2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大日本帝国は強かった

580 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:22:52.35 ID:3AmE4eDo0.net
>>578
モーデルは部下を助けて自決した
日本軍指揮官は降伏を認めず徹底抗戦を命じてから自決した

お前ならどっちがいい?

581 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:23:27.26 ID:QkrB6cmi0.net
>>570
やる意味があったか知らんが独立国タイを通過してマレーシアを攻略すれば可能だったかも知れん
https://i.imgur.com/E2BNHNS.jpg

大陸打通作戦は、日中戦争中の1944年(昭和19年)4月17日から12月10日にかけて、
日本陸軍により中国大陸で行われた作戦。

日本陸軍の目的は、当時日本海軍の艦船や台湾を攻撃していた爆撃機を阻止するために、

中国内陸部の連合国軍の航空基地を占領することと、

日本の勢力下にあるフランス領インドシナ(ベトナム)への陸路を開くことであった。

日本側の投入総兵力50万人、800台の戦車と7万の騎馬を動員した作戦距離2400kmに及ぶ大規模な攻勢作戦で、

日本陸軍が建軍以来行った中で史上最大規模の作戦であった。

582 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:26:16.20 ID:3AmE4eDo0.net
>>570
泰緬鉄道工事で連合軍捕虜と徴用した現地民を酷使して万単位で死人を出したよね

583 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:31:41.00 ID:8aooUWFl0.net
>>580
モーデルなんて東部戦線で兵士消耗しまくってんのにそこだけ取り上げても。日本軍にも根本博とかいるけど

584 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:36:04.95 ID:3AmE4eDo0.net
>>583
部下を助けて自決したわけじゃないやん
包囲され勝ち目がないのに徹底抗戦を命じられ、良心に従い命令に背き部下を救い
自身は責任をとって自決

そういうケースは日本軍にはない

585 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:38:45.37 ID:8aooUWFl0.net
>>584
根本博も停戦命令に背いてたけど
ソ連侵攻で民間人を救った人はそれなりにいる

ドイツ軍の良心と言えるのはヒトラー暗殺計画に参加したやつだけ。その中にさえ当初はヒトラーに加担してたからな

586 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:40:49.29 ID:3AmE4eDo0.net
>>585
逆だってのw
包囲され絶望的状況下において
玉砕命令に背き
組織的降伏したケースは日本軍にはない

こういう話をしてる

587 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:45:00.00 ID:8aooUWFl0.net
>>586
ドイツ軍の組織的降伏はほとんどソ連に強制労働されるのを防ぐためだけの保身。堂々とソ連軍に捕虜になればいい。敗戦濃厚になると西側なの逃げ出した

588 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:48:54.02 ID:3AmE4eDo0.net
>>587
スターリングラードでもパウルスは元帥にまで無理やり昇進させられて徹底抗戦を命じられたけど良心に従い降伏したよ
もっともスターリングラードの捕虜に関してはほとんど死んだけどね

でも部下を救うために命令に背き降伏を決断したのは事実

日本軍にはこういうケースはない

589 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 13:55:42.39 ID:5aZyraNs0.net
>>574
>>560
https://i.ytimg.com/vi/YZBDV1nZ5QE/maxresdefault.jpg

590 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 14:01:13.13 ID:5aZyraNs0.net
http://www.anft.net/f-14/f14-photo-vf111-08xl.jpg

591 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 14:05:08.54 ID:BQX8qWZx0.net
そもそも当時の日本軍に降伏規程とかあったんか?
将校は降伏という手段を知っていたのか?
もしかしたら教えられていないとんでもない土人集団だったんじゃないのか?

592 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 14:10:19.68 ID:3AmE4eDo0.net
>>591
1941年1月 陸軍大臣訓令(陸訓一号)にて捕虜になる事を禁止されてた
そのために捕虜教育が不十分で、敵捕虜の扱いが悪くなったり逆に捕虜になったとにの情報漏えいを招いた

593 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 15:19:42.63 ID:5aZyraNs0.net
「自走砲 欠陥」で検索するなよ絶対に

594 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 15:58:24.85 ID:OLP6Ytr80.net
合理的判断が必要な戦争で精神論は邪魔でしかない

595 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 16:12:35.54 ID:fWRc4q5/0.net
日本軍はバリバリの合理的な火力主義の軍隊だぜ
中国軍に圧勝できたのは大砲のおかげ
でもアメリカ軍相手だとその火力が逆立ちしても敵の10分の1とか100分の1なので

596 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:03:55.20 ID:8aooUWFl0.net
>>588
パウルスとかあんなボロボロになるまで戦って良心もクソもないわ。死んだ方がマシ。

597 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:21:58.13 ID:NwbGQ57a0.net
厳寒のスターリングラードで包囲されるなんて
想像するだけで恐ろしい
おれがドイツ軍の司令官だったら、そうなる前に全軍撤退させてバックれるわ
(ソ連軍の捕虜だけにはなりなくねえし、ドイツに帰国するわけにもいかんだろうから、南米あたりに姿を隠す)

598 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:23:49.55 ID:XlyAtjhV0.net
家族人質にして常時督戦隊やってるようなもんだしな

599 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:35:44.07 ID:wv+wKKaF0.net
>>539
ぱーかwww自分のノータリンを加減を死ぬまで悔いろ。

600 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:38:35.37 ID:9TCt6fHc0.net
町内会相撲で無敵を誇っていたら全盛期の千代の富士にケンカ売ってしまった感じ

601 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 17:40:46.23 ID:A/M7x9Ek0.net
>>585
根元博は硫黄島守備隊の栗林忠道や
中野学校の藤原岩一と同じ
レジェンドクラスだな

 1945年8月15日、日本はポツダム宣言を受け入れて、連合国に降伏した。

そのとき、根本博は駐蒙軍司令官。

降伏後は、北支那方面軍司令官を兼務する立場にあった。
降伏はしたものの、根本は日ソ中立条約を一方的に破棄し、宣戦布告したソ連軍の非道ぶりを、よく承知していた。

司令官として、数万にのぼる麾下(きか)の将兵と在留邦人の命を、彼らの暴虐から守る責任がある。

その使命感一つで、根本は武装解除命令を拒否し、なだれ込んでくるソ連を相手に、徹底抗戦を展開する。根本は、その責任を一身に引き受ける覚悟を、決めていた。
 
根本の果断のおかげで、大多数の日本人居留民が無事に祖国への帰還を、果たすことができた。

その陰にはまた、戦後の天皇制維持を容認し、日本人の帰還を助けた
蒋介石の理解と、尽力があった。
 
その後、根本は、このときの恩情を忘れず、のちの国共内戦で蒋介石が危機に陥ったとき、

彼を支援するために台湾へ密航し国府軍側軍事顧問となった。

602 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 18:13:35.53 ID:3AmE4eDo0.net
>>596
それでも降伏時には10万弱の将兵がいた
少なくともパウルスは彼らを助けようとはしたんだよ
玉砕の方がマシだったというのは後知恵に過ぎない

603 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 18:14:24.97 ID:3AmE4eDo0.net
>>601
栗林中将は任務に忠実だったとはいえ
守備隊をほぼ全滅させてる

604 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 18:33:15.04 ID:zQjtXRvH0.net
>>588
https://www.youtube.com/watch?v=IwtRERjyY6s

605 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:17:52.29 ID:5aZyraNs0.net
零戦だけは復元機みたいだが
https://www.youtube.com/watch?v=DvUAmBuYHug

606 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:29:42.60 ID:QkrB6cmi0.net
>>603
あの状況じゃ仕方ないだろ
少しでも優勢な米軍の侵攻を送らせなければならない

軍人・軍属を除く民間人全員の疎開が7月後半までに完了してただけマシ

607 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:36:28.76 ID:5aZyraNs0.net
https://www.youtube.com/watch?v=9LsmV5VT2GY

608 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:38:21.74 ID:3DAeZHU30.net
>>577
普通はそう考えるよな。
資源無くなる前に開戦なんてのは勝てる事が前提で負けると分かってたなら選択肢に入らないはず。

609 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:50:02.40 ID:CrP4LyoS0.net
無条件降伏しろ
その後奴隷なみたいな事言われたからでわ

610 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:51:48.69 ID:3AmE4eDo0.net
>>606
ドイツ軍の将官なら大本営の命令を拒否して部下を助けるために降伏するだろね
もちろん十分に戦った後にね
その上で自身は責任をとって自決するとか将校だけバンザイ突撃するとか
ケジメの付け方はいくらでもある

611 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:51:55.87 ID:wMKZ4STQ0.net
>>608
当時は座して死ぬか、前に倒れて死ぬか?の二つしか選択肢が無かった。

612 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:52:37.47 ID:3AmE4eDo0.net
>>609
少なくともイタリアは無条件降伏してるので言い訳できんよ

613 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:52:57.90 ID:3AmE4eDo0.net
>>611
ない
それは誤り

614 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:55:21.96 ID:O0ni6n2z0.net
>>592
なんつーか、相当なバカタレだな。
WW2を総括できた日本人は馬渕睦夫だけだ
https://youtu.be/nIQpvmu_Mt0

馬渕睦夫のyoutubeに反論できることがあったら言ってみろ。アホ団塊左翼

615 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:56:12.79 ID:CrP4LyoS0.net
>>612
だからどれを嫌がったんだろ

616 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 19:58:49.52 ID:wMKZ4STQ0.net
>>612
イタリアは白人国家。

617 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 20:03:14.98 ID:3DAeZHU30.net
この手のスレはキチガイ庭の隔離病棟になっちゃうな
くそスレの有効利用かもしれないが。

618 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 20:08:21.25 ID:OySsYbXh0.net
>>610がそう思うんならそうなんだろう >>610の中ではな

619 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 20:12:01.96 ID:O0ni6n2z0.net
>>617
近未来予測の出来ない歴史分析はウソだってことだ。歴史屋の怠慢

620 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 20:12:30.88 ID:5aZyraNs0.net
日本と韓国は戦争をしたことはありません
よってこの二国間には「戦争犯罪」も「戦争被害」も存在しません

621 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 20:47:39.47 ID:5aZyraNs0.net
何度も書くが
昭和天皇は日支事変の拡大にも三国同盟にも対米戦争にも反対していた

622 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:07:23.10 ID:fCgE+LiW0.net
>>178
頭をマグカップに!?

623 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:10:21.05 ID:g1I7xsT50.net
>>603
当時の米軍は基本的に日本人の捕虜はとらない。よほど英語ができて協力的でなければその場で殺されるのが当たり前。太平洋の島々で海兵隊が何をやってきたか少しは調べてみな。
そして、硫黄島と沖縄の善戦が米国に本土侵攻を躊躇させた。結果的に数千万人の日本人の命を救っている。

624 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:11:18.47 ID:6/CM8KWN0.net
>>551
お前がどう思うが、一つだけ間違いなくいえるのは、悪魔ルーズが1945年4月に地獄に堕ちなければ、日本の犠牲者はあんなもんではすまなかっただろう。
お前はそれを悔しいと思うかもしれんけどw

625 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:12:55.68 ID:iz0pEtOw0.net
満州を放棄する勇気があったら、日本は今頃どうなっていたであろうか。

626 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:13:54.80 ID:6/CM8KWN0.net
>>625
絶対に無理。
そんな政治的決断ができる政治体制なら、間違いなく太平洋戦争は回避できた。

627 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:15:45.09 ID:qEatBztX0.net
>>103
併合した意味全くないもんなぁ
投資した金は回収出来ない
親日でもなく反日
慰安婦だの日本の悪口外交でじゃまする
日本のものをパクる

628 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:23:31.19 ID:5aZyraNs0.net
>>626
逆じゃないかな
太平洋戦争を回避するためには満蒙放棄レベルの譲歩が必要だった

629 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:23:32.23 ID:g1I7xsT50.net
>>625
満州っていうより三国同盟なんだよね。
それまではアメリカも満州は黙認してたし蒋介石にもそこまで肩入れしてなかった。
蒋介石の最大のスポンサーで対日戦を煽ってたのは実はアメリカじゃなくてドイツ。しかもノモンハンでソ連と激戦になってる最中に独ソ不可侵条約なんてやられて思いっきりハシゴを外されてたんだから同盟締結もその後の義理立ても愚の骨頂としか言いようがない。

630 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:24:05.79 ID:7VgSKJzi0.net
>>591
まず陸軍・海軍刑法に辱職罪というのがあって
司令官がその職務を全うせずに部隊ごと投降することを禁止しており
原則では理由があったとしても6か月の禁固刑〜最も重罪だと死刑
ただ捕虜の扱いを決めたハーグ陸戦条約に日米は批准していて
下士官以上なら内容を習っており
日露戦争までは敵の捕虜になって帰ってきた兵士に罰則はなかった
それが中国では捕らえた敵は拷問で処刑し死体を晒して
侮辱することが常識だったので関わった日本軍の部隊は
捕虜や投降を拒絶して自決する思考になってしまった

631 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:24:49.02 ID:G9YkCSu50.net
>>623
それ逆なんだよ
緒戦で日本が優勢なときにバターンで大量に捕虜を死なせてしまって連合軍側に怨みを買ったこと
日本軍側も組織的な降伏をせず無駄な抵抗を続けるので憎悪を募らせたこと
これらの要因が大きい

日露戦争のときのように戦争法規を遵守して捕虜を人道的に扱い、降伏すべきときには白旗を上げて堂々と降伏するようなルールを逸脱しない戦争をしてれば凄惨な戦争の様相は避けられた

632 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:26:33.98 ID:G9YkCSu50.net
>>630
第二次大戦中の日本軍の捕虜の扱いは酷かったからね
外地の捕虜収容所では27%も死んでる
過酷と言われたシベリア抑留ですら10%なのに

633 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:28:10.04 ID:GJOKwT3I0.net
「国を焦土にしても満州国の権益を譲らない」と昭和7年に衆議院で発言し、その言葉通り実行した
内田康哉という史上最低の外務大臣

634 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:30:17.97 ID:c0mM8uYs0.net
>>633
愚者の極みだな

635 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:34:36.57 ID:xhMPisGj0.net
>>631
でもそれって、日本の輸送船を片っ端から撃沈して兵糧攻め食らわした連合国側の責任だよな

しかも民間輸送船まで徹底的に沈めるという完全なジュネーブ条約違反行ってやがるし

636 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:39:01.48 ID:G9YkCSu50.net
>>635
無制限潜水艦作戦は同盟国であるナチスがすでにやってたし
日本も開戦直後にからサンフランシスコ沖で輸送船を撃沈してる
まずは日本が優勢だった緒戦でどうだったかを考えてくれ
都市爆撃だって日独が先にやってるんだよ

637 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:39:17.35 ID:g1I7xsT50.net
>>631
もしかしてバターンで無意味に捕虜を虐殺したとか思ってる?
あれは日本軍将兵が徒歩行軍がスタンダードだから捕虜にも同じ待遇にせざるを得なかった。
それを相手側の戦意高揚(敵意醸成)プロパガンダに利用された。
日本のスローガンが「アジア解放」に対してあっちは「Kill Japs!!」だぜ?
あの時、本気で絶滅戦争を遂行してたのはドイツとアメリカだけ。そういう相手に先制攻撃をかけたのがそもそも致命的な誤りだった。

638 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:47:28.08 ID:3DAeZHU30.net
リットン報告書はその日本権益の保護が必要って報告書だったのにな

639 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:47:35.20 ID:+mQiYJld0.net
>>637
いや言い訳になってないよねそれ
日本軍将兵も捕虜も大勢死なせたおそ松さんってだけじゃん
プロパガンダ以前に事実指摘されてるだけ
結局殺してるなら捕虜取らずに殺してる米軍と同じだよね

640 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:48:02.18 ID:G9YkCSu50.net
>>637
違うよ
武器を捨て降伏し捕虜と認定された者には戦争法規により給養を義務付けられている
明確に義務と明記されてるんだよ
これ重要

理由はどうあれ大量死させてしまったことは給養義務を果たしてない

次に当時の実情
日本軍側の捕虜の想定見積もりが甘すぎて大量の捕虜の扱いに苦慮していたにも関わらず、次の作戦の輸送のために捕虜への補給リソースを十分に割かなかった
これは微妙なところもあるけど、結果論から言えば捕虜を大量死させたことは敵に反日プロパガンダのネタを与えたことになり大失策だよ

その上で余計な憎悪を招いている

641 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:48:49.49 ID:3DAeZHU30.net
キチガイ庭、やわらかに携帯変えたなw

642 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:52:59.93 ID:g1I7xsT50.net
>>636
赤十字マークを掲げた病院船を優先的に攻撃するようなことはやっとらんでしょ?
ドイツがやってたかどうかは関係ない。
その論法ならソ連の満州での略奪強姦は「ドイツにやられたことの仕返しだから正しい」ということになる

643 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 21:56:41.94 ID:G9YkCSu50.net
>>642
はるぴん丸事件のことなら日本側、アメリカ側双方の記録で病院船として正式な塗装をしていなかったことが判明してるよ

いずれにせよ緒戦において輸送船が足りないから捕虜が大量に死んだなんてことはない

644 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:01:05.20 ID:io2tFj9T0.net
>>75
日本人は有色人種だけど優秀、てことなんだね。

645 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:18:51.79 ID:tZXX4iuf0.net
それ以前に蒙古人が黄色人種の優秀さを知らしめたけどね

646 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:20:35.85 ID:G9YkCSu50.net
それは遊牧民が当時は軍事的優位性があったってことだろ
イラン系のスキタイ人だって強かったわけで

647 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:31:48.99 ID:v6Ca54lu0.net
>>466
将軍アメリカ、将校ドイツ、下士官日本、じゃなかったっけ?

648 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:46:20.20 ID:g1I7xsT50.net
>>647
最弱の組み合わせが将軍中国、参謀日本、兵士イタリアってやつね

649 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:47:25.99 ID:x/6Zc2oP0.net
懐古厨

650 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:47:36.84 ID:wWsK4kgW0.net
>>648
イタリア兵は決して弱くはなかったが

651 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:47:54.59 ID:3DAeZHU30.net
>>642
ひでぇな、ちょっと病院船について検索したら
病院船撃沈した上に機銃掃射した例とかでて来たぞ。
真っ白な船体で赤十字掲げた明らかな病院船。
またキチガイ庭のおかげで悪の連合国の悪行を一つ知ったわ。

652 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:50:37.22 ID:G9YkCSu50.net
>>651
ひどいよね
では
泰緬鉄道工事で1万6千人の連合軍捕虜が死んでますが、これはどう思いますか?

653 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:52:19.93 ID:vUeLk0yT0.net
>>4
権中納言ワロタ

654 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:52:36.31 ID:9VSlWXOq0.net
>>20
日本のある将軍が回顧録のなかで、米国は戦車をまるで弁当箱を作るような勢いで生産してた。
あれじゃ、勝てるわけない!って反省してたな

とにかく工業力が桁違い

今もそうだが

655 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:52:54.62 ID:g1I7xsT50.net
>>645
その蒙古人の末裔がロシア人だけどね
ヒトラーがロシア人をユダヤ人と並んでジェノサイドの対象にしてたのは、黄色人種の血が混じってる、というのが理由だそうな。

656 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:55:39.30 ID:eNPNchJU0.net
つまり米>日>その他っつー話だろ?
(当時)

657 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 22:55:54.63 ID:vUeLk0yT0.net
>>4
原田知世がないじゃないか
やり直し

658 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:00:32.29 ID:9VSlWXOq0.net
追記、
駆逐艦とか輸送船は、ブロック工法とかを考案して、ドックでちまちま工作するのではなく
工場で鉄骨の骨組みと外版を機械的に次々と貼り合せ、最後は船舶の各ブロックごとを完成させて、
それをドックに持ってきてドッキングして速攻完成

これで、駆逐艦や輸送船を週一ペースで完成させていた。
米国海運の提督が冗談として、Uボートに輸送船が撃沈されるなら、
それ以上にいっぱい輸送船を作ればいいと公言したが、その冗談が本当になってしまうのが
米国の工業力の恐ろしさw

なお、B29は高高度を飛べるよう油圧タービンをエンジンにつけていた。
けして構造は単純ではなく、制作にも手間がかかるはずのものだが、
なんと、それ、1回の飛行で使い捨て!
それが可能になるほど、大量生産できてた

659 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:03:54.43 ID:G9YkCSu50.net
>>658
排気タービンだろ
マグネシウム合金のタービンを使い捨てにしたのは

660 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:10:29.25 ID:5aZyraNs0.net
>>658
>B29は高高度を飛べるよう油圧タービンをエンジンにつけていた

「油圧タービン」ではなく「排気タービン」
今でいうターボのこと

661 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:10:47.12 ID:HPjyyytr0.net
>>491
爆弾抱えて敵陣に乗り込むような方法で落としたんだろ
肉弾三勇士像をまた造るべきだろう
ハチ公像や原爆慰霊碑なんか壊して取って代えるべきだ
韓国大使館や朝鮮総連本部前に建立してもよい

662 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:11:03.87 ID:g1I7xsT50.net
>>652
では志那事変及び太平洋戦争における日本人捕虜の少なさ及び日本軍の死傷者数に対する死者数の比率の高さについてはどう思いますか?
戦陣訓云々は無しよ。東條にそれだけのカリスマがあったのなら大戦中に失脚せんでしょ?

日本人が模範的に振る舞えば敵軍から紳士的に扱ってもらえるなんて甘い時代じゃないんだよ。そういう戦争の当事者になったのがそもそもの失敗。ドイツにはノモンハンの意趣返しをしときゃよかったんだ。

663 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:14:01.05 ID:L4xZxwyd0.net
当時の日本帝国と米国は、現代の米国と北朝鮮以上に経済力に差があったらしいじゃん
よくそんな米国相手に戦おうと思ったな
日本帝国軍の指揮官には都合の悪い情報は全てシャットアウトする間抜けしかいなかったのか

664 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:15:33.67 ID:G9YkCSu50.net
>>662
戦陣訓云々がなんで無しなんだよw
あれを日本軍将兵は忠実に守って個人的な降伏に留まり、大規模な組織的な降伏をしてないんだよ

日本軍による組織的な降伏事例ってたった50人足らずの小部隊しかない
他国は万単位で降伏してる

まずはこの点において明確に差がある

665 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:18:35.83 ID:nKRXL3Ie0.net
>>663
もっと格差があったのにアメリカに勝ったベトナム

666 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:19:44.35 ID:G9YkCSu50.net
>>665
中ソの支援があったから
ベトナム人自身は自分たちで武器の生産すらできない土人にすぎない

667 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:20:20.47 ID:QMJdqK260.net
日本兵はタバコの火を付けるのをマッチで雨で湿気らないように油紙で包んでいた。
アメリカのヤンキーは末端の兵まで軍支給のジッポ。
おまけにタバコもフィルター付き。日本は両切りタバコ。
これだけでも工業力の差がある。
ジャングルのゲリラ戦では日本の地下足袋の方が有利だったけど。

668 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:21:00.26 ID:G9YkCSu50.net
>>662
あ、あと泰緬鉄道工事の捕虜大量死について見解頂戴ね
明確な戦争法規違反だから

669 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:22:15.01 ID:HZiJC0cF0.net
>>612
イタリアは第二次世界大戦の戦勝国だよ
自国民でムッソリーニ倒して
連合国に参加したから

670 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:23:39.42 ID:G9YkCSu50.net
>>669
その通り
イタリアは賢明だった
真っ先に降伏したから弱い、でないからね

671 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:24:39.50 ID:QkrB6cmi0.net
>>637
日本軍は余分なトラックが無かったから仕方ないよな
当時のナチスドイツですら後方部隊は馬を使っていたのに
完全機械化されていたのはアメリカ軍だけだ

672 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:26:32.57 ID:3DAeZHU30.net
>>663
資源が無くなる前に戦争を急いだ、と言うのが表向きの答えだが、
負ける事が分かってるのに「戦争で資源を確保すれば良いじゃない」は普通に理屈に合わない。
全員負けると知ってたけど正直に言える雰囲気じゃなかった
のじゃないか?

673 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:26:48.23 ID:PU4+SP950.net
じゃあ何で負けんだよ

674 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:27:44.34 ID:XS7A5jKg0.net
>>663
そこまでの差は無い
経済力で1/20
軍事力で1/8程度だったはず

675 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:28:59.59 ID:QkrB6cmi0.net
>>663
大日本帝国だろ?日本帝国ってなに?
>>663はどこの国の人間だ?

676 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:29:44.55 ID:G9YkCSu50.net
>>671
それ言い訳なんだよ
戦争法規に捕虜給養が「義務」づけられてるから

作戦遂行を優先して捕虜への輸送を怠ったからね

677 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:35:29.73 ID:3DAeZHU30.net
>>675
昭和10年に国号が大日本帝国に統一されるまで日本帝国、日本国も同時に使われていたのでおk

678 :名無しさん@涙目です。:2019/03/12(火) 23:37:33.10 ID:G9YkCSu50.net
>>674
絶望的やんけw

679 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:01:01.24 ID:2fY8Kpa80.net
>>624
つまり成田山の呪詛が日本を救ったんですね

680 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:15:56.01 ID:Be10N8k80.net
>>678
100年くらい前のNYの画像でも検索してみるといい(´・ω・`)

681 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:19:48.56 ID:F4vv7lg20.net
どっちもフィクション作品だけど
「キングコング」のニューヨークと「風立ちぬ」の東京を較べると愕然とするね
(どっちも主力戦闘機が複葉機という時代)

682 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:20:30.87 ID:sQcToAG50.net
当時アメリカ工業力は凄かったけど識字率は低かったんだよな
映画プリティリーグでもかわいい子がサイン読めなくて苦労してた

683 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:21:58.63 ID:bKl8uW4j0.net
工場で完成した戦闘機を一度バラして牛車で滑走路まで運んでたんだぜ?
メリケンは工場の前が滑走路だったけどw

684 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:24:15.36 ID:F4vv7lg20.net
100年前の日本
https://www.youtube.com/watch?v=r3g7wT5EekQ#t=97

685 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:38:07.28 ID:LDqBVPY10.net
>>676
え、アメリカですらそんなの満足にできてないんだが
終戦後の米軍ドイツ捕虜は栄養失調で3から6千人ぐらい死んでる

686 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 00:44:13.90 ID:F4vv7lg20.net
>>676
日本の戦犯は裁かれてるからもういいんじゃないのか

687 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 01:05:57.98 ID:YRCfrObC0.net
>>682
当時のアメリカ評知ってる? メリケン野郎は酒ばかり食らって、ぐうたらで戦場では逃げるような奴ら
ところが全然違ったんだよな。メリケンは勇猛で、当時の行軍にひけをとらないぐらい頑張った
日本は大和魂と同じく、メリケン魂と評し当時は絶賛した
イーストウッドの「父親たちの星条旗」で、なんで移民の国がそこまでパトリオシズムを持ったのかが語られてるね

688 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 01:23:53.60 ID:6eBlCD2p0.net
>>623
その場で協力的かどうかどうやって判別するんですか?

689 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 02:11:17.86 ID:2fY8Kpa80.net
ヒトラーなんかアメリカを連合国側のイタリアって呼んでたんだぜ
ヒトラーの世界観では思想を持たず金儲けだけが目的の移民国家の軍は
戦場で役立たずのはずだったんだよ
バルジの戦いでアメリカ軍を狙ったのもスターリングラード戦でイタリア軍戦区を突破されたのを
やり返したつもりだったんだな
そのころにはもうアメリカ軍の実力は実績で証明されてたのにヒトラーみたいに固定された思想で世界を見てると
現実よりも○○なはず、で世界を解釈しちゃうんだよね

690 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 02:15:31.85 ID:CYmq6SKM0.net
>>674
>>678
開戦時の戦力は以下の通り。

       日本 アメリカ
陸軍兵力(万人) 212 170.3
海軍兵力(万人) 32 28
戦艦(隻)   10 9
大型空母(隻) 6 5
重巡洋艦(隻) 10 18
軽巡洋艦(隻) 21 19
駆逐艦(隻) 108 148
潜水艦(隻) 64 112
航空機(機) 3,510 1,800
空母艦載機数(機) 573 618

色々な見方はあるだろうけど、1:1と考えてもいい。いやむしろ日本のほうが有利くらい。上の表にはないけどシャーマン戦車も開戦時は無かったしね。
開戦時に一撃加えて講和して終わりって(自分勝手な)想像をするのも分からないわけじゃない。
ただ、国力さが1:20なんで無理ゲーなんだけどさ。総力戦というのもが分かってなかったんだろうな。

691 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 02:56:42.16 ID:LxR32LDS0.net
ヤベェなもう沸いてるかもしれんけどダツ男沸きそうな雰囲気

692 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:29:01.31 ID:Qxauhb5K0.net
>>631
アホ。日本軍に接収されることを恐れ輸送用のトラックを破壊したのは米軍だ。しかも日本兵は30kgの荷物と銃を携帯して苦行進だ。

693 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:30:47.91 ID:Qxauhb5K0.net
>>632
日本兵自身が食うものもない。日本兵以上の待遇をする必要はない

694 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:33:12.13 ID:Qxauhb5K0.net
>>633
バカには何んといったら....1929年アメリカ大恐慌から考えないと分からない。

695 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:39:04.12 ID:Qxauhb5K0.net
>>637
現代の歴史研究で日本は戦争回避策をやれるだけのことはやってる。日本にもアメリカにも共産主義者が入り込んでいて戦争を煽っていた。
共産主義者とはユダヤ国際金融資本。ソ連も中共もアメリカが作った。

696 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:46:57.22 ID:Qxauhb5K0.net
中学生の脳のままのジジイばかりなんだな(笑)

馬渕睦夫
なぜ北朝鮮みたいな悪いことしかせず、世界最貧国が存続できるのか。

北朝鮮を生かしてきたのはアメリカのDeep state。世界の情報機関は麻薬を売ってる。その役割を担わされてきたのが北朝鮮。麻薬とマネロン。欧米が汚いことを北朝鮮にやらせてきた。
オバマまでのアメリカによればアフガンのタリバンは悪者。オバマはDeep stateの操り人形。アフガンは麻薬の一大麻薬生産基地。それをやめさせたのがタリバンだった。

高山正之

朝鮮なんか一つにまとめたって昔からダメな国なんだから南北に分けて置く方が周辺国に都合がいい。

697 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:50:06.27 ID:Qxauhb5K0.net
戦争責任と敗戦責任を混同してるジジイが未だに居る(笑)

698 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 03:58:27.58 ID:Qxauhb5K0.net
アメリカのネオコンを見てみろ。偽旗作戦false flagまでやって戦争を作り出している
ヒラリーやソロスのアラブの春なんか中東に無秩序と混乱をもたらすだけのものだった。それが共産主義者の狙い

699 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 04:09:20.26 ID:Qxauhb5K0.net
アメリカのエスタブリッシュメントとされるケネディの爺さんは中国に麻薬を売って財を成した。
日露戦争の戦費は日本がユダ金から借りた。ユダ金はロシアにも金貸してる。アメリカの仲介で戦争に勝っても日本は戦時賠償を取れなかった。
その戦時賠償金でユダ金に返済する計画が頓挫。ほしたらアメリカがユダ金は満鉄を寄越せと言ってきた。

700 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 06:31:20.67 ID:bKl8uW4j0.net
>>685
アメリカ軍に拘束されたドイツ軍捕虜の死亡率は0.15%だよ
日本軍による連合軍捕虜の死亡率は27%
泰緬鉄道工事なんかで万単位で死なせてるからとても言い訳できません

701 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 06:33:37.37 ID:bKl8uW4j0.net
>>686
当時の日本軍の評価の話をしてる
捕虜にならないという方針が捕虜の扱いに対する教育の欠如を産み、さらに捕虜への蔑視にも繋がってる
日露戦争ではロシア軍捕虜を丁重に扱って世界から称賛されたのに
同じ日本軍でもえらい違いだろ

702 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 06:37:31.96 ID:bKl8uW4j0.net
>>692
ほら
これがおかしい
繰り返すけど捕虜を保護することは義務ってことをまだ理解してない
原因はどうあれ武器を捨てて投降した捕虜は丁重かつ人道的に扱わないといけない
消耗しつくした捕虜を無理やり移送して大量死させた
こんなの言い訳できんよ

703 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 06:41:21.49 ID:bKl8uW4j0.net
>>693
泰緬鉄道工事で日本兵は同じ割合で死んだとでもいうの?
末期の45年サンダカン死の行進と言われた大量死の方は日本軍もボロボロだったかはまだ言い訳できるとしても
バターンや泰緬鉄道は同じ割合で日本軍将兵も苦しんでないよ
言い訳したらいかん

704 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:10:46.44 ID:CYmq6SKM0.net
>>703
で、何が言いたいの?
妙にこだわっているけどさ。

705 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:17:23.53 ID:26G12tRv0.net
>>683

アメリカはそのバカにでもわかるように工場で生産できるようにシステム化するからすごい。
日本は個人の能力に依存するから
バラバラ

706 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:21:41.34 ID:w4t3Njy90.net
>>705
メリケン人は合理主義の塊だからなぁ
この国じゃ未だに「ミスのないように気を付けてやれ」って無意味な事言いたがる奴多いから困る
「人間は失敗をする生き物である」という事を前提に出来ない奴の多い事多い事

707 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:26:19.03 ID:bKl8uW4j0.net
>>704
太平洋戦争が凄惨な戦いになった要因だと説明してる
憎悪が憎悪を招いてる
緒戦で捕虜を丁重に扱い、劣勢ではちゃんと組織的な降伏をしていたらあんな血みどろは避けられた

708 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:29:16.72 ID:CYmq6SKM0.net
>>707
東部戦線に比べりゃゴミだわ。
で、何が言いたいの?

709 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:37:49.19 ID:cRf9kL780.net
英国紳士の華麗なる外交政策&植民地政策

英「植民地獲得競争で出遅れちゃった;;だから国家公認の海賊作りまくってスペイン商船襲撃しまくった^^」
英「インディアンが食べ物恵んでくれた;;お礼に天然痘患者の毛布と鉛玉ぶち込んでやったら土地もくれた^^」
英「アフリカが不毛の地すぎて可哀想;;でも原住民を船に死ぬほど詰め込んで奴隷として売ったら大儲けできた^^」
英「アイルランドで飢饉が起きたって;;ウチも飢餓怖いしアイルランドの食糧買い占めまくった^^アイルランド総人口2割餓死^^」
英「流刑の大陸に娯楽がなくて可哀想;;だからアボリジニっていう人間に似た動物を狩りまくった^^タスマニア原住民絶滅^^」
英「インド綿職人の生産能力が高すぎ;;ハンデとして職人達の腕を斬り落としまくってフェアにした^^平原が人骨だらけ^^」
英「清国人が麻薬売るなだって;;お詫びに鉛玉と砲弾ぶち込んでやったらお金と香港島くれた^^皇帝の庭園も略奪^^」
英「アフリカ奥地に追放したダッチ共が鉱山を見つけたって;;だから女子供を強制収容所にぶち込みまくって国ごと接収した^^」
英「アラブ人とユダ公が独立したいって;;対トルコの尖兵になるならエルサレムやると個別に約束した^^もちろんあげない^^」

710 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:38:28.42 ID:cRf9kL780.net
英「ヒトラーがチェコスロバキアのズデーデン地域よこせだって;;他国の領土だしあげちゃってもいいや^^我々の平和は保たれた^^」
英「アメ公がスエズから手を引けだって;;世界の警察すごいですねイギリス衰退しちゃった;;だからパレスチナ問題もなんとかして^^」

イギリス「インディアンの土地は殺してでも奪いとれー」
イギリス「アフリカ人を奴隷にして売り飛ばせー」
イギリス「アイルランドから食い物無くすぜー」
イギリス「豪州に犯罪者送り込んでアボリジニ狩りつくせー」
イギリス「エジプトの借金返せなくさせてスエズ運河奪ったれー」
イギリス「インドの平原を土人の骨で埋め尽くせー」
イギリス「中国人を密輸で麻薬漬けにしてボロ儲けー」
イギリス「勝手にアフリカ分割して植民地ゲットだぜー」

711 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:40:33.66 ID:CYmq6SKM0.net
*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは捕虜にしたければいくらでも捕虜に出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。手を上げて投降してきても皆殺しにするから。
*あるところでは2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200だった。残りのの連中にはちょっとした出来事があった。それを知った戦友は投降したがらないだろう。
*捕虜を取らないことを自慢する部隊がいる。
*将校連は尋問の為捕虜を欲しがる。捕虜1名に付きシドニーへの2週間の休暇を出すとお触れが出た途端に持て余すほどの捕虜が手に入る。懸賞を取り消すと一人も手に入らなくなり、つかまらなかったと嘯くだけ
*一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、即ち殺された。
*捕虜を飛行機で運ぶ途中機上から山中に突き落とし、ジャップは途中でハラキリをやっちまったと報告。ある日本軍の野戦病院をある部隊が通過したら生存者は一人もいなかった。
*捕虜にしたがらない理由は殺す楽しみもさる事ながらお土産を取る目的。金歯、軍刀はもとより、大腿骨を持ち帰りそれでペン・ホルダーとかペーパーナイフを造る、
 耳や鼻を切り取り面白半分に見せびらかすか乾燥させて持ちかえる、中には頭蓋骨まで持ちかえる者もいる。

712 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:46:53.08 ID:cRf9kL780.net
>>707
米軍は日本兵を捕虜にしたくないから皆殺しにした。
日本軍は米軍みたく民間人まで殺してないよ

713 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:55:51.00 ID:ySSspoGm0.net
>>712
まず日本軍が捕虜になることを拒んで組織的な降伏をしないからね
余計な血を流した後では憎悪もつのるよ

次に本土空襲については日独が先に都市を爆撃して先にタガを外してるからだよ

さらに
緒戦において米軍はマニラを無血開城して市街戦を避ける措置をしてる
しかし45年に米軍がマニラに迫ったときは日本軍はマニラを放棄せず市街戦をして地元民を巻き添えにした
このときは山下大将はマニラを無血開城したがってたけど大本営が許可しなかった

こういう事実を直視しよう
民間人の生命を軽視してたのは日本側なんだよ

714 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 07:56:45.05 ID:ySSspoGm0.net
>>712
あと先に述べた泰緬鉄道工事では民間人も徴用して連合軍捕虜とは別に数万人死んでる

715 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 08:07:17.82 ID:cRf9kL780.net
>>714
So,what?だから何んだというんだ。
コレラの蔓延もあったようだ。
盗難アジア全体が白人と現場監督に連れてきた中国人クーリー苦力により麻薬を買わされ植民地奴隷にされていた。
功罪の比較衡量の問題だ

716 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 08:56:29.97 ID:ySSspoGm0.net
>>715
捕虜を保護し給養する義務を怠った戦争法規違反ってこと

捕虜を労役につかせることは合法だけど労役で死なせていいわけじゃない
コレラの蔓延で作業を監督する日本軍将兵も同率で死んだわけじゃないから言い訳できん

717 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 09:23:16.97 ID:cRf9kL780.net
>>716
だったら、捕虜にした白人に東南アジアの犠牲に対して謝罪と賠償を先にさせろ。かつての植民地に謝罪した白人国家は皆無だ。
いい歳こいたジジイがGHQ史観とはな。
お前の小学生脳からすれば地球で生産された食料は地球全体で公平に分配すべきなんだろ

すると、どうなるか農水省の官僚に聞いてみろ。お前は小学生の正義

718 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 09:45:39.91 ID:ySSspoGm0.net
>>717
GHQは関係ないよ
議論の基準にしているのは
当時有効な戦争法規
他国軍の日本軍の特質の差
これら事実を元に話をしてる

捕虜を大量に死なせることは当時の戦争法規でも明確な違法行為

次に捕虜にならない、組織的降伏しないのも日本軍の特殊性

全て事実
これGHQは関係ないよな?

719 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 09:48:13.85 ID:ySSspoGm0.net
>>717
白人による植民地支配についても当時有効な条約で説明がつく

1928年の不戦条約、いわゆるパリ不戦条約によってそれ以降の侵略戦争は否定された
これ日本も参加して署名してる

つまりこれも基準は不戦条約で説明がつく

720 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 09:49:11.48 ID:poZOqO9G0.net
>>715
なぜこの庭が泰面鉄道に異常にこだわるのか。
朝鮮人が話をそらすときは都合が悪いとき。
それと同じだろう。何が都合が悪いのか知らないがキチガイを理解出来ないのは当然。

721 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 09:52:00.25 ID:cRf9kL780.net
>>719
パリ不戦条約には重要な但し書がある。意図的に隠してるのか(笑)?

722 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 10:02:51.80 ID:CYmq6SKM0.net
日本軍の負の部分ばかり強調して、メリケンやロスケ、シナのことは目を背ける奴こそ、
いまだにGHQ(特にGS)、日教組、マスゴミの洗脳から解けてない可哀想なお子ちゃまだわ。
「真相はかうだ」とかまだしんじちゃってたりしてw

だったら、全く語らんほうがまだまし。

723 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 10:10:29.31 ID:CYmq6SKM0.net
>>716
まあ、そもそも捕虜にするまえに処分しちゃえば、わからんのだがw

*あるところでは2000人ほど捕虜にしたが本部に引きたてられたのはたった100か200だった。残りのの連中にはちょっとした出来事があった。それを知った戦友は投降したがらないだろう。
*一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、即ち殺された。
*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは捕虜にしたければいくらでも捕虜に出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。手を上げて投降してきても皆殺しにするから。

コレ日本人の手記じゃないからなw

724 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 10:14:55.23 ID:CYmq6SKM0.net
ID:ySSspoGm0
がいいたいのは、旧日本軍も捕虜なんて取ってくるしめないで、サッサとアメリカ軍みたいに捕虜になるまえに処分すりゃよかったってことだね。
わかります。

725 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 10:17:29.92 ID:F4vv7lg20.net
>>724
読む気にならないからサッパリわからない
三行で書けないのかね

726 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 12:00:12.71 ID:LDqBVPY10.net
>>700
言い訳は君でしょ。
アメリカが栄養失調でドイツ人捕虜を死亡させたのはそのハーグ条約違反。日本が悪かろうが関係ない。

727 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 12:15:23.16 ID:LDqBVPY10.net
>>707
ソ連とは凄惨な戦いしてなかったけど。
君が擁護してたドイツのせいで日本軍兵士がひどい抑留を受けるはめになったんだが

728 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 18:21:55.25 ID:JGDlYY8o0.net
市丸利之介中将「ルーズベルトに与うる書」
https://www.youtube.com/watch?v=sq2XwpyCvms

729 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 18:54:02.05 ID:Qxauhb5K0.net
日本兵....1mmでも本土空襲を遅らせたかった
https://youtu.be/spYsrlB-BSM

730 :名無しさん@涙目です。:2019/03/13(水) 19:07:43.66 ID:yEA/BaHt0.net
>>667
軍靴はかずに地下足袋はいてたのか…

総レス数 730
212 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★