2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【脚なんて飾り禁止】父が空き缶で作った義足をつけるシリアの少女

1 :名無しさん@涙目です。:2018/07/01(日) 20:28:30.63 ID:nJydlKjL0●.net ?2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000025-jij_afp-int

【AFP=時事】先天性四肢切断のため、生まれつき下肢がないマヤ・メルヒ(Maya Merhi)さん(8)はこれまで、プラスチック製の管材と空き缶でつくられた義足でシリア国内の避難民キャンプを渡り歩いていた。

【関連写真】イスタンブールの病院に到着したメルヒさん親子

 しかしAFPがシリアで撮影したものを含むマヤさんの姿を捉えた写真が世界で反響を呼び、トルコ・イスタンブール(Istanbul)の病院で治療を受けられることになった。マヤさんの人生は変わろうとしている。

 イスタンブールの病院でマヤさんの主治医を務める義肢の専門家メフメト・ゼキ・チュルジュ(Mehmet Zeki Culcu)医師は「マヤさんは歩けるようになる」と語った。「神のおぼしめしがあれば3か月以内に」

 マヤさんは元々シリアのアレッポ(Aleppo)県南部の田舎で暮らしていたが、7年にわたるシリア内戦でトルコに来る直前まで北西部イドリブ(Idlib)県の避難民キャンプで父親と共に暮らしていた。

 マヤさんの義足は父親のモハマド(Mohammad Merhi)さん(34)が作ったものだった。モハマドさんもマヤさん同様、先天性四肢切断のために生まれつき下肢がない。モハマドさんにはマヤさんの他に5人の子どもがいるが、先天性四肢切断はマヤさんだけだという。

 マヤさんが避難民キャンプ周辺を苦労して歩く写真は世界中に大きなインパクトを与えた。これを受けてトルコ赤新月社(Turkish Red Crescent)が介入に乗り出した。2人はトルコ当局によってシリアからイスタンブールに移送され、専門病院で治療を受けることになった。

 父親と同様、マヤさんは歩くよりはった方が速く移動することができた。しかし最近受けた下肢を短くする手術によってはって移動することが困難になった。


https://c.ndtvimg.com/maya-merhi_625x300_1530320341816.jpg
https://static.independent.co.uk/s3fs-public/thumbnails/image/2018/06/30/15/syrian-girl.jpg

117 :名無しさん@涙目です。:2018/07/04(水) 18:34:40.21 ID:UtDZZbaO0.net
遺伝する事わかってて子供作ったの?

総レス数 117
18 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★