2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【朗報】アメリカで体重が20%も減る薬が開発される [932843582]

1 ::2022/05/10(火) 19:56:36.49 ID:gUztu5sQ0●.net ?2BP(2000)
https://img.5ch.net/ico/purin.gif
アメリカの製薬会社であるイーライリリー・アンド・カンパニー(イーライリリー)が、消化管ホルモンのインクレチンの作用を模倣した注射薬「ティルゼパチド」の臨床試験で最大22.5%の体重減少を確認できたと発表しました。

ティルゼパチドはグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)という2つのインクレチンを合成した薬剤で、臨床試験を経て発売される予定の注射薬です。GLP-1は糖尿病治療薬であるセマグルチドの主成分であり、アメリカでは2021年に減量薬としても承認されました。

ティルゼパチドは記事作成時点で、2型糖尿病ではないものの体重過多あるいは肥満と診断された被験者2539人を対象とする第III相臨床試験の段階に進んでいます。被験者は72週間にわたってティルゼパチドあるいは偽薬を投与され、さらに低カロリーの食事と運動をサポートされました。

ティルゼパチドの投与量は週1回に5mg・10mg・15mgで、どの投与量でも試験期間中に有意な体重減少が認められたとのこと。最高用量の15mgを投与された群では体重が平均22.5%(24kg)、10mgを投与された群では21.4%(22kg)、5mgでは16%(16kg)の体重減少が認められ、一方で偽薬を投与された対照群は2.4%(2kg)の体重減少にとどまったとのこと。

イーライリリーの製品開発担当ヴァイスプレジデントで臨床研究医のジェフ・エミック氏は「ティルゼパチドは第III相臨床試験で平均20%以上の体重減少を実現した初めての治験薬です」と述べています。

アメリカ・ワシントンD.C.のダイエット支援施設「National Center for Weight and Wellness」の責任者であるスコット・カーン氏は「ティルゼパチドの臨床試験の結果は非常にエキサイティングなものです。予備的なデータで肥満手術レベルの体重減少を示す薬で、おそらく他にも代謝に多くの利点を与えるものとなるでしょう」と述べています。

(略)

https://gigazine.net/news/20220510-tirzepatide-weight-loss/

総レス数 101
16 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★