張。父親と大坂選手姉妹を提訴していた。
 女子テニスの世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が15日、初優勝を目指す東レパンパシフィックオープン(16日開幕、ITC靱テニスセンター)へ向け、試合会場で会見した。
第1シードの大坂は18、19日に実施予定の2回戦から登場する。対戦相手は予選を勝ち上がった選手による1回戦の勝者になる。
36回目を迎える「東レパンパシ」は今回大阪で初開催。16年、18年と同大会2度準優勝の大坂は出身地で初優勝を狙う。「私が小さい頃を過ごした特別な場所。
ここでプレーしたんだな振り返ることができるし、大きな国際大会に出られることをうれしく思います」と奮闘を誓った。
大坂が出身地・大阪で試合を行うのは14年10月のジャパン女子オープン以来、約5年ぶり。連覇を狙った8月の全米オープンでは4回戦で敗退し、
約8カ月間、1位に君臨していた世界ランキングも4位に後退した。幼少期に父、姉と練習を重ねた原点である靱テニスセンターから今大会で巻き返しの一歩を踏み出す。
大坂は12日に自身のツイッターで、ジャーメイン・ジェンキンス氏とのコーチ契約解消を発表。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはいい時間を過ごせた。
ただ、私はここで少し変化が必要だと思った。しばらくは父がコーチという立場で、ゆっくりと時間をかけて新しいコーチを選びたい」と説明した。
12日に自身のツイッターで、ジャーメイン・ジェンキンス氏とのコーチ契約解消を発表。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはいい時間を過ごせた。
を発足させたが、ツアー優勝なしと苦戦が続き、今年2度目のコーチ解任となった。今回は父のフランソワ氏が代役を務める最初の大会となる。
女子シングルスで連覇を狙う第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は3回戦で、主催者推薦で初出場した15歳の新鋭、コリ・ガウフ(米国)=世界ランキング140位=と対戦。6―3、6―0のストレートで下し、4回戦に駒を進めた。
それでも第8ゲームで再びブレーク。第9ゲームは0―30から4連続ポイントでキープし、このセットを6―3で奪った。
試合後のコートでのインタビューは大坂とガウフの2人で行う異例の対応。ガウフをインタビューに誘った大坂は「まずガウフのチームと家族に敬意を表します。

4 :名無し募集中。。。:2019/09/19(木) 16:02:09.70 0.net
>>23
 女子テニス「東レ・パンパシフィック・オープン」3日目が18日、大阪市ITC靱TCで行われ、第1シードで世界ランク4位の大坂なおみ(21=日清食品)が
シングルス2回戦で181位のビクトリア・トモバ(24=ブルガリア)と対戦。7―5、6―3で初戦突破し、準々決勝進出を決めた。
次戦はバルバラ・フリンク(22=ロシア)とユリア・プティンツェワ(24=カザフスタン)の勝者と対戦する。  第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許すと、第3ゲームもブレークされる苦しい展開に。
だが、第4ゲームでブレークを返し、第8ゲームで再ブレーク。ファーストサーブの成功率が低く苦戦するも、要所ではショットを決めて第9ゲームをキープし逆転。第12ゲームでブレークに成功し第1セットを先取した。
第2セットも第1ゲームでブレークされたが、第4ゲームでブレークバック。その後、第8ゲームでブレーク。第9ゲームをキープして第2セットを奪い、予選を勝ち上がった初対戦のトモバを退けた。
今大会の開催地・大阪は、3歳まで過ごした場所。16日には大阪市内で行われた表彰式に出席し、大阪市から「市長特別表彰」を、大阪府から「感動大阪大賞」を贈られた。
大会前には3月からコーチだったジャーメーン・ジェンキンス氏との契約解消を発表。自身が「生まれ育った特別な場所」と語る大阪で新たなスタートを切った。
女子テニスの大坂なおみ選手の元コーチが、「賞金の20%を永久に受け取る契約を結んだ」として、大坂選手らを訴えていた問題で、アメリカ・フロリダ州の
裁判所が9月13日(現地時間)、元コーチのクリストフ・ジーン氏の訴えを棄却した。現地の専門メディアによると、デイビッド・A・ヘイムズ裁判官は
「未成年者との契約には法的拘束力がなく、当時未成年だった大坂なおみ選手と姉のまり選手は、契約を否定している」として、ジーン氏の主張する契約には強制力がないと認定した。
同メディアに掲載されている判決文によると、「フロリダ州では、未成年との金銭契約には法的拘束力が発生せず、契約の有効性を確認したい場合は、
承認のために裁判所に契約書を提出する必要がある」と指摘。契約書の提出もなく、ジーン氏の主張する契約の条件も曖昧だとした。
大坂選手側の弁護人は「私たちはこの決定に満足しています」と声明を発表しているという。
ジーン氏は今年3月、大坂選手の父親が当時のコーチ料を支払うことができなかったため、姉妹の獲得賞金の20%を「永久に受け取る」契約を結んだと主張。父親と大坂選手姉妹を提訴していた。
 女子テニスの世界ランキング4位の大坂なおみ(21)=日清食品=が15日、初優勝を目指す東レパンパシフィックオープン(16日開幕、ITC靱テニスセンター)へ向け、試合会場で会見した。
第1シードの大坂は18、19日に実施予定の2回戦から登場する。対戦相手は予選を勝ち上がった選手による1回戦の勝者になる。
36回目を迎える「東レパンパシ」は今回大阪で初開催。16年、18年と同大会2度準優勝の大坂は出身地で初優勝を狙う。「私が小さい頃を過ごした特別な場所。
ここでプレーしたんだな振り返ることができるし、大きな国際大会に出られることをうれしく思います」と奮闘を誓った。
大坂が出身地・大阪で試合を行うのは14年10月のジャパン女子オープン以来、約5年ぶり。連覇を狙った8月の全米オープンでは4回戦で敗退し、
約8カ月間、1位に君臨していた世界ランキングも4位に後退した。幼少期に父、姉と練習を重ねた原点である靱テニスセンターから今大会で巻き返しの一歩を踏み出す。
大坂は12日に自身のツイッターで、ジャーメイン・ジェンキンス氏とのコーチ契約解消を発表。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはいい時間を過ごせた。
ただ、私はここで少し変化が必要だと思った。しばらくは父がコーチという立場で、ゆっくりと時間をかけて新しいコーチを選びたい」と説明した。
連覇を狙た12日に自身のツイッターで、ジャーメイン・ジェンキンス氏とのコーチ契約解消を発表。「ジェイ(ジェンキンス氏)とはいい時間を過ごせた。
を発足させたが、ツアー優勝なしと苦戦が続き、今年2度目のコーチ解任となった。今回は父のフランソワ氏が代役を務める最初の大会となる。
女子シングルスで連覇を狙う第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は3回戦で、主催者推薦で初出場した15歳の新鋭、コリ・ガウフ(米国)=世界ランキング140位=と対戦。6―3、6―0のストレートで下し、4回戦に駒を進めた。
それでも第8ゲームで再びブレーク。第9ゲームは0―30から4連続ポイントでキープし、このセットを6―3で奪った。
試合後のコートでのインタビューは大坂とガウフの2人で行う異例の対応。ガウフをインタビューに誘った大坂は「まずガウフのチームと家族に敬意を表します。

総レス数 4
13 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★