2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

北条時宗ってもっと評価されるべきだよな蒙古襲来で日本守ったのに

1 :名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/05/16(火) 16:26:07.21 ID:uEqNa2DB0.net ?PLT(12000)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170515-00000076-minkei-l24

伊勢神宮で適度な風と雨を祈る風の祭典「風日祈祭」 飛鳥時代より古い「神御衣祭」 /三重

 神風を起こし日本を救ったとされる風の神様、伊勢神宮内宮(ないくう)の「風日祈宮(かざひのみのみや)」と外宮(げくう)の「風宮(かぜのみや)」を中心とする伊勢神宮全125社で5月14日、
五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する「風日祈祭(かぜひのみさい)」が執り行われた。(伊勢志摩経済新聞)

「適度な風が吹き、適度な雨が降るように、雨風の災害なく農作物が順調に成長するように」と祈願する同祭は、雨風を凌(しの)ぐ「蓑(みの)」と「笠(かさ)」を神様に奉納する。毎年5月14日と8月4日に同祭を斎行している。

 風の神として知られる同宮の祭神は、イザナギとイザナミの間に生まれた級長津彦命(しなつひこのみこと)と級長戸辺命(しなとべのみこと)。鎌倉時代、蒙古襲来・元寇(1274年文永の役、1281年弘安の役)の時に2度の神風を吹かせ国難を救ったとされる。
その功績から1293(正応6)年に末社格の「神社」から「別宮」に昇格した。

 同日12時、天照大神(あまてらすおおみかみ)に「和妙(にぎたえ)」(絹)と「荒妙(あらたえ)」(麻)と、針と糸を奉納する祭典「神御衣祭(かんみそさい)」が「正宮(しょうぐう)」と「荒祭宮(あらまつりのみや)」で執り行われた。

 同祭は飛鳥時代よりも古く、神宮司庁広報担当の音羽悟さんは「伊勢神宮で最も重要な祭典『神嘗祭(かんなめさい)』と同じくらい古いのでは」と話す。

 和妙と荒妙は5月1日から13日までの期間に「神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)」(松阪市大垣内町)と「神麻続機殿神社(かんおみはたどのじんじゃ)」(同井口中町)で織子たちによってそれぞれ織られた。

総レス数 260
73 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★