2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本製バルブ関税 WTO扮装で日本が韓国に勝訴 → 韓国メディア「韓国勝利」と真逆の報道

1 ::2019/09/11(水) 15:25:55.86 ID:9mY4tinS0●.net ?PLT(16001)
http://img.5ch.net/ico/1fu.gif
自動車などに使用される部品に当たる空気圧バルブが、日本産が大部分を占めており、2015年に韓国政府への関税に対し、
WTO協定違反を求めていたが、日本の勝利となり、上級委の最終決定が下った。

しかしこれに対して韓国メディアは“WTO、韓日空気圧バルブ反ダンピング紛争で「韓国勝訴」判定”と真逆の報道を行っている。

過去の報道だったのか解釈の違いなのか、実際は韓国が勝っていたのか、よく調べてみるとやはりWTO訴訟は
日本が勝利しておりまたこの記事は9月11日に公開されたもので今回の判決について書かれたものだった。

では何故このような真逆の結果が書かれているのか。また1つのメディアだけでなく複数のメディアが「韓国の勝利」と報じている。
戦時中の大本営発表のようなことが韓国で行われているのか?

現在このような報道を行っているのは大手のJTNC、NEWSIS、アジア経済、国民日報など。

記事の内容を見ると、「争点の数では韓国が勝利している」というニュアンスで、最終的な勝敗には触れていない。
争点9つの内、7つが韓国が勝利したというもので、また一審では9つの内8つが韓国が勝利とも書かれている。

ただ最終的には日本が勝利。その部分が書かれていないのだ。

https://gogotsu.com/archives/53844
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/09/001-12.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/09/002-7.jpg

総レス数 361
65 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★