2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

剛力彩芽 武井咲 新木優子 沢尻エリカ 酒井法子 桜井日奈子 どっちが好き?

27 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:45:51.48 0.net
>>25
だからソース出せよwっうぇ

28 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:46:10.19 0.net
桜井日奈子ちゃん!!!!!!!!

29 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:46:27.08 0.net
女優の新木優子(25)は、16年公開の映画『僕らのごはんは明日で待ってる』で共演した中島裕翔(25)とのキスシーンについて語っていた。

同作のトークイベントでは、新木に「キスシーンで心がけたことは?」という質問が。新木は「プライベート含め初めてだったので真っ白な状態だった」とコメントしている。

30 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:46:41.56 0.net
>>27
うぇって何?
信者は脳に障害があるの?

31 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:46:43.86 0.net
>>29
映画で初キスしたんだ
新木優子てガチで処女やん

32 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:46:54.89 0.net
新木論争はよそでやれよ
ここでやるなハゲ

33 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:47:05.59 0.net
>>30
はいソースを出せずw

粘着アンチ敗北w

34 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:47:31.71 0.net
ここまで読んだ


新木優子が処女でレズビアンという ソースしか出てない

35 :fusianasan:2019/11/23(土) 17:47:33.24 0.net
桜井日奈子しか

36 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:47:57.97 0.net
>>33
障害者は話しかけて来ないでね

新木優子の処女とレズは作り話っと

37 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:48:14.45 0.net
うーん、迷うけど桜井日奈子やな

38 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:48:15.05 0.net
桜井は7年後に天下取るよ

39 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:48:43.78 0.net
のりピーこそ真のクソビッチ
故に酒井一択なのである

40 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:48:44.00 0.net
桜井日奈子以外選択肢ないんですけど

41 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:48:51.20 0.net
>>36
だからそう思うならソースを出せよw

このキチガイ粘着アンチってソースは全く出さないよねw

42 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:49:10.07 0.net
>>41
まさにこれなwwwwww

新木優子が処女でレズビアンというソースしか出てない

43 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:49:11.11 0.net
ノリピーは昔可愛かった

44 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:49:22.26 0.net
>>29
映画で初キスしたんだ
新木優子てガチで処女やん

45 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:49:37.15 0.net
俺は八年後に桜井日奈子が天下とるとふんでる

46 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:50:27.56 0.net
日奈子一択

47 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:50:43.74 0.net
新木ジャニーズ優子

48 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:00.22 0.net
>>47
処女でレズの新木優子は、ジャニーズ事務所から『ジャニと交際しない女優』認定を貰っているわなw

>新木優子がジャニーズ事務所から好かれるワケ

「一番求められるのはスキャンダルとは無縁であること、それとジャニーズと噂にならない、交際をしない女優であることです。また、CMの本数が多いのも人気のバロメーターになります」
「ジャニーズ事務所からの共演オファーが続々出ています。」(芸能関係者)

49 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:03.36 0.net
これは桜井日奈子

50 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:21.61 0.net
桜井日奈子
でもアヌスはオリジナルの方がいいわ
バカ姫の方がいい

51 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:22.44 0.net
>>48
ジャニーズ事務所から交際しない 保証されるって凄くない??

52 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:26.70 0.net
どっちってなんだよ

53 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:32.90 0.net
桜井幸子

54 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:37.27 0.net
>>51
そう

新木優子が処女でレズビアンということが業界全体に広まってるんだよね

55 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:51:52.08 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

56 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:13.51 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

57 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:14.91 0.net
桜井日奈子でしょ

58 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:14.60 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

59 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:26.52 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

60 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:27.76 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

61 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:29.14 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

62 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:39.57 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

63 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:40.89 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

64 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:47.00 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

65 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:52:56.26 0.net
>>48
もうわかったから止めてくれ
処女確定なんだろ?理解したから去って

66 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:53:07.07 0.net
沢尻とのりピーと酒池肉林したいわ

67 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:53:10.85 0.net
迷うけどやっぱ桜井かな
スケールの大きさを感じる女優さん

68 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:53:24.77 0.net
新木優子がジャニーズと仲良しなのがよほど都合が悪いらしい
だから信者が必死に自演してる

69 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:53:56.64 0.net
>>68
お前にも言ってるんだぞ

ジャニーズと仲良しと思うならそのソースを出さなきゃ

70 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:54:34.17 0.net
>>69
まさにwwww
新木優子がノースキャンダルで処女だから、 粘着アンチはソースを出せないんだよw

71 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:54:49.64 0.net
>>70
なるほど

72 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:54:52.04 0.net
信者一人で自演してるのが丸わかり
このスレが処女やレズが作り話という十分な根拠となる

73 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:55:01.79 0.net
>>68
君も専用のスレ立ててそこで頼むよ
ここではスレ違い

74 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:55:59.29 0.net
せめてスレ潰しはやめろ
もう他人のスレ荒らすなよ

75 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:55:59.55 0.net
>>72
お前にも言ってるんだぞ

否定したいならソースを出さなきゃ

76 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:56:07.52 0.net
信者敗走したね

77 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:56:17.49 0.net
>>75
まさにwwww
新木優子がノースキャンダルで処女だから、 粘着アンチはソースを出せないんだよw

78 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:56:27.74 0.net
桜井日奈子だろ

79 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:56:31.11 0.net
>>77
そういうことね

80 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:56:46.85 0.net
>>29
映画で初キスしたんだ

新木優子てガチで処女やん

81 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:13.30 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

82 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:24.64 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

83 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:26.31 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

84 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:32.56 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

85 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:33.85 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

86 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:40.08 0.net
信者は嘘を百回言えば真実になると思ってそう

87 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:40.58 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

88 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:57:41.80 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

89 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:58:04.01 0.net
ここまで圧倒的に桜井日奈子多いな
桜井日奈子は国民的女優になれる器だと思う

90 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:58:05.76 0.net
前々からレズの噂や記事は沢山あるね

レズ女優の新木優子、谷まりあと『親密な仲』 徒歩1分の近所に引っ越していた

東京都内、9月のある夜──長身のスレンダー美女がタクシーから降りてきた。両手にたくさんの買い物袋をぶら下げていたのは、モデルや女優として活躍中の新木優子(25)だ。
そして、同じように紙袋を持ってタクシーから降りたのは、ハーフタレントとして人気の谷まりあ(24)。
この2人、大の仲良しだという。実は2人はご近所同士。最近になって、新木が谷の近くに引っ越してきたというのだ。

「新木さんはずっと実家に住んでいたんですけど、『引っ越すなら、まりあの近くがいい』と、彼女の家の近くに引っ越したそうです。
お互いの自宅は1分もかからないくらいの距離。互いの家をよく行き来しているようです」(谷の知人)

 新木のインスタグラムを見ると、もっとも頻繁に登場している友人のひとりが谷だ。
2月には〈二人ともすっぴんで、、ゆったりな時間を過ごして、、癒やされました〉と、すっぴんツーショットを公開。
4月にはインドネシア・バリ島へ“女子旅”。おそろいのワンピース姿や、夕日が沈む海辺でのツーショットなどを投稿している。
とても忙しい彼女たちが頻繁に遊ぶ余裕はあるのかと思ったら、引っ越ししてまで“2人の時間”を作っていたというわけだ。

https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/araki_yuko.jpg
https://www.news-postseven.com/wp-content/uploads/2019/10/tani_maria1.jpg

91 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:58:20.01 0.net
>>90
こうして見ると新木優子が処女でレズビアンといソースしか出てないね

92 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:58:44.51 0.net
>>91
そう

逆に粘着アンチは嘘を百回言えば真実になると思ってそうw

93 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:58:49.29 0.net
>>89
9年後が楽しみだよな

94 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:07.07 0.net
>>92
無駄な努力だねそれw

まずソースを出さなきゃねw

95 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:28.87 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

96 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:30.18 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

97 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:31.66 0.net
信者が一人で会話してるぞー

98 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:31.41 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

99 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:37.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

100 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:39.20 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

101 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:44.96 0.net
エリカ様

102 :fusianasan:2019/11/23(土) 17:59:47.70 0.net
桜井日奈子最近綺麗になったし演技力も本当に上手くなった
マジで天下とるかも

103 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:50.40 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

104 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:51.71 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

105 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:52.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

106 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 17:59:58.85 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

107 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:00.12 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

108 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:15.81 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

109 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:17.70 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

110 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:19.41 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

111 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:24.23 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

112 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:25.78 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

113 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:27.57 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

114 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:33.00 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

115 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:35.02 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

116 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:00:36.74 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

117 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:09.47 0.net
同性から見ても桜井日奈子ってほんとカワイイておもう(*^^*)

118 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:13.60 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

119 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:15.30 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

120 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:16.62 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

121 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:22.87 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

122 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:24.01 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する。

123 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:01:59.17 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

124 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:12.75 0.net
桜井日奈子やなー

125 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:26.03 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

126 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:27.33 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

127 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:28.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

128 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:35.07 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

129 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:36.91 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

130 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:43.43 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

131 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:44.59 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

132 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:51.19 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

133 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:52.47 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

134 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:02:58.66 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

135 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:00.16 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

136 :過労プロジェクト:2019/11/23(土) 18:03:23.13 0.net
日奈子ちゃんでしょ、どう考えても

137 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:23.80 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

138 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:25.07 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

139 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:31.66 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

140 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:32.73 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

141 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:39.39 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

142 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:47.21 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

143 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:48.64 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

144 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:03:50.00 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

145 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:00.90 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

146 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:03.62 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

147 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:05.48 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

148 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:11.86 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

149 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:13.13 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

150 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:20.29 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

151 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:21.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

152 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:42.98 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

153 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:44.33 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

154 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:05:45.62 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するあ

155 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:06:04.86 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

156 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:06:06.65 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

157 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:11.24 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

158 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:13.13 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

159 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:14.53 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

160 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:20.63 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

161 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:22.02 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

162 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:28.72 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

163 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:30.73 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

164 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:45.52 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

165 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:46.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

166 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:10:48.95 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

167 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:11:37.03 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

168 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:11:38.57 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

169 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:11:40.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

170 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:11:47.19 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

171 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:11:49.03 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する新

172 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:04.96 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

173 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:06.31 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

174 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:07.56 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

175 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:13.94 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

176 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:15.11 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

177 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:22.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

178 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:24.07 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

179 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:31.54 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

180 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:32.74 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

181 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:39.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

182 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:40.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

183 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:54.97 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

184 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:12:56.23 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

185 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:04.21 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

186 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:06.20 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

187 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:12.55 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

188 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:14.43 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

189 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:22.50 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

190 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:23.73 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

191 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:30.64 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

192 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:32.37 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

193 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:38.66 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

194 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:39.96 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

195 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:13:55.06 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

196 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:14:04.89 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

197 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:14:06.17 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

198 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:14:13.06 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

199 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:14:14.43 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するア

200 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:05.82 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

201 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:25.22 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

202 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:27.12 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

203 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:28.40 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

204 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:35.59 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

205 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:36.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

206 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:43.56 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

207 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:44.88 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

208 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:51.05 0.net
のりぴ

209 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:53.24 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

210 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:16:54.50 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

211 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:00.80 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

212 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:02.16 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

213 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:08.70 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

214 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:10.20 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

215 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:25.50 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

216 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:26.82 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

217 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:28.07 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

218 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:34.73 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

219 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:36.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

220 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:44.50 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

221 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:46.20 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

222 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:52.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

223 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:17:53.99 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

224 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:00.42 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

225 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:02.29 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

226 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:08.66 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

227 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:10.18 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

228 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:11.51 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催するA

229 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:24.15 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

230 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:25.97 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

231 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:27.40 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

232 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:33.79 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

233 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:18:35.17 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

234 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:28.46 0.net
新木オタは傍若無人過ぎる
戦いたいなら他でやれ

235 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:34.08 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

236 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:35.74 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

237 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:37.55 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

238 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:43.75 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

239 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:45.09 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

240 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:53.71 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

241 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:19:55.03 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

242 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:01.24 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

243 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:02.47 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

244 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:08.44 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

245 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:09.58 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

246 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:16.11 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

247 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:17.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

248 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:24.31 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

249 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:34.02 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する朝

250 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:53.05 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

251 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:54.69 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

252 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:20:55.97 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

253 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:01.89 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

254 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:03.65 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

255 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:11.23 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

256 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:12.85 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

257 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:19.02 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

258 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:20.27 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

259 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:26.38 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

260 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:28.22 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

261 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:34.63 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

262 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:21:35.90 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

263 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:05.78 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

264 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:07.19 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

265 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:08.38 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(血氏jに控え、こbフ日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

266 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:14.60 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

267 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:15.71 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

268 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:22.17 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

269 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:24.11 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

270 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:30.19 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

271 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:31.76 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する相

272 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:39.52 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

273 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:41.06 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

274 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:42.38 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

275 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:48.75 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

276 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:22:50.85 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

277 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:06.63 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

278 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:07.92 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

279 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:09.70 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

280 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:16.01 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

281 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:17.80 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

282 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:24.13 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

283 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:25.40 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

284 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:30.44 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

285 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:32.09 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

286 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:33.50 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

287 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:50.95 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

288 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:23:52.83 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

289 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:07.37 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

290 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:09.55 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

291 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:11.39 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する青

292 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:37.01 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

293 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:38.39 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

294 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:44.67 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

295 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:46.57 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

296 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:53.27 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

297 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:24:54.85 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

298 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:25:11.07 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

299 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:25:12.88 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

300 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:25:14.21 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄り添った歌詞とクールな歌唱・ダンス>>999が重なった、Juice=Juice らしいカッコ良さを前面に打ち出したパフォーマンスで観客を魅了する。
MCではここまで連日続いたリリースイベントを振り>>999返りつつ、宮崎由加が「最後にここ池袋でイベントをできた事がすごく良かったなと思っています。
いつもかなり緊張する>>999場所でもあるんですけど、このシングルでもたくさんの方に会えたことが本当に嬉しかったです」とコメント。会場全体から彼女の言葉に応える歓声がわいた。
さらに Juice=Juice は会場を巻き込んだ手拍子から大音量のコールに乗って『Fiesta! Fiesta!』>>999に突入。『カラダだけが大人になったんじゃない』
『裸の裸の裸の KISS」』とライブでも人気のナンバーを惜しみなく披露し、完成度の高いダンスとその合間に漏れる笑顔に熱量の>>999高さをにじませ、汗だくになって会場を一つにまとめ上げた。
ここで、宮崎由加から告知として、宮崎卒業後のJuice=Juice新体制に関する発表が6月12日(水)のYouTube 番組「ハロ!ステ」にて行われることが伝えられた。
ラストはニューシングルより『25歳永遠説』で締めくくり。メンバー全員が宮崎を囲んでのパフォーマンスと共に、爽やかで明るいミディアムナンバーが会場の隅々まで届けられた。
Juice=Juice は6月17日(月) に日本武道館にて、宮崎由加の卒業ライブを開催する圧

301 :名無し募集中。。。:2019/11/23(土) 18:25:19.55 0.net
ハロー!プロジェクトのアイドルグループ「モーニング娘。’19」の石田亜佑美(22)の「ひなフェス 2019 プレミアム」終演直後インタビュー“解禁”第3回は、道重さゆみ(29)と新垣里沙(30)について。
石田にとって道重は「モーニング娘。’14」時代のリーダー、新垣はモー娘に加入した時のリーダーと、どちらも忘れられない存在。石田がそれぞれのリーダーを通して見た「モーニング娘。」とは。
 ――ひなフェスでは“道重降臨”もあった。
 石田:私たちの中でも(道重が在籍時代最後の)「モーニング娘。’14」は特別な感情があるんですよ。あの「家族」みたいな感じ。「みんなで道重さんを送り出そう」という感じですね。
これまでは道重さんと現役メンバー全員が一緒になることはあったんですが、今回は(’14時代に在籍していた)9期、10期、ラストはニュ11期と道重さんが一瞬、輪になる瞬間があって。
リハで何回もやっているんですが、本番の時も、泣きそうになっちゃいました。
 ――’14時代には、ニューヨーク公演も石田:そうなんですよ〜。まさにあの時の感情がよみがえってきたというか…。
あの一瞬で、そんなに振り返ることができる’14ってすごいなって思っちゃいました。あ、こうやってお話ししている今でも泣けてきちゃうかも…。
これが「モーニング娘。」の楽しいところだなって思いますね。――積み重ねてきた歴史がある
石田:あの’14という年号があるからこそ、振り返ることもあるし、本当にすごいな〜と思います。
――新垣さんもパフォーマンスした
石田:新垣さんは3人(新垣、道重、鞘師)でMCされてた時の、見守る姿勢、保護者に徹していたところが面白くて。新垣さんは私たち10期が加入した時。
 ――ステージ上でのあおりも「オラオラ系」でかっこよかった
 石田:あれぞ、まさに新垣さんなんですよ。そんな新垣さんとステージ上でパフォーマンスしたのが後輩たち。それがなんか、刺激というのかな、
私たちから見ると「(しっかりと)やってんじゃん」という感じ。ちょっと「燃える」ものがあるというか、かっこよくできるじゃんって。
「新垣さんwith後輩」じゃなくて、しっかりパフォーマンスできていたのがうれしかったです。緊張している様子もなかったし、できてるじゃんと。
 ――一方、後輩たちは石田さんたちのパフォーマンスをどう見た
 石田:あとで聞いたら「音楽が聞こえないぐらいの悲鳴で、すごく盛り上がってました!」と。あとは「私たちもステージ横で泣いてました」と(笑い)。ハロメンがほとんど泣いていたらしいです。うふふふふ…
Juice=Juice がニューシングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』の発売を記念し、
【関連写真】完成度の高いダンスで魅了 リリースイベントであ999踊るJuice=Juice
リーダーである宮崎由加の卒業を6月17日(月)に控え、この日は現体制Juice=Juice では最後のリリースイベント。
会場にはメンバーたちの姿を目に焼き付けようと多くのファンが殺到し、この回だけで約2000人のあ999動員となった。
大きな声援に迎えられて噴水広場ステージに登場した Juice=Juice は、ニューシングルより『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?』を披露。
恋する女の子の強がりに寄