2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮人、慰安婦では稼げなくなったので女子勤労挺身隊を問題にしだす。

1 :名無しさん@涙目です。:2018/04/15(日) 05:28:21.92 ID:TaRz6/bZ0●.net ?2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
(朝鮮日報日本語版) 女子勤労挺身隊員の姿を描いた漫画を出版
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00001709-chosun-kr

植民地時代に日本の軍需工場へ強制動員された「勤労挺身隊」の女性の物語を描いた漫画が出版された。

 「勤労挺身隊のおばあさんと一緒の市民の会」(以下「市民の会」、共同代表:イ・グクオン、イ・サンガプ)は、1944年に三菱重工業名古屋航空機製作所に動員されたヤン・グムドクさん(90)とキム・ソンジュさん(90)の実話を漫画化した『二人の少女の春』を、3・1節99周年に合わせて出版した。同会が3月2日に明らかにした。

 光州広域市の後援で出版された同書は全66ページ。女子勤労挺身隊員の少女「トク」と、同じく「スンナム」の二人が主人公だ。
トクは、羅州の大正国民学校(現在の羅州小学校)6年生だった1944年、日本人の校長と憲兵によって軍需工場に動員されたヤン・グムドクさんがモデルになっている。
一方、作中スンナムとして描写されるのは、順天の南国民学校(現在の順天・南小学校)を卒業した直後、6年生のときの担任教師の勧めで動員されたキム・ソンジュさん。

 漫画では、幼い二人の少女が名古屋への動員で直面した軍需工場での過酷な強制労働や、飢え、差別、大地震の経験、指のけが、夜ごとに見舞われた空襲などの生活、そして解放後に故国へ戻った後、周囲の人々の誤解によるつらい人生を描いた。

 また長い歳月が流れた後、これまで経験した苦痛は自分たちの過ちではなかったことを悟って、遅まきながら世間に姿を現して真実を叫ぶ姿や、現在も進んでいる訴訟、そしてこうした事実を子どもたちに堂々と証言するトクおばあさんの活動などを収めた。

 作品のタイトルにある「春」は、勤労挺身隊として動員され人生が一変した変化の時期と、遅まきながら自分の失われた人生を取り戻し、希望を芽吹かせている現在の時間を意味している。

 同作は光州・全南漫画家協会所属のコン・ソンスルさんが描いた。女子勤労挺身隊の歴史をきちんと伝えたいという使命感からヤン・グムドクさんを集中的に取材するなど、情熱的に作業に臨んだ−と「市民の会」側は伝えた。

 「市民の会」は3月13日に出版記念会を開き、同作を公共図書館や小・中・高校、地域児童センターなどに配布する計画だ。

98 :名無しさん@涙目です。:2018/04/17(火) 17:13:01.94 ID:kk/QzpVr.net
■ 日本が朝鮮半島を併合してやる前

http://imgur.com/SWWywM0.jpg

・上段………江戸時代の、朝鮮半島の首都ソウル と 日本の江戸
・中段………併合直前の、ソウルと東京
・下段………併合直前の、朝鮮半島の支配階級( 両班 ) と 日本の庶民


■ 日本が国家予算の3割を30年間も投下した結果

http://imgur.com/1NYNSxZ.jpg

総レス数 98
26 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★