2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

青葉真司「アチッ、アチッ!腕に火が付いた!!助けてっ!!」

154 :チキンウィングフェースロック(東京都) [ニダ]:2020/05/30(土) 23:47:27 ID:mxTNsTh40.net
>>109
ガソリン車は1気筒当たりの排気量には実用上の上限がある(自分の知る限りは800cc。日産のTB48DEエンジン)
それ以上の排気量にしてしまうとノッキング(異常燃焼)等色んな不具合が出てしまう。
それに比べディーゼルエンジンは、圧縮比・燃料噴射タイミング・噴射量が適切であれば1気筒当たりの排気量は上限無しとされている(ノッキングこそ起こすもエンジンを頑丈に造る事で克服している)

トラックは何故ディーゼルエンジンなのかと言うと、軽油とガソリンの燃え方の違いにつきる。
ガソリンはパッと燃えるのに対して軽油はジワっと燃える。ガソリンは燃焼速度が早いので馬力を上げるのに適していて瞬発力が良い。軽油は燃焼速度が遅く馬力は稼げないけどその分トルクが必要な動力機械に適している。
例えて言うならガソリンエンジンは短距離の競走馬でディーゼルエンジンは重いソリを引っ張るばんえい競馬の馬みたいなとこ。
もしトラックにガソリンエンジンを搭載させようとなると超大排気量が必要なエンジンになってしまう。
先に言ったとおりガソリンエンジンには1気筒当たりの排気量に上限があるので現実的ではない。

そして船のエンジン。
ボートや小型の船舶にはガソリンエンジンを使用するのもあるが大抵の船はディーゼルエンジン搭載している。
どうして重油を使うのかと言うと、単純に『価格が安いから』である。
フェリークラスの中・大型船になると燃料消費量が多いので安い重油を使うことが一般的。ただ、デメリットもあり『軽油に比べ熱量が低い』と言う事。重油船に軽油を使うことで俊敏性や速度アップは見込まれるけど、性格上船舶にそこまでの運動性能は求められていない。
ただ、自衛艦は別。そういう事。

以前青森〜函館のフェリーに『なっちゃんレラ・なっちゃんワールド』と言う高速フェリーがありました。
このなっちゃん姉妹船、通常3時間40分掛かる航路を軽油仕様の高性能ディーゼルエンジンを駆使しウォータージェット推進で2時間半で結ぶ言う韋駄天ぶりを発揮していました。
ところがデビューから1年もしないうちに御役御免となりニートボート化してしまいます。理由は燃料代が掛かり過ぎてしまうからです。全速力で航行した場合燃費がリッター6mでした。
船舶に軽油は不向きと言う事例を何十億円も使って証明したのです。

総レス数 212
39 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★